投稿

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

2020年、最後のエントリーです。

イメージ
 2020年、最後のエントリーです。  今年も当ブログへ多くの来訪をいただき、誠にありがとうございました。  例年通り統計を見ますとアクセストップ5は、 トップページ MQA-CD リッピング・デコード検証 Mytek Brooklyn DAC+ レビュー Part1 リスニング編 SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察 私的LS3/5Aを作ろう!-No.6-1 エンクロージャー突き板貼り編  ここ数年はほば同じアクセスのオーダーで推移しています。  今年を振り返ると、1、2月にコンサートへ出かけることができました。2月は会場へ足を運ぶことを躊躇する空気があり、すぐに帰宅する準備をして臨みましたが、会場は対策が施され座席の前後左右は隣席との距離がありましたので、安心とまでは言い切れませんが演目に集中して観賞することができました。これが今年最後の観劇になりました。  秋口からは制約が多いながらも演奏会が再開されました。このことは音楽に携わる皆さんの創意工夫と不屈の努力の賜物であり、音楽愛好家の端くれとして喜ばしい出来事でもありました。それ以前に、活動制約を受けながらも音楽に携わる人々があらゆる手段で繋がろうとする行為に遭遇する場面がありました。  フィクションだけに登場すると思い込んでいた世界が現実化した直後の混乱は、いま科学と医療の力で次第に落ち着き始めています。ただ、科学・医療が届きにくいエリアではまだ混迷が続くかもしれません。不安は増幅するかもしれません。悲しみが広がるかもしれません。残念ながらその影響は依然として計り知れません。  私は音楽の力を過大評価していません。したがって音楽が我々の命を救えるとは思いません。しかし傷ついた人の心を癒してくれるかもしれません。死に瀕した人の心に安らぎを与えてくれるかもしれません。闘っている人々の心を鼓舞しているかもしれません。その力が音楽にあることを私は信じています。  そして我々、人と人とは繋がれます。手のひらで繋がれなければ、それ以外の手段で繋がれることを我々は知りました。その繋がりはきっと混乱、不安、悲しみを抑えてくれる手助けになるはずです。そして待ちましょう。顔を覆うマスクを取り去り、人と人とが手を合わせて繋がり、不安から解放される日が来るまで。その日は決して遠くないはずです。  さて、2020年は

おかげさまで500,000アクセスを超えました。

イメージ
 Dear all readers  Even in Covid-19 pandemic situation, nature changes slowly. It's a fruitful autumn in my country. The picture is "Carnation and Rose".    My blog has achieved 500,000 accesses in this month.  The last 400,000 accesses were in Mar 2019. It has 100,000 accesses in a year and a half, an average of 180 daily accesses, and PV becomes further.  I'm just grateful and to express my gratitude to all readers. I appreciate for your continued support and encouragement. Stay Safe 25 Oct 2020 - INORI  読者のみなさまへ  澄み渡る空が時と共に藍から紅のグラデーションアートを作り出すこの季節にひときわ愛着を持ちます。  このたび当ブログは500,000アクセスを超えるに至りました。  前回の400,000アクセスが2019年3月、1年半余で100,000アクセス。1日平均180アクセスを頂いていることになり、PVはそれ以上になります。これはひとえに読者のみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。  最近は投稿が滞っておりますが、これからも音楽と音響について筆者の関心事を読者のみなさんと共有できるよう、日々研鑽してまいりたいと考えております。  今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 2020.10.25 みのりのころ INORI

コラム サンシャイン

イメージ
深い緑の中をゆっくりと縫うように走る電車。車窓からは瑠璃と紺碧の水平線が時折り垣間見える。太陽はすでに高く輝き、紫外線は窓を通して左腕に照りつける。僕は2泊3日の夏合宿を終え、青春18きっぷを利用した普通電車での帰路にあった。  「せんぱい?」 横を見ると後輩がひとり、僕の顔を覗き込んでいた。 「奴ら、うるさいだろう?」と返すと、クスッと笑う。 「一番前からの写真を撮りたくて」 「座る?」と僕は隣に視線をやる。 「はい」 「あっという間だったね」窓外の景色を眺めながら呟く僕。 「楽しかったです」 「朝まで浜で遊んでいた奴がいるんだって」と僕。 「そうなんですか?」 「馬鹿だよね」と僕。二人で笑う。 「先輩、何を聴いているんですか?」 「聴く?」僕はイヤホンを外し、左側を手渡し、右側を右耳に付け換えた。 窓外の風景はいつのまにか街に変わっていた。 僕らはいつのまにか音楽と電車のリズムで夢の中へ誘われていた。 隣に座っている後輩の頭が僕の肩に寄りかかっている。 車両連結部分のドアが開いた音で僕らは背筋を伸ばした。 携帯には彼女からメールが届いていた。 「ナツヲオウカシテキタ?」 「先輩は学校に寄りますか?」 「家に帰るけど?」と僕。 「私もです」 電車がターミナル駅に到着し夏合宿は解散した。 乗り継ぎホームの向かいには6、7人の部員たち。 皆、うちわをあおいでいる。 エアコンの効いた電車に乗車し横並びに座る。 「つづき、聴く?」と僕。 やがて駅に到着し、後輩はイヤホンの片方を返すと一礼し下車した。 僕が手を振ると、手を振り返した。 もうすぐ暑い夏が終わる。  *この物語はフィクションです。 関連投稿: コラム 15%の失恋ソーダ コラム ある日の僕と彼女とFMラジオ

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release