投稿

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Ocean Deep / Chlara [music review]

Chlaraによる2018年12月発売のアルバム「evo sessions」からの1トラック。アルバムは世代を超えた名曲のカヴァー集です。アートワークはChlara(クララ)さんが歌唱中のスナップショットでしょうか。ステージライトのイレギュラー・リフレクションを活かしたアートワークは、もしかしたらスタジオ録音時の模様なのかもしれません。

 レーベルはevosound。録音は2018年9月6日、Manila・Spryta Recordings Studioにて行われ、ミキサーはTom Hall氏 (Disk Eyes Productions, Seattle)、マスタリングはBastiaan Kuijt氏 (BK Audio, Amsterdam)、プロデューサーはRicson Mercado氏、エグゼクティブ・プロデューサーはAshley Whitfield氏 (Evolution Management Ltd.)がクレジットされています。









 「Ocean Deep」の原曲のコンポーザーはRod Trott、Jon Sweet両氏。シンガーのCliff Richard氏により1983年リリースのアルバム「Silver」に収録されAORのテイストを感じるスローバラード作品。2018年リリースのChlaraさんのバージョンではピアノ、アコースティックギター、パーカッションによるシンプルな構成。

 Dコードで始まるピアノのメロディとギターの和音にシンバルのアクセントが加わるイントロダクション。Chlaraさんがそっと歌い出します。優しく清澄で艶のある声のテクスチャでフワっと漂いスーッと消えゆくようなヴォイスにアコースティックギターのブリリアントな音色が絡み合い、ほんのりぬくもりを感じる繊細なサウンド。

 できない、ひとり、そして深海と切ないフレーズがつづく歌詞に込められたであろう心の機微を声で表現するChlaraさんと、その感情と楽曲の旋律の美しさを多彩な音で表現するバンドの演奏にグッと惹き込まれます。ギターのフレットが擦れる音、ピアノ伴奏の厚い響き、ワイヤーブラシの打音とツリーチャイムの金管の質感、定位がクリアに再現されている優れた音質。

 当アルバム作品をPCに取り込みMQA対応DACのデコーダを通すとMQA認証マークが青点灯します。MQA-CDのレゾリューションは…

コラム いま聴く平成のポップス30選 洋楽・オルタナティブロック編

イメージ
前回に引き続き平成の時代の音楽をプレイバックいたします。今回はオルタナティブロック。オルタナティブロックとは”もう一つのロック”、相対するものは従来のロック。背景にはショービジネス化したロックミュージックへの不満がありました。オルタナティブロックは先ずカレッジチャートで人気を博し、身の丈のカジュアルなファッションとシンプルかつストレートな音楽性で90年代以降、急速にロックシーンで支持されます。期せずして平成元年がその端境期でもありました。それでは聴いてまいりましょう。




平成元年(1989): The Stone Roses - Made Of Stone (The Stone Roses)




平成元年(1989): The Jesus And Mary Chain- Coast To Coast (Automatic)



平成2年(1990): R.E.M. - Stand (Green)




平成3年(1991): R.E.M - Losing My Religion (Out Of Time)




平成3年(1991): Spin Doctors - Two Princes (Pocket Full Of Kryptonite)




平成4年(1992): Soul Asylum - Runaway Train (Grave Dancers Union)




平成5年(1993): Radiohead - Creep (Pablo Honey)




平成5年(1993): Pearl Jam- Rearviewmirror (Vs)




平成6年(1994): Primal Scream - Rocks (Give Out But Don't Give Up)




平成6年(1994): STONE TEMPLE PILOTS - Interstate Love Song (Purple)




平成7年(1995): Blur - Girls And Boys (Parklife)




平成8年(1996): Suede - Trash (Coming Up)





平成9年(1997): The Chemical Brothers - Block Rockin' Beats (Dig Your Own Hole)






平成10年(1998): Massive Attack - Teardrop (Mezzanine…

コラム いま聴く平成のポップス30選 洋楽編

イメージ
先日、所用で京都へ出かけることがありました。そこで天皇皇后両陛下の御行幸に遭遇し、御料車から沿道の国民へ手を振られる両陛下のお姿を拝顔させて頂く機会がありました。平成の終わりに光栄で幸せな出来事でございました。まもなく平成の時代が終わろうとしています。

 思えば平成の始まりは重い雰囲気でした。それは昭和天皇の崩御という悲しい現実と、長く重い歴史の一つの区切りでもあったからです。メディアは連日のように昭和の歴史を振り返り、一つの元号の時代の苦難や繁栄を伝えていました。そして昭和生まれの筆者にとって、平成が始まったときはなんだかむず痒い心象だった覚えがあります。

 昭和64年、1989年の筆者は学校から帰宅するとラジオジャンキーな学生でした。イギリス・BBC系チャンネル、アメリカ・American Top 40、米軍のコミュニティラジオなど主に洋楽を中心に聴き漁っていました。当時はアイワのデブルデッキタイプの真っ赤なラジカセでラジオを聴いており、不安定な電波を拾うために部屋を移動するにはラジカセは便利でした。

 さて平成元年以降、どんな楽曲が音楽シーンを賑わせていたのでしょうか。時系列で振り返りながら、筆者がよく聴いていたり、心や耳に残り琴線に触れた作品の中から洋楽のポップス&ロックを中心に一年に一曲、合計30曲ほど挙げてみました。




平成元年(1989): Bon Jovi - Bad Medicine (New Jersey)



平成2年(1990): The Bangles - Eternal Flame(Everything)



平成3年(1991): Nirvana - Smells Like Teen Spirit (Nevermind)



平成4年(1992): Eric Clapton - Tears in Heaven (Unplugged)



平成5年(1993): Duran Duran - Ordinary World (The Wedding Album)



平成6年(1994): All For One - I Swear (All-4-One)



平成7年(1995): Cardigans - Carnival (Life)




平成8年(1995): OASIS - Don't Look Back In Anger (Morning Glory)





平成…

ラベル別INDEX

もっと見る