投稿

2013の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル」へ行って参りました。10月に入り朝晩、窓から入る風には涼を通り越してやや寒さを覚え始めています。そんな週末の午後は突き抜ける青空に雲が気持ちよく浮かんで漂うような好天に恵まれました。公共交通機関を利用し、会場へと続く人波に続きます。

 広場前にはいつものようにダンス練習に励む若者たち。エントランスには忙しく行き交う人々とCD販売のブースに人だかりができていました。KOBELCO 大ホールには開演15分前に到着。座席は1階中央。ステージには背板のない椅子と低い譜面台のみ。年齢構成は幅広く子供の姿も目立ちました。

 開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。下手よりエドガー・モローさんがチェロを持ちステージに歩み寄ると客席は大きな拍手で迎えます。黒のスーツ、開襟の白シャツ、靴下は茶系のチェック柄、エナメルの黒靴。モローさんが客席に深々と一礼し、椅子に着座。いよいよ開演です。






 演目は
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009
  (休憩)
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012
 (アンコール)


 今回は2018年の兵庫県立芸術文化センター・KOBELCO大ホールでのリサイタル以来、同会場での2度目の観劇です。しかもオール・バッハの無伴奏チェロ組曲のプログラムはモローさんの魅力がより伝わってくることを期待し、と同時に無伴奏チェロ組曲の曲目自体への渇望を催し、胸が高鳴ります。





 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番:お馴染みの旋律。チェロの胴鳴り豊かな響きがホールに満たされ、広い音域はステージ全体を楽器に見立てたかのような鳴り。プレリュードが終わったときに拍手したいくらい惹き込まれる演奏でした。バロック時代の空間を想像しながら現代の音をオーバーラップさせ聞いていました。

 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番:第一番につづき、目を閉じるとあたかもアンサンブルで弾いているかのような錯覚、重奏感のある厚みを音に感じます。あまりにも心地よい響きにこくりこくりと舟を漕ぐ周囲の客席。夢うつつに近い現実に意識を置きつつも、モローさんが楽章の合間に額を拭う仕草が記憶に残ります。

 休…

2013年大晦日、今年最後のエントリーとなりました。

イメージ
師走の昼下がり、窓を開け放つと穏やかな陽光に凛とした風が吹き抜けていきました。

 今年も拙ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 例年通りブログの統計を見ますと、今年はDENON RCD-N8レビューへの関心が高く、次いでHP-RX700の補修Tips、さらにはLINN DSとQNAP NASレビューへのアクセスも依然として高かったです。

 ネットワーク・オーディオへの関心が続いていること、そしてネットワーク・コンポとヘッドホンに共通する要素として、どちらも普及価格帯の製品ですが、長く愛用したいスタンスをユーザー側が持っていることを感じ取っています。そこからは、決して対コストでシビアな面だけではなく、長く付き合う楽しみというポジティブな面も垣間見えています。




 自室のオーディオは、相変わらずの面々です。
 Source :
 (Analog) Nottingham Analog Studio - Interspace Jr.
 (Digital) Linn - Sneaky Music DS
 Pre-amplifier : Jeff Rowland - CAPRI S
 Power-amplifier : Jeff Rowland - 102 S
 Speaker : ProAc - Studio100
 アナログのエントリーが少なかったので、来年はカートリッジでもご紹介してみようかしら・・・。


 DTMの方は楽器が一つ増えました。腕前の方も楽器に見合うまで日々精進が続きそうです。それまでは投資も控えめに・・・。




 さて、来年はどうなるのやら?ブログの方は、楽しく投稿できればと思っております。  
 それでは、皆様よいお年を!


