投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

レビュー 浜田省吾 ライブ・ビューイング

イメージ
ロックコンサートへ行って参りました。コンサートと言ってもライブビューイングです。作品は「SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター ”journey of a Songwriter"」。ソングライターの浜田省吾さんが2015-2016年にかけて行ったホール・アリーナツアーの模様を大スクリーンと音響設備が整えられた映画館でライブビューイング体験するものです。

 告知を見ますと2018/2/9-2/22までの期間限定上映。そしてドルビーアトモスの文字が目に留まりました。が、その上映は1日限りで通常は5.1ch。また上映日程は1日2回。なので近場の複数の映画館からアクセスの良いところで、スケジュールが合った週末の昼からの上映会に参加致しました。座席指定は中ほど、隣席との間隔が空いていましたのでゆったりと観劇できます。

浜田省吾さんと言えば日本の代表的なロックミュージシャンの一人、現在活躍している多くのアーティストが影響を受けたと公言しています。私は10代の頃に浜田省吾さんの音楽作品に初めて出会い、ストレートな恋愛感情や社会性のある歌詞とともに欧米のサウンドのようなロックの楽曲に大いに影響を受けました。なのでファン歴は長く、かと言ってファンクラブには参加していないライトなサポーターです。




 その内容は4部で構成されているように受けとりました。1部は2015年リリースのアルバム「Journey of a Songwriter - 旅するソングライター」の中からの楽曲、2部はこれまでの代表曲から、3部は社会性のある楽曲から、4部は名曲として支持されている楽曲から。それらが120分弱のフィルムの中で見事につながっていました。

 そしてコンセプチャル・ライブ映像と銘を打っているだけに、ライブ映像の中にコンセプトイメージや映像がインサートされたり、過去のフィルムがオーバーラップしたり、コンサートセットで流れていた映像がフィルムで一体化したりと凝っており、きれいな映像、クリアな音質と迫力には十分過ぎる音量、プラスアルファのアングルはフィルムならでは。板屋宏幸監督の素晴らしいカット。

 過去にライブ・ビューイングは抽選からはずれ縁がありませんでしたが、今回初めて図らずも観ることができて、長年のファンというフィルタは勿論あります…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part13

2018年2月13日、Stereophileのジム・オースティン氏が「MQA Contextualized」と題する記事を掲載しました。彼はこれまでMQAに関する技術論を取り上げてきましたが、今回の記事では”文脈によるMQA解説”を行なっています。これはジョン・アトキンソン氏の記事「More on MQA」からより踏み込んだ内容で情報理論の一面を交えて考察しています。該当の記事から引用し意訳させて頂きます。


 「分かれ道に来たら、とにかく進め」- Yogi Berra

 「Karlheinz Brandenburg(カールハイツ・ブランデンブルク)氏は、1986年に忙しい1週間をかけて、数年後に音楽業界にインパクトを与えるテクノロジーの基盤を築きました。フリードリッヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクの電気工学博士課程だったブランデンブルク氏は、デジタル電話回線を通じて配信するに十分効率的な音楽コーディング手法を理解していました。特許審査官がアプリケーションの提案は不可能であると結論づけたので、ブランデンブルク氏は1週間以上深夜まで、概念の証明などを作成しました。一般的にMP3と知られるMPEG-2レベルIIIが家庭でインターネットに見出されるまでさらに10年必要でした。」

 「MP3は当初、有益なビジネスとして構想されました。フラウンホーファー研究機構の支援を受けた60以上の応用科学研究所の1つであるFraunhofer Institute for Digital Mediaと再販業者は現金のためにMP3エンコーダを販売します。デコーダは安価もしくは無料。その後、1997年にオーストラリアの大学院生が盗まれたクレジットカードを使用しMP3エンコーディングソフトウェアを購入し「これはフラウンホーファーのフリーウェアです」というreadmeファイルをFTPサイトに掲載しました。その後、Napsterや他のウェブサイトを通じた違法なMP3ファイルの共有はレコードビジネスを破壊しました(脚注1)。」

 「時間の経過とともにこの問題の原因はNapster自体ではなく、ついでに言えばMP3でもなく、インターネット自体と新しい種類の情報ベースの産物であることが明らかになりました。以前は、文化的人工物はいつもオブジェクト(物体)でした。絵画、彫刻、書籍、録…

レビュー エドガー・モロー チェロ・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「エドガー・モロー チェロ・リサイタル」へ行って参りました。建国記念日を挟み連休の最終日は幸いにして好天に恵まれ、風はやや冷たくもありましたが、穏やかな昼下がりから始まるプロムナード・コンサートは肩肘張らず、リラックスムードで臨むことができる点が魅力です。

