投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






コラム ラウドネスウォー Part3 ターゲットラウドネスとアルバムノーマライゼーション

イメージ
2017年6月にコラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!?・Part2 を投稿後、 約1年半が経過いたしました。その後の状況は、世界最大のユーザーを要するストリーミングサブスクリプション・Spotifyがターゲットラウドネス-14LUFSに設定したことや他のサブスク動向などのトピックスがメディアに取り上げられ、それを主題やきっかけにしてラウドネスメーターの用語解説など音楽制作サイドから啓蒙が始まったことと認識しています。


ラウドネスウォー(音圧競争)とは?
 そもそもラウドネスウォーとは何なのか?という読者の皆さんの疑問へ”途中”から簡単に説明しますと、テレビ番組のチャンネルを切り替える場面ではあまり音量調整しないのに、オーディオで音楽を聞く場合は音量差(ジャンプと呼ばれる)を感じることがあります。これは前者が音量感のばらつきを揃える規定を国内外で2012年に策定しましたが、後者は勧告はあるものの規定までには至ってないためです。背景には後者は前者の放送電波のように統制する組織がないという事情があります。

 音のばらつきはCDをプレーヤーで聞くリスナーがアルバムに合わせてボリューム調整を行う場面がイメージしやすいでしょう。その原因はメディアに収録されている音源の一番大きな音の位置や強弱の量が他のアルバムと異なっており、それが音量感としてラウド/ソフトと感じるからです。そのことを逆手にとったのか、音が大きい方が目立ち良く聞こえるという制作サイドの思い込みがバイアスとなり、結果として音がラウドでダイナミクスを失なった楽曲を量産させています。


 音の大きさのレンジ(幅)やレベル(水準)を表す指標としてDRメーターやラウドネスメーターがあり、近年は等ラウドネス曲線(K-weight)とゲート(重み付け)を組み込んだラウドネスメーターが普及しています。後述いたしますが、絶対値を基準にしたラウドネス・ノーマライゼーション機能を前提にすれば後者の方が実用的と言え、既に放送業界でスタンダードという理由もあり、最近のDRメーターもラウドネスのLUFS/LKFSスケールで確認できるようになっています。(*1)

 2012年に著名なエンジニア等で構成されるMusic Loudness Allianceがラウドネス・ノーマライゼーションの提言を行い、国際的なエンジニア組織・AES…

コラム MQA 認証・デコード・レンダリング

イメージ
メディアで既報(ESSが世界初、MQAハードウェアレンダリング対応のオーディオ向けDAC「ES9068Q」/編集部:風間雄介 2019年01月04日)の通り、ESS Technology社がMQAレンダリング機能を統合したDAC ICのリリースを正式発表いたしました。先述の記事によると2019年1月のCESでお披露目となるようですので、2018年5月のプレリリースから1年以内の動きになります。

 MQAレンダリングとは?
 そもそもMQAレンダリングとはどういうものなのでしょうか。当ブログの過去記事と既知の事項からのおさらいです。

 1. MQAエンコードファイル(以下、MQAファイル)のデコードには3つの区分Authenticate (認証)Decode (デコード)Render (レンダー)
 MQAによると、認証とデコードはソフトウェア(TIDALデスクトップアプリ、Audirvana、Amarra等)でも行われますが、レンダーはハードウェア(DAC)で必ず行われるものだそうです。DAC製品には認証・デコード・レンダーを全て行うものがあるということです。MeridianやMytekのDAC製品が該当するでしょう。

 一般的にデコードを行う製品はデコーダー、レンダーのみを行う製品はレンダラーと呼称していますが、レンダラーは認証・デコードは行ないません。

 レンダラーの需要は、たとえばUSB Audio Class1スペックのUSB-DACのような96kHz上限の製品の場合、ソフトウェアデコーダーで96kHzまでのコアデコードを行い、レンダラーでオリジナルサンプリングレート(たとえば384kHz)まで展開するような場面にあり、他にもメーカーが既存製品のMQA対応へローコストで負担が軽くアップグレードできるなど、メリットがあるようです。(*1)


