投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

コラム オーディオと地震

イメージ
先日、大阪北部を震源地とする都市直下型地震が発生いたしました。その影響は大阪府高槻市・茨木市のみならず近隣の京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山各県まで波及し、時間帯が朝の通勤通学のラッシュ時にあたったことから、とりわけ電車等の公共交通機関の運転見合わせにより運休が相次ぎ、都市機能が大きく乱れることとなりました。

 読者のみなさんの中にも被災したり、少なからず生活や仕事で影響を受けた方がおられると想像します。筆者は23年前に阪神淡路大震災に遭い、今回の揺れはその当時をフラッシュバックさせるインパクトがあり、まだ日常生活においてもどこかに不安がつきまといますが、たまたま震源地から若干の距離があっただけで、こうして記事を書いていることには天に感謝する以外に率直な気持ちの表現はありません。

 自宅はキッチン棚から皿やグラスが飛び出し割れていたり、リビングのサイドボードがずれていたり、自室ではピアノ上の花瓶が倒れていたりと、被害は些少軽度でした。今年の初めから地震対策として背高の可動棚をできるだけ無くし、本棚やCDラック等はカーペット敷きの小部屋へ集約し、重いものは下部へ、突っ張り耐震ポールや耐震パッド等を多重に利用していました。

 オーディオに関して言えば、食器棚やCDラック以上に転倒のリスクを伴うスピーカーが懸案事項であり続けます。当日も戦々恐々と確認しましたが、オーディオラックとレコードプレーヤーが左へ数センチ動き、フロアスタンディングスピーカーのスパイクが受けを外れ、絨毯に突き刺さった状態でほぼ設置状況と変わらぬ状態を留めていました。それ以外は幸い何も変化はありませんでした。




 数年前からブックシェルフスピーカーをスピーカースタンドから下ろし、サイドボードに設置していました。またフロアスピーカーのスパイク受けの下には大理石を敷いていましたが、今年から大理石を外し厚みのある絨毯直置きにスパイク受けで設置していました。オーディオの設置には音質変化が伴いますが、自分も含めた家族の身の安全を最優先し、次にスピーカーを含めた損傷リスクを下げることを考えました。

 これらの備えというか取り組みがオーディオ機器類も含め転倒リスクを免れたのかもしれません。しかし阪神淡路大震災の経験で言えば、食器棚や寝室のシェルフが倒れ、ブラウン管テレビがリビングの対角線上へ飛ばされ、一戸建て住宅地…

レビュー 河村尚子 ピアノ・リサイタル ベートーヴェン紀行

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「河村尚子 ピアノ・リサイタル ベートーヴェン紀行 第1回」へ行って参りました。先々週・先週と比べると、この日は暑くなくも陽光が雲に隠れることもなく、程よい風もあり朝からプロムナード・コンサートが行われる正午過ぎまで爽やかな初夏の気候が続きました。

 家を出てからの繋がりが良く開演時間の45分前と早めに会場へと到着いたしましたが、既にエントランスホールやカフェレストランにはかなりの人々で賑わっていました。会場はKOBELCO大ホール。マホガニー無垢材で覆われた無装飾のホール空間のステージ中央に配置された漆黒のスタンウェイ、グランドピアノが存在感を出しています。

 座席は2階中央。子供連れが多く見られ未来の音楽家達は少し緊張気味に行儀よく着座していました。客席が暗転しステージが照らされ、カーキ色のシックで華麗なドレスを纏った河村尚子さんが下手よりステージ中央に歩み寄ると、客席から大きな拍手が沸き起こります。客席へ丁寧に一礼し、ピアノへ向かいコンサートがいよいよ始まります。




 演目は
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調 op.7
・ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 op.13 「悲愴」
・ピアノ・ソナタ 第7番 ニ長調 op10-3
・ピアノ・ソナタ 第14番嬰ハ短調 op.27-2「月光」

 オール・ベートーヴェンのプログラムです。そう、今回は今年の春夏・秋冬、来年の春夏・秋冬と2年に渡り河村さんがベートーヴェン作品を演奏する企画の第一回目でした。リンク先の動画では彼女がベートーヴェンの演奏へ臨む心境などを語っています。


(動画は日経電子版1月28日公開のインタビュー。ピアニスト河村尚子 時満ちてベートーベンより)

 ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調 op.7 はテンポのよい快活な印象を受ける楽曲です。ミドルからハイスピードのリズムで展開しながら、歯切れの良いタッチや流れるような運指、やや硬質でドライかつ深みのある質感と気迫を併せ持つ音のテクスチャは今回のプログラムでの彼女の演奏を占うパフォーマンスでした。

 ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 op.13「悲愴」では、4番に増してクリアでアグレッシブなタッチが続きます。テンポを保ちつつ音の立ち上がりが良く展開していきます。旋律が印象的な第二楽章でさえも、音を伸ばして情…

