投稿

12月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






2012年、あと2日になりました。

師走の街は新年を迎える準備へ模様が替わり、人が忙しく行き交っています。

 今年も拙ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 統計を見ますとDS、NASへの関心が続いており、2012年はAirplay、ネットワークプレーヤーが多く市場を賑わしたことと相関しているのかな?と思っています。

 投稿した内容ではMacbookを新モデルのMacbookProに入れ替えました。やはりユーザーインターフェースは直感的で使いやすく、楽器の練習でも役立っています。

 DIY関連記事にもコンスタントに多くの閲覧を頂きました。そこで、みなさんのチャレンジに誘発されて成功事例については拙い概略図を掲載させて頂きました。

 来年も現状維持で、ゆったりと、楽しく投稿できればと思っております。

 それでは、皆様よいお年を!

MacとWindowsでHFS+ファイル共有

イメージ
MacとWindowsとLinuxの共存環境で、WindowsからMacに直接アクセスできないものか?と調べてみました。Macのデフォルトのフォーマット形式はMac OS 拡張ジャーナリング(HFS+)、Windowsのデフォルトのフォーマット形式はNTSF。OSは
それぞれMac OS X 10.8.2、Windows7。



HFS+はWindowsでは読み書き不可というレビューが比較的多く見られるのですが、Mac側で「ファイル共有」を設定すればWindowsのエクスプローラー画面から簡単にアクセスできます。
「ファイル共有」の設定方法は他にお譲りするとして、ドロップボックスだけではなくデスクトップ上のファイルにも直接アクセスできます。

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.6 手回しプレーヤー編

ノッティンガムのプレーヤーはターンテーブルの始動と停止が「手動」です。この仕組みがノッティンガムのサウンドのポイントですが、どうもその辺が文章では伝え切れていないかもしれないので動画で撮影してみました。







駆動系を非力にしたことで余計な音がせず、動画では背景音のノイズが聴こえますが、実際はものすごく静かに回っています。プラッターに手を添えターンテーブルを回し、止める動作が伝わったでしょうか。



つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -No.7 リード線修理編です。




レビュー YAMAHA CG101A

イメージ
ヤマハのクラシックギター。CGシリーズの一番エントリークラス。生産完了モデル。


造りはしっかりしています。細部の仕上げも悪くないです。むしろ品質管理の良さを感じます。


表板はスプルース、側裏板はニヤトー、指板はローズウッド。おそらく合板。グロス仕上げです。


ホール周囲の絵柄はプリントです。
ゴダンのギターも荷重が軽いですが、さらに軽いです。片手でひょいと。 拙宅ではあまり鳴らせないのでサウンドホールカバーを付けてみましたが、ミュート効果としては少しだけ。そのぶん音がはっきりしますので軽く爪弾くだけでも聞こえやすいです。


YAMAHA CG Series CG102 《クラシックギター》【送料無料】
価格:20,080円(税込、送料込)


ラベル別INDEX

もっと見る

New Release