投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

レビュー データレスキュー3

イメージ
写真をWi-FiでPCからMac miniの外付けHDDへ送り、PlayMemoriesでフォルダ整理中、そのフォルダを丸ごと削除してしまいました。そのフォルダは排他的には扱わず、共有フォルダとして誰でも「読み/書き」できるように設定していました。しかもTimeMachineの除外項目としていました。Winのアプリから削除したのでゴミ箱を介さず、通常においては復旧不可能。


そこで復旧ソフトの出番となりました。




 データレスキュー3は試用版を先ずMacにインストールし、データがリストアップされるか検証しました。その際にデータレスキューはファイル形式によりますがプレビューで確認できますので復旧可能かどうかチェックできます。今回の場合は対象がJpeg形式だったので、プレビューで確認でき正式版購入に至りました。

 試用版をご覧いただくとわかりますがGUIはシンプル。スキャンも最初に完全スキャンすれば、時間は少々かかりますが、多くのファイルをサルベージできます。




 最終的には復旧先フォルダに「再構築ファイル」という名のフォルダが作成され、ファイル形式別に復旧ファイルがリストアップされます。Jpeg、Jpeg1、Jpeg2と三種類のフォルダに分かれたファイルを復旧できました。但し、消失前フォルダ別の復旧ではなくファイル形式別の復旧ですので、ここからは手作業・目作業のファイル選別が必要になります。




コラム デジタルソリューション考・Part2 Appleとゼロコンフィグ

デジタルソリューション考・Part1で論じた、デバイスとしてのテレビが成功した理由は、複雑な設定が無くユーザーが情報コンテンツを取得するために特に何もしなくていい、設置から視聴まで一連の行動がシームレスにつながる点が挙げられます。そこへインターネットを接続したところ、設定など何かしなくてはならないことが発生し、シームレスなつながりでは無くなったことがインターネットTV(現在の呼称はスマートテレビ)がかつて成功しなかった理由として考えられます。

 何もしなくてもいいこと=ゼロ・コンフィギュレーション。つまりインターネットTVが設定なり、何かしなければいけなかった事が敗因だとすれば、逆に言えばゼロコンフィグであれば復活、あるいは道が開けるのではないか?と。その一例があります。

Apple製品はゼロ・コンフィギュレーション技術のBonjourを実装し、ネットワーク機器が自動で相互認識、ユーザーは家庭内LANなどネットワーク環境で複雑な設定を行わなくともApple製品を使える仕様になっています。Mac、iPad、Airmac、AppleTVなどのハードウェア、iTunesなどのソフトウェアはBonjourで稼働しています。

 このBonjour=ゼロコンフィグというテクノロジーは、Appleのデジタルソリューションの核の一つであり、ユーザビリティ・利便性という大きなメリットがあり、Apple製品のサービスそのものでもあります。AirPlay、AirPrint、TimeMachine、ホームシェアリング、iTunes Match、iCloudなどのサービスはゼロコンフィグ技術が基盤となっています。

 つまりApple製品のユーザビリティとは、ハードウェアとソフトウェアがサービスとしてシームレスにつながっていること。もちろんデバイス・デザインやマーケティングも重要な要素であることに違いないのですが、ゼロコンフィグでシームレスにつながるサービスこそがAppleの強みだと確信している方は少なくないことでしょう。

 さて冒頭ではテレビを例示しましたが、オーディオ分野でもシームレスとゼロコンフィグについては、サービスとしてポイントかと思います。言うに及ばず、ネットワークプレーヤーはUPnP/DLNA規格のゼロコンフィグで稼働していますが、パッケージメディアと比較し、デジタルデー…

ラベル別INDEX

もっと見る