投稿

2月, 2010の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

Piano man Part1

イメージ
最近ピアノをはじめました。
大人になってから始める人が結構いると聞きます。楽譜を見たのは遠い昔。果たして弾けるのか?続くのか?とりあえずは、やってみないことには始まりません。

しかし、思いつきで始めるのだから高額投資はできません。住環境の事情から、できるだけ小型でボリュームの調整ができる電子ピアノが適しています。しかしどうせなら88鍵のピアノタッチで学びたい。まあ多機能は要らない。

KORG SP-250
大きな箱で届きました。セッティングに一苦労。鍵盤を触るなんて中学校の音楽室以来かな?鍵盤が重く、本物みたいなタッチです。

Piano lifeの始まりです。


つづきは、Piano man Part2です。


DIY かんたん!コの字の棚

イメージ
コの字の棚を作ります。



材料はタモ無垢材 21mm*180mm*900mm 天板分の長さをカットして残りの端材を脚材に。
コの字なので、短い板を脚にして天板を乗せるだけ。




美しい木肌と風合いが家具作りにオススメ!タモ無垢枠材 ...
価格:2,090円(税込、送料別)




タモ(ホワイトアッシュ)無垢材 いい木目。




ざらついてるのでサンドペーパーかけ。
ペーパーかけすると、塗料ののりがよくなり塗装が綺麗に仕上がります。




ペーパーかけが終わったら木工用ボンドで接合。




少しはみ出した接着剤は布で拭いて乾いてからペーパーかけ。




3-4時間で硬くなるけど、約1日おきました。




塗装は AURO の家具用。オレンジ臭は2日位で抜けます。




AURO 植物ワックス 100ml ...
価格:2,480円(税込、送料別)



刷毛塗り。一度塗っただけでこんなに色が違います。




塗って4時間後に二度塗り。艶が出てしっとりします。




1日乾燥、それから布で表面磨き。
すると表面のザラツキがなくなり木目が浮き上がります。いい感じです。




デスクトップに置いてみました。

 オイルワックスはニスやウレタンのような木材表面に塗膜を張ってキズを防止するものとは異なりますが、無垢の木材の質感を出すにはいい塗料です。
 また自然塗料としては 未晒し蜜ロウワックスもDIYや家具メンテナンスに使っています。



蜜ろうワックス 自然塗料【応援ありがとうフェスタ期間限定 P2倍】...
価格:1,182円(税込、送料別)



レビュー Scandyna The minipod Jubilee

イメージ
Scandyna The minipod Jubilee


形態は機能に従う

 丸っこいエンクロージャーが特徴。これには理由があって、3つの球体を圧縮し一体化したものと考えることができ、キャビネットの共振や音響の輻射や歪みを抑えることができるそうだ。特に惹かれたカラー。艶消しチャコールグレイと金メッキのスプートニク・スパイクはJubileeのみで日本限定100ペア。

 オリジナリティ溢れるエンクロージャーデザインは音を聴いてなかったら、デザインありきかなと敬遠してたかもしれない。




 DENON RCD-CX1と繋げるとデザインが合う。音も合う。バランスがよく繊細かつダイナミック。表現力豊かな音を出し、クラッシックを十分楽しませてくれている。



【Joshinはネット通販部門1位(アフターサービスランキング)日経ビジネス誌...
価格:63,700円(税5%込、送料込)

Nakamichi SoundSpace3 -No.2

イメージ
修理を終えて帰ってきたSoundspace3。 セッティングはSS3 with Airmac Express。ソースはiTunesから。




10年間聴き慣れた音。 音割れが治ってピアノが心地よく響く。解像度やキレは昨今のアンプが勝るが、高音の伸び、中音の厚み、低音のサポート。なによりもそのバランスがとても良い。

DACにつなげ変えてみる。解像度が上がりクリアで音の輪郭が出てきた。音が上下左右に広く、前後に奥行きが増した。DACの効果はある。パーツ交換して間もないから、もうしばらく待ってみよう。そして2、3日聴いてから修理屋に礼をしよう。


DENON RCD-CX1 レビュー

イメージ
DENON RCD-CX1
ナカミチの代わりに。特に惹かれたのはそのデザイン。RCD-CXはDENONの少し野暮ったいデザインとは一線を画す、必要最小限のボタン配置、質感の高い躯体、適度に重いボリュームコントロールノブ、赤色に光るパワースイッチとディスプレイ、薄くスムーズなCDトレイ。またサイズがW300mmとコンパクト。


音はDENONのプレスリリースそのままですが、立ち上がり俊敏でディテール再現性に優れたクリアーなサウンドが空間全体に広がり、高域から低域までバランス良く聴かせてくれます。これはダイレクトスイッチを使った状態で、ICEpowerモデュール・アンプの特徴と言えるかもしれない。



他方、CD/SACDを聴く際はDENONのお家芸である24bit拡張技術とバーブラウンDACの艶の乗った厚みある滑らかなサウンドを聴かせてくれます。ひと口で2度美味しい、2つの表情(音)を楽しむ事が出来る、大人のコンポーネントという感じです。



ラベル別INDEX

もっと見る

New Release