投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.9 ADコンバート編。

イメージ
前々回、前回に引き続きアナログプレーヤーの動画です。
先ずはカートリッジ名を伏せて、ご紹介します・・・。








実は、Pearlでトレースしたアナログプレーヤーのライン信号をフォノイコアンプを通しオーディオインターフェースでAD変換、そのデジタルフォーマットをDSで再生しスピーカー出力した動画です。ターンテーブルの動きはダミー、DSで再生しているメディアフォーマットはAIFF 24bit/44.1kHzです。前回の動画と比べてサウンドはいかがでしょうか?







こちらがアナログのフォノライン入力をADコンバートした音声です。AIFFフォーマットをブログ用にAACフォーマットへコンバートしています。先の動画は撮影時のノイズが結構乗っていますが、この動画はライン入力録音なのでノイズがかなり抑えられ、スピーカーとクオリティ・レベルは同じ程度と見てもらっていいと思います。


なかなか楽しい実験でした。

つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-2 SUMIKO Pearl Take2です。



レビュー SUMIKO Pearl

イメージ
SUMIKO Pearl


 MMカートリッジの定番製品の一つ。筐体・スペックこそオーソドックスですが、周波数特性が向上し扱いやすさに貢献しています。一聴して高中域寄りのサウンドバランスですが、音量を上げるとしっかり低域がサポートし、Sumikoらしいしなやかなサウンドが引き立ちます。ジャンルに拘らずオールマイティに音楽を聴くことがきます。





Jacintha「HERE'S TO BEN」-SIDE1-「Georgia On My Mind」


 Pearlは低域はタイトに弾みますが、ピアノタッチやリズム隊が支える輪郭が明瞭に判別でき、明るくレンジの広いサウンド。オーディエンスエリアのセンターで聴いているかのような音場で、空気感が伝わってくるようなディテール再現性もあります。盤は新旧問わず、クリアでしなやかで腰のすわったサウンドを再生しますので、とりあえずの一つとしても推奨できます。



レビュー SHURE M97XE

イメージ
SHURE M97XE

 MMカートリッジの定番製品の一つ。他の同価格帯(100ドル前後)のそれらと比べるとコストパフォーマンスという観点で言えばM97XEは頭一つ抜きん出ている印象です。スペックこそ欲張りませんが、筐体は一部アルミダイキャストを使用し、それはヘッドシェルとのビス留め接点でもありますが、剛性が高まります。

 あるいはスタビライザ。ヴァイナルの表面を掃き出すブラシの役割と、針先・カンチレバーガード・プロテクタの役割と、2つの機能を併せ持つ合理的な機構を装備し、レコード再生のユーザビリティを向上させています。




Jacintha「HERE'S TO BEN」-SIDE1-「Georgia On My Mind」


 音質は中低域にバランス置いた中庸なサウンドです。このソースではサクスフォンとボーカルのボリュームが大きく、その背後にドラム、ベース、ピアノのリズム隊がバックで支えるステージを、フロントで聴いているような迫力を感じます。全体としてはアグレッシブで伸びやかなサウンドです。

 楕円針ですが神経質にならず、安定さを一方的に強調するような展開でもなく、ジャンルに拘らずオールマイティに音楽を聴きたい場合は、オーディオシステムにマッチしやすいことでしょう。スタビライザを上げた場合と下げた場合とでサウンドが若干変化しますので、そういう面での付加要素もあります。カートリッジ交換の際に基準とする製品です。




PCオーディオからネットワークオーディオへのチュートリアル

イメージ
ネットワークオーディオにチャレンジするとき、一気呵成にハードウェアを揃えて、課題解決し、高音質化を達成しようとすると、大変な負担です。そこで、PCオーディオからさほど無理なくネットワークオーディオにチャレンジできるポイントをご紹介してみたいと思います。

・・・

ーはじめにー
パソコン内には、CDでリッピングした音源、またはiTunes Storeやe-onkyo musicなどからダウンロードした音源が保存されていると思います。タグ付けやアルバムアート(ジャケット写真)の添付なんて面倒な作業は時間の持てるときに譲り、とりあえず保留しておきましょう。




ーPCオーディオとネットワークオーディオの違いー
細かいことは置いといて、例えて言うならパソコンとDACが「直列接続」するのがPCオーディオ、パソコンとネットワークプレーヤーが「並列接続」するのがネットワークオーディオです。電気を扱うときの用語ではなく、単に信号の経路や配線系統だと思ってください。




ー目標設定ー
ネットワークオーディオは、パソコンとネットワークプレーヤーをご家庭のインターネット環境(LAN)で並列接続することが一つの準備目標です。踏み込んだ話は後にしますが、パソコンとネットワークプレーヤーを並列接続することをイメージし、頭の隅に置いておいて下さい。



ーNASは要らないー
ネットワークオーディオにNASが必需品とよく言われますが必要条件ではありません。その代わり、パソコンにDLNAマルチメディア・サーバーソフトをインストールする必要があります。身近なものでは、マイクロソフトのWindows Media Player(無料)。アップルのiTunes(無料)はとてもよくできたソフトですが、DLNAマルチメディア・サーバーソフトとは機能が少し違うので、保留しておきます。



ーTwonky Server(トワンキーサーバー)ー
Windows Media PlayerのほかにTwonky Serverというソフトがありデファクト・スタンダードになっています(試用期間中は無料、日本語対応)。音源だけでなく写真・動画コンテンツにも対応しており、マルチメディアサーバーといわれる所以です。実は多くのNASにはこのソフトがインストールされてます。 →パソコン内の音源がWAVファイル形式ならばWindows Media Playerで…

2014年、始まりました。

イメージ
新年、明けましておめでとうございます。

 元日は近所の神社へと初詣。  静けさの杜を抜け、雅な境内で今年一年の安泰を願って参りました。

 そして今朝は「ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート2014」のプログラムをオーディオ・スピーカーから流しつつ、その音楽に耳を傾けながら当ブログを書いています。

 一年の抱負ですが、心底学び、遊び、楽しめるよう、できるだけ健康に気づかい、心の安寧を保ち、体力を維持し続けたいと思っています。

 本年も、どうぞ「MARINに乗って」を御贔屓に!



ラベル別INDEX

もっと見る

New Release