投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






コラム OTTAVA継続を考える

イメージ
OTTAVA承継・継続のニュースは率直にうれしかった、ホッとしました。アナウンスにあった放送休止の6月30日まで静かに聴き続けようと思い(毎朝のルーチンでもあるのですが)、その日が間近に迫っていた矢先のお知らせでしたので、喜びが一入なのかもしれません。



 4月にOTTAVA休止へのコラムを書いて、本当にたくさんの方々に記事を閲覧、 リツイートして頂きました。SNS等での様々な発信を目にし耳にし、たかがネットラジオが一局無くなるだけのことなのですが(関係者のみなさん、不適切な表現かもしれませんね、ごめんなさい。)、僅かな心の機微が共感、伝搬、共鳴していく様は、もし現実に休止していたならば、今ほどは強くは感じなかったかもしれません。それだけ、この間に継続へご尽力された関係者のみなさまのご苦労が本当に大きかったのだと思っています。
 興味深い記事を知りました。米インターネットラジオTuneInのCEO・John Donham氏へのインタビューです。一部引用させて頂くと「(ストリーミング)サービスには『ライブ感』が欠けています。DJや人が放送する側にいれば、リスナーの生活とラジオの関係はより強いものになります(*)」。 OTTAVAにはまさにこの「リスナーの生活とラジオの関係」が様々なかたちで存在しているのだと思います。私にも、それがあります。

 事業承継を決断したナクソス・ジャパンのプレスリリースを見て、いちリスナーの考え及ぶことではありませんが、マネタイズは少し心配でもあります。有料ストリーミングやハイレゾ配信等のサービスとのシナジー、スポンサー、編成も関心事です。でもひとまず、秋の再開(再会)に向けてのOTTAVAの夏休暇の音を、引き続き静かに聴き続けたいと思います。


今朝もOTTAVAを聴きながら。


(*) Posted by Jay Kogami



コラム デジタルソリューション考・Part4 NasneとDLNA

DLNAは認証してる機器間であればネットワークを介し簡単につながる規格で、Ethernetを利用する家電製品にはお馴染みのガイドラインです。Appleで言うところのBonjourは同種のプロトコルで相互認証はありませんが、ユーザーは同様にシームレス&ゼロコンフィグなサービスをデバイスで受けることができます。

 数年前に同規格を採用してない複数のネットワークプレーヤーに触れる機会がりました。その頃はオーディオ機器のDLNA対応が遅れていたため規格外の製品が存在することは仕方のないことですが、それら機器はベースとなるUPnP規格には対応していながら、ある機種はDLNA規格を超えるネットワークサービスを提供し、別の機種は機器操作に課題を抱えるものでした。

 前者はネットワークオーディオの牽引役のハイエンドメーカーと言えば大体想像がつくと思いますが、後者についてはDLNA対応した後継機種が課題をクリアしたことで当時の技術的な弱さが裏付けられましたので、DLNAは家電製品の一定の技術・サービス水準を担保するという意味において意義があると肯定的に捉えています。

 そのDLNAのサービスで成功したデバイスがNasneではないかと考えています。ネットワークオーディオ然り、LAN設定やNAS管理が煩わしく導入に敷居が高いと考え二の足を踏んでいる方がいるとしたら、NasneはNASの多機能性を限定し、テレビ番組の録画視聴に特化することで機能を簡素化し、結果としてサービスはシームレスにつながり、ユーザービリティを向上しました。<

 つまりNasneはシームレスにつながり得ない部分=ユーザーの使い辛さを課題と捉え、他のクライアント・プラットフォームとの連携=DLNAの汎用的な範囲において機能制限と製品特化したことで、そこに製品バリューが見い出されたと。だとすれば、ユーザーは規格というよりは、製品サービスそのものの価値判断を優先し、そのユーザーメリットを最大化することがこのデジタルメディア時代には必要条件化しているソリューションなのではないでしょうか。


つづきは、コラム デジタルソリューション考・Part5 Audio over IPです。



LINN SNEAKY MUSIC DS -No.23 Kazoo / Kazoo Server編

イメージ
LINNよりソフトウェアKazoo / Kazoo Serverのリリースがありました。Kazooは再生コントロールソフト、Kazoo Serverはサーバーソフトです。純正で各Kinsky、SongBoxが既にありますが、さて今回のリリースはどのようなソフトウェアなのでしょうか?

