投稿

12月, 2018の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

2018年、大晦日となりました。

今冬はエルニーニョ現象の影響で昨年より暖かな冬の始まり。クリスマスを終え本格的な冬の到来となりました。今年最後のエントリーです。

 今年も当ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 例年通り統計を見ますと、”MQA-CD リッピング・デコード検証”、”SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察”、”LINNのMQA批判について”とMQA関連に多くのアクセスが見られました。とくにMQA-CDの記事は5,000アクセスを超えて8,000アクセスに迫っています。この傾向はユニバーサルミュージックがハイレゾCDと銘打ちMQA-CD名盤シリーズをリリースした6月以前の4月から続いています。

 次いで、”Mytek Brooklyn DAC+ レビュー"。Part1-5の累計で5,000アクセスを超えました。7月初稿でしたので、一番勢いのある記事です。リスニングと測定を分けて投稿いたしましたが、測定結果を掲載した測定、フォノイコライザー、デジタル接続編よりもリスニング、プリアンプ編の方にアクセスが多い点は意外で面白い傾向と感じています。どちらの要素でも優れた音響機器ですので、機会があれば音に触れてみて下さい。

 意外と言えば、”SACDの現状と未来”も多くのアクセスが続いています。さらにマーケティングの観点からオーディオ機器の価値判断を論じた”オーディオ製品のユーザーコストとカスタマーバリュー”、オーディオジャーナリズムのあり方を論じた”コラム End Of The Audio - この世界の片隅で -”も題名からは想像つかない内容ですが、瞬間的に多くのアクセスがあり、意外なところにニーズがあるようです。

 企画では”MQAライブストリーミング解説 - Mick沢口氏インタビュー”。比較的新しい記事ですが、コンスタントにアクセスがあります。MQA-CDレビューのアクセス数がマーケットにリンクして増加しましたので、MQAライブストリーミングは目下、一番ポテンシャルを秘めたコンテンツだと認識しています。UNAMASレーベル・沢口様には大変お世話になりました。また記事作成にあたりご協力頂いたMQA Japanの皆さまへも御礼申し上げます。

 今年もコンサートを多く観覧する機会がありました。1月から出掛け、多い時で月4、5回ペースでしたが…

コラム いま聴く2018年のアニソン3選

イメージ
1970年代は漫画がアニメへと展開した時代でした。漫画本や週刊少年ジャンプ、コロコロコミックなどマンガ雑誌のコンテンツがテレビで放映されたり映画化されたり、数多くのタイトルが動画として視覚化されました。また番組や映画の主題歌や挿入歌がヒットし、のちにアニメブームと言われる時代でした。

 その時期には国内アニメだけでなく海外アニメも放映されており、ディズニーはもちろん「トムとジェリー」などもテレビで流され、SPレコードを蓄音機で回したかのような古きアメリカ映画音楽的なBGMが使用され、そのサウンドが当時はとても新鮮で今でも記憶に残っている印象深いものでした。

 さて昨今は再びアニメブームだとか。そのトレンドに追いついていないのでムーブメントの中身はよくわかりませんが、音楽配信サイトでアニソンのタイトルをよく見かけます。そこで最近アニソンはどんな曲がヒットしているのか配信サイトでプレビューを聞きました。そして今回はその中から心に留まった音楽のレビュー的なコラムです。

 セレクトした楽曲はe-onkyo 年間シングルランキング - ANIME/GAMEmora 2018 年間ダウンロードランキング TOP100にリストアップされている楽曲です。なお、今回は楽曲をモチーフに致しましたので、アニメ/ゲームの中身とは無関係な内容です。予めご承知おき下さい。






Ref:rain [Amier]




Aimer (エメ) 2018年2月発売のシングル「Ref:rain/眩いばかり」の中の1トラック。フジテレビ”ノイタミナ”「恋は雨上がりのように」エンディングテーマです。作詞はaimerrhythm (Aimer)、作曲は飛内将大さん、編曲・プロデュースは玉井健二さん。玉井、飛内両氏は今をときめくヒットメーカー集団、音楽プロデュースチームagehasprings所属です。

