投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!? Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

DIY HP-RX700 断線修理とイヤーパッド交換

イメージ
VictorさんのヘッドホンHP-RX700の魅力は、何と言っても期待を裏切らないほどほどの音質と装着感なんだと思います。ということで、そこそこ使っているわけですが、ジャックが角度によって音切れしたり、イヤーパッドが破れたりしてガタが来たので今回修理に挑戦してみました。




 先ずは断線修理。



 新たに付け替える3.5mmステレオミニプラグをねじねじ分解。

金メッキプラグ部品オヤイデ電気...
価格:690円(税込、送料別)


 ヘッドホンのコードを切断。


 コードの先端15mmくらいのゴム被服を剥して細い線を露出。  色分けされた被服線は、たぶん赤-R、緑-L、銅-GND。  ライターで各先端10mmほど炙ると被服の色が抜けます。その先端を撚っておきます。



 仮置きしてみました。コードの先端15mmだと若干長めなので後から先端を切ります。



 カバーとチューブを通しておきます。

 極性は、線材を挟む長い端子-GND、赤いリングの外側付けの端子-R、内側付けの端子-L。各端子に穴が開いているのでその穴に細い縁り線を通す感じ。その前に縁り線の先端は5mmほど切断しておくと丁度良いかも。


 半田で接着。下手やな~。撮影の後、やり直しました。


 HAKKO/白光 電池式半田ごて...
価格:2,730円(税5%込、送料別)


 カバーを付けて出来上がり~!  一応、極性が合っているか試聴してみます。電子ピアノに差し込んで、高音が右、低音が左。ここでヘッドホンが左右逆だったら思い切り叫ぶところでしたが・・・大丈夫でした。

コラム PLCとMoCAと11acについて

スマート家電が普及してきましたので、それを見越して無線LANやPLCアダプターが次世代規格へ移行しています。無線LANはいわゆる11ac規格、11nの4倍値とGbps(理論値)の通信速度技術で来年には解禁されるのでは?と期待されています。またPLCアダプターはHD-PLCとHomeplugAVという規格がいずれも400Mbpsの速度(理論値)で使えるようになるようです。

 こう見ると無線LANの方はギガ世代に入ってアドバンテージを得ているような印象ですが、実際のところど理論値近くの速度を享受できるのは有線に限られているのではないでしょうか。またPLCは有線ですが、配線の構造如何でほとんど繋がらないコンセントもあるようなレビューもあります。

 実はアメリカは無線LAN, PLC, MoCAという通信インフラが競争ではなく補完関係で整備されているらしいのです。同軸ケーブルネットワーク(MoCA)は、簡単に言えば既存のテレビ用アンテナケーブルをインターネット用配線に使う規格のことで、テレビとインターネットで周波数別に同一ケーブルへ信号を流します。

 同軸ケーブルネットワーク(MoCA)は数年前まで日本でも家庭向けサービスが存在しましたが、100Mbpsに至らない通信速度が原因なのかはっきりしませんが、サービスが消滅してしまいました。MoCaは400Mbps(理論値)で通信できるのでなぜ?と思いますが、MoCA用の周波数帯域の割り当て分が少ないことと、情報漏洩防止用のセキュリティ・スプリッターの宅内設置に物理上の制限があるのではと考えています。前者については割り当て分を増やせば良く、後者については技術的な点では問題はないかと考えます。

 バッファロー社がHomeplugAV規格のPLCアダプターを販売しますが、そのアダプターの先に無線LAN機能を内蔵して、家庭内LANインフラは電線(PLC)で、端末はWi-Fiでという使い方を提案しています。この提案は私の思っているネットワークプランと同じでインフラ部分が違うだけです。無線LANは電波の干渉を規格を拡げて対応しますし、PLCはノイズ軽減で対応しますが、MoCAは電波干渉がないしノイズにも強いのですから、家庭内LANの選択肢として補完関係に位置づけることにデメリットは少ないのでは?と思います。

 それぞれの家庭でネットワ…

レコードを洗浄しました。2012

イメージ
今朝は秋晴れの良い天気。遠くの方から運動会の声援が聴こえて来ます。朝から都合よく皆出払いましたので、この機会に午前中でレコード洗浄をやっておこうと思った次第。カラっとサラっとした風が窓を開け放つと家の中を流れていきます。湿度の低いこの気候がレコード洗浄を効率よく済ますには好都合。



 洗浄はまずバスルームで盤面を洗い流し、天日干し後にウォッシャーとコーティング液を順にかけていきます。水を使いますので、湿度が低い方が各工程で乾燥が早いという訳です。廊下は作業場と化し20枚くらいのレコード盤で埋め尽くされます。


★10/28am9:59迄 ポイント3倍・Facebook経由購入(新ルール)P5倍★【...
価格:1,700円(税込、送料別)

10時頃から始めて2時間くらいで仕上がりました。少なく見えますが、実は40枚くらいあります。家族が家にいるとこう上手くはいきません。晩秋から春まで、ゆっくり聴くだけの準備はできました。低姿勢で作業したので腰が重いです。





Piano man -No.11

前回の投稿が2012年の4月だったんで、半年以上になります。・・・あれ?また同じ出だしだ。



半年前に楽譜を読む宣言しましたが、おかげさまでポップスを3曲弾けるようになりました。というか、見方によればまだ1曲もまともに弾けない・・・どっちだよっ!ってことですが、とりあえず1曲を流して弾いてみて、何となくイケたな(イケてないけれど・・・)と思えば次の曲をに行くようにしています。もちろん1曲目から弾きますので、1回の練習で最低でも流して3曲弾くということになります。


この方法が果たして良いのか?わかりませんが、とにかく楽譜見て弾いてを暇を見つけては指を動かしての繰り返しが、やがて身になるかな~という思惑です。 半年で3曲なんで2ヶ月で1曲。あれ?結構いいじゃん!と今、思いました。そうやって誰も褒めてくれないので、自分を褒めて鼓舞しています。そんな暇があったら練習しろよ、という話ですが。


あと、ギターも始めた訳ですが、こちらは理論・理屈とコード&フレーズを覚える方が早いかな?という感じです。これはギターのカテゴリーでまた話題にしたいところですが、理論とコード進行はピアノにも併用できるので、一石二鳥的な思惑です。


ただし、ピアノやって、ギターもやって、おっさんには時間がかかるんだなーこれが・・・。

LINN SNEAKY MUSIC DS -No.21 Linn Configアップデート編

イメージ
LINNのアップデートにより、Davaar10 (4.10.6) /Kinsky Desktop (4.3.3) になりました。詳細はLINN Online Helpから。



インターフェースの背景イメージはSong Boxと同じです。各種設定は上部のタブで選択し、画面下部が切り替わる仕様です。 それと、UPnP対応機器(デバイス)が上図で一覧表示されていますが、その詳細設定がLINN ConfigのUI内で行えるようになりました。これは便利です。


例えば、今まではSneakyを選ぶと詳細設定画面(ブラウザ)が起動していましたが、上図のようにLINN Config画面内で設定できます。Twonky Media Serverに関しても、ワンクリックでシームレスに設定画面へ移動できるようになりました。


ついでに、アイコン・デザインも統一がなされました。 ここまで来たら、4機能のインテグテーションはいつになるのか?期待しています。

つづきは、LINN SNEAKY MUSIC DS -No.22 Song Box アップデート編です。


ラベル別INDEX

もっと見る