投稿

2015の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!? Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

2015年、大晦日となりました。

大晦日の朝は、遠くの山々の稜線までよく見渡せる、凛とした澄んだ空気が都会の空に満ちています。いつものように椅子に腰掛けインターネットラジオを開くと、穏やかで幻想的な音楽が流れています。 今年最後のエントリーです。

 今年も拙ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 例年通り統計を見ますと、ヘッドホン修理やスピーカー突板貼りの体験記、アナログ関連の投稿へのアクセスが多かったようです。これは夏以降、投稿をお休みした影響もあり、アーカイブスに閲覧が特化した傾向かなと分析しています。

 そしてレコードプレーヤーの投稿も昨年に引き続き関心を頂いております。購買の参考に見ていただいているのかと思いますが、今年はNottinghamの同じプレーヤーのユーザーさんからのコメントを頂き、嬉しかったことを思い出します。

 またPCオーディオからネットワークオーディオへのチュートリアルも、別ページ化したことでアクセスが上がり数ヶ月で200アクセスを頂いております。日本のオーディオ業界は高級NASなんて方向に行ってますが、追求すべき方向が違うような気がして・・・そういう皮肉は伝わったかな?(年末なのでホドホドに・・・)

 反省点として使用機材のレビューが少なく、動画のクオリティもまだまだ。先人や仲間のコンテンツやテクニックを見習って、向上すべき点だと感じています。
そうそう、ドタバタと部屋の配置をまたまた変えました。十分ではないオーディオ環境で四苦八苦している方も少なくないと思います。

 来年は課題をよりクオリティアップすべく、精進してまいりたいと思います。


 それでは皆さま、よいお年を!


ブログをリニューアルいたします。

いつも「MARINに乗って」をご覧頂き、ありがとうございます。今夏よりブログの更新が滞り、ご心配をお掛け致しました。

 ブログを仕切りなおそうかと考えておりましたが、現状でも毎日平均100アクセス超を頂き、熱いコメントも寄せてもらっている当ブログは私の財産です。したがって継続しながらコンセプトを集約していくことが、読者の皆様と私の価値共有の最良の選択肢なのかもしれないという考えに至りました。

 本日以降、随時変更を行ってまいります。しばらくはお見苦しい点もあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。

 主な変更点
・アカウントネーム
・ブログタイトル
・ブログアドレス


しゅまいるぐりーん 改め、inori。

LINN SNEAKY MUSIC DS -No.25 PC直結 備忘録編

イメージ
LINN DSをPCとダイレクト接続する備忘録です。
 PCはMac miniとして扱い、PC内にデジタルデータファイルとサーバーソフトがあることが前提ですのであしからず。


 以下手順
1. Linn ConfigでDSのIPアドレスを確認
2. linn DSの電源OFF
3. Mac miniのLAN端子とLINN DSのLAN端子をEthernetケーブルでつなぐ
4. Mac mini システム環境設定>ネットワーク>Wi-Fi>詳細>IP アドレスとサブネットマスクをメモ


5. Mac mini システム環境設定>ネットワーク>Ethernet>IPv4の設定>手入力
6. IPアドレス、サブネットマスクを各入力。IPアドレスは末尾が重ならない数字。サブネットマスクは5と同じ数字
7. Mac mini システム環境設定>ネットワーク>Ethernet>詳細>WINS>ワークグループ名を入力>OK


8. Mac mini システム環境設定>共有>インターネット共有>共有する接続経路>Wi-Fi
9. Macmini システム環境設定>共有>インターネット共有>相手のコンピューターが使用するポ ート>Ethernet
10. Mac mini システム環境設定>共有>インターネット共有のチェックを入れる
11. Linn Config>設定>NETWORK>Bridge100を選択
12. Linn DSの電源ON>Linn ConfigでDSとサーバーの認識確認>Kinskyでサーバー選択>音楽再生

 以上となります。
・設定はいわゆるPC間接続と同様です。LANケーブルでもクロスケーブルでもつながります。
・DSとMac miniはブリッジ接続(DSとMac miniだけのネットワーク)ですので、つないだMac mini以外のPC等からはコントロールできません。
・手順11のBridge100のIPアドレスが末尾から2桁目も異なることが確認できる(=他のネットワークであること)はずです。
・手順7はネットワーク環境により不要かもしれません。
・他のPCやデバイスからコントロールするには、おそらくルーターでDSのIPアドレスを固定する必要があり、そうすればDHCPサーバーがDSを同一ネットワークとして認識し、iPhone等でコントロールできるかもしれ…