レビュー ユベール・スダーン & カール=ハインツ・シュッツ

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「第106回 定期演奏会 スダーンのブラームス・シンフォニー & シュッツ 煌めきのモーツァルト」へ行って参りました。週末の午後は薄曇りの空ではありましたが、風はなく穏やかな陽光を感じつつ緑が茂る木々の側を通ると、清々しい初夏の気候を感じます。会場の広場前ではダンス練習を行う若者たちや読書にふける人々が視界に入ります。

 開演時間の30分前に到着いたしました。エントランスは他のホールでも催しがあるらしく老若男女でごった返しており、CD販売ブースには人だかりができていました。会場はKOBELCO大ホール。ステージ中央の指揮台を軸に半円形にオーケストラの椅子と楽器が配置され、コントラバスのメンバーがチューニングを行っていました。

 座席は3階左寄り。時間通りに客席が暗転しステージが照らされ、先ずユベール・スダーンさんが下手より第一バイオリンの間を歩みると、客席から拍手が沸き起こります。そしてスダーンさんがスラリとしたシュッツさんを招き入れます。シュッツさんは煌びやかなフルートを手に持ち、お二方が客席へ一礼し、コンサートがいよいよ始まります。

 演目は
・ザンドナーイ:フルートとオーケストラのための夜想曲
・モーツァルト:フルート協奏曲 第2番 ト長調 K.313
・ブラームス:交響曲 第2番 ニ長調 op.73
 どれも馴染みのある曲ばかりです。とくにモーツァルトのフルート協奏曲はクラシック音楽の中でも好きな作品群であり、今回のプログラムでは期待しています。




 ザンドナーイ:フルートとオーケストラのための夜想曲は当初ピンと来ませんでしたが、演奏を聞いたら思い出しました。誰しも一度は耳にしたことがあるかもしれない曲です。端的に言えば、非常に美しい楽曲でした。シュッツさんのフルートとスダーンさん指揮とPAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)の演奏は明るい音調で、空間にすくすくときらきらと音が拡散していくイメージです。



(動画はSinfonia Christkönigでのシュッツさんの演奏模様。PAC定期演奏会ではありません)
 モーツァルト:フルート協奏曲 第2番 ト長調 K.313では小編成に管楽器が加わります。シュッツさんのフルートに管弦楽隊の音色が溶け込み明るく伸びやかです。ザンドナーイの楽曲とのつながりに、先ほどまで歩いてきた初夏…

レビュー KAN 弾き語りばったり #23

イメージ
新神戸オリエンタル劇場で行われた「KAN 弾き語りばったり #23 三歩進んで何故戻る?」へ行って参りました。好天に恵まれた週末昼の気温はぐんぐんと上がり、初夏というよりはすでに夏を感じさせる気候。最寄りの駅まで散策しつつ、電車に乗るとエアコンが効いており、ひとときのクールダウン。

 電車が三宮駅のホームへ滑り込むと同時に、うっかり開場時間を一時間ほど間違えたことに気づき、その機会を利用してウィンドウショッピングします。当日は「神戸まつり」が催されており、駅・歩道・商業施設を含め、多くの人々で賑わい、パレードが行われていたフラワーロードや街角では野外ライブが行われていました。

 新神戸オリエンタル劇場へ到着するとエントランスには長蛇の列。KANさんのライブは女性比率が高いのが特徴的です。会場は学生時代から演劇等の観劇で慣れ親みのある場所です。劇場は小ホールのキャパ、ステージには中央に蓋を開けたグランドピアノ、ピアノ椅子のサイドには棚とウィンドウチャイムが設置されていました。なぜチャイムなのかはあえて触れません。





 座席は1階中央、チケットは完売してましたので上階も埋まっているようでした。実はKANさんはその時点で既に暗がりのステージ上でグランドピアノを弾いており、観客は彼のピアノ練習を聴きながら開場入りします。彼が一声マイクで開演時間を客席に向かって告げ一旦下手に引き、再びステージ中央に現し、笑いが起き、丁寧にお辞儀をして拍手と共にコンサートが始まります。これが彼のコンサートスタイルです。

 演目は控えますが、古くは20数年前の曲、若い世代でも知っている名曲、そして最新のアルバムからと、過去のコンサートの演目とも異なる、且つ全体として繋がりのある選曲を行っていました。筆者がプレイリストに入れている曲をリアルにピアノアレンジで聞けたことは予期しないことで嬉しく、またKANさんの持ち曲の多さやアレンジの上手さにつくづく感心致しました。




 彼のイメージとしてポップスを連想するかもしれませんが、弾き語りになると少し趣が変わり、クラシックやジャズのアレンジを取り入れていることがわかります。開場時の練習曲はクラシックですし、弾き語り系のアルバムにある曲にはラグタイムを連想することもありますし、あるいはビリー・ジョエルをリスペクトしていることもあり、ポップスが軸ですがクロス…

ラベル別INDEX

もっと見る