投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






レビュー データレスキュー3

イメージ
写真をWi-FiでPCからMac miniの外付けHDDへ送り、PlayMemoriesでフォルダ整理中、そのフォルダを丸ごと削除してしまいました。そのフォルダは排他的には扱わず、共有フォルダとして誰でも「読み/書き」できるように設定していました。しかもTimeMachineの除外項目としていました。Winのアプリから削除したのでゴミ箱を介さず、通常においては復旧不可能。


そこで復旧ソフトの出番となりました。




 データレスキュー3は試用版を先ずMacにインストールし、データがリストアップされるか検証しました。その際にデータレスキューはファイル形式によりますがプレビューで確認できますので復旧可能かどうかチェックできます。今回の場合は対象がJpeg形式だったので、プレビューで確認でき正式版購入に至りました。

 試用版をご覧いただくとわかりますがGUIはシンプル。スキャンも最初に完全スキャンすれば、時間は少々かかりますが、多くのファイルをサルベージできます。




 最終的には復旧先フォルダに「再構築ファイル」という名のフォルダが作成され、ファイル形式別に復旧ファイルがリストアップされます。Jpeg、Jpeg1、Jpeg2と三種類のフォルダに分かれたファイルを復旧できました。但し、消失前フォルダ別の復旧ではなくファイル形式別の復旧ですので、ここからは手作業・目作業のファイル選別が必要になります。




コラム デジタルソリューション考・Part2 Appleとゼロコンフィグ

デジタルソリューション考・Part1で論じた、デバイスとしてのテレビが成功した理由は、複雑な設定が無くユーザーが情報コンテンツを取得するために特に何もしなくていい、設置から視聴まで一連の行動がシームレスにつながる点が挙げられます。そこへインターネットを接続したところ、設定など何かしなくてはならないことが発生し、シームレスなつながりでは無くなったことがインターネットTV(現在の呼称はスマートテレビ)がかつて成功しなかった理由として考えられます。

 何もしなくてもいいこと=ゼロ・コンフィギュレーション。つまりインターネットTVが設定なり、何かしなければいけなかった事が敗因だとすれば、逆に言えばゼロコンフィグであれば復活、あるいは道が開けるのではないか?と。その一例があります。

Apple製品はゼロ・コンフィギュレーション技術のBonjourを実装し、ネットワーク機器が自動で相互認識、ユーザーは家庭内LANなどネットワーク環境で複雑な設定を行わなくともApple製品を使える仕様になっています。Mac、iPad、Airmac、AppleTVなどのハードウェア、iTunesなどのソフトウェアはBonjourで稼働しています。

 このBonjour=ゼロコンフィグというテクノロジーは、Appleのデジタルソリューションの核の一つであり、ユーザビリティ・利便性という大きなメリットがあり、Apple製品のサービスそのものでもあります。AirPlay、AirPrint、TimeMachine、ホームシェアリング、iTunes Match、iCloudなどのサービスはゼロコンフィグ技術が基盤となっています。

 つまりApple製品のユーザビリティとは、ハードウェアとソフトウェアがサービスとしてシームレスにつながっていること。もちろんデバイス・デザインやマーケティングも重要な要素であることに違いないのですが、ゼロコンフィグでシームレスにつながるサービスこそがAppleの強みだと確信している方は少なくないことでしょう。

 さて冒頭ではテレビを例示しましたが、オーディオ分野でもシームレスとゼロコンフィグについては、サービスとしてポイントかと思います。言うに及ばず、ネットワークプレーヤーはUPnP/DLNA規格のゼロコンフィグで稼働していますが、パッケージメディアと比較し、デジタルデー…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release