投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

コラム 音楽メディアとフォーマット・DSD Part5

Grimm Audio社がDSD Myth White Paper(DSD神話)という題名のホワイトペーパーを2014年末に発表しています。彼らはDSD128/258フォーマットの盛り上がりの中に混乱があるとして、背景にはAD/DA変換への知識欠如があり、ホワイトペーパーを記すに至ったとしています。

 Grimm Audio社は純粋なディスクリート1bit ADコンバータを製品化している稀有な企業だと言われています。ホワイトペーパーの内容は2014年末当時のものですが、現下のDSDマーケットの現状の問題点を明示的に指摘し、フォーマット論争について示唆に富む内容を含んでいます。あるいは、これまでに引用してきたフォーマット論の幾つかの内容と重なります。

 尚、引用先の本文中にはPCM及びDSDのAD-DAフローチャートや図解がわかりやすく示されています。



DSDはベストなフォーマットなのか?  「DSDが注目されています。確かにコンセプトは魅力的で、高サンプリングのシンプルな1bitはアナログに近い信号を生成します。ではDSDはベストなフォーマットなのでしょうか?答えはイエスでありノーでもあります。残念ながら簡単には答えられません。」
 「フォーマットを論じるだけでは全体の問題が見えてきません。本当の1bit AD-DAコンバータを使ったDSDは素晴らしいですが、多くのSACDプレーヤー、DoP DACは1bitDACチップを使用せず、SACDレコーディングやDSDダウンロードの大部分がピュアではありません。ネイティブDSDと謳いながら5bitでADコンバートし、24bitで編集し、最後に1bitでDSDマスタリングをしています。この変換プロセス自体がロスレスではないし、PCMで良い録音をしたならば、欠陥のあるDSDよりPCMの方がいいです。」



PCMからDSDへ移行する経緯 「デジタル音楽はPCM(Pulse Code Modulation)を基礎としており、ビット数はノイズフロアを決定し、ビット数が上がる毎に(ノイズフロアは)おおよそ6dBずつ少なくなります。適切なディザリングは切り捨て歪みを回避できます。」

 「1983年 フィリップスが14bitオーバーサンプリングCDプレーヤーを開発し、ノイズフロアを20kHz以上の可聴帯域外にシフトする技術は、より少ないビ…

レビュー レコードアイテム [カートリジスペーサー]

イメージ
Nottinghamの現行アームはダイナミックバランス型のストレートアーム。カーボン製のアームパイプは細く軽量で、極めて追随性の良いハイコンプライアンスの仕様となっています。しかしながらカートリッジ適応重量の範囲が意外にも広く、SPU型でなければ多くのカートリッジに対応します。

 またセッティングを綿密に行うほど音質が極めて明確に変化し、それだけ対応能力が高いと言い換えることができますが、反面ルームアコースティック、ハウリングマージンにシビアであることも事実です。実際、幾つかの盤で内周角歪みが発生していました。

 Interspace Armのカートリッジ適応重量は6gから。Grado Prestige Gold1は若干軽めの5.5g。ルームアコースティックに起因すると思われる振動系の問題はウェイト調整での改善に限界があることから自重を付加するためにスペーサーを取り付けてみました。

 材質は鉛、木質、カーボン、ポリマー系と多様ですが、素材密度・質量、電気電導率などによりダンピング特性が変わるでしょうから、システムに合ったアイソレートを考えてみることになります。今回は木質の黒檀を使いました。

 針圧は適正値です。結果、内周角歪みが軽減されました。スペーサーを付けたことでスポイルされる要素がないことから、少し気になるところは他の要素も加味しながら改善していくしかないと考えます。





コラム 音楽メディアとフォーマット・ハイレゾの定義 Part2

前回の投稿では日米4団体のハイレゾの定義の違いついて比較してみました。そしてわかったことは概ねCDスペック超では一致しているが定義に幅があるということでした。日本の2団体だけ見ても一方は16/44.1-48以上の記録物であればハイレゾですよと言い、一方は24/96以上の性能がハイレゾなんですと。しかもアナログ機器もハイレゾになりうるし、DSDは当然のごとくハイレゾなんだとしています。




レコードプレーヤーがハイレゾなの?

