投稿

1月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2

Meridian Audio社がMQAフォーマットの既存製品へのアップデート対応をアナウンスしました。いずれは他メーカーも追随するようになるだろうというStereophile誌の記事(Meridian Updates its Products to MQA By Jason Victor Serinus • Posted: Jan 29, 2016)です。

 MQA対応としてのトピックスと言えばTIDALでの配信です。ストリーミング配信サービスは各社、楽曲数や料金で競い合っていますが、CD音質かそれ以上でストリーミングを用意するTIDALのサービスは、ストリーミング配信で遅れをとっている日本の音楽ファンのみならず、ハイレゾ時代到来の端境期のような非常に大きなインパクトを与える、MQAはハイレゾ時代の黒船ような気がしています。

 その核はフォーマット論争の終焉の予感です。オーディオ業界はPCMやDSDフォーマット対応について、ハードウェアのスペック競争に突入していますが、肝心の巷に存在する音源のほとんどがハイレゾではない、PCがハイレゾのプレイバック処理に追いついていない、DSDに至ってはセールストーク以外のネガティブ要素が認知され、後追いの一般ユーザーは、いずれ音質と価値の適正値を見出し始めることでしょう。

 その適正値としてMQAフォーマットが支持されれ拡がる可能性は3つあります。一つが高音質化。トランジェント(過渡・遅延特性)に優れていること=再現性の向上に寄与という点。一つが汎用性。プレイバックに一般的なCD音質を最低限担保しているという点。そして一つが音源供給の適正化。メタデータ中にオーソライズド・フラグが書き込まれる点。

 逆に言えば、この3点が受け入れられるかどうか。1点目は、MQA音質が制作者とリスナー両方の耳に適うのかという点。2点目は、CD音質以上を聴くにはハードウェア(ソフトでも可?)にデコーダーが必要になるという点。3点目は、AppleのMastered for iTunesという前例がありますが、不可逆性的な性質を持つフォーマットであるという点。

 もっともMQAはPCMのエンコード・デコード処理プロセスの一部なのですから、現実的には3点目の要素が大きいように思います。その利害関係の一番大きな音楽産業界の支持が、オーディオ業界推…

NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-8 GRADO Prestige Gold1 Take8。

イメージ
Grado Prestige Gold1でのトレース、Take8です。





INGRID FLITER「FREDERIC CHOPIN PRELUDES」-SIDE A- No.1 C major, No.2 A Minor


INGRID FLITERさんのLINN Records録音のショパン・前奏曲です。素敵なジャケットですよね。演奏も可憐で、音質は言わずもがな。オススメです。



http://inoriont.tumblr.com/post/137912839659/free-download-card-included-with-this-lp
実はずっと気づかなかったのですが・・・このLPにはクーポンコードが封入されており、アルバムのCDかmp3クオリティのいずれかのデジタルデータとpdf版ブックレット、pngファイルのアートワークをLinn Recordsからダウンロード可能。CDクオリティのデータをダウンロードしましたが、十分にいい音質です。



つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-9 GRADO Gold1 Take9です。


NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-7 GRADO Prestige Gold1 Take7。

イメージ
Grado Prestige Gold1でのトレース、Take7です。












BOB DYLAN「HIGHWAY 61 REVISITED」-SIDE1- 「LIKE A ROLLING STONE」


オーディオセットのレイアウト変更後の動画になります。スピーカーから約1mの位置にiPod TouchをセットしZOOM iQ5で音を拾っています。2015年は縦配置のスピーカーとデジカメマイク録音でしたのでアーカイブスとの比較にはなりませんし、またBloggerのサイズ制限でかなり動画圧縮していますので音の鮮明感が後退していますが、雰囲気は出ています。


言わずと知れたボブ・ディランの名盤。mono/リマスター盤です。Grado Prestige Gold1はステレオ針ですので、フォノイコでmonoに対応しています。How does it feel ? Like a rolling stone ? 今、世間を騒がせている音楽業界へ皮肉を込めて選曲してみました。・・・How do you feel ?





PREST-GOLD1(GRADO)【税込】 グラド FB(MM)型カートリッジプレステージ・ゴールド1 [PRES...
価格:32,010円(税込、送料込)


つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-8 GRADO Gold1 Take8です。


2016年、始まりました。

イメージ
新年、明けましておめでとうございます。

 元日の朝はいつものように初日の出を拝し、近所の神社へと初詣。
年末こそやや寒さ厳しき時がありましたが、今年は暖かな正月を迎えることができました。

 年頭の写真は例年通りデスクトップショットです。昨年末に家具のレイアウトを変更し、窓際にデジタルピアノを、Macをそのサイドに設置しました。北窓からの陽光が清々しい今日この頃です。しかしまだディテールが片付いてませんので、年越しの課題になっています。

 昨年ブログ継続を決め、アカウントネームとブログタイトルを変更しましたが、ブログアドレスの変更は一筋縄にはいきません。当面はこのアドレスにて投稿を続けます。そして音楽やオーディオ関連の投稿を中心に、ややゆったりと更新を続けていくように心がけます。

 本年も、どうぞMARINに乗って改め「Float A Flow」を御贔屓に!


ラベル別INDEX

もっと見る