 ピアノから始まるイントロにAimerさんの繊細な声が乗ります。リフレインするA-Gのキーのフレーズが降り続く雨をイメージし、憂い気の雨のなか言葉を音に乗せて謳い続けるAimerさん。サビはシンプルな8ビートのリズムにC-D-Eのコード進行、そこにオーケストレーションが支える、いわゆるロックバラード。ナイーブなA-Bメロと心が強く叫び続けるサビの対比にグッときます。 

 最初に音楽を聞いて、続いて歌詞を読みました。淡…

DIY フルレンジ・ブックシェルフスピーカー

イメージ
学生時代は情報処理の実技が必須科目でした。ブラウン管モニターの黒画面に白い英数字のコマンドをキーボードで打ち込み、計算をしたり線を描いたりと。前者は微分積分、後者は丸・三角・四角の組み合わせだったような記憶。WindowsのBIOS画面のようなものです。その後、学内に3次元レンダリング処理が可能なCADシステムが設置されました。

 3次元レンダリング処理とは言っても、基本はコマンドを打ち込みXYZ軸に反映させるというプリミティブもので、円柱・円錐はいいとしても、色付けなどのオブジェクト表面処理を行おうものならレンダリングにかなりの時間がかかり、おそらく3コマの講義のうちレンダリング用に1コマを使うような時代でした。

 時は過ぎて、上図はAutodesk Fusion360でドローイングしたものですが、3Dはオンタイムでレンダリングできました。しかもクロスプラットフォーム、クラウドからでもアプリケーションを読み込め、データは自動保存する。3Dレンダリングに一晩かかったり、Macがフリーズしたり、PCが落ちてデザイナーが嘆く場面はもはや昔話なのかもしれません。

 数年前に新しいスピーカーを迎え入れました。そのスピーカーを選択したポイントは複数ありますが、とくに感銘したのは低域の質でした。低く深く音が素直に反応よく出る。コンサートホールで聞く生音と比べても違和感が少ない。そして同時にバックボーンにあるアコースティックな理論に好奇心を持ちました。

 翻って、私的LS3/5Aを作ろう!で作ったスピーカーはサウンドイメージが良く、記事更新後もあれこれとネットワークやシステムを修正いたしましたが、サウンドステージは課題として残りました。そこで今度作るならば音の質やバランスに留意してスピーカーを作ってみたいと思い温めて続けて参りました。

 今年に入り大まかなプランを構想し、ドライバーを入手しモックアップを簡単に作りましたが、残念ながら思うような音が出ませんでした。その後はDIYに時間を費やす暇が無く、年末まで持ち越して今日に至ります。でも折角の内発的動機ですので、時間をかけでても失敗してでも結果はどうであれ、とにかくスピーカーを作ってみようと思っています。

 自作するスピーカーはオーソドックスなフルレンジのブックシェルフスタイルです。ドライバーこそ新規で購入いたしましたが、そ…

レビュー ブロッドマン Brodmann Acoustics Festival F2

イメージ
演奏会の開演を告げる一瞬は、いつも身が引き締まる思いを致します。ときにその空気は張り詰め、息苦しさを覚えることさえあります。ときにその気分は晴れやかであり、身震いするほどの期待感を催すことさえあります。演奏会の開演時刻の一瞬は、客席を現実の世界から異次元の世界へと誘う入り口なのです。

 舞台中央に配置された漆黒のベーゼンドルファー。その佇まいには技巧を継承した熟練の楽器職人の手で細部まで丹念に作り込まれた格段の資質と、調律師達により整え仕上げられ、世界各地からコンサートホールに出向いた数多の音楽家達により磨き上げられた威光が滲み出ているかのようです。

 やがて舞台袖からピアニストが歩み寄ります。椅子に腰を掛け鍵盤に手を添えたとき、深い無音が舞台とホールとを支配します。その音の深さは零であり無限でもあります。その音に色は無く、まるで虚空のように掴みどころがありません。しかしなぜかぬくもりが感じられます。あたかもピアニストの熱量が客席の聴衆に伝わるかのように。

