投稿

7月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル」へ行って参りました。10月に入り朝晩、窓から入る風には涼を通り越してやや寒さを覚え始めています。そんな週末の午後は突き抜ける青空に雲が気持ちよく浮かんで漂うような好天に恵まれました。公共交通機関を利用し、会場へと続く人波に続きます。

 広場前にはいつものようにダンス練習に励む若者たち。エントランスには忙しく行き交う人々とCD販売のブースに人だかりができていました。KOBELCO 大ホールには開演15分前に到着。座席は1階中央。ステージには背板のない椅子と低い譜面台のみ。年齢構成は幅広く子供の姿も目立ちました。

 開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。下手よりエドガー・モローさんがチェロを持ちステージに歩み寄ると客席は大きな拍手で迎えます。黒のスーツ、開襟の白シャツ、靴下は茶系のチェック柄、エナメルの黒靴。モローさんが客席に深々と一礼し、椅子に着座。いよいよ開演です。






 演目は
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009
  (休憩)
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012
 (アンコール)


 今回は2018年の兵庫県立芸術文化センター・KOBELCO大ホールでのリサイタル以来、同会場での2度目の観劇です。しかもオール・バッハの無伴奏チェロ組曲のプログラムはモローさんの魅力がより伝わってくることを期待し、と同時に無伴奏チェロ組曲の曲目自体への渇望を催し、胸が高鳴ります。





 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番:お馴染みの旋律。チェロの胴鳴り豊かな響きがホールに満たされ、広い音域はステージ全体を楽器に見立てたかのような鳴り。プレリュードが終わったときに拍手したいくらい惹き込まれる演奏でした。バロック時代の空間を想像しながら現代の音をオーバーラップさせ聞いていました。

 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番:第一番につづき、目を閉じるとあたかもアンサンブルで弾いているかのような錯覚、重奏感のある厚みを音に感じます。あまりにも心地よい響きにこくりこくりと舟を漕ぐ周囲の客席。夢うつつに近い現実に意識を置きつつも、モローさんが楽章の合間に額を拭う仕草が記憶に残ります。

 休…

SONY BDZ-EW1100 -No.2 Macで地デジ Staion TV Link編

イメージ
目的はBDZ-EW1100のサーバー機能を利用してMacで地デジを観ること。
とは言ってもMacはDTCP-IP未対応。Vm Fusionの仮想化Windows環境も地デジ閲覧は不可。Boot CampのWindows環境なら閲覧可という巷のTipを後追いで検証レビューしてみます。



まず、DTCP-IP対応ネットワーク・DMP・アプリケーションソフトが動作するのか?試用版でチェックします。ソフトはDixim Digital TV Plus、SoftDMA 2、Station TV Linkのほぼ3択。とりあえず試用版を3つともインストールしてみました。


結論から言えば<試用版での評価>
1.Dixim Digital TV Plus  <G>
2.SoftDMA 2  <NG>
3.Station TV Link  <VG>


1、3に関してはMBPで動作を確認できました。動作レスポンスも良好です。2.は閲覧できませんでした。


3が1より優れている点は、拡張デスクトップ画面上でも映ること。外付け液晶モニターはHDCP対応なんですが、1は試用版だからなのか?原因は不明です。
もう1点、EW1100がスタンバイモードのとき、1はサーバーを検出できませんでした。





ということで、3. PIXELA Station TV Linkでの検証レビューを行います。Windows Storeからアプリをダウンロード&インストール。価格変更があり、現在1,900円で入手できます。



インストールできましたので起動してみます。


接続サーバーとしてEW1100が認識されています。ただ「接続されていません」と表示されます。これはEW1100がスタンバイモードの時、そのように表示されるようです。左画面の「テレビ番組」「ライブテレビ」も内容が表示されません。


スタンバイモードからの復帰は、リビングのEW1100の電源をONする。でも部屋にいれば面倒ですよね。そこでソニーのリモコン&テレビ番組表アプリTV SideViewでコントロールします。


iPadのTV SideViewを起ち上げると、EW1100がスタンバイモードから復帰します。ちなみにこのアプリは課金しプラグインを入れることで「どこでも視聴」に対応するという、メディアプレーヤー統合型コントロールアプリ。なかなかのスグレモノです。
補足:アップデート…

