投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-2 GRADO Prestige Gold1 Take1。

イメージ
今回からGRADO Prestige Gold1でのトレース。
Take1は、比較視聴しやすいようにSUMIKO Pearlと同じ盤です。
(デジカメの撮影ポイントが少し違うので、同一環境での比較ではありません。)



Grado Gold1

Sumiko Pearl




Shelby Lynne / You Don't Have To Say You Love Me 


すぐに判別できるサウンドバランス。出力の違いを差し引いても、Pearlはやや低域のボリュームがあり、Gold1はタイトめ。ただ実際の音の違いは動画ほどではありません。ひょっとしたらデジカメ位置が動画での違いを大きく出しているのかもしれません。


逆に動画ではわかりにくかもしれませんが、Gold1はボーカルのささやきや、ギターのピッキングのニュアンスのような細やかなディテールが聞き取りやすい。そして音がストレスなく伸びていく感覚があり、ナチュラル感が聴きやすいです。これはすぐに判別できる特徴でした。




★1/26am9:59迄P3倍★1/27am9:59迄Facebook経由購入でP5倍★【J...
価格:24,350円(税込、送料込)

つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11-2 GRADO Gold1 Take2です。

レビュー Accuphase E-360 -No.1

イメージ
アキュフェーズのプリメインアンプにした理由はAAVA方式のボリュームコントロールが優秀だということ、パワー部単独の機能が使えること。Jeff Rowlandのプリがそうであるように、E-360を核にシステムが組めることでシステム移行するにしても大きな変更を伴わない。

 その前提としてのサウンドは、前回の投稿記述と重なりますが、写実的な中高域と切れのある低域がスピーカーとマッチします。6.5inchミッドウーファーをしっかり制動する。音像がしっかりしている理由は、サウンドバランスがフラットであることが大きいとかと思います。とくに比較的低域の量感があり、小音量でもそのバランスが崩れません。

 ピアノやバイオリンの音像表現は明瞭忠実で、質感を表現する描写力が高い。この傾向は、PRE/MAIN機能を切り替えて聞いてみたことろ、MAIN機能の方が僅かに大きいように聞こえましたが、PREが音色を伴う点は比較機器より少ないと感じました。このことは鮮烈な音を聞いたり、別のプリアンプの音色を楽しむという選択肢の幅を広げます。

 ストレージにある様々なCD/ハイレゾ音源を聴いていますが、もしかしたらプレーヤーを変えるほどの変化を、わずかであはりますが感じることができたとも言えるかもしれません。比較機器の音作りのアプローチはメーカーによりそもそも異なるものなので音の優劣はつけ難いことですが、少なくともプロフェッショナルにもドメスティックにも使われるProAcとの相性はいいと感じています。





オーディオユニオン 【中古】 Accuphase プリメインアンプ E-370 (税込)
価格:349800円(税込、送料無料) (2018/1/25時点)

アンプを考えてみる。-No.4

イメージ
今のメインアンプに至るまで複数の選択肢。
一つがジェフローランドのデジタルアンプ。
一つがラックスマンの真空管アンプ。
一つがアキュフェーズのトランジスタアンプ。





 これらのサウンドを改めて聴き直してみました。

 まず音量を下げて耳を澄ますと、細部の極少音とその背景音までが明瞭に聞こえてくる。そして音量を徐々に上げれば、きめ細やかで滑らかな音が空間に伸びやかに広がっていく。音の立ち上がりは速く、写実的な中高域が脳に届き、切れのある低域が身体に響く。ピアノとバイオリンの音が実に美しい。音楽としてもバランスよくまとまり聞こえている。

 以上がいずれのメインアンプにも共通する点ですが、音作りの違いも同時に確認することができました。

 ラックスマンには芳醇さがある。これは真空管ゆえの僅かな響きなのだろう。その強く主張しない絶妙な加減が、実に心地良い。確かにトランジスターアンプに限りなく近い真空管アンプだと表現されることが的を得ていると感じる。

 アキュフェーズには忠実さがある。色付けのない音色と質感を表現する描写力。サウンドバランスはフラット。比較してジェフローランドとラックスマンのカラーレーションが、チューニングが、それら音作りが判明する。

 ジェフローランドには美しさがある。声も音も余韻も静けさも、そのすべてに美意識を見い出すことができる。チューニングのポジションニングはアキュフェーズとラックスマンのちょうど中間に位置するものだと感じる。

 総評としては、音の質感の表現力が三者三様ではあるが、どれもサウンドの志向性は大きく逸れることはなく、故に甲乙つけがたく、複数の選択肢としてずっと抱え続け、想像をかき立てる理由でもありました。

 そのアンプもスピーカーを通してこそ音が聞こえてくるものですが、ProAcスピーカーとの相性を考えたときに、もっとサウンドの潜在力を引き出せるのではないかという心の揺れが、次第に大きくなっていくことを感じます。



つづきは、Accuphase E-360 -No.1 導入編です。



2015年、始まりました。

イメージ
新年、明けましておめでとうございます。

 元日の朝は初日の出を拝し、近所の神社へと初詣。 凍てつく空気ではありましたが、穏やかな陽光を浴びながらの散策はリフレッシュ効果に十分でした。

 二日はチャイコフスキーのピアノコンチェルトを自室のオーディオセットでゆっくり聴きました。普段より少しアンプのボリュームを上げて、至福のひと時を夢現つの中で・・・。

 今年も基本は体調管理ですが、インドアもアウトドアもチャレンジしていきたいと思っています。

 本年もどうぞ「MARINに乗って」を御贔屓に!


ラベル別INDEX

もっと見る

New Release