 そもそもJEITAはハイレゾの定義付けを市場の混乱を回避するために策定したのではなかったのかということです。レコードプレーヤーにハイレゾマークを貼り付けたり、DSDがハイレゾという根拠を曖昧なままにハイレゾフォーマットのごとく謳ったり、業界が率先してその情報を広めている現状があって、摩訶不思議なハイレゾ対応機が出て来かねません。それで本当に大丈夫なのでしょうか?



ハイレゾスペックの独り歩き

 「とにかく箱ができて良かった」という言葉があるとしたら、じゃあ肝心の中身は決めたのですか?というと、そうはないでしょうか。例えば、CDスペックのマスターからリマスターしたデータが24bit/96kHz以上であればハイレゾになったり、再生周波数帯域を見せかけ100kHzで表示する再生機器があったりと、おそらくリスナーなら誰もが一度は見かける表記は、つまりはこれらは中身を決めていないから生じ得ることで、ハード側のハイレゾスペックが独り歩きしている現状は否めません。



DDDって何?

 80年代から欧米ではSPARSコードがCDメディアに採用されてきました。CDパッケージのどこかに表示されているDDD/AAD/DADというマーク。これはthe Society of Professional Audio Recording Servicesという団体の頭文字をとってSPARS Codeと呼称する規格で、録音からマスタリングまでを3区分しアイコンとして表示するものです。80年代はアナログからデジタル録音へと変遷する時期で、レコーディング環境がアナログなのかデジタルなのか明示することが目的でした。


SPARSコードの合理性

 このSPARSコードは複雑なレコーディング環境を3区分へ単純化することから批判対象にもなり一度は撤回等の紆余曲折があったものの、今現在でもそれを支持するエンジニアや…
イメージ
3.11 東日本大震災
Requiem
Mozart
Herbert von karajan
Berliner philharmoniker


NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-10 GRADO Prestige Gold1 Take10。

イメージ
Grado Prestige Gold1でのトレース、Take10です。



ついにレビューも10回目となりました。が、実はあることに気づいていました。一つはレビュー中にスピーカーレイアウトを2度変更したこと。もう一つはトーンアームのマウント位置を変更したこと・・・。

どちらか一つの要素でも音が変わりますが、2つも変更してしまうとアナログ盤の違いによる比較視聴の前提条件が変わります。結果的にはカートリッジのパフォーマンスをご披露することに少なからず影響してしまっていたのかもしれません。

ということで、環境変化と以前の動画を見比べてみました。
・Take3で縦配置に変更
・Take4〜8でアーム位置の変更
・Take7で横配置に変更
・Take10でスピーカー配置変更


さらにTake6までは動画撮影にデジカメの内蔵マイクを使用





トーンアームについては、アームベースにマウントホールが5mm幅で数カ所あり、9〜10インチアームがセットできるようになっています。メンテナンスかオーディオラックを動かした際にこのマウント位置を変更したようで・・・アームの中心軸が変わるので当然オーバーハングも変わります。したがってヘッドシェルへのカートリッジのマウント位置で調整していたというのが実情です。






Chet Baker「She Was Too Good to Me(邦題:枯葉)」-SIDE A- She Was Good to Me




チェット・ベイカーという天才。歌うようにトランペットを吹くのか、はたまたトランペットを吹くように歌うのか。オリジナルはRichard Rogers / Lorenz Hart「He Was Too Good to Me」、言わずと知れたジャズのスタンダードナンバー。またCTIレーベル&Pete Turner氏のジャケ写には本当にヤられ続けました。この1枚の全てが不朽の名作ですね。


マウント位置を戻してみて、動画を見れば音が変化していることに気づきます。Take4〜8では音が篭っているように聴こえます。さらに縦配置の際はデジカメマイクの指向性のネックがあります。Take9からはグラド本来の抜けの良いクリアーな中高域とタイトに弾む低域が聴こえます・・・いかがでしょうか?本来の音かどうかは腕やいろんな要素もあるので、ここは総合的にご判断下さい(笑)



PREST-GOLD1(GRADO)【税…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release