投稿

12月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!? Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

2012年、あと2日になりました。

師走の街は新年を迎える準備へ模様が替わり、人が忙しく行き交っています。

 今年も拙ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 統計を見ますとDS、NASへの関心が続いており、2012年はAirplay、ネットワークプレーヤーが多く市場を賑わしたことと相関しているのかな?と思っています。

 投稿した内容ではMacbookを新モデルのMacbookProに入れ替えました。やはりユーザーインターフェースは直感的で使いやすく、楽器の練習でも役立っています。

 DIY関連記事にもコンスタントに多くの閲覧を頂きました。そこで、みなさんのチャレンジに誘発されて成功事例については拙い概略図を掲載させて頂きました。

 来年も現状維持で、ゆったりと、楽しく投稿できればと思っております。

 それでは、皆様よいお年を!

MacとWindowsでHFS+ファイル共有

イメージ
MacとWindowsとLinuxの共存環境で、WindowsからMacに直接アクセスできないものか?と調べてみました。Macのデフォルトのフォーマット形式はMac OS 拡張ジャーナリング(HFS+)、Windowsのデフォルトのフォーマット形式はNTSF。OSは
それぞれMac OS X 10.8.2、Windows7。



HFS+はWindowsでは読み書き不可というレビューが比較的多く見られるのですが、Mac側で「ファイル共有」を設定すればWindowsのエクスプローラー画面から簡単にアクセスできます。
「ファイル共有」の設定方法は他にお譲りするとして、ドロップボックスだけではなくデスクトップ上のファイルにも直接アクセスできます。

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.6 手回しプレーヤー編

ノッティンガムのプレーヤーはターンテーブルの始動と停止が「手動」です。この仕組みがノッティンガムのサウンドのポイントですが、どうもその辺が文章では伝え切れていないかもしれないので動画で撮影してみました。







駆動系を非力にしたことで余計な音がせず、動画では背景音のノイズが聴こえますが、実際はものすごく静かに回っています。プラッターに手を添えターンテーブルを回し、止める動作が伝わったでしょうか。



つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -No.7 リード線修理編です。




レビュー YAMAHA CG101A

イメージ
ヤマハのクラシックギター。CGシリーズの一番エントリークラス。生産完了モデル。


造りはしっかりしています。細部の仕上げも悪くないです。むしろ品質管理の良さを感じます。


表板はスプルース、側裏板はニヤトー、指板はローズウッド。おそらく合板。グロス仕上げです。


ホール周囲の絵柄はプリントです。
ゴダンのギターも荷重が軽いですが、さらに軽いです。片手でひょいと。 拙宅ではあまり鳴らせないのでサウンドホールカバーを付けてみましたが、ミュート効果としては少しだけ。そのぶん音がはっきりしますので軽く爪弾くだけでも聞こえやすいです。


YAMAHA CG Series CG102 《クラシックギター》【送料無料】
価格:20,080円(税込、送料込)


ラベル別INDEX

もっと見る