投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.9 ADコンバート編。

イメージ
前々回、前回に引き続きアナログプレーヤーの動画です。
先ずはカートリッジ名を伏せて、ご紹介します・・・。








実は、Pearlでトレースしたアナログプレーヤーのライン信号をフォノイコアンプを通しオーディオインターフェースでAD変換、そのデジタルフォーマットをDSで再生しスピーカー出力した動画です。ターンテーブルの動きはダミー、DSで再生しているメディアフォーマットはAIFF 24bit/44.1kHzです。前回の動画と比べてサウンドはいかがでしょうか?







こちらがアナログのフォノライン入力をADコンバートした音声です。AIFFフォーマットをブログ用にAACフォーマットへコンバートしています。先の動画は撮影時のノイズが結構乗っていますが、この動画はライン入力録音なのでノイズがかなり抑えられ、スピーカーとクオリティ・レベルは同じ程度と見てもらっていいと思います。


なかなか楽しい実験でした。

つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-2 SUMIKO Pearl Take2です。



レビュー SUMIKO Pearl

イメージ
SUMIKO Pearl


 MMカートリッジの定番製品の一つ。筐体・スペックこそオーソドックスですが、周波数特性が向上し扱いやすさに貢献しています。一聴して高中域寄りのサウンドバランスですが、音量を上げるとしっかり低域がサポートし、Sumikoらしいしなやかなサウンドが引き立ちます。ジャンルに拘らずオールマイティに音楽を聴くことがきます。





Jacintha「HERE'S TO BEN」-SIDE1-「Georgia On My Mind」


 Pearlは低域はタイトに弾みますが、ピアノタッチやリズム隊が支える輪郭が明瞭に判別でき、明るくレンジの広いサウンド。オーディエンスエリアのセンターで聴いているかのような音場で、空気感が伝わってくるようなディテール再現性もあります。盤は新旧問わず、クリアでしなやかで腰のすわったサウンドを再生しますので、とりあえずの一つとしても推奨できます。



レビュー SHURE M97XE

イメージ
SHURE M97XE

 MMカートリッジの定番製品の一つ。他の同価格帯(100ドル前後)のそれらと比べるとコストパフォーマンスという観点で言えばM97XEは頭一つ抜きん出ている印象です。スペックこそ欲張りませんが、筐体は一部アルミダイキャストを使用し、それはヘッドシェルとのビス留め接点でもありますが、剛性が高まります。

 あるいはスタビライザ。ヴァイナルの表面を掃き出すブラシの役割と、針先・カンチレバーガード・プロテクタの役割と、2つの機能を併せ持つ合理的な機構を装備し、レコード再生のユーザビリティを向上させています。




Jacintha「HERE'S TO BEN」-SIDE1-「Georgia On My Mind」


 音質は中低域にバランス置いた中庸なサウンドです。このソースではサクスフォンとボーカルのボリュームが大きく、その背後にドラム、ベース、ピアノのリズム隊がバックで支えるステージを、フロントで聴いているような迫力を感じます。全体としてはアグレッシブで伸びやかなサウンドです。

 楕円針ですが神経質にならず、安定さを一方的に強調するような展開でもなく、ジャンルに拘らずオールマイティに音楽を聴きたい場合は、オーディオシステムにマッチしやすいことでしょう。スタビライザを上げた場合と下げた場合とでサウンドが若干変化しますので、そういう面での付加要素もあります。カートリッジ交換の際に基準とする製品です。




PCオーディオからネットワークオーディオへのチュートリアル

イメージ
ネットワークオーディオにチャレンジするとき、一気呵成にハードウェアを揃えて、課題解決し、高音質化を達成しようとすると、大変な負担です。そこで、PCオーディオからさほど無理なくネットワークオーディオにチャレンジできるポイントをご紹介してみたいと思います。

・・・

ーはじめにー
パソコン内には、CDでリッピングした音源、またはiTunes Storeやe-onkyo musicなどからダウンロードした音源が保存されていると思います。タグ付けやアルバムアート(ジャケット写真)の添付なんて面倒な作業は時間の持てるときに譲り、とりあえず保留しておきましょう。




ーPCオーディオとネットワークオーディオの違いー
細かいことは置いといて、例えて言うならパソコンとDACが「直列接続」するのがPCオーディオ、パソコンとネットワークプレーヤーが「並列接続」するのがネットワークオーディオです。電気を扱うときの用語ではなく、単に信号の経路や配線系統だと思ってください。




ー目標設定ー
ネットワークオーディオは、パソコンとネットワークプレーヤーをご家庭のインターネット環境(LAN)で並列接続することが一つの準備目標です。踏み込んだ話は後にしますが、パソコンとネットワークプレーヤーを並列接続することをイメージし、頭の隅に置いておいて下さい。



ーNASは要らないー
ネットワークオーディオにNASが必需品とよく言われますが必要条件ではありません。その代わり、パソコンにDLNAマルチメディア・サーバーソフトをインストールする必要があります。身近なものでは、マイクロソフトのWindows Media Player(無料)。アップルのiTunes(無料)はとてもよくできたソフトですが、DLNAマルチメディア・サーバーソフトとは機能が少し違うので、保留しておきます。



ーTwonky Server(トワンキーサーバー)ー
Windows Media PlayerのほかにTwonky Serverというソフトがありデファクト・スタンダードになっています(試用期間中は無料、日本語対応)。音源だけでなく写真・動画コンテンツにも対応しており、マルチメディアサーバーといわれる所以です。実は多くのNASにはこのソフトがインストールされてます。 →パソコン内の音源がWAVファイル形式ならばWindows Media Playerで…

2014年、始まりました。

イメージ
新年、明けましておめでとうございます。

 元日は近所の神社へと初詣。  静けさの杜を抜け、雅な境内で今年一年の安泰を願って参りました。

 そして今朝は「ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート2014」のプログラムをオーディオ・スピーカーから流しつつ、その音楽に耳を傾けながら当ブログを書いています。

 一年の抱負ですが、心底学び、遊び、楽しめるよう、できるだけ健康に気づかい、心の安寧を保ち、体力を維持し続けたいと思っています。

 本年も、どうぞ「MARINに乗って」を御贔屓に!



ラベル別INDEX

もっと見る