LaCie 2big NAS -No.5 雑感レビュー編

イメージ
数年前にNASを導入し、そのサービスや性能を体験してきましたが、多機能という点では逆に使い勝手はどうなんだろう?と感じつつ、機会があればブログの中で言及してきました。そんな中でも機能限定、あるいは特化したNasneなどの製品が市場で支持されている現状を見ながら、データ消失がきっかけとして、PC環境が変わるついでに、実験的にLaCie NASを導入してみました。





拙宅の環境では、バックアップサーバーとしてのTimeMachine、メディアサーバーを使っての音楽・写真・動画ファイルの再生がメインであり、それ以外のサービスはあまり必要ないと言ってもいい。また頻繁に写真や動画を保存することはあっても、再生する機会は然程あるものではない。だとしたら、それなりの機能を持った、自分と家族に使い勝手の良い製品でいいのではないか?という考えに至り、そのことも理由です。


現在は、PC/Macで作業し、データのバックアップ場所として外付けHDDとNASでリスク分散し、頻度の高いデータ共有センターとしてNASを使うという、住み分けを始めています。今のところ、不便を感じるに至っていません。





今回のレビューは、決してLaCie NASの優位性を宣伝するものではありません。様々なデータストレージの方法論や機種選定の基準がユーザー側にある中で、そもそもPCで事足りる環境もありますので、一つの使い方をお見せしたまでです。



LaCie製品は以前から愛用していますが、NASに関して言えば、国内代理店さんのサポートが控えめに見受けられます。スペックを追い求める、速いサイクルに着いて行くことは大変かと察しますが、一定のユーザーを維持するにはそれなりの製品展開とサポートが必要です。この場を借りて、あえてエールを贈りたいと思います。


追記:残念ながらLaCie NASの国内販売は停止になりました。サポートは継続中ですので、海外で実力を蓄えて再販する日を願っています。



LaCie 2big NAS -No.4 ハードウェア編

イメージ
QNAP NASと比べると、LaCie NASはスペックで見劣りするかもしれません。

管理画面のレスポンスは若干劣ります。ですが、使ってみると気にならなくなるものです。というのも、高スペックを絶えず要求する作業ならいざ知らず、おおよそ拙宅の環境ではNASにフルスペックの機能を要求することにあまり意味を見い出さなくなりました。

さて、海外仕様を参照してみると、
・CPU;ARM2.0GHz
・メモリ;265MB
・ファイルシステム;EXT4
・読み100MB/s、書き55MB/s
・ホットスワップ対応
・RAIDモード;RAID 0、1、JBOD
・Disklessモデルあり


それに対するユーザーとしての対応ですが、USB3.0インターフェースはベターですが、外付けHDDケースにeSATAコネクタがありますので、eSATA接続では3Gbpsの転送速度でのデータ転送が利用可能です。


冷却ファン音は他機比較では若干大きいですが「ふ〜ん」という音は空気清浄機の音よりはずいぶんと小さいです。それでもファン付きNASの設置場所を確保しています。冷却ファンとスリットサイズは小さいですが、筐体全体がヒートシンクになっていますので、放熱は常時行っていることになります。今冬のハードディスク温度は平均32度前後。


ハードディスクはSeagate製2TB×2のようです。国内仕様ではスペアドライブとアタッチメント丸ごと交換対象になっています。拙宅ではRAID1で冗長性を確保、その上でeSATA接続の外付けHDDまたはWi-Fiを通して他NASやPC/MacのHDDに差分バックアップを行っています。


使い方によりますが、高スペックでなくても何とかなるというのが実感です。それと、本体価格に2台のHDDも含まれていることから「Low> Cost And High Value」なのかな?と。


つづきは、LaCie 2big NAS -No.5 雑感レビュー編です。


LaCie 2big NAS -No.3 メディアサーバー編

イメージ
LaCie NASではメディアサーバーの複雑な設定が必要ありません。
本来、DLNAもiTunesのベースとなるBonjourもゼロ・コンフィギュレーションの規格でかんたんな設定を目的としたものですが、管理画面で上記のサービスを有効化しさえすれば、NAS内のコンテンツ(音楽・写真・動画ファイル)を自動認識しクライアント側で利用できます。


言い換えれば、詳細設定が出来ないわけですが、この点を割り切るかどうか?がユーザー側の判断になり得ます。例えば、PC/Mac、QNAP等のNASは各本体内のTwonkyServer設定画面にアクセスできますが、多機能化とのトレードオフです。