 2. MQAファイル再生は4通りの選択肢 24bit/192kHz MQAファイルの場合 (括弧内は呼称) [角括弧内は展開数]
デコーダーなし... 24bit/48kHz (ノンデコード)ソフトウェアデコード[1st]... 24bit/96kHz (コアデコード)ハードウェアデコード[1st & 2nd]... 24bit/192kHz (フルデコード)ソフトウェアデコード[1st]とレンダリング[2n…

レビュー 大友直人 & ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・ シンフォニー・オーケストラ guest 村治佳織

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ 第7回 兵庫公演」へ行って参りました。正月は幸い天候に恵まれ、平野部を一望すると遠い山々の稜線まで見渡せる澄んだ空気。当日も比較的温暖な週末の午後、街ヘ出ると車両こそ少なめでしたが、歩道は人々で混み合っていました。

 会場には開演30分前に到着いたしました。広場には待ち合わせらしき人影やダンス練習に興じる若者の姿が視界に入るいつもの光景。新年が明けて最初に観覧するクラシックコンサートは”兵庫県政150周年記念事業”というコンサバティブな見出しが付く2013年から続いているニューイヤーコンサートです。

 エントランスはいつもより正装や着飾った老若男女で溢れ活気がありました。KOBELCO 大ホールに入るとステージには中央に赤い絨毯の指揮台と舞台一杯に大編成オーケストラのセット。2台のハープ、複数のマリンバ。座席は2階左寄り。開演間近のアナウンス後、ステージ下手の扉が開き、企画・構成者の一人である三枝成彰さんが登壇しプレトークと題し演目解説が始まります。

 その後、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラの皆さんがステージに集い、コンサートマスターの崔文洙さんらによりチューニングが始まります。音程が揃ったところで客席が暗転、企画・構成者のもう一人、指揮者の大友直人さんがステージに登場するとひときわ大きな拍手が起こります。いよいよ開演です。





 演目は
・スッペ:「軽騎兵」序曲
・ヴェルディ:「運命の力」序曲
・ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
 (休憩)
・ベルリオーズ:幻想交響曲


 ”名手たちの交響楽団”というサブタイトルにあるように、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラのメンバーはN響、日響、読響、新フィル、フリー等々、国内の名手たちで構成されています。そしてゲストにクラシックギタリストの村治佳織さんが出演し、見どころ聴きどころが満載です。






 スッペ:「軽騎兵」序曲。冒頭に管楽隊による華々しいファンファーレが鳴り響くお馴染みの楽曲。ややもすると絢爛さが目立つところを、ほのかに大人しやかさが調和し、艶やかさとのバランスが絶妙な音色。弦楽隊による斉整たる高俊な演奏を意識します。管楽器と弦楽隊が渾然一体となりリズムを刻み、明るく清々しい好演でした…

2019年、始まりました。

イメージ
新年、明けましておめでとうございます。

 今年も年末年始は国内で過ごし、正月の三が日は好天に恵まれました。初日の出を拝み、御節を頂き、初詣へ参り、御神籤を引き、年賀状を読み、過日には新年のクラシックコンサートに出掛ける予定がありましたので、その予習も兼ねて音楽に聴き浸る正月の午後。

 例年通りデスクトップのショット。小ぶりのラウンドテーブルを部屋へ持ち込み、その上にMacbookを設置。高さ調整のため素麺の空箱を水性ニスで塗装し裏返し戸当たりクッションを付け、内部に外付けHDDを収納。たまに窓の外を眺めつつ、円形テーブルでキーボードを打ちながらブログを書いています。

 昨年は週末のイベントに参加したり友人の仕事を手伝ったりとスケジュールがタイトになり、ブログ記事を書く時間がかなり制約されました。したがって平日に下書きを分散して書くということに。前年はほぼ一週間に一回でしたが、今年こそ一月に一回のマイペース更新を予定しています。

 今年も「Float A Flow」をどうぞよろしくお願い申し上げます。





ラベル別INDEX

もっと見る

New Release