投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

Frostwork / 加藤真亜沙 [music review]

イメージ
加藤真亜沙(Kato Martha)による2017年4月22日発売(レコードストア・デイ)のアナログ盤 12inch EP Edition「Tales from The Trees / アンモーンの樹」からの1トラック。通常盤は2016年9月発売。アルバムアートはMotoji Katoさんによるドローイング。アンモナイトとプランツをモチーフにした絵画。アートワークはTaiji Kurodaさんと加藤さん。

 レーベルはSOMETHIN'COOL。録音は2015年8月24日 Dave Darlington氏(Water Music)、2015年12月6日 Andy Plovnick氏(Bunker Stidio)、エディット・ミキシング・マスタリングは2016年 Dave Darlington氏(Bass Hit Recording)がクレジットされています。Small Sky(武満徹 作品)を除いた全曲は加藤さんの作曲、セルフプロデュース作品です。






 加藤さんのピアノの微細な音から始まるイントロダクション。美しいピアノの音の粒にウッドベースが重なり、サスティーンの背景にシェイク音、ギター音が現れては消えます。1分を超える導入部分。やがてトランペットとクラリネットが主旋律を奏で始めます。哀愁的なフレーズです。エレキギターとピアノが同じ旋律をなぞり、トランペットとピアノが絡み合いながら旋律を繋げます。

 小休止のあと、再びピアノのイントロダクション。トランペット、ドラム、ギターがハーモニーで重なり、ついに融合し、三拍子のシンプルでインプレッシヴな主旋律を奏でます。リフレインしながらメロディとリズムが次第に大きなうねりとなっていきます。バッキングボーカルが入りクライマックを迎え、そして最後には管楽隊とピアノの柔らかな音が消え行くよう静かに楽曲を終える7分間。

 フロストワーク - 霧の花- ピアノの音のパウダーが多様な楽器とのハーモニーを経て、ついには大きな森林、大河、大海原に合流し、レンジの広い壮大なシンフォニーに昇華する。クラシック的でもありロック的でもあり、ジャズという枠を超えたクロスオーバーな魅力があります。そして何故だかわかりませんが、思わず涙してしまうくらい感情を揺さぶられるドラマティックな楽曲です。




 加藤さんのYouTubeチャンネルではアルバム…

レビュー 甲南大学 甲響学祭 & 大阪芸術大学 JAZZ&POPS guest 黒田卓也

イメージ
(ライトアップした中之島中央公会堂)
 去る2018年11月3-4日、兵庫にある甲南大学・文化会交響楽団の甲響学祭(摂津祭)に行って参りました。甲南大学と言えば古くは関西政財界、実業家のご子息・ご令嬢が通う(イメージの)中高等教育一貫校の一つであり、今日的にもなお、コンサバティヴな校風が六甲山の麓から下りてくるようなカレッジです。

 高等教育を終了以来、学園祭の類にはほとんど足を運んだことのない筆者ですが、SNSでの告知が偶然目に入った甲南大学・文化会交響楽団さんにはご縁を感じ、比較的アクセスが良いということもあり、大学の学園祭に潜入レポートをするつもりで参加致しました。近隣の駅を降り、閑静な住宅街を抜けると大学の門がありました。




 学生の模擬店の元気の良い掛け声を横目に大学事務所のある1号館に辿り着くと喧騒を抜け出た静けさ。エレベータに乗り込むと居合わせた数人の方々と会場のある3階ラウンジへ。陽当たりの良い窓に面したスペースのおおよそ三分の二を楽団員のスペース、三分の一を観客席にセッティング。アットホームな雰囲気でした。