DTMデスクを整える Part5 モニタースピーカー設置編(FOSTEX PM0.1)Part2

イメージ
Fostex PM0.1はシンプルな筐体デザインゆえか、インターフェースが入力1系統しかありません。これで必要十分なシーンもあるでしょうし、あるいは割り切りと捉えて多接続系統をイメージすることもあるでしょう。メーカーは外部インターフェースとしてのボリュームコントローラー等との接続を提案しているようです。


ただ外部インターフェースは既に所有しているし、限られたデスクトップスペースに機器を増やすのはやや気が進みません。どうしようかと購入前にあれやこれやとシュミレーションしていましたが、既存の環境にミニマルでかつ、利便性を付加する入出力系統を作ってみました。





 RCA2分配ケーブル。本来は音声信号の同時入出力用途なのでしょうが、音声ミックスのような使い方はしません。


【R】【分配!】 2分配オーディオケーブル(ピンプラグ×2-ピンジャック×4)...
価格:977円(税込、送料込)




 1系統をAirmac Expressにつなぎ、AirPlayを行います。 2系統をAudio I/Oにつなぎ、ライン出力を行います。 Audio I/Oの単一接続ならばPM0.1背面の音量調整ノブは大きく右へ回しますが、AirPlayはMacやiPhoneのボリュームスライドバーでコントロールを行いますので、物理的な音量制限機能を併せて、音量調整ノブは適度な位置に調整します。




 音声切替はMacのメニューバーの音声アイコンをOption押し。2クリックで入出力が切り替わります。ライン出力/AirPlayをMac画面上でスイッチしますので、音声がミックスすることはありません。

 余談ですが、Macであればほとんどの音声をAirPlayできますので、例えば動画再生でのレイテンシーを気にしない、ハイレゾのプレイバックにこだわらない、ゴチャゴチャ配線がいやだといったライトなユーザーやカジュアルなシーンならば、PCスピーカー+AirPlayは便利でオススメです。





DTMデスクを整える Part4 モニタースピーカー設置編(FOSTEX PM0.1)Part1

イメージ
モニタースピーカーの設置スペースが課題。手前はデジタルピアノとノートPC、奥は壁面で奥行き15−6cmしかありません。YAMAHA HS5では収まらない。なので小さなスピーカーを探すことにしました。

候補は以下の通り。





 サイズ、音質共にGenelecがベストですが、ややオーバスペック。Bose M2のサイズは理想的で中域再生を重視すれば次点。ただサウンドバランスや音の質感で言えばCompanion20の方が好み。コントロールポッドも使い勝手がいい。Fostex pm0.3のサウンドは好みに合うがややサイズが大きい。YamahaのHX-50、Onkyo GX-R3Xは小型フルレンジの良さが出ている。




FOSTEX PM0.1
 決め手はM2より一回り大きいサイズではありますが、サウンドバランスがいいこと。筐体が木質系であることにより適度な重さがあり、歪み感の少ない自然な出音が現れること。




 さて、PCスピーカーの位置を嵩上げする必要があります。セオリーは耳の高さですがPM0.1はやや傾斜が付いており、ある程度の高さまで配置すればスピーカーユニットが耳の方を向く。スピーカースタンドは多様にありますが、面白いモノを見つけたので使ってみることにしました。木質系のレンブロックです。LEGOのように組み合わせて好みの形状に作り上げることができます。




 レンブロックを3段重ねてスペースに置いてみました。3段で高さ150mm、デスクからデジタルピアノトップの高さとほぼ揃います。レンブロックの質量は軽く、ウッドブロックのようなルックスですが、レンガのような重みはありません。スピーカースタンドで論点となる質量と共振の問題があれば、設置後にサウンドチェックしながら何らかのアイソレートを考えるということにします。


【送料無料】 「REN BLOCK レンブロック 基本セット」 エコ / インテリア /...
価格:4,320円(税込、送料込)


 PM0.1を設置してみました。



 PM0.1背面にケーブル類があるので、自ずと壁面より5cmほど距離ができ、調整範囲は僅かですが、背面バスレフダクトに適度な空間となります。



つづきは、DTMデスクを整える Part5 モニタースピーカー設置編2です。




DIY mogami3082でスピーカーケーブル製作

イメージ
mogami3082は廉価ですが音質の良い同軸ケーブルです。外径6.5mmと一般的なサイズですが、モガミは外皮も絶縁体も柔らかいことが特徴でしょうか。テンションがかからず取り回しがいいので機器間接続や長尺、と言っても高々数メートルでもケーブルに癖が付かない。ただし自作するには少々扱いづらいという・・・。


