投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






スタディ ブラインド・リスニングテスト - Hi-res, MQA, CD-spec - 終了分

イメージ
昨今ハイレゾがその認知度とともに国内外で徐々に拡がりつつあります。その中にあって新しいフォーマット・MQAについては三大メジャーレーベル(Warner, Universal, Sony)での採用が決定し、ストリーミングサービスTIDALの参加やHDTracksの準備、また国内外において大手配信サイトe-onkyoや高音質音源で評価を得ているインディペンデント系レーベルでもMQAあるいはMQA-CDがリリースされ始めています。

 ハイレゾ・MQAを体験したものとしてその魅力を聴いていない方にいかに伝えるか。こればかりは一聴に如かずのところがありますので、試聴会やイベントでの機会創出や音源と対応機器の普及が両輪であることは言うに及びませんが、その魅力を日頃ブログの文面で表現し伝えることはなかなかの難題です。そこでハイレゾ・MQAの魅力を体験してもらうためにウェブでのリスニングテストを企画しました。


ーブラインド・リスニングテストー

 リスニングテスト用音源は沢口音楽工房・UNAMASレーベルのカタログのうちMQA-CDとしてもリリースされている「A. Piazzolla by Strings and Oboe」と「P.I Tchaikovsky op-70 Souvenir de Florence」から冒頭の2トラックを試聴用として取り上げました。




 そのリスニングテスト用音源ですが、沢口音楽工房・沢口真生様の御厚意によりオリジナルマスター176.4kHz/24bit, MQA(174kHz/24bit), 44.1kHz/16bitをご提供賜りました。沢口様にはこの場をお借りいたしまして厚く御礼申し上げます。


 MQAをオリジナルと同じ解像度で聴くにはデコーダが必要ですので、みなさんにはデコーダを通して拙環境でアナログ・デジタル変換したサンプル音源をウェブプレーヤーで試聴して頂きます。サンプル音源はM1-M4まで44.1kHz/16bit、176.4kHz/24bit、MQA(176.4kHz/24bit)の3種類のオリジナルファイルをA/DしたWAVファイルで、冒頭の60秒間を各ランダムに並べ合計12音源です。トラック名は伏せています。ブラインドテストをウェブで体験して頂くという趣向です。

 そしていずれの音が好みか、嗜好について簡単なアンケートの回答にご協力下…

レビュー アナログレコードのデジタル化 - Vinyl Studio - Part2 トラック分割編

イメージ
レコードを録音しトラック名を”タグ付け”した素材を編集します。

編集内容は2つ
・トラック分割
・ノイズ処理

先ずはトラック分割の工程です。


[Scan for Trackbreaks]ボタンをクリックすると、Trackbreaks(トラック分割)の定義を設定します。ここでの精度はデフォルトでよいと思います。

コントロールボタンですが、一番左が再生、黄色の再生ボタンは選択範囲のループ再生、1マークは1秒再生、アンテナのようなマークは再生スピードを1/16まで調整したりできる詳細設定ボタンです。

選択範囲はカーソル位置でマウスを左クリックしながら左右に動かすと背景が黄色に変わります。黄色の再生ボタンはその黄色のゾーンをループします。曲頭を決める際やノイズ編集時に使うと便利です。

Zoom in/outボタンより右側は後述します。




[Scan]をクリックしトラック分割されました。トラック前後やSide1とSide2の間にギャップが被っており、やや精度に欠けますのでこれから調整していきます。レコードにより曲中に不要なギャップがインサートされる場合もありますので、後述の編集で調整してまいります。




Track1とTrack2の間にはデフォルトで[Eliminate gaps between tracks](トラック間の隙間(ギャップ)を無くす)が適用されています。厳密に言えばミックストラックにデータは残っていますので”隙間を飛ばす”がニュアンスとして合っていると思います。しかしTrack間隔を飛ばす必要はありませんので、これを一旦削除します。




下部のコントロールパネルから[Delete trackbreak]ボタンで[Eliminate gaps between tracks]の部分を削除します。その代わりに[Insert trackbreak at cursor](トラック分割 カーソルの位置で)をクリックし挿入します。

挿入や削除の際は黒のカーソル棒の位置が基本になりますので[Insert trackbreak at cursor]を挿入する位置へカーソル棒を移動します。微調整は後ほど行います。




トラック分割ができたらTrack1とTrack2の分割位置を調整します。LPのトラック間の時間はおおよそ3〜4秒ですが、今回はCDにならいTrack2の2秒前を分割位置としま…