SONY BDZ-EW1100 -No.1 導入編

イメージ
SONYのブルーレイディスクレコーダーを導入しました。


SONY BDZ-EW1100



開封。


電源ケーブルとアンテナ線とB-CASカード。 リモコンのサイズが小さく、ボタンのサイズが大きいので、押しやすいです。


HDMIケーブルとアンテナ線は既存のものを使いました。


前面パネルを開けてB-CASカードを挿入。


電源ON。ディスプレイに何かぼやーっと光ってますが「PLEASE WAIT(しばらくお待ち下さい)」と表示されています。そんなに待たずに起動します。


かんたん設定しました。操作時の動きが速いので、使いやすいなあという感想です。


つづきは、SONY BDZ-EW1100 -No.2 Macで地デジ Staion TV Link編です。

NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-8 SUMIKO Pearl Take8。

イメージ
Sumiko Pearlでのトレース、Take8です。




Ben Folds / Landed





POPS & ROCKカテゴリから選曲してみました。才に溢れるメロディー・メーカーの一人、ベン・フォールズの1曲です。45rpmの波打つ盤にトーンアームが追随している様子がわかりますが、この程度では音飛びはありません。またサウンドが波打つようなこともありません。サウンドバランスがいいので、わざわざアナログで聴くことがよくあります。動画はEP盤のシングルバージョンです。


つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-9 SUMIKO Pearl Take9です。


コラム 続・OTTAVA継続を考える

前回の投稿ではOTTAVA継続への安堵感と、一抹の心配を正直に吐露いたしました。その一抹の心配とは、放送事業者のTBSと音源供給事業者のNAXOSとのコラボレーションでOTTAVAは動いていたわけですが、その一方に事業が全てシフトする、つまりTBSが担っていた経営基盤をもNAXOSが引き継ぐとなると、そちらの経営戦略に関心が及ぶわけですが、現時点で今ひとつ明らかではないという点で、そういう感想に至ったわけです。

 おそらく急転直下の判断(英断)があってのことで、アナウンスの通り、これから共同事業者の選定とリスナーの声を含めたラジオ・ステーション作りに入っていく、その準備過程にあるとすれば、前回の投稿で記した、いちリスナーの考え及ぶことではないプラットフォームが形成されることと期待しておりますが、今回はあえて、一リスナー目線で気になる点や考えを発露してみたいと思います。


OTTAVAの世界観は譲らない。

 前々回の投稿で記した通り、OTTAVAの魅力とはその世界観にあると思っています。世界観とはイメージ・キャラクター・フィロソフィーと同類語だと思って下さい。
”インターネットラジオは世界中の数多あるチャンネルが存在するわけですが、日本語のナビゲーター(OTTAVAではプレゼンターと呼称)が存在し、クラシック・コンテンツとその関連する情報をフューチャーする、そのチャンネルのタッチ・トーン・ピッチにはOTTAVA独特のカラーレーションがありました。”

”それはクラシック音楽の持つイメージを踏み外さない中において、エスタブリッシュでもアヴァンギャルドにも過ぎない彩色がなされており、そこにパーソナリティを持ったナビゲーターにより知的好奇心や知識の深堀りを想起させる企画が差し込まれるという構成は、毎日聴いて飽きのこないBGMに+αを提供するチャンネルとして、一個人としては認知していました。”


 世界観に、例えばスポンサー企業のCMが流れたとして、使われるBGMやコピーがそぐわないと、その番組のカラーだけでなく、ラジオの向こう側でつながっているリスナーの気分をも変化させてしまう。FMラジオではよくある光景で、慣れてしまった感がありますが、そうあって欲しくはない、という願いでもあります。



CSRに熱心なスポンサー企業についてもらう。

 広告報酬は事業存続には大きなウェイトを占めているこ…

ラベル別INDEX

もっと見る