 ピアニストが鍵盤をそっと押さえると、張り詰めていた緊張から解き放たれます。膨らんでいた期待が喜びへと変わります。幾重の弦と響板とが共鳴し複雑な構成を為した音は、コンサートホールの四方へと隅々にまで行きわたり、ピアニストの奏でるベーゼンドルファーの音とホールが持つ独自の響きとが融合し、唯一無二の音へと昇華いたします。

 その邂逅した音はすなわち、聴衆の記憶と音響技師による記録へと刻み込まれるのです。

 音響装置から音が出る一瞬もまた、重なる思いを致します。細心丁寧に運ばれ、手套をつけそっと箱から出された音響装置は存在感を示します。思索熟考の経過が脳裏を過ぎり、その果ての迎え入れの準備には清々しい思いさえ抱きます。装置の埃と導線端子を洗浄布で拭き、輝きをとり戻した機器を注意深く慎重に接続し直します。せめてもの礼と申しますか。

 さて準備が一巡し、贔屓のレコード盤をスリーブから注意深く引き出します。ターンテーブルへそっと置き、スイッチを入れるとヴァイナルが回り始める。トーンアームのヘッドシェルに指をかけ外周に針を落とす。あるいはスマホ・タブレットの画面にあるプレイリストの音源をタップし、アンプのボリュームを少しづつ上げてゆきます。背筋が伸び、音が出る一瞬がそのときです。

 Brodmannの形態は機能に回帰いた…

レビュー MQAライブストリーミング解説 - Mick沢口氏インタビュー

イメージ
MQAライブストリーミング イメージ
 2018年11月16日、世界で4例目となるMQA Live Streaming(以下、MQAライブストリーミング)のデモンストレーションがInterBEE 2018 コンファレンススポンサーセッション会場(千葉・幕張メッセ)で行われました。また同時刻に2018東京インターナショナルオーディオショウ(東京国際フォーラム)の会場内2ブースにもストリームされ、期せずしてブレークのない優れた音質のMQAライブストリーミングに遭遇した読者もいることでしょう。

 以前はロンドンからのMQAライブストリーミングでしたが、4回目は東京・銀座の音響ハウススタジオからのライブ配信。しかも録音・配信のホスト役を担ったのは沢口音楽工房・UNAMASレーベル代表の沢口"MICK"真生氏。沢口氏と言えば、いま話題のMQA-CDのパイオニアの一人とも言える人物(*1)。そこで沢口氏にMQAライブストリーミングを探るべくおたずねしたところ、ご多忙にも関わらず解説して頂き、たいへん興味深い内容でした。

 そしてこの度、沢口氏によるMQAライブストリーミング解説を当ブログで記事にさせて頂くことになりました。記事化にあたりまして、読者の皆さんに伝わりやすいようコンテキストが掴めるQ&A形式を採用させていただいております。MQAライブストリーミングって何?どのような仕組みなんだろう?解像度は?今後の展開は?等々、素朴な疑問を元に質問いたしましたので、概要は掴めるものと考えています。なお一部内容は構成の都合上編集させて頂いております。

*音響ハウス・スタジオ収録時の模様の写真を追稿致しました。沢口様、ありがとうございます(2018/12/10)。



 スタジオ内リハーサルの風景 写真提供:沢口氏 (以下同)


 Q1 MQAライブストリーミングが成功しました。率直な感想をお聞かせ下さい。( - INORI、以下同)

沢口氏「世界で4例目となるMQA LIVEストリーミングが成功したことを嬉しく思っています。通常のインターネット回線で192kHz/24bitのまさにマスター音楽がユーザーへ届けられるという、すごい時代だと実感しました。またBob (Stuart氏 *2)がロンドンからだけでなく次のストリーミングを日本から行ったことも嬉しいで…

ラベル別INDEX

もっと見る