INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part13



 2018年2月13日、Stereophileのジム・オースティン氏が「MQA Contextualized」と題する記事を掲載しました。彼はこれまでMQAに関する技術論を取り上げてきましたが、今回の記事では”文脈によるMQA解説”を行なっています。これはジョン・アトキンソン氏の記事「More on MQA」からより踏み込んだ内容で情報理論の一面を交えて考察しています。該当の記事から引用し意訳させて頂きます。


 「分かれ道に来たら、とにかく進め」- Yogi Berra

 「Karlheinz Brandenburg(カールハイツ・ブランデンブルク)氏は、1986年に忙しい1週間をかけて、数年後に音楽業界にインパクトを与えるテクノロジーの基盤を築きました。フリードリッヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクの電気工学博士課程だったブランデンブルク氏は、デジタル電話回線を通じて配信するに十分効率的な音楽コーディング手法を理解していました。特許審査官がアプリケーションの提案は不可能であると結論づけたので、ブランデンブルク氏は1週間以上深夜まで、概念の証明などを作成しました。一般的にMP3と知られるMPEG-2レベルIIIが家庭でインターネットに見出されるまでさらに10年必要でした。」

 「MP3は当初、有益なビジネスとして構想されました。フラウンホーファー研究機構の支援を受けた60以上の応用科学研究所の1つであるFraunhofer Institute for Digital Mediaと再販業者は現金のためにMP3エンコーダを販売します。デコーダは安価もしくは無料。その後、1997年にオーストラリアの大学院生が盗まれたクレジットカードを使用しMP3エンコーディングソフトウェアを購入し「これはフラウンホーファーのフリーウェアです」というreadmeファイルをFTPサイトに掲載しました。その後、Napsterや他のウェブサイトを通じた違法なMP3ファイルの共有はレコードビジネスを破壊しました(脚注1)。」

 「時間の経過とともにこの問題の原因はNapster自体ではなく、ついでに言えばMP3でもなく、インターネット自体と新しい種類の情報ベースの産物であることが明らかになりました。以前は、文化的人工物はいつもオブジェクト(物体)でした。絵画、彫刻、書籍、録音。しかし、この新しい世界では歌やシンフォニーは儚く、あなたは何度もそれを譲り渡し、また所有し続けることができました。音楽はとりわけ脆弱で、なぜならデジタルコードはコンパクトディスクのピットに埋め込まれた保護されていないフォームから容易に入手できるためです。」


 古いものが再び新しく

 「2018年2月号でおわかりにように、懐疑論者はMP3とピーター・クレイヴン氏 & J・ロバート・スチュアート氏によって発明された音楽配信コーデックであるMaster Quality Authenticated(MQA)との間に不都合な類似があるとしています。これらの懐疑論はMP3の圧縮とMQA社が「audio origami」と称する周波数範囲の超高域情報をノイズフロア下のビットへ折りたたむコーデックの両方の”ロッシー性”に注意を引き出しました。MQAが主にMP3やインターネットで導入された課題の解決策として意図されている点で、その表面的な比較は皮肉なことです。”我々は有り余るほどのファイル形式と、音楽を購入する市民の大きなパンセーテージがまさに撤退しているところを見ています。”スチュアート氏はeメールに書いています。”複雑過ぎます。満足できるものではありません。他に為すべきことがあります。オーディオ愛好家はニッチなリリースのおりで生き残っています。”」

 「問題の範囲を完全に把握するには、オーディオ愛好家は大きな絵を見る必要があります。先ず、健全な音楽産業が重要です。MQAのコンテンツサービス・ディレクターSpencer Chrislu氏は2016年のインタビューで私に言いました。”スタジオの利益を保護することは・・・重要なことです。スタジオが24bit/192kHzでアーカイブを行い、その後その同じファイルをどこかのハイレゾサイトで販売するならば、それは基本的に彼らのビジネス全体に基づくクラウンジュエル(重要資産)を放出しています。” クラウンジュエル(王冠の宝石)は物理的な物体であるという大きな利点を持っているのですが、その例えは概ね適切です。それら(重要資産)は放出されておらずまだ所有されています。さらに、ジュエル(宝石)は音楽ファイルよりも変更するのが難しいです。」

