投稿

12月, 2010の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル」へ行って参りました。10月に入り朝晩、窓から入る風には涼を通り越してやや寒さを覚え始めています。そんな週末の午後は突き抜ける青空に雲が気持ちよく浮かんで漂うような好天に恵まれました。公共交通機関を利用し、会場へと続く人波に続きます。

 広場前にはいつものようにダンス練習に励む若者たち。エントランスには忙しく行き交う人々とCD販売のブースに人だかりができていました。KOBELCO 大ホールには開演15分前に到着。座席は1階中央。ステージには背板のない椅子と低い譜面台のみ。年齢構成は幅広く子供の姿も目立ちました。

 開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。下手よりエドガー・モローさんがチェロを持ちステージに歩み寄ると客席は大きな拍手で迎えます。黒のスーツ、開襟の白シャツ、靴下は茶系のチェック柄、エナメルの黒靴。モローさんが客席に深々と一礼し、椅子に着座。いよいよ開演です。






 演目は
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009
  (休憩)
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012
 (アンコール)


 今回は2018年の兵庫県立芸術文化センター・KOBELCO大ホールでのリサイタル以来、同会場での2度目の観劇です。しかもオール・バッハの無伴奏チェロ組曲のプログラムはモローさんの魅力がより伝わってくることを期待し、と同時に無伴奏チェロ組曲の曲目自体への渇望を催し、胸が高鳴ります。





 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番:お馴染みの旋律。チェロの胴鳴り豊かな響きがホールに満たされ、広い音域はステージ全体を楽器に見立てたかのような鳴り。プレリュードが終わったときに拍手したいくらい惹き込まれる演奏でした。バロック時代の空間を想像しながら現代の音をオーバーラップさせ聞いていました。

 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番:第一番につづき、目を閉じるとあたかもアンサンブルで弾いているかのような錯覚、重奏感のある厚みを音に感じます。あまりにも心地よい響きにこくりこくりと舟を漕ぐ周囲の客席。夢うつつに近い現実に意識を置きつつも、モローさんが楽章の合間に額を拭う仕草が記憶に残ります。

 休…

大晦日、2010年最後の投稿です。

今年も一年が過ぎました。

 早い様で、思い返せばいろんな事がありました。

 当ブログも、おかげ様で少しづつ検索に引っかかるようになり、通りすがりに寄って行って下さる方がいらっしゃるようです。

 カテゴリー分けすれば、DIYとオーディオと家庭菜園がメインですが、DIYとオーディオについて、多くご覧になられているようです。拙い駄文をお読み下さった方々、ありがとうございました。

 今年終盤にドッといろんな事に挑戦し始めましたので、特に目新しい内容ではありませんが、少しづつ投稿して行きたいと思っております。

 それでは、皆様よいお年を!

BELDEN PS-1850 / FURMAN SS-6B レビュー

イメージ
BELDEN PS1850
筐体は重みのあるダイキャスト製、間隔に余裕のある3Pinコネクタはホールド性があり、インレットは好みの電源ケーブルを選べます。オーディオグレードとしてはO社と並びスタンダードでしょう。


FURMAN SS-6B 機材系電源タップ。サージプロテクト、ノイズフィルター内蔵、電源スイッチ付きでコストパフォーマンスは高いでしょう。


FURMAN SS-6BとPanasonic ザ・タップマルチ。かなり大きいく、重いです。

DIY 2pin DINコネクタとBELDEN8470でスピーカーケーブル製作

イメージ
古いBang & Olfsenの機器は端子が独特です。
一応規格もののDIN端子です。所有するB&OのスピーカーもDIN端子。スピーカーケーブルを変更して音の変化を楽しむ的な事がカジュアルにできませんし、ネット検索してもあまり情報がありません。



2PIN DIN端子。2ピンとは、+-/赤白と同じです。



線材はBELDEN 8470。この太さがコネクタを通すのにちょうどいい。


2PIN DIN コネクタのメス側。メーカーはマル信無線電機。先端のこの狭い口にケーブルを通しますがCANARE 4S8の被服では通りません。


コネクタは2つに分かれます。蓋と中身です。


蓋にBELDEN 8470を予め通しておきます。


中身です。ねじを緩め線材を取り付けます。


今回は圧着の丸端子を使いました。極性は左右逆に取り付けない限り、特に問題ないと思います。


丸端子を装着し90℃曲げます。そして蓋を差し込みます。差し込む時、コネクタと丸端子が干渉しますが、うまく丸端子をすぼめてください。入ります。



反対側の末端はバナナプラグを取り付けました。


完成。



ドッキング!

レビュー Luxman AS-4Ⅲ/ Luxman AS-5Ⅲ

イメージ
Luxman ラインセレクタ AS-4 III
Luxman スピーカーセレクター AS-5III


Luxmanの工業デザイン。シンプルで機能的でクール。ジャパニーズモダン。
ハイエンド・オーディオ製品群の中で、Luxmanを身近に使える製品。
それがLuxman AS-4Ⅲ/ Luxman AS-5Ⅲ。
機能は至ってシンプル、必要十分のミニマルデザイン。


私的LS3/5Aを作ろう!-No.6-5 エンクロージャー バッフル サランネット張り編

イメージ
サランネットの材質はポリエステル100%。網の目は細かめです。ブックシェルフなので尺は1mで十分。バッフル枠より4、5cm大きめに切ります。







パワータッカーステープル。ステープルはL型で幅10.8mm 高さ8mm。





先ず、長手方向からタッカーを打ち込んでいきます。




中央、端、間の順に。



フィンランドバーチ積層材は硬いのでステープルが一度の打ち込みでは埋まりません。後ほど金槌で叩きます。



均等に打ってました。



隅は長手・短手を均等に割り折り、2,3cm残しハサミで切り落としステープルを打ち込みます。



金槌で打ち込みます。







見栄え良く張ることができました。









参考にサランネットのアップ写真です。海外ではサランネットの材質、カラーが豊富にあります。オーディオ向けに拘らなければ、手芸店に置いている布でも使えます。



つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-2 ネットワーク製作編です。




ラベル別INDEX

もっと見る