 Kazoo ServerはSongbox同様にインストールするとLINN ConfigのUIに統合されます。OSはMac/Windows用。フォーラムにはQnap用の仕様も言及がありますが、いずれLinux用も開発されるのかもしれません。ざっと使ってみると、SongBoxとの違いはわかりません。違う点は、おそらく他社製ネットワークプレーヤーとのコネクタビリティで、DENON RCD-N8からKazoo Serverを選択し問題なく再生できましたので、ポイントとしては大きいです。


 左がKinsky、右がKazooのGUIです。デザインはタブレットデバイス向けのような、iOSのミニマル・デザイン的な傾向がうかがえます。
大きなレイアウト変更ではないのでプレイバックに然程支障はありませんが、サーバーを選ぶ際にSetting項目で選択する、再生中のファイルフォーマットの属性確認がトップビューに表示されない、LocalPlaylistがメモリできないなど気になった点は少しあります。またデバイスとしてRCD-N8やBRAVIAがKazooには認識されないので、コントロールアプリとしてはLINN製品に機能限定したのかもしれません。

 慣れの要素がユーザビリティには大きいのでKinskyをまだ使うことになると思いますが、以前のレビューの繰り返しになりますが、SongCastを使う場面がありますので、そのあたりも統合して欲しいところです。



つづきは、 LINN SNEAKY MUSIC DS -No.24 Space Optimisation編です。



送料無料・代引き手数料無料!!LINN DSシステム SNEAKY DSM black(税込)
価格:270,000円(税込、送料込)
送料無料!!(代引不可)アンプ内蔵ネットワークオーディオプレーヤー LINN MAJIK DSM BK ブラッ...
価格:486,000円(税込、送料込)

NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-7 SUMIKO Pearl Take7。

イメージ
Sumiko Pearlでのトレース、Take7です。




Bette Midler / Do You Want To Dance?





R&Bカテゴリから選曲してみました。この曲は、声・グルーブ・アレンジ(原曲からのという意)と、パーフェクトだと思います・・・ですよね?その超名曲を拙オーディオシステムでグッドバランスで聴くことができる点は、プレイバックの技量なんかではなく、レコードに刻み込まれている技術の数々なんだと思います。カートリッジのレビューなのに、スミマセン(汗。


つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-8 SUMIKO Pearl Take8です。


Piano man -No.13

イメージ
前回の投稿が2013年の5月だったんで、1年以上になります。・・・この行(くだり)はお約束です。



標準バイエルピアノ教則本 全音ピアノライブラリー

前回の投稿では、楽器屋での子どもとの静かなバトル旅路の途中に立ち寄った街道沿いの小さなコンサートホールでの古ぼけた鍵盤の旋律に魅了されたことをご紹介・・・してません(涙。「バイエルはじめました宣言」をして、1年間放ったらかしのピアノマン投稿でした。



実はこの1年、ページを日毎めくってました。鍵盤を叩いてました。毎日って訳ではありませんが、とにかく30分でも時間があればピアノの前に座って、日々気が重くなっていくページをめくり、動かしても動かない指、かすむ眼、回らない頭という絶不調のコンディションの中で、バイエルをこなしていきました。全ては楽器屋で子どもに勝つために・・・まだ気にしてたんかいっ!(笑



YouTubeでバイエルをご披露している方々が老若男女結構いらして、その方々の「お手本」を最初に、後追いしてく感じで82番まで進みました。この一年で82番というスピード感は某知恵袋等で小学生でのプロ専攻の進学は諦めた方がいいという、果敢なくも夢を打ち砕く記事を早々に目にしましたので、たかが趣味だよと半ば気楽に挑戦するモチベーションで参りました。



で、82番ですが、これがなかなか手強い。超えられない山が3つくらいあってね。200回は弾いたというご年配の方がいらっしゃいましたが、私は400回は弾いたと思います・・・マジ、ホント。で、つい先日、その82番をクリアできたんですねー。ホッとしました。



そんなこんなで、バイエルつづいています。


ラベル別INDEX

もっと見る

New Release