 「もう一つの大きな絵:オーディオ愛好家は、我々が音楽の消費者の中でも少数であることを認識する必要があります。我々の関心や意見が音楽業界の高い意思決定にいつ影響を与えましたか?私が考え得るケースはすべて結果的に失敗でした:HDCD, SACD, DVD-Audio。我々が望むことができる最高のものは業界、ミュージシャン、およびカジュアル(およびモバイル)な音楽リスナーなど、他の人々の利益に役立つように設計されたシステムですが、しかしそれもまた私たちが受け入れるに十分な利益です。」

 「MQAでは、レコード会社は現実のデジタルマスターを配布することなく、そのアーカイブにおける最高品質のマスター録音と少なくとも同程度の録音(MQAはより良いと主張する)バージョンを消費者に提供することができます。音楽配信がMQAに支配される時代は、レコード時代のピークの終末ものの一種のように見え始め、音楽が黒いディスクからほとんど排他的に発売されたとき(おそらく周りにいくつかのオープンリールテープがありました)、音は多くの要因に依存し良くも悪くも素晴らしくも聞こえました。これらの伝説的なマスターテープはカビ臭い倉庫に隠されていました(脚注2)。MQAは、単一の互換性のある配信フォーマットがすべてのニーズに対応する、よりシンプルな世界を提案します。そして消費者は、もはやハイレゾPCMマスターにアクセスしません。」

 「とにかく、それはMQA社のビジョンです。」

 「インターネットミュージックの世界以前を経験したほとんどのオーディオファンにとって、我々のほとんどですが、そのビジョンはかなり訴求的です(私は24/192ダウンロードが好きですが)。MP3、ラウドネス・ウォー(音圧競争)、イヤホン、Beats、品質より利便性、廃れたレコード店、再生儀式の破壊・・・音楽テクノロジーで何か良いことが起こりましたか?そして代替は何を壊しました?デジタルミュージックライブラリをオンラインで購入しダウンロードし管理することは、近所のレコード店への1週間毎の探訪ほど楽しいものではありません。21世紀のエクスペリエンスは、紙のスリーブから新譜を慎重に引き出してターンテーブルに置き、ほこりをはじき落とし、針を下げることに匹敵するほどのことではありません。」

 「残念ながら、レンガとモルタルで囲われたレコード店の未来を見越すのは困難です。しかし、おそらくいくらかの健全性と収益性は音楽制作や流通を持ち直すことができます。確かに、メジャーレーベルは音楽、ミュージシャン、そして我々よりも利益を重視していたことを我々はいつも知っています。しかし彼ら無しでは、我々は素晴らしいエクスペリエンス(経験)を見失っていたでしょう。たしかに、復活する音楽業界は我々オーディオファンが補足であったとしても、音楽を思う人にとって良いことです。」

 「私の議論の表面下に潜んでいるのは脆弱性です。すべての種類の脆弱性です。私は後ろを向いています。見方によれば、MQAはそうです。」

 「私は、MQAが本当に高度で洗練された技術に基づいていると、完全ではないですがいくぶん確信しています。それはストリーミングに最適化されており、その支配的な音楽配信システムはより良い、あるいはより悪い可能性があります。MQAのタイムドメインのパフォーマンスとその起源であるポストシャノンサンプリング理論についてのアイデアは、最先端の思考を反映しています。私は神経科学に焦点を当てることがより説得力があるかはわかりませんが、しかしそれはまた説得力のあるストーリーを作り出しています。多くの重要なやり方で、MQAは前へ進んでいます。」

