投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

コラム ハイレゾ時代のフィジカルメディアの展望 -CD, SACD, Blu-ray Audio, MQA-

昨今オーディオコンテンツを入手するには3つのサービスがあります。

 ・Apple Music, Spotify, TIDALなどのストリーミング・サービス
 ・2L, HD Tracks, e-onkyoなどのダウンロード・サービス
 ・CD, SACD, Blu-ray, Vinylなどのフィジカルメディア・サービス

 レコード以外はすべてデジタルデータの時代になりました。


スペック底上げの可能性
 この中でも一番ホットなサービスがストリーミングです。なかでもTIDALはCDと同じロスレスサイズのビットレートを保証し、さらに最新のMQA配信対応を準備し、いよいよハイレゾ・ストリミーミング再生の時代に入ります。つまり上に挙げた3つのサービス全てがハイレゾ時代に入ったと言えますので、MQAの出現とTIDALとのセッションはストリーミング音質の底上げに留まらず各サービス分野へインパクトのあるものになる可能性があります。


フィジカルメディアの主力は?
 今後ストリーミングがシェアを伸ばすと考えられていますので、おそらくストリーミングで楽曲を聴く、またはストリーミングで聴いてからダウンロードコンテンツもしくはフィジカルメディアを購入するという、ラジオ時代から続く古くて新しいスタイルが主流化するでしょうから、ストリーミングのビットレートより低スペックのダウンロード、フィジカルメディアは敬遠、淘汰され得る可能性があります。そこでダウンロードの音源スペック、フィジカルメディアはどのメディアがメインとなるのか?という論点に意識が向きます。

 欧米ではBlu-ray Audioのシェアが数年前から伸びているということです。Blu-ray AudioはBlue-spec CDとは異なり、24/192のハイレゾコンテンツをパッケージできます。ブルーレイプレーヤーやユニバーサルプレーヤーでCDのように音声だけを再生でき、また24/96や16/44.1のコンテンツをパッケージしていることからPCにコピーできる、いわばフィジカルメディアとダウンロードのユニットのようなものです。日本でもこのBlu-ray Audioをフィジカルメディアのメインへと推す声があります。

 ただこれには潜在的な問題があります。音源の多くがアナログマスターまたは16/44.1のマスターなので、ジェネレーションの若いコ…

Where Or When / New York Trio [music review]

イメージ
暦ではそろそろ立秋。なんとも涼しげな言葉の響きですが、屋外は30度を超える灼熱の気候。一年で一番暑い時期、冷房との温度差や体力の消耗でそろそろ夏の疲れが出てくる頃ではないでしょうか。お気に入りの音楽を聴きながらゆったりと過ごし身も心も癒したいものです。

 近頃ストリーミングサービスの売上が増加傾向だそうです。経営的な問題は依然として残っているものの、一定数の固定客がつくことで数字が上がっているのこと。そのサービスシーンでは楽曲を聴いてからフィジカルメディアを購入するスタイルがあるそうで、遠い昔にアメリカンTOP40やBBC全英シングルチャートをラジオで聴いてレコード店に走った自らの記憶と重なりました。




New York Trio [Where Or When]




 ニューヨークトリオによる2007年発売のアルバム「THOU SWELL(邦題:君はすてき)」の中の1トラック。ご存知、Richard Rogersの名曲「Where or When(いつか何処かで)」のカバー。ビル・チャーラップ率いるNEW YORK TRIOにかかればジャズのスタンダードナンバーもモダン&スムーズに。彼らの脱構築的な姿勢というかアレンジャーとしての才能には脱帽です。




 New York Trioは「過ぎし夏の思い出」というアルバム作品があり、こちらのトラックの方が夏向きの印象ですが「絵になる一枚」ということでは”Where or When”を含む当アルバムのモダンでエレガントなモノトーンの抽象絵画に通ずる美しいジャケット作品をセレクトしてみました。ちなみにこのアルバムはSwingJournal選定ゴールドディスクです。Eddie HigginsのアルバムもそうですがVenus Recordsレーベルはジャケットの造り込みが素晴らしいです。

 今夏の「絵なる一枚」をコンセプトにしたミュージック・レビューはこれでおしまいです。ご精読ありがとうございました。




ラベル別INDEX

もっと見る

New Release