投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

コラム ラウドネスウォー Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

レビュー 菊池洋子 ピアノ・リサイタル モーツァルト 音のパレット

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「菊池洋子 ピアノ・リサイタル モーツァルト 音のパレット 最終回」へ行って参りました。秋闌ける、季節が移ろい冬の気配が次第に感じられるようになりました。1日の寒暖差は大きく、朝晩は冷えを感じる風を襟を立て防ぎますが、週末の日中はと言うと、陽光が差し込み散策するには心地の良い季節です。

 公共交通機関を利用し会場へと急ぐ人並みに合流いたします。15分前に到着するとエントランスには大勢の人がチケットチェックに列を作り、CD販売ブースには人だかりだできていました。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。座席は1階前方右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。

 開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の下手からキラキラと光る装飾が施された真っ赤なロングドレスを纏った菊池洋子さんが登壇すると大きな拍手が起こります。菊池さんが中央に歩み寄りピアノに左手を置き深々と一礼し、いよいよ開演です。





演目は
 ・モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調 K.309
 ・モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第16番 ハ長調 K.545
 ・モーツァルト:きらきら星変奏曲<ああ、お母さん、あなたに申しましょう>による12の変奏曲
  (休憩)
 ・モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K.475
 ・モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457
  (アンコール)

 今回のプログラムは菊池さんが「音のパレット」と題してモーツァルト作品を演奏する一年半に渡る企画の最終回。兵庫県立芸術文化センターでは同時期に河村尚子さんによるベートーヴェン作品の演奏会も行われており、当ブログではその第一回をレビューを致しました。さて、モーツァルトのソナタは日常聞く機会が多い作品でもありますので、菊池さんのパフォーマンスに期待いたします。




 モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第7番。強めの打音。ステージが明るく華やかに彩るように鍵盤から伝わる音がステージへ響き渡ります。明瞭で小気味良いアレグロに自然と頷きます。モーツァルト作品には身も心も委ねたくなるような楽曲が多々ありますが、アンダンテはまさに旋律に心身を委ねます。菊池さんの感性にさっそく共感いたしました。

 モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第…

コラム クラシック音楽との出会いと「ショパン-200年の肖像」展

イメージ
クラシック音楽との出会いはいつ頃だったでしょうか。

 10代前半のある日、出張帰りの父が”ヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団演奏、ドヴォルザーク:交響曲 第9番 「新世界より」”のCDを土産に帰宅しました。キオスクで買い求めたものだと思われますが、学生時代に聞いていた曲だという。小遣いでCDを買い始めた10代前半の子供への贈りものとしては些か唐突ではありますが、おそらく筆者の音楽ライブラリの中では古い部類に入る1988年リリースのCDです。

 同時にその頃は映画にも関心があり、背伸びして映画館へ行ったり、深夜枠の映画をベータマックスのビデオテープへ予約録画したり、レンタル鑑賞していました。映画やテレビにはクラシック音楽やジャズ音楽が溢れており、2001年宇宙の旅「R.シュトラウス: 交響詩-ツァラトゥストラはかく語りき」、クレイマー、クレイマー「ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲」、プラトーン「バーバー:Adagio for Strings」など数え上げたら切りがありません。




 もちろん学校の音楽室にはバッハ、ヴェートーベン、モーツァルトらの肖像画が貼られ、授業でカセットデッキから流れる”G線上のアリア”をぼんやりと窓の外を眺めながら聴いていましたが、音楽一家でもない少年にとってクラシック音楽とは父から貰った後にも先にも一枚のCDであり、映画・テレビの中の音楽の一部に過ぎませんでした。その後、趣味としての音楽や映画を遡る過程でクラシックやジャズに出会い、現在に至ります。ですから、筆者は意識して聴き始めて20年も経ていない”クラシック音楽のビギナー”です。




 先日、兵庫県立美術館で開催中の「ショパン-200年の肖像」展へ行ってまいりました。一般的に美術展はBGMが流れていませんが、ギャラリー内に入るとショパンの楽曲が心地よく流れ、心穏やかに迎え入れてくれます。展示作品はショパンの音楽作品をモチーフにしたエッチングから始まり、膨大な点数の絵画、彫刻、写真、ポスター、映像は”楽章”と区分した展示テーマから成ります。

 陳列作品と解説を見入りながら所々で心打たれ立ち止まり、ふと気がつくと館内を流れるショパンのノクターンに気づく。公式サイトに掲載されているアリ・シェフェール「フリデリク・ショパンの肖像」、アリ・ヨハネス・ランメ「アリ・シェフェール…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release