 「尚かつ、MQAはオープンソースとスタンダードを期待された情報技術の影響を受けた世界での囲われた専有的なテクノロジーです。そしてその囲われたテクノロジーはどうも旧式のレーベル支配的な音楽経済を復元することを目的としており、それは3大レコード会社がすべて今や株主たる理由です。さらにMQAの”アナログからアナログ” - マイクロホンをDAC出力へ送り込む概念は、音楽がますますデジタル化された世界でアナログとして世界を始めるとすると、旧式に見えるかもしれません。すべての音楽が振動する空気として存在するわけではありませんが、そうだとしても、それはしばしばデジタル領域で大きく練り上げられます。」


 オーディオファンの音声ファイル

 「NapsterとMP3はコンピュータ技術によってもたらされたものの唯一の変化ではありません。成長し続けるインターネットは従来よりも文化や商取引を呑み込んで、ますます拡大しているITワーカーを採用しています。伝統的なオーディオ愛好家は気づいていないかもしれませんが、いつのまにかコンピュータを使って音楽を聴いている人々は、同時期に縮小している本格的なオーディオシステムを聞いている私たちを上回っています。」




 「伝統的なオーディオ愛好家は、多くをコンピュータベースの仲間と共に、とりわけ音楽や高音質への愛を共有しています。しかし、彼らもまた重要な点で互いに異ります。コンピュータ関係の人々は、我々よりも情報技術に慣れています。それどころか、彼らは音楽制作に使用されるデータを含む処理を楽しんでいます。オープンソースのオープンスタンダードプログラムを使用し、自分自身で書いたプログラムですらありますが、時に不正で得た音楽ライブラリを管理するために、しばしば膨大な時間を費やす方がいます。彼らは、我々にはちんぷんかんぷんなコマンドラインツールを使用して、ハイエンドのヘッドフォンの周波数応答を完璧にするために、凝ったデジタル信号処理システムを構築していそうです。彼らはMQAサウンドを模倣するためにSoXを使って独自のカスタムアップサンプリングコードを書いて、低コストのRaspberry Piプロセッサで独自のデジタルフロントエンドを構築しているかもしれません。」

 「コンピュータオーディオの愛好家は、コンピュータの音声ファイルをもてあそぶことがなにより好きです。(失礼) 彼らのファイルを操作する能力を取り除けば、彼らの趣味の魅力の多くを破壊します。」

 「MQAは彼らの心配のタネでしょうか?私はそうだと思います。MQAはDSPベースのルーム修正とは原則的に相入れません。ボブ・スチュアート氏がインタビューで答えてくれましたが、現在実装されよく知られている他のDSPシステムと互換性がありません。他の多くの点でMQAファイルはかなりタイトに囲まれています。コードをいじらせないという事実は、音楽サプライヤーと消費者の両方にはセールスポイントであり、欠陥ではなく機能です。MQA対応DACの小さな青色または緑色の認証ライトは、より古い録音では現実的に署名した人の疑問の余地はあるにせよ、アーティストが意図したとおりになっていることを意味します。またSpencer Chrislu氏の発言は、MQAが成功すればオープンなハイレートPCMファイルの”クラウンジュエル(重要資産)”が市場から撤退することを確かに示しています。それができる間は24/192ダウンロードを購入してください。」

 「本格的に活動的に音楽データに携わる他のグループは音楽制作者、ミュージシャンとサウンドエンジニアです。(デジタルに育てられた)より若い人々は、MQAの側面が奇妙に見えるかもしれません。デジタルに慣れているエンジニアは、彼らの仕事にMQAの概念が攻撃的なものとして捉えるかもしれません(脚注3)。一握りのマスタリングエンジニアは他の著名なマスタリングエンジニアがMQAサポートを表明していても、このような意見をオンラインのプロオーディオフォーラムで熱心に表明しました。しかし”アナログからアナログ”とはデジタル領域で作成された音楽において一体どういう意味でしょうか?」