MOGAMI 3082 モガミ スピーカー...
価格:270円(税込、送料別)


 より線の同軸構造なので末端加工を必要としますが、導体線とシールド線の被覆処理後、熱収縮チューブで色分けし先端はケーブルターミナルで圧着固定しました。このままでもプッシュタイプのスピーカーターミナル、スピーカーセレクター等へ接続できます。



24金メッキ仕上げ!ネコポス可● 【audio-technica】オーディオテク...
価格:224円(税込、送料別)

 さらにケーブルターミナルはコレクトチャット式のYラグやバナナプラグへ接続できますので、接点は増えますが汎用性は上がります。

 mogami3082は外径こそ一般的(やや細めの標準サイズ)ですが、導体・シールド共に導体面積2.03mm2(14-15AWG)あり、且つインピーダンスが低いので、アンプのボリュームを然程右に回さずとも十分な出力を感じます。音質は定評のあるインターコネクトケーブルと同傾向、クリア・フラット・ニュートラル。ストレスを感じさせない抜けの良さがあります。




サヨナラCOLOR / Pricilla Ahn [music review]

イメージ
暑中お見舞い申し上げます。

 昨年の今頃、涼を求めてショッピングモールの映画館に立ち寄り、数ある上映作品の中からスタジオジブリ「思い出のマーニー」を観劇しました。原作はイギリス・ノーフォーク地方の物語ですが、映画は夏の北海道が舞台。フランシスコ・タルレガの「アルハンブラの思い出」がストーリーのキーになる楽曲になっており、音楽好きの大人でも楽しめるアニメーション作品でした。

 その主題歌「Fine On The Outside」を歌うプリシラ・アーン。映画では「アルハンブラの思い出」と共に、彼女のフォーキーでトランスペアレンシーな楽曲群が映画中のシーンに展開され、そのアコースティックな声、歌、弦の音が胸に響きます。それら楽曲は「Just Know that I Love You (邦題:あなたのことが大すき。)」にパッケージされています。




Pricilla Ahn [サヨナラCOLOR (English Version)]


 プリシラ・アーンによる2012年発売のアルバム「ナチュラル・カラーズ」の中の1トラック。原曲はSUPER BETTER DOG「サヨナラCOLOR」。多くのミュージシャンにカバーされている名曲で、メッセージ性のある歌詞が心をぐっとつかみます。プリシラ・アーンによるカバーは、彼女の持つナチュラルな声や演奏スタイルに依るところが大きいと思いますが、ピースフルな楽曲にアレンジされています。




 今季のミュージックレビューに最後までお付き合い頂きありがとうございました。




The Dolphin / Nino Josele [music review]

イメージ
ジャズな人とは、向上心がない人。今日が今日のためにある人のことを言う。(タモリ)
 たとえば音楽論としてのジャズは「ジャズ=コード×(主旋律+アドリブ)」で成立し、それをして二度と再現され得ない、その一瞬だけの演奏及び形態を称すことの表現に使われたりします。タモリさんの言葉では、そこに「人」という乗数を加わえることで、人間論に展開されていく。彼は言葉や会話の味付け、料理が本当に上手い人だなあと感心しました。

 今日のために音楽を聴く。下手なピアノは明日のために練習する。ブログは明日のために書く。いや、今日中に書くノルマみたいなものだから、今日のため、なのかもしれない。でも今日書けば、明日は他のことができるから、明日のためとも言える・・・うむむ。タモリさんに御意見を伺ってみたいものです。




Nino Josele [The Dolphin]


 ニーニョ・ホセレによる2006年発売のアルバム「PAZ」(邦題:ワルツ・フォー・デビー ビル・エヴァンスに捧ぐ)の中の1トラック。アルバムジャケットからは想像できませんが、Bill Evansの楽曲群のカヴァーアルバムです。透明で明るいギターの音色と情緒感のあるラテンのアレンジが今の季節によく合います。かと言って、ジャズから距離があるわけでもなく、幾つかのトラックでは楽器や声が入りジャズしています。




 原曲はLuiz Eca「The Dolphin」。ビル・エヴァンスとルイス・エサはツアーセッションした間柄ですから、ニーニョ・ホセレの選曲からおおよそ、彼らへのオマージュがイメージできます。ということで、象徴的なこの曲をフューチャーしてみました。他にも「Peace Piece」「Waltz For Debby」「My Foolish Heart」「When I Fall In Love 」などギターで奏でる名曲の数々は、味わいさえ感じます。






