投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






コラム ハイレゾはなぜ普及しないのか?

ハイレゾ音源を購入するとき、多くは国内外のダウンロード販売を利用します。それはフィジカルメディアより簡単に入手できるからという、とてもシンプルな理由です。その裏返しにハイレゾをパッケージしたフィジカルメディアが国内マーケットに広がらないという現実があります。

 フィジカルメディアが全く無いのかと言えばそうではなく、Blu-ray Audioはスペック上はハイレゾメディアですが、再生機器に著作権上の制限があることと制作サイドの意向もあり、なかなか一般化しないというのが実情です。現に店頭に並ぶBlu-ray Audioのアルバムタイトルは極めて少数です。

 また日本ではハイレゾ配信より先に携帯音楽配信やiTunes Storeが一般化していましたので、高音質なハイレゾを聴く興味・目的よりMP3, AACといった不可逆圧縮音源を簡単に安価で携帯にダウンロードできる利便性の方が優先される環境にあったとことも国内特有の状況なのかもしれません。

 一般社団法人 日本レコード協会が1986年より実施している「音楽メディアユーザー実態調査報告書 2015年度版」によると、ハイレゾ配信の認知度は50%。しかしよく見るとサービスの内容や価格等について知っていると答えた方は9.3%しかまいません。またハイレゾ配信の関心度、ハイレゾ配信の利用意向に至っては更に数字が減り、逆にあまり利用したいと思わない、全く利用したいと思わないという方が全体の80%にのぼります。

 また主な音楽聴取手段としてYouTube、次いでCD(リッピング含む)、ダウンロード型有料音楽配信は10%に過ぎません。これは上記の認知度を裏付けるものです。比較対象として米・RIAAが公開しているレポート「2015 U.S. Consumer Music Profile | MusicWatch Inc.」によると、CD, Digital, Streamsなどソース別にほぼ40-50%代で分散化しています。これらは同一の統計調査ではありませんので正確な分析はできませんが、日米の傾向が大まかながら伺える数字です。

 これは1年前の数字ですが結構ショッキングな数字です。YouTubeはご存知のない方がいるかもしれませんが、多くのコンテンツの音声がCDスペック以下のAAC、HDでもAAC-LCコーデックです。それに次ぐCDメデ…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part5

MQAについて今回は否定的な立場の意見を取り挙げます。Schiit Audio社が「WHY WE WON'T BE SUPPORTING MQA(なぜ我が社はMQA対応しないのか)」という題名の見解を自社ウェブサイトに掲載しています。またその内容はDarkoaudioにてJohn H. Darko氏により「Schiitting on MQA」として取り挙げられています。一番印象的なのはライセンス・フィーの行で、MQA対応はレコード産業を外部組織に移譲することを意味するのではないかというような危機感を表しています。

 Bechmark社は自社ウェブサイトに「IS MQA DOA?(MQAは生き残れるか?)」という題名で技術解説と自社の見解を表明しています。冒頭のセンテンスが論旨を表していますがHDCD, DVD-AそしてDSDと同じように一過性のものになるのかと見解を示しています。実はSchiit Audioも同様にMQAの先行きをSONYがプロモートしながらいまだに録音が少ないDSDと重ね合わせています。

 ストリーミングやダウンロードなどのレコード産業にメリットなのかデメリットなのかという論点は、前回の投稿で言及したStereophile誌面での考察と相対する意見でもあり、あるいはオープンソース・オープンフォーマットが最適という他の意見もあり、ここはいまだに議論の余地が残っているものという思いがあり、今回取り挙げました。

 ストリーミングといえばTIDALのMQA対応の動向ですが、公式Q&Aにはファームウェアアップデートはまだランチしていないものの、もし利用できるようになればアナウンスすると示唆しています。その点が逆にTIDALの動向が定まっていないとする論拠にもなっているところでもありますが、TIDALのCDクオリティ音質のサービスを評価する声は多く、正式アナウンスを待つという状況はどの業界も同じなのではないでしょうか。

 話は戻りますが、Benchmark社の解説にCOMPATIBILITY ISSUES(互換性の課題)というセンテンスがあり、他のDACメーカーに見受けられる主張と重なるものがあります。MQAはデコーダーとDACをセットとしデバイスとしてのクオリティを最適化しているということですが、DACメーカーの中には自社のリソースを使…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release