 「MQAを嫌う理由があるグループのリストには、デジタルデザイナーやエンジニアも含まれていなければなりません。デジタルオーディオ機器のデザイナーは、たとえMQAが好きで、その(すべてではないが)エレガントさを認める人でも、デジタル録音と再生の問題への解決策に単一で「最高の」解決策を課すことに立腹するかもしれません。MQAの世界では、DACのサウンドは主にMQAのテクノロジーによって決定されます。あなたの独自の再構成フィルタや設計スキルの選択ではありません。(もちろんそれはデジタル側であり、アナログ段のエンジニアにとってはまだまだ意味のある作業かもしれません) MQAが勢いを増すにつれて、デジタルオーディオ企業はバンドワゴン(流行)に飛び乗るか、市場シェアを失うかという困難な選択に直面する可能性があります。実際、既に始まっています。」

 「しかし素敵なMQAはある意味で一枚岩なので、それゆえに保守的かもしれません。私はインターネット以前の世界が恋しいです。帰ることができるなら、私はそうするでしょう。しかしそれはできません。私たちはできません。それではどのような方法がありますか?それはどのようなものですか?どんな音ですか?それはMQAと関係するのでしょうか?」

 「世界はインターネットと情報技術によって永遠に変わってきました。私には結果としての世界、つまり我々が今住んでいる世界は、古い時代と比べてずいぶん散逸し”壊れて散らばっている”ように見えます。壊れていることがすべて悪いわけではありません。独占が壊れるところを見ることや政治的な集票組織が当然の報いを得ることは楽しいことです。しかし最近の経験によれば、いつもコストがかかり、通常そのコストは主に一般人によって負担されることが示されています。物事が破壊され散在すると、新しい実体は最終的に破片を収集し古い独占物を新しいものに置き換えます。Amazon Primeと比較して古いMa Bellは感じの良い人に見えます。私のレコード店を返してくれればいいだけです。」

 「インターネットは気の利いた楽しいおもちゃで私の研究には重宝しています。25年前に半日かけて調べていたことを15秒で学ぶことができます。しかし情報を解放することは、音楽だけでなく、ジャーナリズムや政治においても被害を被ることを見てきました。私は持続可能なオンラインビジネスモデルの欠如のために、価値あるジャーナリズムの取り組みが閉ざされるのを見てきました。私はクリックベイトのたわごとが真剣なジャーナリズムに勝るのを見ましたし、ロシアのトロールは政治的な対話を害しますし、そして無知なTwitterのやじうまはキャリアを破壊します。私は戻ることができるなら、そうします。」

 「音楽業界はまだ終わりの段階にありません。それは重要な問題ではありません。音楽業界の体制 - 業界と配信システム - は変わり続けるでしょう。重要な問題は次のようなものです。その業界体制は最終的にどのような形を取るでしょうか?音楽、音楽リスナー、ミュージシャンにとって良いのでしょうか?悪いのでしょうか?それはオーディオファンにとっていいことでしょうか?これらの質問は役割を果たす準備ができているように見えるMQAにも及びます。MQAは音楽、音楽リスナー、ミュージシャン、そしてオーディオファンにとって良いことでしょうか? 」

 「ボブ・スチュアート氏は数週間前にeメールで次のように記しています。”私たちはすべての新しい世代がより良いサウンドで音楽を楽しむことができるように(インターネットによる)ダメージの修復を試みています”。彼は特定のオーディオ愛好家ではなく、すべての音楽リスナーについて語っていることを明確にしました。私は彼の理想主義を信じます。私はそれが本物だと確信しています。彼は無責任なオンライン批評家が主張しているようなホラ吹きではありません。しかしそれは彼を正当化しません。」


 メリットとデメリット

 「MQAのメリットとデメリットを判断するための良いポジション一人は、私がこの資料の冒頭に書いたカールハインツ・ブランデンブルク氏、MP3の発明者です。ブランデンブルクは輝かしいキャリアに進みました。彼はボブ・スチュアート氏のようにオーディオエンジニアリング協会(AES)のフェロー、その社会で多くの賞を獲得しています。彼は現在、イルメナウ工科大学(ドイツ・イルメナウ)とフラウンホーファー・デジタル・メディア・テクノロジー・メディア技術研究所の教授を務めています。またインターネットオーディオ配信システムに関するAESワーキンググループのメンバーです。MQAの技術と見通しについて誰が尋ねるのがよいでしょうか?私は彼にeメールを送りました。彼はすぐに返答しました。」