LaCie NASのDLNAメディアサーバーはTwonkyです。LINN Kinskyで認識し、音楽ファイルをDSで再生できますし、DLNA規格のネットワーク・プレイヤーやタブレット・デバイスからも同様に再生可能です。




また、TwonkyServerは同じネットワーク内にある他のTwonkyServerやWindowsMediaPlayer内のコンテンツ(音楽、写真、動画ファイル)を情報収集し統合、一つのビューで表示できる「アグリゲーション・モード」を備えています。その機能を使えば、複数サーバーに分散されているコンテンツを一つのUI(画面)で一度に見て、コントロールすることができます。



例えば、NASとは別にPCにもTwonkyServerをインストールすれば、PCのTwonkyServerがLaCie NAS内のコンテンツ情報を収集し、PCのTwonkyServer画面にコンテンツ一覧を表示し、再生することができるのです。このアグリゲーション機能は、お使いの環境にもよりますが、写真をプライベートと共有とで分けたい場合や音楽ファイルを種類により分散している場合など便利な機能ですし、必ずしもTwonkyServerのバージョンが一致することが無い場合に補完的機能としても使えます。




但し、アグリゲーション・モードは現状において、私の環境ではWin版ではアルバムアートが反映されなかったり、Mac版ではLaCie NASのコンテンツにアクセスできない症状があり、この点はTwonkyのアップデートを待ちたいと思います。(もしMac版でNASにアクセスできる方がいれば教えてください。)

つづきは、LaCi…

LaCie 2big NAS -No.2 設定編

イメージ
LaCie NASは設計がLinuxベース。OSは独自のプログラムで、市場ではOS3およびOS2搭載機の共存環境にあるようです。OS2、OS3は多くのアプリケーションサービスは共通ですが、差異はGUI、ハードウェアモニタリング、クラウドサービス管理という点でしょうか。GUIが改良されユーザービリティが良くなっています。



はじめにNASをコントロールするため、予めMac/PC側にLaCie Network Assistant(LNA)をインストールし起動しておきます。あとはNASを宅内LAN内で接続し電源ONするとLNAが自動認識するという仕組みです。DHCPサーバーを利用していればNASのIPアドレスは自動で割り当てられます。QNAP Finderと同じです。


管理画面はシンプルです。 メイン設定項目は「Dashboard」(大枠)に表示されますが、小枠を周囲に逆L字型配置できる仕様で、1画面でより多くの情報に接することができます。グレーの部分が小枠ですがクリックで位置変更し画面をカスタマイズできます。


例えばハードウェアモニタリングの小枠をクリックすると中央の大枠が切り替わりワンクリック・ワンビューで情報を認識できます。触ってみると、シンプルで見やすく使いやすいです。QNAPのQTS4.0、ReadyNas Replicate等それぞれ独自のGUIで良さがあると思いますが、多機能性を持て余している方には丁度いいボリュームかもしれません。


アプリケーションサービスメニューです。 メニューが少ないですが、このあたりがLaCie NASとQNAP、ReadyNas等との差異になるかと思います。サービスは絞られており拡張性はありませんが、その必要性が必ずしも無いならば、使いやすいUIに接することができると思います。

つづきは、LaCie 2big NAS -No.3 メディアサーバー編です。




LaCie 2big NAS -No.1 導入編

イメージ
LaCieのNASを導入してみました。
LaCie(ラシー)製品と言えば奇抜なデザインは好き嫌いが分かれるところ。とは言っても、このデザインは機能性を補完するもので、シンプルなインターフェースと放熱フィンを素直に外観に取り入れた点は、Appleのデザイン・フィロソフィーに近いものを感じます。

したがって、その機能性を知ればそのデザインは、あとは空間にマッチするかどうか?だけのような気がしないわけでもなく・・どうかな?やはりポイントは、UIがMacに親和的、親近感があるかどうか?