レビュー アナログレコードのデジタル化 - Vinyl Studio - Part1 録音編

イメージ
アナログレコードのデジタル化に挑戦してみました。ソフトウェアはVinylStudioを使います。VinylStudioは録音・編集・書き出しがシームレスに行える優れたソフトです。試用版はレコード5枚分まで時間制限なく録音・保存できます。ではその手順をご紹介しましょう。



まず準備として、PCのAudio設定とオーディオインターフェース側の設定を行います。

USB出力付きのレコードプレーヤーやフォノイコライザーからダイレクトにPCヘ接続する場合:MacならばCore Audio、WindowsならばASIO (or WASAPI)を選択します。後述のVinylStudioでゲイン調整を行います。

今回は24bit/88.1kHzで録音しますのでPC(とインターフェース側)のサンプリングレートを88.1kHzに設定します。

オーディオインターフェースを使う場合:フォノイコライザー(プリアンプ)のLine Out(Rec Out)をオーディオインターフェースのLine Inにつなぎ、オーディオインターフェースはPCとつなぎます。MacはCore Audio(WindowsならばASIO or WASAPI)。

ゲイン調整はインターフェース側で行います。通常は-3dB程度でいいと思いますが、録音時の音が小さい場合は0db、クリップしそうな場合は-6dB程度を選択します。今回はゲイン0で設定しました。(ゲイン0でも書き出した音源は通常のPOPS系CDより小音量に聞こえます。)


VinylStudioを起動します。メインメニュー画面です。


[Preferences Dialog] ツールバーの歯車アイコンをクリックし録音ソースの保存場所を設定します。下記参照。

[Check Level] オーディオインターフェース等デバイスの選択と入力設定・確認します。下記参照。

[Wait for Needle Down] チェックするとRecボタンを押してレコードに針が落ちるまで録音を待機します。
オートアームの場合、自動的に録音を停止します。

Needle down Lebel:デフォルト値5%ですが、針が落ちる前に録音が始まったり、録音を開始したらすでに針が落ちているように表示される場合はこの値を調整します。

Needle up timeout:トラック間で録音を停止する場合に値を…

Divenire / Ludovico Einaudi [music review]

イメージ
今夏はポピュラーなクラシック系音楽、クラシカルなポピュラーミュージックをフューチャーしていますが、サウンドトラックが続いたのは偶然です。ただ現代のコンポーザー作品という点は共通項で、それともう一つの共通項は彼らがクラシックの基礎をアカデミックに学び、その後に音楽の幅を拡げた点です。

 マイケル・ナイマンはミニマル・ミュージックというジャンルを、ヤン・ティルセンは様々な楽器を駆使し多様な音色を創作したりと、その過程で彼らは映画音楽に出会っており、ただならぬ才覚を発揮しています。遥か昔は映画がありませんので教会や舞踏会などがそれに該当するのかもしれませんが、古(いにしえ)の作曲家達もそのときその場所でインスピレーションを得たものかと想像をかきたてられます。



Ludovico Einaudi [Divenire]

Ludovico Einaudiによる2006年発売のアルバム「DIVENIRE」の中の1トラック。アルバムと同名のトラックには国内盤「希望の扉」アルバム名「生成」と翻訳されていますが「生成」の方が楽曲の持つミニマルな雰囲気をより表しているように思います。タイトルは英語と思いがちですがイタリア語のようです。

 アートワークは古びた建物のダブルドアの内側にモーニンググロー(朝焼け)のような不思議な情景が映し出されています。そこから出てきたのかのような人物の影も。なるほど、希望の扉という邦題はアートワークにマッチするものだと気づきます。美術絵画的なアートワークです。

 楽曲はルドヴィコ・エイナウディのピアノとロイヤル・リヴァプールフィルハーモニー管弦楽団の重厚で清閑な音で始まるアンサンブルです。しばらくすると明快で可憐なハーモニーへ、そして今度はスローで優雅な音色へと変化します。エイナウディのソロを経て、ふたたびリズムに乗ったテンポのよいアンサンブルでクライマックスを迎えます。




 冒頭から非常に印象的なメロディが反復する構成と、音階が表情を変えて織りなされる模様は、あたかもモーツアルトの楽曲のような印象を受けますし、またロックの楽曲にもあるようなコードでリズムをとり反復するリフをイメージします。以前、The Guardianのインタビュー(Classical superstar Ludovico Einaudi: I'm inspired by Emin…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release