INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

レビュー MQA+Video 〜WOWOWプロジェクト〜


 2019年11月15日、千葉・幕張メッセ・国際会議場にてInter BEE Forum コンファレンススポンサーセッション「世界初のMQA音声を用いた映像コンテンツ配信デモ」が開催されました。



ボブ・スチュアート氏と鈴木氏(*1)

 フォーラムは先ず、MQA Japan・鈴木氏の挨拶から始まり、MQA開発者のボブ・スチュアート氏によるMQAコーデック解説とMQA Liveデモ及びMQA+Videoの概要が語られ、次にMQA音声を用いた映像コンテンツ配信(WOWOWプロジェクト)の詳細説明へと移ります。WOWOW社・入交氏、アコースティックフィールド社・久保氏、MQA Japan社・鈴木氏、NTTスマートコネクト社・木村氏らが登壇し、各社の技術と役割を説明。




会場で配布されたMQA+Video・WOWOWプロジェクトの概要図

 その内容に簡単に触れますと、WOWOWでコンテンツとなる映像と192kHz/24bitの3Dオーディオ(音声)を収録、アコースティックフィールド社のHPLプロセッシングによりバイノーラル化、MQAエンコードによりデジタル音声の滲みを少なくし48kHz/24bitへと折り畳み、NTTスマートコネクト社によるMPEG-4 ALSエンコード(*2)によりMP4フォーマットをロスレス(最大96kHz/24bit)にアップ&ダウンストリームするというもの。





WOWOW・入交氏の解説。デモでは映像と音声を聞き入る参加者。(*1)

 会場ではプロジェクターとオーディオセットを用いたデモンストレーションが行われ、複数のコンテンツが流されると、映像と高品位な音声が違和感なく再生されることに深く感心いたしました。再生アプリはMPEG-4 ALS対応のVLCを用いていましたが、今後はSRCを搭載した専用アプリの開発とライブ配信の実証テストを行いたいとの意向が語られ、最後は評論家の山之内正氏による講評で終了いたしました。




MQAブースの試聴体験コーナー

 MQAブースで実際に4KテレビとMeridian社Primeヘッドホンアンプとヘッドホン(ゼンハイザー)&イヤホン(Final E-500)による試聴を行いました。素材としての映像美と高音質な音声もさることならが、特筆すべきは、臨場感のある立体的なサウンド。録音の意図がHPL+MQAでより鮮明に再現されたと言うべきか、ヘッドホン&イヤホンでも音像がしかるべき場所に定位し、映像を見ながら高音質な3Dサウンドを容易に聴くことができる体験は非常にインパクトがありました。

 そのWOWOWプロジェクトは、MQA+VideoにHPLプロセッシングをインストールしたことでワンソースからスピーカー再生でもヘッドホン&イヤホン再生でも同時に臨場感のある立体的なサウンドを体験できるという新たな魅力を引き出した点が出色であり、さらに192kHz/24bitのマルチチャンネル音声を48kHz/24bitへと収め、安定した配信プラットフォームからキャストできるとなれば、AVファンからの注目も集めそうです。

 昨年はMQA Live、今年はMQA+Video・WOWOWプロジェクトでVOD(ビデオオンデマンド)が成功しましたので、今後は次のステージである映像と音声のライブ配信にも大いに期待したいと思います。- INORI



付記:WOWOWライブ「第17回ヴァチカン国際音楽祭〜3DオーディオHPL版〜」が放送予定とのこと。日時は2019年12月26日(木) 22:20〜、22:40〜。(追記:2019/12/13) MQAさんによると、音声はMQAエンコードされたものをAAC変換。それでも"de-blurring”効果が期待できるようです。またサブチャンネルではnon-HPL版が放送されるとのこと。
 


脚注
 *1:写真提供、MQA Japanさん。掲載にあたり一部加工編集致しております。
 *2:現在はAACコーデックを使用。



関連投稿
 ・レビュー MQAライブストリーミング解説 - Mick沢口氏インタビュー
 ・コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part18 - 音楽レーベルの視点から




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release