Aria (from Bachinias Brasileiras N° 5) / 中島ノブユキ [music review]

イメージ
この時期になると、そろそろミュージックレビューの連載しようかなと考えるようになります。とは言っても、考えているうちに時期が過ぎて晩夏、遅くて晩秋になったりして季節感がなくなってしまい、また再考すると・・・そんなこんなでまあなんとか続いていますです、はい。

 先日CDストアを覗いたら、年代別音楽特集をやっていました。さてどうなんだろうと企画を見たところ、まあ見事というかどハマりな年代がありまして、数十枚中、半分以上のCDを所有している、またはかつて所有していた、あるいはほとんどのアルバムを聞いたことがあるという・・・そう言えば、以前HMVでアンケートをやっていたような記憶があって、マーケティング調査の精度の高さを感じました。





中島ノブユキ [Aria (from Bachinias Brasileiras N°5]


 アレンジャー・ピアニスト、中島ノブユキさんのソロアルバム「エテパルマ~夏の印象~」の中の一曲。ご存知、ヴィラ・ロボスの名曲「ブラジル風バッハ・第5番アリア」のアレンジメント・トラックです。当時、CDショップでフューチャーしていたアルバムで、ジャズボッサやラテン・クラシック・ムーブメントの真っ只中に手にした記憶があります。

 冒頭はピアノが、中盤はバンドネオンが旋律を引っ張り、ギター・ベース・ストリングスが支え、最後はアンサンブルで閉じるという構成になっています。印象的な旋律はそのままに、楽器の個性を活かしつつ季節感と情緒感を出すアレンジメントが秀逸です。年間を通して保守的なクラシックファンでも楽しめる一枚かもしれません。



NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-6 GRADO Prestige Gold1 Take6。

イメージ
Grado Prestige Gold1でのトレース、Take6です。





Sting「Nothing Like The Sun」-SIDE1- 「Englishman In New York」



前回のAmy Winehouseの流れで聴きたくなった盤の一つです。レコードに刻まれた技術の数々、言わずと知れた名盤。これでいい音が出ないなら、私の腕が悪い・・・くらいに比較的簡単にいい音が出る盤です(笑)私、以前Bette Midlerのテイクでも同様のことを言ってます、はい。


最近、円安等の影響でレコード価格が上昇しています。為替の影響と市場価値の両方のファクターがあるのでしょうが、3,000円が4,000円になっているのですから、財布の軽い私には厳しい環境です。そんな中で、この盤はありきたりの中古品ですが、十分にいい音しています。




【Grado Prestige Gold1...
価格:24,350円(税込、送料込)


つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-7 GRADO Gold1 Take7です。






Accuphase E-360 -No.2 音出し編

イメージ
Accuphase E-360 再生動画を撮ってみました。
(工事中)



Grieg「Peer Gynt Suite #1, Op. 46 - 1. Morning Mood」





ボリュームレベルの-50.0dBは、一般的にはオーディオ鑑賞には小さく、環境制約がある中で普段自室で聴く音量としてはやや大きく、しかしながら、小音量でのバランスが表現できているかなというところで設定しています。音源の録音状態にも依りますが、グリーグのペールギュント第一楽章(CD)は、ダイナミクスが大きくもなく小さくもなく、聞き取りやすいということで選曲してみました。



ラックの最下部に配置しているアンプをカメラ固定で撮っているので、スピーカーのユニット位置からは指向も距離感も良くありませんが、ヘッドホンでチェックしたところ雰囲気は出ているので、この動画をお披露目することにしました。



NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-5 GRADO Prestige Gold1 Take5。

イメージ
Grado Prestige Gold1でのトレース、Take5です。







Amy Winehouse「Lioness: Hidden Treasures」-SIDE2- 「Will You Still Love Me Tomorrow?」





アナログで聴いた方が雰囲気がいいなと思う盤の一つです。タメのあるリズムやこぶしを効かせた歌唱を含めたアレンジや中高低域のサウンドバランスもその要素なのかもしれません。というか、エイミーがアナログ盤に合うのかもしれない。


今回、デジタルカメラを回転させてスピーカー正面の音がマイクで拾えるように撮ってみました。横からよりも若干解像度のいい音が聞こえるシーンがあります。普段はほぼその環境でオーディオを聴いてます。Gradoのカートリッジの抜けの良さと音の細やかさはハイレゾっぽいかなと。




【Grado Prestige Gold1...
価格:24,350円(税込、送料込)


つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-6 GRADO Gold1 Take6です。



ラベル別INDEX

もっと見る