 「”私に尋ね資料を提示してくれたことは大変ありがたいことです。私はボブ・スチュアート氏と(ピーター)・クレイヴン氏を以前から知っていました。数年前にボブ・スチュアート氏と議論しました。以下のように言わなければなりません。Q&Aの一部を読んだ後、同意するかどうかまだわかりません。もっと読まなければなりません。タイミング精度については確かに同意します。サンプリング定理の解釈とその結論について私は疑問を持っていますが、実際に何をしているのかをもっと知る必要があります。スケジュールはどうですか?私はいつあなたにより結論的な意見を準備すべきですか?」

 「私はブランデンブルク氏に私のスケジュールを伝えてましたが、この問題の期限が切れるまで返ってきませんでした。彼の考えは今後の刊行に現れるでしょう。」

 「もし私たちがMQAの音楽業界への影響を予測できず、それができない場合はどのように判断すべきですか?私たちがを知ることができることに焦点を当てることによって。たとえばMQAの圧縮はロッシーですが、巧妙で差し障りのない方法で行われます。次に、MQAが技術的および音楽的の2つのレベルで主張することを明確に実証する必要があります。私たちはそれを受けます。技術面ではMQAがデジタル・アーチファクトを除去しタイムドメイン性能を計測できるほどに向上させること疑いなく見る必要があります。私たちはどのようなトレードオフが有効であるか、治療は病気より悪くないと確信する必要があります。私は今後の記事でできる限りこれらの質問に取り組む予定です。」

 「音楽面では、オーディオファンがいつもすること、聞くこと、そしてMQAの音楽的メリットを判断する必要があります。これは我々ひとりひとりが自分たちで決めることができるものですが、我々が聞いていることが我々の情感によって決まることを理解するためにインターネットフォーラムに費やす時間はほんの1時間です。MQAに戦闘的に反対する人はそれが悪く聞こえると思います。とにかく、音楽業界の未来を形作る技術、そして我々全員の将来の音楽体験を判断するには、一人の意見では不十分です。MQAは我々のレコードストア、またはその要素になりそうです。もしそうなら、私見ではほとんどない、正確で管理された統計的に有効なリスニングテストがふさわしいです。一般の方と特に訓練されたリスナーの両方を対象とするテストです。我々は徹底的にMQAがどのようなものか知る必要があります。このようなテストは、モントリオールのマギル大学で行われる予定です。この記事が掲載される頃には、結果が漏れ始める可能性があります。ご期待下さい。」


脚注1:参照 The Appetite for Self Destruction: the Spectacular Crash of the Record Industry in the Digital Age, by Steve Knopper, Free Press, 2009. - John Atkinson 
脚注2:残念なことに、それらは洪水、怠慢、または経年により失われたり損傷しました。- Jim Austin
脚注3:MQAは回答しました:レコーディング、ミキシング、マスタリングエンジニアがMQAの音を聞くことができるデジタルオーディオワークステーションのプラグインがありますが、既存の録音ではなく新しい録音でのみ機能します。長い間、今でさえ私は嘲笑や遠吠えを聞いていますが、今日のレコーディングスタジオではMQA A/Dコンバータにとって変わります。- Jim Austin





 Stereophileの今回のウェブ記事は2ページに分かれており、Page1の冒頭ではMP3のなりたちと音楽業界を破壊したというインターネットを含むデジタル情報技術の功罪について論じています。それからMP3やインターネットにより発した諸課題の解決策として意図されているMQAについてのビジョンが示されます。

