投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

コラム オーディオスタイル ー音は人なりー

「音は人なり」という言葉に接することがあります。メディアやコラムで目にすることがありますし、会話中に聞かれることもあります。そのフレーズは肯定的な評価として用いられることが多いようですが、反面、含みをもたせた否定的メタファーとして使われることもあるようです。そのフレーズを使う方の意味・解釈がそれぞれの立場であるようですが、その出典については必ずしも明らかではありません。

 おそらく「文は人なり」を借用・転用したものと推察できますが、それでは「文は人なり」とは何でしょうか。元はフランスの博物学者、ジョージ・ルイ・ビュフォンが1753年にアカデミー・フランセーズに誘われた際に演説した以下のフレーズ*にあるようです。

「Writing well consists of thinking, feeling and expressing well, of clarity of mind, soul and taste... The style is the man himself.」*

 意訳すると「上手く書くことは思考から成ります。感じて上手く表現することは精神や趣きといった明白な心から成ります・・・文体とは書き手自身なのです。」という感じでしょうか。その中の”The style is the man himself”だけが「文は人なり」と要約・翻訳され広まったと推測されます。

 もちろん「文は人なり」はよくできた要約ですが、前段の思考と心、言い換えれば思考と感情、それが文体=行動に結びゆくならば、前段も大事な一節一節だと思います。前段があるが故に後段が存在するにも関わらず後段だけ知ったところで、全て理解したと言えるのでしょうか。

 ただ理解したつもりでいるだけなのではないでしょうか。もちろん人>行動>思考>感情と逆に理解を深められる方は別ですし、あるいは文体が全てとストイックに捉える方もいるのかもしれません。それらの性質は往々にして経験則や職業家意識に依るところでもあります。

 そのフレーズをオーディオにプロットしてみると、さしずめ「The sound is the man himself」でしょうけど、再生音(=文体)の傾向や良し悪しで市井の人の人格をも評価することに対して、あなたに何がわかるんだと思ってしまいます。むしろその音に至る思考や感情のストーリーを知ってこ…

レビュー Meridian Explorer2 - MQA

イメージ
Meridian Explorer2は海外製ブランドのアクセサリーのような品のいい小箱に入っていました。小さな筐体です。昨今はスティックタイプのDACがあり、とりわけ小型とは言えませんが、必要最小限のファクションとアルミを纏ったミニマルなデザインはApple製品などとよくマッチします。機能詳細はメーカーHPをご参照ください。

 Meridian Explorer2の音質について、比較するのは同じTI社のDACチップを使ったアキュフェーズのDAC-40。レンジや解像度は価格帯が比較的近いので大きな差はないものの、物量とアンプとの接点の違いもありDAC-40の方が音質的にやや分があります。しかしどちらも自然な音調でExplorer2はキメが細かくDAC-40はシャープな音像、それが各DACのキャラクターという認識です。これが視聴の前提です。



 Equipment
 Storage: Macmini, Macbook Pro
 Software Player: Audirvana Plus 2 (A+)
 Hardware Decorder: Meridian Explorer2
 Hardware DAC: Accuphase DAC-40
 Amplifier: Accuphase E-360
 Speaker: ProAc STUDIO100
 Headphone: AKG K240MK2
 Cable: AudioTechnica AT561A
 A+の設定はInteger(Hog) mode, Core Audio, No UpSampling, No Dither

 Mac環境なのでMQA-FLACの再生にはAudirvana Plusを使いましたが、他にもVox, BitperfectでもExplorer2のデコーダが機能します。

 1. スピーカー再生:Macmini, A+, Explorer2, E-360, STUDIO100
 2. スピーカー再生:Macmini, A+,  DAC-40, E-360, STUDIO100
 3. ヘッドホン再生:Macbook Pro, A+, Explorer2, K240MK2




 Source: 2L Test Bench MAGNIFICAT -MAGNIFICAT - Nidarosdomens j…

コラム コンサートチケットのリセールについて

イメージ
コンサートチケットをキャンセルしたいとき、ありませんか?