 演目は
ハリーポッターメドレー / arranged by Masaki Watanabe大脱走のマーチ / L.BernsteinアンサンブルA DISNEY ADVENTURE / arranged by Chuck Sayre行進曲 旧友 / C.Teikeハンガリー舞曲 第5番 / J.Brahms
 座席はほぼ埋まり、予定時刻に司会を務める部員さんによる「甲南オケ(甲響)」の紹介、プログラムが始まりました。冒頭の楽曲こそ緊張が伝わりましたが、順を追ってポップス、クラシック、心地よい調べのアンサンブルと空間的なハンディこそあったものの演奏は十分に楽しめました。ラストのブラームス・ハンガリー舞曲 第5番は演奏に磨きがかかり迫力も加わり、もっと聴きたいと思わせる演奏会でした。

 少し時間がありましたので、他の音楽系サークル(JAZZ研、UK、軽音楽部、フォークソング同好会)の部屋も駆け足で覗きました。なかでも1号館と接続している3号館で行われた甲南大学 JAZZ研究会。男性だけの漢バンド、女性だけのギャルバンドの2つのビッグバンドを観覧いたしましたが、部員の多さに驚きます。掛け持ちもあるでしょうけれど、さすがジャズの街・神戸のお膝元。





 …

Mischievous mouse / 大江千里 [music review]

イメージ
大江千里による2017年1月発売のアルバム「Answer July」からの1トラック。アルバムアートはNishinoさん(キングコング)による精巧なイラストレーション。モチーフは大江さんらのバンドでしょうか。世界盤・ヴァイナル盤以外の通常盤はNishinoさんのイラストが入ったアートフレームを大江さんが抱えているショットとなっています。

 レーベルはVillage MusicThink! RecordsPND Records。ミキシング・マスタリングエンジニアはOscar Zambrano氏、アナログ盤の企画・監修は塙耕記氏。全てのトラックの作曲は大江千里さん、作詞はJon Hendricksさん、Lauren Kinhanさん、Becca Stevensさんがクレジットされています。大江さんのセルフプロデュース作品です。







 Mischievous mouse、訳すれば”お茶目なネズミ”。作詞はJon Hendricksさん、ジャズ界のレジェンド。ボーカルはSheila Jordanさん、言わずと知れたビッグネーム。このトラックを含む作詞と同様にLauren Kinhanさん、Theo Bleckmannさん、Becca Stevensさんが参加し、ジャズボーカルをフューチャーした作品となっています。

 Fメジャースケールでバンドが弾ける印象的な8小節のイントロダクション。ベースラインにピアノが乗り、シーラさんが歌い始めます。何やらおとぎ話を聞くときのような可愛らしい歌唱。verseからbridgeにかけての韻を踏んだ歌詞に引き込まれ、身体が音に合せリズムを刻みます。chorusはバンドメンバーによるバッキングボーカルが加わり、思わず楽しく歌い出します。

 歌詞に記述のないシーラさんの歌唱パートにはネズミが踊り出す理由が語られています。要約すると、バースデーケーキを用意した家主の足下にネズミが踊りながら現れ、同じ日、同じ月、同じ年の誕生日を祝いに来たと告げます。日付は1928年11月18日...。そのシーンをイメージしながら楽曲を聞くと、何とも微笑ましくコミカルで洒落っ気のある楽曲に感じます。シーラさんのアドリブが小粋さに輪をかけます。




 大江さんのYouTubeチャンネルではシーラ・ジョーダンさんらのインタビューがご覧いただけます。

 演奏者はJim Rob…

Autumn Nocturne / 纐纈歩美 [music review]

イメージ
纐纈歩美(Koketsu Ayumi)による2018年3月発売のアルバム「アクアレール」からの1トラック。アルバムアートは纐纈さんの横顔のポートレイト。ボタニカルな髪のコサージュは背景のカラートーンと合せグリーン系でコーディネートされています。またLPのインナー/ライナーノートには異なるバージョンのショットが同封されています。

 レーベルはCraftman Records。録音は2017年5月10-11日、Yoyogi Studioにて行われ、エンジニアはKentaro Kikuchi氏。マスタリングは2017年7月、ポニーキャニオン・マスタリングルームにてYuta Tada氏、アナログ企画・監修は塙耕記氏がクレジットされています。纐纈歩美さんのセルフプロデュース作品です。








