投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part17

イメージ
2018年8月14日、Stereophileのジョン・アトキンソン氏が「Zen & the Art of A/D Conversion」と題する記事を掲載しました。記事の冒頭に記述されているように、この記事はMQAコーデック検証シリーズの一つであり、と同時にアトキンソン氏がStereophileの中でオーディオ機器としてのDAコンバータ性能を包括的に捉え批評してきた一面でもあることが文中から伺えます。該当の記事から引用し意訳させていただきます。


 「Stereophileの最近の特集記事のシリーズで、ジム・オースティン氏は議論になっているMQAコーデックがどのように機能するかを検討しました。「MQA Tested、Part1」「MQA Test Part 2:Fold」「MQA Contextualized」「MQA, DRM, andOther Four-Letter Words」、そして近著は「MQA: Aliasing, B-Splines,Centers of Gravity」。私はMQAに関する騒動に気づいてないStereophile読者がいるとは思えません。そして、私がその基となる概念を”エレガント”と表現するたびに、ウェブフォーラムで繰り返し批判されてきました。

 しかし私はエレガントと感じています。MQA社のボブ・スチュアート氏は以下のように述べています。MQAの目標はアナログ/デジタル(A/D)コンバータに供給されるオリジナルのアナログ信号とデジタル/アナログ(D/A)コンバータから出力されるアナログ信号の間にある、オリジナルのイベントからエンドユーザーのシステムへ信号を経路設定する以外の”配管”を取り除くことです。言い換えれば、マイクプリアンプ(純粋な録音の場合)、またはミキシングコンソール(従来の録音の場合)出力のA/D変換、伝送、保存、およびその後のD/A変換は、空気中の数フィートの信号経路に相当する超音波ロールオフを除いてトランスペアレントになります。

 もちろん、アナログからデジタルへの変換時に選択したサンプリングレートとビット深度の制限があります。この記事では、その変換が行われたときの動作とMQAとの関係を調べます。」



D/A変換

 「A/Dコンバータは、オリジナルのアナログ信号をサンプリングしエンコード、通常の数字の文…

レビュー Mytek Brooklyn DAC+ Part3 プリアンプ編

イメージ
今回はBrooklyn DAC+のプリアンプ機能を中心にレビュー致します。


 Brooklyn DAC+のデジタルインはS/PDIFやOPTICAL端子のほか、AES/EBUやSDIFにも対応しています。AES端子はプロ用ギアのみならずコンシューマ向けディスクプレーヤー、トランスポーターにも搭載されており、ユーザーはAES/EBUケーブルを通してデジタルギアをBrooklyn DAC+に接続することができます。

 SDIFはDSD RAWを扱う他社製レコーダーやDACとのデジタル接続が可能、さらにワードクロックのイン/アウトは複数台のBrooklyn DAC+でのマルチの同期など、プロ・コンシューマ双方で使える機能が充実しています。ワードクロックについては高性能なFemtoclockを搭載しており、外部クロックで大きく音質が向上することはないとする考えのようです。

 DACチップはESS Technology社 ES9028PRO SABER DACを搭載しており現行で高性能のチップの一つです。Stereo192-DSD DAC (ES9016S)、Brooklyn (ES9018K2M)とはピン互換のアップグレードにあり、系譜的な進化がうかがえます。上位グレードにあたるManhattanⅡが搭載しているES9038PROとの差は主としてDAC数にあり、新機能は同世代として重なる部分があります。

 DAC以降のアナログサーキットはデュアルモノラル構成を採用しており、Brooklyn DAC+でブラッシュアップしたフォノイコライザー回路も同様です。インプットセレクタはカッチと音の出るリレータイプを採用し、このリレータイプはサウンドチェックを行い決めたようです。アッテネータはアナログドメインとデジタルドメインのいずれかを選択できます。

 アナログボリュームはチャンネル毎のラダー抵抗回路で1段目は信号分圧器として2段目はオペアンプのフィードバックループに。デジタルボリュームは32bitデジタルボリュームを採用し音質に心配は無用のようです。アナログ/デジタルボリューム共に1dBステップ毎の減衰量です。いずれもフロントパネルのフィジカルノブとPCのMytek Control Panelから設定可能です。

 またプロ用ギアであるため出力ゲインが高め(-18dBFSの音量で…

コラム End Of The Audio - ジャーナリズムとモラル -

イメージ
以前、とある町のとあるオーディオショップへ立ち寄り、眉目秀麗なスピーカーや機器が立ち並ぶ試聴室が空いていることを確認した上で、機器の試聴が可能かどうか近くにいた店員へお伺いを立てました。スタッフは数十分後に来客があると述べた上で、いま所有の機器を質問し、答えるとメーカーが上位グレードに位置付けている製品のパンフレットを無下に手渡しました。

 試聴はショップにとって大事な商談につながる機会、あるいは商談そのものですから、先約を最優先する判断は彼らの都合では理に適い十分理解できます。常日頃、訪問先に伺う際にはマナーとして、座席数が限られる場に伺う際には配慮として努めてあらかじめ一報入れるなどしておりますが、ショップの都合を聞かずに来店したのであれば、諦めて出直すしかない場面だとして顧客は納得することでもあるでしょう。

 他方で店員の一連の対応は適切だったのでしょうか。自らが売場対応する余裕すら無ければ他のスタッフに引き継ぐことを模索したり、もしそれができなければ人員や機器の準備不足などの理由を顧客に丁寧に説明し納得させることができたかもしれません。顧客のニーズは試聴ですが、製品の魅力やそれ以外の関心事など選択肢を提示する機会にもできたはずです。しかし店員の対応は残念ながらそこまでの配慮が行き届いたものではありませんでした。

 さらに予備知識を持ち来店した顧客にパンフレットを手渡すのみという店員の粗野なサービス精神が顧客に違和感を抱かせました。顧客は予約せず来店しただけなのに、なぜ不愉快な思いをしなければならないのかとの思いに至ります。ここでもし上位グレードと思しき製品を所有機器として告げたとして、店員の対応は変わっていたのだろうかと内的要因を探ることになるかしれません。こういう無用な不信感を顧客に抱かせること自体に店員の顧客対応の拙さが現れています。

 あるいは店員だけではなくショップが得意様対応を最優先し、敢えて敷居の高い入口にすることでショップにとっての優良顧客だけに一定水準以上の質の高いサービスを提供し、それ以外の顧客へは積極的な販売を行わない経営方針なのかもしれません。ビジネスには正解はありませんので、そういうポリシーのショップがあっても不思議ではありません。だとしても、ショップは所有機器のグレードを扱っており、一見の顧客とてわざわざくだらない不信感を抱か…

ラベル別INDEX

もっと見る