つづきは、LaCie 2big NAS -No.2 設定編です。




レビュー TASCAM AV-P250 パワーディストリビューター

イメージ
TASCAM AV-P250

 DTM環境の電源ということで探したスイッチ付き+ノイズフィルター+電源タップ。


TASCAM ( タスカム ) AV-P250 ◆ 電源・パワーディストリビューター [ 送料無料 ]
価格:16200円(税込、送料無料) (2018/10/7時点)



 筐体はしっかりした造りです。電源コード3m。





 コンセントは裏面10口。 普通の3pinプラグは10口挿せますが、ホスピタルグレードのプラグは間隔が狭いので隣接して挿せませんでした。通常のプラグとホスピタルグレードのプラグを交互に挿す感じになります。





 裏面のコンセントは電源連動、表面のコンセントは非連動。 プラグがしっかり差し込めるコンセント口です。電子ピアノ用の譜面ライトやモバイル充電などにも使ってます。





 電源スイッチとブレーカーサーキット復帰用スイッチ。





 ポラリティチェック・ランプは直出し電源プラグと壁面コンセント口との極性チェック用で、接続する機材のチェック用ではありません。ランプ点灯しなかったので極性は合っているということなんでしょう。





 スイッチング電源のオーディオ機器に使ってみました。 激変ではありませんが、なんとなく音が締まって明瞭感が出たような印象、すぐ耳に馴染みました。お手頃な価格ですので楽器にもオーディオにもよろしいかと思います。





レビュー AirMac Extreme - No.3 雑感編

イメージ
AirMac Extremeを導入してから数ヶ月経ちました。



B社やN社の無線LAN機と比べると、Apple製品とのつながり良好です。技術的なことを棚上げした言い方として、一般的には「相性がいい」と言うのでしょうが、MacbookやMacminiでのネットレスポンスの良さは体感でわかります。VAIOでもブラウザがSafariだと表示速度が抜群に速いんですよね。IEはアドオンを盛り沢山に追加していますので、真っ当な比較にはなりませんが。





それと、詳細は後日ということにして、新型のiMacを導入しました。
Wi-Fiが802.11ac規格ということで、その恩恵に預かってみましたが、まるで有線接続並みの転送速度。リビングの場所からiMacまで直線で7mくらいですが、これからはこの規格がスタンダードになるのでしょうから、本当に便利になります。


話は戻りますが、AirMac Extremeは「AirMacユーティリティ」というアプリで管理しますが、当然に旧ExtremeやAirMac Expressも認識します。この一括管理とUIが非常にユーザビリティが良く、Apple社製品以外でも「AirMacユーティリティ」に表示されるデバイスがあればいいなと思います。


AirMac Extreme レビュー -No.1 開封と設定編
AirMac Extreme レビュー -No.2 ファイル共有編
AirMac Extreme レビュー -No.3 雑感編


レビュー データレスキュー3

イメージ
写真をWi-FiでPCからMac miniの外付けHDDへ送り、PlayMemoriesでフォルダ整理中、そのフォルダを丸ごと削除してしまいました。そのフォルダは排他的には扱わず、共有フォルダとして誰でも「読み/書き」できるように設定していました。しかもTimeMachineの除外項目としていました。Winのアプリから削除したのでゴミ箱を介さず、通常においては復旧不可能。


そこで復旧ソフトの出番となりました。




 データレスキュー3は試用版を先ずMacにインストールし、データがリストアップされるか検証しました。その際にデータレスキューはファイル形式によりますがプレビューで確認できますので復旧可能かどうかチェックできます。今回の場合は対象がJpeg形式だったので、プレビューで確認でき正式版購入に至りました。

 試用版をご覧いただくとわかりますがGUIはシンプル。スキャンも最初に完全スキャンすれば、時間は少々かかりますが、多くのファイルをサルベージできます。




 最終的には復旧先フォルダに「再構築ファイル」という名のフォルダが作成され、ファイル形式別に復旧ファイルがリストアップされます。Jpeg、Jpeg1、Jpeg2と三種類のフォルダに分かれたファイルを復旧できました。但し、消失前フォルダ別の復旧ではなくファイル形式別の復旧ですので、ここからは手作業・目作業のファイル選別が必要になります。




