投稿

1月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2

Meridian Audio社がMQAフォーマットの既存製品へのアップデート対応をアナウンスしました。いずれは他メーカーも追随するようになるだろうというStereophile誌の記事(Meridian Updates its Products to MQA By Jason Victor Serinus • Posted: Jan 29, 2016)です。

 MQA対応としてのトピックスと言えばTIDALでの配信です。ストリーミング配信サービスは各社、楽曲数や料金で競い合っていますが、CD音質かそれ以上でストリーミングを用意するTIDALのサービスは、ストリーミング配信で遅れをとっている日本の音楽ファンのみならず、ハイレゾ時代到来の端境期のような非常に大きなインパクトを与える、MQAはハイレゾ時代の黒船ような気がしています。

 その核はフォーマット論争の終焉の予感です。オーディオ業界はPCMやDSDフォーマット対応について、ハードウェアのスペック競争に突入していますが、肝心の巷に存在する音源のほとんどがハイレゾではない、PCがハイレゾのプレイバック処理に追いついていない、DSDに至ってはセールストーク以外のネガティブ要素が認知され、後追いの一般ユーザーは、いずれ音質と価値の適正値を見出し始めることでしょう。

 その適正値としてMQAフォーマットが支持されれ拡がる可能性は3つあります。一つが高音質化。トランジェント(過渡・遅延特性)に優れていること=再現性の向上に寄与という点。一つが汎用性。プレイバックに一般的なCD音質を最低限担保しているという点。そして一つが音源供給の適正化。メタデータ中にオーソライズド・フラグが書き込まれる点。

 逆に言えば、この3点が受け入れられるかどうか。1点目は、MQA音質が制作者とリスナー両方の耳に適うのかという点。2点目は、CD音質以上を聴くにはハードウェア(ソフトでも可?)にデコーダーが必要になるという点。3点目は、AppleのMastered for iTunesという前例がありますが、不可逆性的な性質を持つフォーマットであるという点。

 もっともMQAはPCMのエンコード・デコード処理プロセスの一部なのですから、現実的には3点目の要素が大きいように思います。その利害関係の一番大きな音楽産業界の支持が、オーディオ業界推…

NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-8 GRADO Prestige Gold1 Take8。

イメージ
Grado Prestige Gold1でのトレース、Take8です。





INGRID FLITER「FREDERIC CHOPIN PRELUDES」-SIDE A- No.1 C major, No.2 A Minor


INGRID FLITERさんのLINN Records録音のショパン・前奏曲です。素敵なジャケットですよね。演奏も可憐で、音質は言わずもがな。オススメです。



http://inoriont.tumblr.com/post/137912839659/free-download-card-included-with-this-lp
実はずっと気づかなかったのですが・・・このLPにはクーポンコードが封入されており、アルバムのCDかmp3クオリティのいずれかのデジタルデータとpdf版ブックレット、pngファイルのアートワークをLinn Recordsからダウンロード可能。CDクオリティのデータをダウンロードしましたが、十分にいい音質です。



つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-9 GRADO Gold1 Take9です。


NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-7 GRADO Prestige Gold1 Take7。

イメージ
Grado Prestige Gold1でのトレース、Take7です。












BOB DYLAN「HIGHWAY 61 REVISITED」-SIDE1- 「LIKE A ROLLING STONE」


オーディオセットのレイアウト変更後の動画になります。スピーカーから約1mの位置にiPod TouchをセットしZOOM iQ5で音を拾っています。2015年は縦配置のスピーカーとデジカメマイク録音でしたのでアーカイブスとの比較にはなりませんし、またBloggerのサイズ制限でかなり動画圧縮していますので音の鮮明感が後退していますが、雰囲気は出ています。


言わずと知れたボブ・ディランの名盤。mono/リマスター盤です。Grado Prestige Gold1はステレオ針ですので、フォノイコでmonoに対応しています。How does it feel ? Like a rolling stone ? 今、世間を騒がせている音楽業界へ皮肉を込めて選曲してみました。・・・How do you feel ?





PREST-GOLD1(GRADO)【税込】 グラド FB(MM)型カートリッジプレステージ・ゴールド1 [PRES...
価格:32,010円(税込、送料込)


つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-8 GRADO Gold1 Take8です。


2016年、始まりました。

イメージ
新年、明けましておめでとうございます。

 元日の朝はいつものように初日の出を拝し、近所の神社へと初詣。
年末こそやや寒さ厳しき時がありましたが、今年は暖かな正月を迎えることができました。

 年頭の写真は例年通りデスクトップショットです。昨年末に家具のレイアウトを変更し、窓際にデジタルピアノを、Macをそのサイドに設置しました。北窓からの陽光が清々しい今日この頃です。しかしまだディテールが片付いてませんので、年越しの課題になっています。

 昨年ブログ継続を決め、アカウントネームとブログタイトルを変更しましたが、ブログアドレスの変更は一筋縄にはいきません。当面はこのアドレスにて投稿を続けます。そして音楽やオーディオ関連の投稿を中心に、ややゆったりと更新を続けていくように心がけます。

 本年も、どうぞMARINに乗って改め「Float A Flow」を御贔屓に!


ラベル別INDEX

もっと見る

New Release