 そのビジョンを紹介する前に、オーディオファンに向けて課題を把握するには大きな絵を見る必要があると指摘しています。一つが健全な音楽産業界。もう一つが音楽に関わる全ての人々に役立つ音楽システム。前者についてはスタジオの利益保護というMQAのスペンサー・クリス氏の言葉を紹介しています。

 そのスタジオの利益とは”クラウンジュエル(重要資産)”(=ハイレートPCMマスター)ですが、海外の懐疑論の主要な論点DRMの根拠でもあります。後者については我々オーディオ愛好家の意見が意思決定に反映された結果として失敗したSACD等を挙げ、もはや音楽消費者の中でもオーディオ愛好家は少数である現実を突きつけています。

 そして未来を見越すのは困難で過去には利益を最重視していたレコード会社ではあるが、音楽業界が健全性と収益性を持ち直したならば、それは音楽に関わる全ての人々にとって良いことだと持論を述べています。一方で、MQAの高度で洗練された技術と同時に支配的な音楽配信システムでより良くなるのかわからない、囲われた専有的なテクノロジーはオールドファッションな音楽経済を復活させるとも述べています。

 Page2ではMQAに反対を表明している、あるいは反対し得る立場のステークホルダーを挙げています。DSP系に関わるプログラマー、デジタル系エンジニア、一部音楽制作者の直接的な反対理由や背景にこそ踏み込んではいませんが、デジタル領域で作成された音楽において”アナログからアナログ”という新しい枠組みが彼らにどういう変化をもたらすのか?おそらくあえて暗示的な内容に留めています。
 
 そして重要な問題として、MQAが音楽、音楽リスナー、ミュージシャン、そしてオーディオファンにとって良いことなのか?とし、ボブ・スチュアート氏からの書簡の内容を紹介しています。そこには今回、彼が論じた内容の答えが簡潔に記されており、彼はそのコメントを善意的に捉えます。しかし技術的・音楽的な考察は続けると結んでいます。

 冒頭で触れましたが、今回の記事はPart12で取り上げた記事の前段部分から文脈としてつながっており、諸課題の解決手段としてのMQAの提案を肯定するか否かが隠れたテーマだと受け止めています。その方向性がYogi Berraの諺に表れているように思われ、ではなぜ?が今回の記事であれば、文面の随所に我々オーディオ愛好家の逡巡や利害関係者の主張を代弁するような表現が見出せます。

 文脈としてのつながり、そして海外の懐疑論に関する予備知識が無ければ少々わかりにくい内容だったかもしれません。また翻訳した言葉の一部だけを肯定的または否定的に切り取っても、おそらく論旨から外れると思われます。もしお時間があるならば何度となく全体をお読みいただき、理解を深める一助となれば幸いです。
 
 最後に、今回も記事引用の機会を頂きましたStereophileのジョン・アトキンソン氏へ感謝申し上げます。



*「」の引用文は英文を意訳したものです。正確性が必要ならば各本文をご参照下さい。




コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part1 - MQAとは?
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2 - MQA波及予測
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part3 - CAのMQA Q&A
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part4 - 制作者利益について
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part5 - MQA懐疑論
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part6 - TIDALのMQA対応
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part7 - MQAデコード解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part8 - MQA懐疑論的仮説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part9 - Bob Talks
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part10 - ミュージシャンの視点から
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part11 - Stereophile MQA検証1 再構成フィルタ比較
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part12 - Stereophile MQA検証2 Audio Origami
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part13 - Stereophile 文脈によるMQA解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part14 - Stereophile MQAベネフィットとコスト
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part15 - Stereophile MQAとDRM
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part16 - Stereophile MQA検証3 Bスプライン
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part17 - Stereophile MQA検証4 AD/DA
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part18 - 音楽レーベルの視点から




関連投稿
レビュー Roon - MQA ソフトウェアデコード、DSP EQ検証
コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?
コラム SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察
レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証
レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証
コラム LINNのMQA批判について
コラム MQAとベストミックス
レビュー Meridian Explorer2 - MQA




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release