コラム デジタルソリューション考・Part2 Appleとゼロコンフィグ

デジタルソリューション考・Part1で論じた、デバイスとしてのテレビが成功した理由は、複雑な設定が無くユーザーが情報コンテンツを取得するために特に何もしなくていい、設置から視聴まで一連の行動がシームレスにつながる点が挙げられます。そこへインターネットを接続したところ、設定など何かしなくてはならないことが発生し、シームレスなつながりでは無くなったことがインターネットTV(現在の呼称はスマートテレビ)がかつて成功しなかった理由として考えられます。

 何もしなくてもいいこと=ゼロ・コンフィギュレーション。つまりインターネットTVが設定なり、何かしなければいけなかった事が敗因だとすれば、逆に言えばゼロコンフィグであれば復活、あるいは道が開けるのではないか?と。その一例があります。

Apple製品はゼロ・コンフィギュレーション技術のBonjourを実装し、ネットワーク機器が自動で相互認識、ユーザーは家庭内LANなどネットワーク環境で複雑な設定を行わなくともApple製品を使える仕様になっています。Mac、iPad、Airmac、AppleTVなどのハードウェア、iTunesなどのソフトウェアはBonjourで稼働しています。

 このBonjour=ゼロコンフィグというテクノロジーは、Appleのデジタルソリューションの核の一つであり、ユーザビリティ・利便性という大きなメリットがあり、Apple製品のサービスそのものでもあります。AirPlay、AirPrint、TimeMachine、ホームシェアリング、iTunes Match、iCloudなどのサービスはゼロコンフィグ技術が基盤となっています。

 つまりApple製品のユーザビリティとは、ハードウェアとソフトウェアがサービスとしてシームレスにつながっていること。もちろんデバイス・デザインやマーケティングも重要な要素であることに違いないのですが、ゼロコンフィグでシームレスにつながるサービスこそがAppleの強みだと確信している方は少なくないことでしょう。

 さて冒頭ではテレビを例示しましたが、オーディオ分野でもシームレスとゼロコンフィグについては、サービスとしてポイントかと思います。言うに及ばず、ネットワークプレーヤーはUPnP/DLNA規格のゼロコンフィグで稼働していますが、パッケージメディアと比較し、デジタルデー…

レビュー AirMac Extreme - No.2 ファイル共有編

イメージ
AirMac Extremeを選び、AirMac TimeCapsuleを選ばなかった理由は幾つかあります。

1.バックアップ機能として、TimeMachineはMac本体個別に外付けHDDで利用している。
2.ファイルデータ管理機能として、NASとMacminiを利用している。
3.冗長性を考慮して、無線LAN親機とデータ保管庫は別筐体にしておきたい。

AirMacの製品コンセプトからすると身も蓋もない事柄ばかりですが、現状ではiPad、iPhoneのデータはMac本体で管理することが前提で、ファイルサーバー機能としてTimeCapsuleが十分条件ではありませんので、単体で無線LAN親機としてのAirMac Extremeを選んだ次第です。

したがってレビュー2は、ファイル共有フォルダとしての検証を致しました。




音楽・動画データを保管してる電源付きの外付けHDDをUSB接続します。 接続したHDDは普段Macminiの外付けとして利用しているiTunesフォルダ入りのHDDです。ちなみにバスパワーのポータブルHDDでは認識しませんでした。


Mac/PCからAirMacユーティリティを起動します。接続したHDDが認識、表示されます。 ディスクフォーマットはMacOS拡張ジャーナリング(HFS+)ですので、再度のフォーマット等の必要無くスムーズに設定できました。


