投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

スタディ ブラインド・リスニングテスト - Hi-res, MQA, CD-spec - 結果と考察

イメージ
10月1日(プレビュー9/30)から約3週間にわたり実施致しましたブラインド・リスニングテストの結果をご報告致します。

期間:2017/10/1-22 (プレビュー9/30)ページビュー:約1,000回 (期間中のサイトビュー:約3,300、インプレッション:約6,500表示)サンプル音源ダウンロード及び再生回数:未集計アンケート回答数:12件 (うち有効回答数12件)   
 たくさんの方々にアクセスとご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございました。ブログ読者とSNS中心の告知でしたが、期間中に告知を拡散して頂いたりお声がけして頂いたりコメントをお寄せ頂いたり致しましたこと、本当に助かりました。この場をお借りして御礼申し上げます。回答数につきましては12件の貴重な声を頂きましたこと誠に感謝申し上げます。


 ◾️ テスト概要のおさらい

 テストには16bit/44.1kHz, 24bit/176.4kHz, MQA(24bit/176.4kHz)の各オリジナルデータをレーベルから特別にご提供頂きました。そのテスト音源をデコード・D/A-A/Dしたサンプル音源を作成し配布、ダウンロードとサポート的にウェブプレーヤー視聴も行いました。サンプル音源はレーベルのご好意によりダウンロード視聴が可能となりました。

 当初はよりブラインドに近い状態を実現するためにウェブプレーヤー視聴を準備していましたが、視聴者の高品位再生と利便性あるいはWAV再生ブラウザプレビューの技術的課題からダウンロードとプレビューの併用を採用致しました。技術的課題とはWAV再生がブラウザとストーリーミング環境に依存するためです。

 ウェブブラウザは非公式見解を得たSafari, Chorme、ストレージとプレビューは公式見解を得たDropboxより、さらにテストトーン再生確認を行い採用しました。ダウンロード方式は技術的手段を用いれば比較的容易にフォーマットの周波数特性が判別できるため、視聴者の良識に委ねることで統計的な不確定要素が高くなります。したがいまして回答数を多く得ることが課題となります。

 D/A及びデコーダはMQA対応DACの普及機でもあるMeridian Audio Explorer2、ケーブルはAudioTechnicaの3.5mm-RCAケーブル、A/Dはプロオーディオ分野で評価を…

コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?

イメージ
MQAについてロスレスか?ビット数は?エンコードとは?音質は向上するのか?という巷の主要な疑問について、技術的な材料を元に回答をピックアップし私的な見解・考察を加えました。あくまで技術解説についての私的な観察メモと捉えて下さい。


 ロスレスかロッシーか?
*当該記事の投稿後、Audio Origamiについて新たな内容が明らかになっています。その内容は別記事で取り上げましたが、当該記事は更新しておりませんでしたので以下、内容を修正しています。

 「Audio Origami(折り紙)」はMQAの圧縮技術を抽象化し2次元で示したものですが(実際は3次元ということ)、そこで使用されているノイズフロアのシャノンダイアグラムを見ますと、弦楽四重奏曲 24bit/192kHzのオーディオライン及びノイズフロアが図示されており(A)0-24kHz, (B)24-48kHz, (C)48-96kHzに区分されています。


図:1 画像引用元:JAS Journal 2015 Vol.55 No.6(11月号) About MQA (Master Quality Authenticated)新デジタルコーディング方式 ‐ MQA (Master Quality Authenticated)Bob Stuart, Keith Howard訳:鈴木 弘明 (株式会社 ソナ)  (PDF)


図:2 画像引用元: UANAMAS LabelがMQAコーディングをなぜリリースするのか? By Mick Sawaguchi C.E.O UNAMAS Label
 A・B:音楽成分のピークレベル(赤)とその前後のバックグラウンドノイズ・ピークノイズレベル(緑)・平均ノイズフロア(青)より10dB低い検知できるノイズ(オリーブ)・時間的な分解能に影響を与え成分を取り除くと音質低下すると認知されている領域

 C:ほとんどのマイクやスピーカーの通過帯域を超え、ノイズレベルが人間の聴覚閾値を越えるか上下する(緑・青)ほとんど音楽成分がない、しかしサンプリングレートを上げると(A)領域の分解能が向上すると認知されている領域

 P:音楽とノイズカーブが収束する交差周波数。P点を越えると音楽はノイズ成分に埋もれる箇所、30kHz-60kHzの間の40kHzが一般的。

 MQAはシャノンダイアグラムの横軸サン…

レビュー ビルボード クラシックス フェスティバル 2017

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ビルボード クラシック フェスティバル 2017」へ行って参りました。当日は午後から今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、会場前の広場を遠くから眺めるとダンスの練習をする学生さんや木陰のベンチで読書にふける方など、いつものうららかな光景がそこにはありました。

 開演時間の30分以上前に会場へと到着いたしました。エントランスホール前には忙しく人々が往き交い、KOBELCO大ホールのロビーには老若男女、子供からご年配の方まで幅位広い年齢層の方が集い、談笑したり、アイテムを購入したり、お目当のアーティストのポスター前で記念撮影するなど、既に会場は活気づいていました。

 会場入りするとステージには指揮者の小上がりとオーケストラの椅子、グランドピアノ、ハープが確認できました。座席は1階のやや後方側中央、座席から俯瞰してステージを下に見る位置。いつもソリストやオーケストラを観劇する芸文大ホールの光景となんら変わらぬものでした。そう、今回はクラシックコンサートなのです。



 お目当は出演者全員と言ってもいいくらい豪華なキャスト陣。強いて言えば、学生時代に憧れ聴いていたREBECCAのボーカル・NOKKOさん。このたび、REBECCA再結成を喜んだ世代の一人で機会があればコンサートへ行きたいと思っていましたが、こんなに早く実現するとは思い到りませんでした。それだけも胸が踊ります。

 大阪交響楽団の皆さんがステージへ現れると自然と拍手が沸き起こります。コンサートマスターがチューニングを始めると楽団が楽器を調整し始め、チューニングが揃ったころ一瞬の間が空き、そして今回の指揮者・柳澤寿男さんの登壇を再び大きな拍手で迎えます。いよいよコンサートの始まりです。

 最初の出演者が袖からゆっくりとステージセンター歩み、客席が拍手で迎えます。ステージライトが歌唱とともにカラフルに変化し、妖艶でシックな雰囲気を演出します。普段、芸文大ホールの素のクラシックコンサートに慣れているせいか、ショー的な演出は新鮮で心拍数が上がり手に汗を握りました。

  MCではチャーミングなトークで観客を和ます方もいれば、会場となった西宮の思い出を語ったり、緊張していますと心象を吐露する方もいらっしゃいました。オーケストラをバックにクラシック専用コンサートホールで歌唱することにベテラ…

おかげさまで300,000アクセス超え

イメージ
天高く透みわたる水色の空が夕刻とともに美しい自然のグラデーションアートの状景を創り出す季節。夕暮れ空にすっかり暗幕が降りてほのかな月明かりのスイッチが灯る頃、窓を開けると少し冷めた夜風が室内へと入ってまいります。

 このたび当ブログは300,000ビューを越えるに至りました。前回の200,000アクセスが2015年2月のことでしたので、2年半余で100,000アクセス。1日平均100アクセスを頂いていることになります。これはひとえに読者のみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。

 これからもできるだけモチベーションを維持しつつマイペースを保ち、企画などにもチャレンジしながら日々研鑽してまいりたいと考えております。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。


2017. 10. 05  あきのなかころ INORI

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release