投稿

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






L'eau et Sol / Masaaki Enatsu [music review]

イメージ
Masaaki Enatsuによる2020年3月発売のアルバム「Piano Pieces」の中の1トラック。アートワークは淡いブルーとピンクの背景にブラック・レッド・シアンカラーが球体を成すイメージ。もう一つのアートワークはピアノの鍵盤と思しきイメージにブルー系のテキスタイルのグラーデーションが施されたイラストレーション。

 レーベルはUNAMAS。レコーディング・マスタリング・プログラミングと作曲・パフォーマンスはすべてmarimo RECORDS主宰・Masaaki Enatsu氏。当アルバムにはブックレットにスコアが掲載されており、TranscribedはYoichi Tsuchiya氏がクレジットされています。




 イントロはA♭の第一小節とGの第二小節の対比。これが題名にリンクする音なのかと耳を傾ければ、もう一つのピアノの音が現れます。2オクターブ高いCがクリスタルのような硬質な透明感をイメージさせます。L'eau et Sol。水と土。おそらく第一ピアノがクリスタルのように輝く水を、第二ピアノが多少の起伏がある大地を表現していると捉えました。

 非常にゆったりとしたテンポを第二ピアノが刻み、そこは静的な安定感を催します。それとは対照的に自由でそれでいて第二ピアノの音に沿うように流れる第一ピアノが動的な表現を繰り広げます。左手のベース音は深く、右手の和音はリフレインし心地よく、第一ピアノはトランスペアレンシーな音を発出し、すべてがミックスしたサウンドが豊かな余韻を湛え空間に響き放たれます。

 2分03秒。その短さゆえに水と土 とが織りなす自然世界をイメージします。窓外には山の稜線を望みますが、山中ではまだ少し冷たい透明な水が暖かさを取り戻しつつある土の上をキラキラと流れていることでしょう。アルバムには同タイトルのEnsemble Versionも収録されており、そのエレクトリックサウンドはより鮮やかにイメージを膨らませ展開させます。

 アルバム全体を通じては季節を感じさせる楽曲で構成され、一年中楽しめるノンジャンルなピアノ小品です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/96kHz。他にはFLAC 24bit/96kHz、DSF 1bit/11.2MHzなどで配信(e-onkyomora)しています。また当作品は今後普及が期待されて…

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release