 Autumn Nocturneはご存知、Josef Myrow作曲、Kim Gannon作詞のジャズスタンダードナンバー。古くはLou Donaldson、Art Farmer、Sonny Rollins等々...数々のミュージシャンやシンガーによってカバーされてきました。”Autumn Leaves”と並んで2大Autumn〜とでも申しましょうか。

 ピアノのソフトなタッチのイントロダクション。ドラムのスティックブラシを叩く音がリズムを刻み出します。そしてアルトサックスがあたかも歌うように鳴り始めます。その音はハリがありますが、リリースのディテールがスモーキーに空間を漂い、歌詞にある哀愁を連想させる音色です。ボイスを超えたソロパートの音表現にしばし酔いしれます。

 伴奏のピアノが美しく音階を駆け上り、コントラバスがアコースティックに深くドライに弦をつま弾き、ドラムがステーブルにライトに拍をとり、各パートがそれぞれの個性で主張する好プレイとバンドとしてのバランスのとれた一体感は耳あたりが良く、心地よく音楽に浸ることができます。そしてクリアーな音質。

 アクアレール(透明水彩)。クリスタルのように透明なキャンバスにピュアな楽器の音色という水彩絵の具が広がり、そして所々に重なり混ざる。そのキャンバス全体を心を通して見れば、纐纈さんとKoichi Satoさん(piano)、Koji Yasudaさん(Bass)、Masanori Andoさん(Drums)のバンドによる”Autumn Noctu…

Souvenir de Florence (Allegro con spirito) / Unamas String Septet [music review]

イメージ
Unamas String Septetによる2017年7月発売のアルバム「Souvenir de Florence (フィレンツェの思い出)」からの1トラック。アルバムジャケットはフィレンツェにあるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のフォトグラフ。夕景と思しき街の空と山々のカラフルな美しいグラデーションのアートワーク。

 レーベルは沢口音楽工房・UNAMASレーベルOttava Records。録音は2016年12月13-14日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、プロデューサー・レコーディング・ミキシング・マスタリングはMick Sawaguchi氏、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)がクレジットされています。







 弦楽器のフォルテで始まる印象的なイントロダクション。バイオリンの奏でる主旋律の随所にスフォルツアート。その音に滲みはなく、しかし単色ではなく僅かに重なる響きを持ち合せます。サポートするビオラ、チェロがリズムを作り、そしてこの弦楽の録音には7人目にコントラバスが加わり、さらに深い低域を豊かに表現しアンサンブルを形成しています。

 やがてビオラとチェロが旋律を奏で始め、バイオリンやコントラバスと共に弦楽の掛け合いが始まります。弱音と撥音の明瞭で敏活なハーモニー、しなやかや質感の幾重もの弦音、伸びたり跳ねたり躍動する音の展開に耳を傾ければ、自然と胸が踊ります。再び冒頭の印象的な旋律に戻り、やがてドラマチックに急展開し爽快にラストを迎えます。まさにAllegro con spirito (快活に、生き生きと)。



 UNAMASレーベルのYoutubeチャンネルでは収録時の模様をご覧いただくことができます。  

 作品全体を通してみても、フォルテやスタッカートなどアーティキュレーションが見えてくるような明瞭な音のディテール。またアンサンブルのプレーヤーが操リ出す楽器の持つ響きがホール空間に溶け合い、それを再現する部屋全体に音が広がります。視聴の際は自然にボリュームコントローラーのレベルを上げ、高精細なサウンドと卓越したプレイングに聞き入ります。

 「Souvenir de Florence (フィレンツェの思い出)」のライナーノーツを執筆した伏木雅明さんはYoutubeチャンネルでスリス…

ラベル別INDEX

もっと見る