 開演時間の30分前に会場へと到着いたしました。エントランスには老若男女、様々な世代が往き交い、CD販売ブースには人だかりができていました。会場はKOBELCO大ホール。ステージには中央に椅子と譜面台、その背後に蓋を開けたグランドピアノが設置されていました。座席は1階中央やや後ろ側、後方は若干座席が空いていました。

 座席が暗転しステージが照らされた頃、エドガー・モローさんとピエール=イヴ・オディクさんが下手より姿勢良くステージへ歩み寄りました。客席から拍手が沸き起こります。エドガー・モローさんはチェロを片手にスマートに持ち、お二方が客席へ丁寧にお辞儀をしてコンサートがいよいよ始まります。




 演目は曲順こそ変えていましたが、アルバム作品「PLAY WORKS FOR CELLO AND PIANO」の曲目が中心で、馴染みのある曲とそれから名曲のエッセンスが感じられる楽章の構成は、すでに録音がハイレゾ、CD、ストリーミングで流通・配信されているだけに彼らの実力と申しますか、演奏を身近に感じる絶好の機会でもありました。




 コンサート前の先入観としてアルバムアートからカジュアルな演奏を想像していましたが、いい意味で裏切る真面目なパフォーマンス。そして大ホールに響き渡るチェロとピアノが一体となる音色。そこには彼が客観的にホールの音を聴きながら精緻に演奏する巧みさ、併せてチェロの音色を自在に繰り出す表現者としての一面を感じました。

 たとえばラフマニノフのVocalise, op34-14を演奏したときなどは、再構築とは違うかもしれませんが、ジャズ的(語弊がありますがジャズ風ではありません)なアレンジにも通じる演奏を少し感じたところで、それはクラシックのチェロ演奏における「自由」なのでしょうか、ですから馴染みのある曲目でも新鮮さ感じる。しかも表現として内向的ではないので体が動く。

 それがおそらく現象として現れたのが客席の拍手です。通常のコンサートでは曲終わりであわよくば演奏とかぶさ…

コラム 限定盤、廃盤、絶版とのつきあい方について

イメージ
「限定」という言葉にどちらかといえば影響されやすい性格です。たとえば日頃、馴染みの飲食店で”ランチ限定10食”なんて表示が目に留まれば、まだオーダーできるのか店員さんに尋ねたり、今冬も”会員限定””1月末まで”という言葉に乗せられて百貨店のウィンターセールに付き合わされたりもいたしました。

 CD, LPなどは近頃とくに”限定盤”というフレーズをよく見かけます。なかには”完全限定生産”と強調し”限定”と”完全”の違いがよくわからないものもありますが、LPは復活基調が続いているとはいえ、レコード需要は相対的にも絶対数もまだ多いわけではないので制作側がプレスのロットを抑えたことを換言したとして理解できます。

 ただ”限定盤””Limited Edition”でもその反響からか早速アンコール・エディションやアンコール・プレスがリリースされたり、リマスター盤がリリースされるたびに”限定”であったりと、その言葉が頻繁に拡大解釈される場面などはすでに日常的でもあり、セールスマーケティングで使用される”限定”という言葉にあまり惑わされない方が無難であることは一般的に言えるところだと思います。

 数十年も音楽ファンの端くれであり続ければ、欲しいけど手に入らないCD, LPは稀にあります。それらは「限定」ではなく、その多くが入手したくなったときにはすでに廃盤・絶版であった状況で、海外も含めた市場に出回ってないことはないが、状態のわからない商品をわざわざ海を渡った先からコストをかけてまで取り寄せ手元に置くほどのことかどうかと逡巡するものです。

 また幸いなことにコレクターではありませんので、オリジナルやセット物を揃えることに然程魅力を感じておらず、冒頭で「限定」という言葉にどちらかといえば影響されやすいと申しましたが、希少性という付加価値には無頓着という意味では「限定」にはあまりこだわらない性格でもあります。その手元に置きたいけれど廃盤または入手不可能だったいくつかの作品についてのお話です。





 1枚目はBen Folds「Songs For Silverman」2005年にヴァイナル盤がリリースされましたが絶版。レコードを数十年ぶりに再開し入手したいと思ったときには中古市場でもすでにプレミア価格でした。ですのでCDと入手可能なEP盤を購入し聴いていたりもしました。

 それが201…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release