VAIOのエクスプローラ画面にAirMac Extremeが表示され、iTunesフォルダが参照できました。もちろんVAIOのiTunesで再生できますし、MediaMonky等からも再生可能です。ちなみに、動画ファイル(m2ts、mov)も問題なく再生しますが、稀にコマ落ちするときがありました。この点はUSB2.0インターフェースの転送速度をしてみれば無関係で、むしろ無線LAN環境のトラフィックに起因していると思われ、Airmacのマルチキャストレートを調整する方法があります。


おまけで、TwonkyServerやLinn SongboxなどのサーバーソフトからAirMacのiTunesフォルダの参照が出来ないのかとLinn Songboxからアクセスしてみましたが、残念ながらアクセスできませんでした。Mac/PC間の場合はアクセス権の付与でサーバーソフトが他のMac/PCのフォルダ・ファイル参照でき…

レビュー AirMac Extreme - No.1 開封と設定編

イメージ
素っ気ないダンボール。



巷で言う、開封の儀。



結構重い。レビューによると開封時に注意しないと落下するらしい・・・。


ソーっと蓋箱を持ち上げます。


白いです。


フォルムもフィルムも「ロールケーキ」


記念写真。


これがアップルらしところで、電源コードの巻き方までデザインしている。すばらしい。


■設定編
・有線LANの設定 AirMac ExtremeのWANポート-LANケーブル-CTU、ONU等。 AirMac ExtremeのLANポート-LANケーブル-Macbook。 電源コードON。 インターネット接続、完了。

・無線LANの設定 デフォルトでは2.4GHz帯のみの設定です。 後ほどデュアルバンドを活かすべく5GHz帯の設定と、セキュリティを高める非公開ネットワーク(通称ステルスモード)設定を行います。


MacbookのAirMacユーティリティを起動し、4項目を適宜入力します。ネットワーク名がSSIDのようなもので、好きな名前を自分で決めます。


これでデフォルトの2.4GHz帯の本体設定はとりあえず完了。


Macbookのネットワーク設定でネットワーク名を選択するとインターネットにつながります。 続く設定のため、引き続き有線接続で構いません。

・5GHz帯の設定

iPod Touchの液晶にじみが勝手に治った、嘘みたいな本当の話

イメージ
iPod Touchがアクシデントに見舞われ、そのRetinaディスプレイにダメージが・・・。



保護フィルムが浮いて、液晶滲みができてしまいました。


液晶滲みはMacbookが落ちた箇所にまるで液体が撥ねたような模様が約1cm程度。(滲んだ画面の撮影忘れで、上写真は後日のもの)


あきらめモードで2-3週間使っていたら、少しづつですがにじみ範囲が小さくなっていきました。現状ではすっかりにじみがありません。iPod Touchの挙動というか動作も問題ありません。特に何の努力もしてません。


iPod Touch Retinaディスプレイのにじみが治ったという情報はほとんど接してなかっただけに、こんなものなのでしょうか?偏光板に加圧がかっただけの現象だった?専門知識が無いのでよくわかりませんが、このケースは大きなダメージではなかったのでしょうね。

とりあえず、タブレットには液晶保護フィルムを貼った方が無難です。


レビュー Panasonic WCH2332H & WH2891P

イメージ
パナソニック WCH2332HWH2891P
タップは電設資材カテゴリで定格15A/125V/1500W。プラグ成形タイプ、被覆素材はビニルキャブタイヤ(VCTF)、3芯2.0mm。コードはやわらかく、色はホワイトに近いグレー。黒や灰色のコードが床を這う重苦しさを感じていたので、丁度いい感じの線材。 3pin-2pin変換アダプタはタップと同カラー。プラグ部分が銅色なので非メッキ?

パナソニック 接地15Aアダプタ/Joshin...
価格:420円(税込、送料別)

プラグはコールド側の判別が付くように大きなピン。アダプタにはWマークがわかりやすい。


タップ側のプラグとアダプタはしっかり密着。



コンセントプレートの退色が・・・



タップ側も3pinコード。


裏面にマグネットが付いています。外れます。 筐体こそABS樹脂ですが、3Pinコネクタのホールド感、コードの太さ、耐久性については電設資材として一定の安心感があります。



ラベル別INDEX

もっと見る