投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-2 GRADO Prestige Gold1 Take1。

イメージ
今回からGRADO Prestige Gold1でのトレース。
Take1は、比較視聴しやすいようにSUMIKO Pearlと同じ盤です。
(デジカメの撮影ポイントが少し違うので、同一環境での比較ではありません。)



Grado Gold1

Sumiko Pearl




Shelby Lynne / You Don't Have To Say You Love Me 


すぐに判別できるサウンドバランス。出力の違いを差し引いても、Pearlはやや低域のボリュームがあり、Gold1はタイトめ。ただ実際の音の違いは動画ほどではありません。ひょっとしたらデジカメ位置が動画での違いを大きく出しているのかもしれません。


逆に動画ではわかりにくかもしれませんが、Gold1はボーカルのささやきや、ギターのピッキングのニュアンスのような細やかなディテールが聞き取りやすい。そして音がストレスなく伸びていく感覚があり、ナチュラル感が聴きやすいです。これはすぐに判別できる特徴でした。




★1/26am9:59迄P3倍★1/27am9:59迄Facebook経由購入でP5倍★【J...
価格:24,350円(税込、送料込)

つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-2 GRADO Gold1 Take2です。

レビュー Accuphase E-360 -No.1

イメージ
アキュフェーズのプリメインアンプにした理由はAAVA方式のボリュームコントロールが優秀だということ、パワー部単独の機能が使えること。Jeff Rowlandのプリがそうであるように、E-360を核にシステムが組めることでシステム移行するにしても大きな変更を伴わない。

 その前提としてのサウンドは、前回の投稿記述と重なりますが、写実的な中高域と切れのある低域がスピーカーとマッチします。6.5inchミッドウーファーをしっかり制動する。音像がしっかりしている理由は、サウンドバランスがフラットであることが大きいとかと思います。とくに比較的低域の量感があり、小音量でもそのバランスが崩れません。

 ピアノやバイオリンの音像表現は明瞭忠実で、質感を表現する描写力が高い。この傾向は、PRE/MAIN機能を切り替えて聞いてみたことろ、MAIN機能の方が僅かに大きいように聞こえましたが、PREが音色を伴う点は比較機器より少ないと感じました。このことは鮮烈な音を聞いたり、別のプリアンプの音色を楽しむという選択肢の幅を広げます。

 ストレージにある様々なCD/ハイレゾ音源を聴いていますが、もしかしたらプレーヤーを変えるほどの変化を、わずかであはりますが感じることができたとも言えるかもしれません。比較機器の音作りのアプローチはメーカーによりそもそも異なるものなので音の優劣はつけ難いことですが、少なくともプロフェッショナルにもドメスティックにも使われるProAcとの相性はいいと感じています。





オーディオユニオン 【中古】 Accuphase プリメインアンプ E-370 (税込)
価格:349800円(税込、送料無料) (2018/1/25時点)

アンプを考えてみる。-No.4

イメージ
今のメインアンプに至るまで複数の選択肢。
一つがジェフローランドのデジタルアンプ。
一つがラックスマンの真空管アンプ。
一つがアキュフェーズのトランジスタアンプ。





 これらのサウンドを改めて聴き直してみました。

 まず音量を下げて耳を澄ますと、細部の極少音とその背景音までが明瞭に聞こえてくる。そして音量を徐々に上げれば、きめ細やかで滑らかな音が空間に伸びやかに広がっていく。音の立ち上がりは速く、写実的な中高域が脳に届き、切れのある低域が身体に響く。ピアノとバイオリンの音が実に美しい。音楽としてもバランスよくまとまり聞こえている。

 以上がいずれのメインアンプにも共通する点ですが、音作りの違いも同時に確認することができました。

 ラックスマンには芳醇さがある。これは真空管ゆえの僅かな響きなのだろう。その強く主張しない絶妙な加減が、実に心地良い。確かにトランジスターアンプに限りなく近い真空管アンプだと表現されることが的を得ていると感じる。

 アキュフェーズには忠実さがある。色付けのない音色と質感を表現する描写力。サウンドバランスはフラット。比較してジェフローランドとラックスマンのカラーレーションが、チューニングが、それら音作りが判明する。

 ジェフローランドには美しさがある。声も音も余韻も静けさも、そのすべてに美意識を見い出すことができる。チューニングのポジションニングはアキュフェーズとラックスマンのちょうど中間に位置するものだと感じる。

 総評としては、音の質感の表現力が三者三様ではあるが、どれもサウンドの志向性は大きく逸れることはなく、故に甲乙つけがたく、複数の選択肢としてずっと抱え続け、想像をかき立てる理由でもありました。

 そのアンプもスピーカーを通してこそ音が聞こえてくるものですが、ProAcスピーカーとの相性を考えたときに、もっとサウンドの潜在力を引き出せるのではないかという心の揺れが、次第に大きくなっていくことを感じます。



つづきは、Accuphase E-360 -No.1 導入編です。



2015年、始まりました。

イメージ
新年、明けましておめでとうございます。

 元日の朝は初日の出を拝し、近所の神社へと初詣。 凍てつく空気ではありましたが、穏やかな陽光を浴びながらの散策はリフレッシュ効果に十分でした。

 二日はチャイコフスキーのピアノコンチェルトを自室のオーディオセットでゆっくり聴きました。普段より少しアンプのボリュームを上げて、至福のひと時を夢現つの中で・・・。

 今年も基本は体調管理ですが、インドアもアウトドアもチャレンジしていきたいと思っています。

 本年もどうぞ「MARINに乗って」を御贔屓に!


ラベル別INDEX

もっと見る