投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

DIY タモ材とペーパーコードのコートハンガー -No.3 概略図編

イメージ
コートハンガーの概略図を掲載します。


 ■用意するもの
角材(支柱) 1500mm*21mm*35mm程度の角材4本 タモ材使ってます。角材 (ブリッジ)300-340*21mm*35mm程度の角材3本 タモ材使ってます。鬼目ナット M6*20 6個ジョイントボルト M6*50 6本ペーパーコード 適量

 この材料で高さ1500mm、幅38.5mm、奥行38mm程度のコートハンガーが出来ます。奥行きは調整可能です。幅を長くしたければブリッジ材を長めにして下さい。荷重が心配なら太めに材料を揃えてください。


タモ無垢枠材 【21×105×950mm】
価格:1380円(税込、送料別)

 ■あれば助かる道具
小鉋電動ドリル+木工用ドリルビット(M6、M9)六角レンチ(のこぎり)蜜蝋ワックスや水性塗料(透明)刷毛や布切れ




 ■概略図
 支柱は全て同じ長さでOK。
 ブリッジAとA'は同じ長さでOK。
 ブリッジBから支柱2本分の厚みを引いたのがブリッジA A'の長さです。
 ブリッジA'とBは紐や板などで結合して下さい。そのままだとフローリング等では脚が開いてしまいます。拙宅は紐で結んでいます。



 蹴ったら倒れたとか投げたら壊れたとかのクレームや保証は一切お受けしません。自己責任で。

 完成品の精度はあなたの技量次第ですので、はじめから既製品と比べない方が無難です。

 楽しんで作ってね♪






DIYスピーカースタンド -No.3 概略図編

イメージ
DIYスピーカースタンドのて簡単な概略図を作りました。


■用意するもの
・角材4本:長さ700mm 角60mm程度 ブナ材(ビーチ材)使ってます。
・天、底板材:大2枚、小2枚(幅210mm、奥行き230mm、厚み30mm程度)
  天底、板は同寸でも可。スプルース材使ってます。



・鬼目ナット:M6*20mm  8個 (ねじ込みタイプ)



・ジョイント(六角)ボルト: M6*50~70  8本



・電動ドリル:(木工用ビット:M6、M9)


・六角レンチ


・水性塗料:黒、透明、ツヤ消し、うすめ液 (黒ツヤなら黒とうすめ液だけで可)
・刷毛



■概略図
・投稿ではハンガーボルトを使ってますが、概略図はジョイントボルトに変更しています。

・電動ドリルはジョイントボルトを貫通する穴径6mm厚み30mmと、鬼目ナット用の穴径9mm深さ20mm程度を開けるために使います。

・天板・底板の穴が大きくてよければM9のドリルビット1個でOKです。穴はジョイントボルトの頭で隠れます。


・天板のサイズはお手持ちのスピーカーサイズより多少小さくてもOK。 ・底板はサイズが大きいほうが安定します。 ・底板に耐震で不安があれば端材やL型金物などで適宜補強して下さい。 ・ジョイントボルトの頭が少し出ますので天板と底板の三隅や四隅にインシュレーターやゴムマット等を適宜敷いて下さい。 ・蹴ったら倒れたとか投げたら壊れたとかのクレームや保証は一切お受けしません。自己責任で。 ・完成品の精度はあなたの技量次第ですので、はじめから既製品と比べない方が無難です。 ・楽しんで作ってね♪





LES PARAPLUIES DE CHERBOURG [music review]

イメージ
すっかり冬支度モード、3週間ってスパンはやはり季節の移ろいの早さを感じます。投稿記事を頭で考えていても気温がグンと下がると、うーんやっぱりこの記事は違うかなあなんて書いたり消したりするものなんです。と、小さな苦労話から入ってみました。

 映画音楽が好きです。ひとことで言うと、雰囲気。作曲家は画を見て作曲したり、映画監督は曲に画をつけたりと手法はいろいろなんだと思いますが、画で見なくても耳で聞いて映画のシーンを思い出し、日常の一片と重ねるという。



シェルブールの雨傘 [AMERICAN IN PARIS]
 久石譲&新日本フィル・ワールドドリームオーケストラによる2005年発売の「パリのアメリカ人」の1トラック。このアルバムは同タイトルで解かるようにGeorge Gershwinの作品をはじめとする名作映画のテーマ曲や久石譲さんが関わった映画のサウンドトラックをパッケージしています。それらトラックを久石譲さんのピアノと新日本フィルのオーケストラがアレンジし奏で、とても素敵に仕上がっています。

 ここ数日は雨続きで窓の外は「シェルブールの雨傘」かな?なんて想いでフューチャーしてみました。



Again [music review]

イメージ
今思えばジャズへの入口はローリング・ストーンズだったのかもしれません。

 チャーリ・ワッツ。あのおじさまのプレイと異彩を放つ存在感って何?かっこいいじゃん!みたいな。当時からFMを聴いていてルイ・アームストロングマイルス・デイビスのジャズサウンドにも接していましたが、私にはチャーリーのジャズ的ないでたちがとてもクールに思いました。



Again [Again : Eddie Higgins Trio]

 アメリカのジャズ・ピアニスト、エディー・ヒギンスがトリオとして1999年に発売したアルバム「Again」と同名のトラック。原曲「Again」はL.Newman作曲。とにかく美しい旋律のトラック1に惹き込まれます。エディー・ヒギンスが鍵盤を弾くと、スタンダードナンバーにモダンで色気のある空気が流れます。それはアルバムアートにもとてもうまく表現されています。




 このアルバムはディナーの時や夕食後にほっこりBGMとして使っています。適度に明るめで喧騒感があり、リズムもカジュアルなので秋冬の食卓にきっと合います。会話に花が咲き笑顔が溢れ、料理も更に美味しく頂けるかも。

 ちなみにエディー・ヒギンスは日本贔屓で、このアルバムに「祇園小唄」というトラックを収録しています。ジャズの多様性を一つ知ることができたエディ・ヒギンスの作品ですが、彼は2009年に永眠されました。もっと聴きたかったです。




Long May You Run [music review]

イメージ
すっかり秋が深まって、うっかりするともうすぐ立冬だったりします。秋の定番曲を考えていましたが2シーズン連続で定番曲を季節はずれにご紹介するのもアレなんで、曲を見直しました。晩秋から冬場を迎えると、ほっこるする音楽を聴きたくなるってもんじゃぁないでしょうか。



NEIL YOUNG Unplugged [Long May You Run]


 1993年に放映された「MTV Unplugged NEIL YOUNG」のCDアルバム(ライブ)の中の1曲。オリジナルはクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)の頃にスティーブン・スティルと共に製作(The Stills-Young Band)し1976年に発表したアルバム「Long May You Run」の1トラックです。

 オリジナルよりアンプラグドのトラックの方がほっこりするということと、アルバムアートがイケてるのでこちらを選びました。実は「Havest Moon」も代表曲の一つですが、さすがにハーベスト・シーズン終わりましたしね。





 2010年 バンクーバー・オリンピックの開会式の舞台にニール・ヤングが出演しました。MARTINのドレッドノートサイズのギターを抱えたニールが歌い始めると、まあギターが小さく見えること。彼が弦を爪弾く姿とサウンドに惚れ込んでMARTINギターを選んだと公言する音楽家が数多くいる、ニール・ヤングとマーティンの組み合わせは一つのイメージであり、様々なジャンルのミュージシャンとコラボする彼の活躍は、多くの音楽愛好家に影響を与え続ける存在でもあります。




ラベル別INDEX

もっと見る