 昨年はコンサートへ出向く機会に恵まれました。と言っても5, 6回ですので多いほうではありません。その全てのチケットは3ヶ月から半年前に予約購入したもので、幸い全日程の予定調整できました。が、今年はそうではありません。

 すでに3回ほどチケットを無駄にしてしまいました。是非行きたいと買ったチケット、しかも人気アーティストのコンサート、そして比較的良いいシートだっただけに行けなかったことが何より残念でしたが、行かなかったことで空席を作ってしまったことに遺憾の念ような感情を抱きました。

 そのときにこう思うんです。誰かにお譲りしたい。

 そして友人知人の伝手を探しますが、そういう時に限って縁がない。尤も行くことを前提にチケット購入したわけですから、行けなくなったときのことまでは考えてはいません。ギリギリの日程調整に他人の予定が合致したときの方がラッキーなのかもしれません。

 さあ困った。売るに売れないチケット。どうしよう!?縁がなかったとして諦めるしかない。諦めよう。こんな顛末が今年すでに3回あり、行けなかったチケットを敢えて保管し、自身の行動を戒めつつ下半期は観覧参加を自制しています。

 というところで、ホテル予約の権利売買できるWebサービスのプレビュー版が始まることを知りました。その名も「Cancell」。詳細はウェブサイトに記述されていますが、サービスが名義変更を代行しその手数料を徴収するということのようです。このサービスを知ったとき、コンサートチケットにも利用できないものかと思いました。 

 アーティスト団体がチケットの高額転売反対のアピールとともにオフィシャル再販 (リセール)サービス導入の取組みの姿勢を示すなか、大手チケット販売が既にリセールサービスを導入していますが、条件付きなのでやや融通に欠けます。ただこういうサービス・プラットフォームが拡大していけば、やむを得ずキャンセルしたい方とチケットを買いたい方のマッチングをフェアトレードで可能にするだけに期待しています。



レビュー ソフトウェアプレーヤー比較 ー iTunes & OpenHomePlayer ー

イメージ
PCオーディオとネットワークオーディオにそれぞれ最適化したソフトウェアプレーヤーの機能性・音質を比較しました。PCオーディオ系はスタンダードなiTunes。ネットワークオーディオ系はオープンソースのOpenHomePlayer。どちらもフリーウェアで各OS版が用意されています。(OpenHomeとはUPnPベースのオープンソース・プロトコルで機能性の拡張が特徴です)


 比較環境
・ハードウェア:Macmini, E-360 with DAC-40, Studio100
・ソフトウェア:OS X El Capitan, iTunes, OpenHomePlayer
・サーバーソフト:iTunes
・コントロールポイント:iTunes Remote, Linn Kazoo
・音源:2L Test Bench - Carl Nielsen: Chaconne Piano Music op 32 - Christian Eggen (16bit/44.1kHz)


 KazooはiTunesをサーバーとして認識しますので、iTunesを共通のライブラリとして比較できます。したがって対になるソフトウェアプレーヤーとコントロールアプリ以外は同一環境です。オーディオ出力は音源スペック16bit/44.1kHz固定でDACに送ります。




 機能性
 OpenHomePlayerはMacのメニューバーに常駐します。アプリ機能はPlay, Pause, Stopのみのシンプルなものですが、Kazoo側でシーク&スキップができますのでプレーヤー&サーバー選択、アルバム・トラック選択、再生・一時停止・シーク・スキップ・停止といったスペックは満たしています。ただシーク時の反応がもたつきます。

 iTunesの方は言わずもがなですが、上記の機能は全て満たす機能性・安定性です。敢えて言えば、Remoteの反応が比較するとやや遅く感じます。Remoteのメジャーアップデートは記憶にないので、そろそろAppleもiTunes+Remoteのインターフェースを改良してほしいものです。


 音質
 OpenHomePlayerはいわゆる高音質と謳われる高機能ミュージックプレーヤーのような繊細な音まで聴こえるレベルで、排他モードのないソフトウェアプレーヤーでもこういう音が出るのかという実感、音が悪いとい…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release