投稿

12月, 2017の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

2017年、大晦日となりました。

今冬は寒波の影響で東日本は記録的な積雪、西日本でも晴れ空と雲り空がめまぐるしく変化する厳しい寒さが続いています。今年最後のエントリーとなりました。

 今年も拙ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 例年通り統計を見ますと、今年もDIYスピーカー、レコード、そして新たにMQA関連に多くのアクセスが見られました。とくにMQAではMQA-CDのレビューやLINNのMQA批判についての投稿には時間が経過してもコンスタントにアクセスをいただいており、前者は新たなフィジカルメディアとしての関心、後者はフォーマット論への関心と分析しております。

 アクセスの多くはトップページから。ブログ投稿とSNS投稿を昨年よりリンクさせて頂きましたが、トップページからの閲覧が多いということは、以前からの読者のみなさんやSNSユーザー以外の方々、また新たに定期的なブログ閲覧を得ているものと考えられ、ともすれば本当にありがたいことで、読者のみなさまへは感謝申し上げます。また記事作成にあたりご協力頂いた関係各位のみなさまへも御礼申し上げます。

 今年は記念すべく30万アクセスカウンターを頂きました。大台を超える予想は越年後でしたのでペースの早さに少々驚きも致しましたが、ただ本当に数字的なカウンターが過ぎただけ、あるいは投稿にアクセスが付いてきただけという感覚が率直なところでございまして、また新たな大台に向けての目標ができたことになります。

 オーディオはハードウェアに関しては必要最小限のみの入れ替え、そのぶんソフトやコンサートなどの機会に多くの出会がありました。前項は世界初のMQA-CDがリリースされたこともあり、ハイレゾとレコード以外に新たにMQA-CDを聴く機会とお気に入りの作品が複数、ストレージとラックに収まりました。そのMQAは今年初めから大きなニュースとなり、2017年はMQA飛躍の年だったと言えるのではないでしょうか。

 その関連で企画にも挑戦させて頂きました。急な告知と実施でございましたが、企画の主旨をご理解し参加いただいたみなさん、そして何よりも多大なご協力をいただいたUNAMASレーベルの沢口さんには感謝の念を抱かずにはいられません。失敗もあり結果も十分ではありませんでしたが、学ぶべきものが多過ぎてまだまだ精進が足らぬことを噛み締めて過ごした下半期でござ…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part11

イメージ
Stereophileのジョン・アトキンソン氏が「MQA: Some Claims Examined」という記事を掲載しました。日本語訳をつけるとしたら”MQAについてのクレーム検証”。MQAが2014年の発表以来、賛否の世論が巷にあるなかで、彼らオーディオメディアのエディタ・ライターとしてのスタンスを改めて示しています。

 というのは、懐疑論はエンジニア、メーカー、エディターなどさまざまな立場で傾聴に値するものもありますが、近頃はあの有名な”MQA : Q&A”を掲載したStereophile(もう一つはComputerAudiophile)のエディターやモデレーターがMQAに肯定的だとして感情的かつ侮辱的に批判する論調がネットに存在し、それらへの冷静な反論の機会が今回の記事の背景にあると受け止めています。該当の記事から引用し意訳させて頂きます。


 その内容ですが「私は騙されていますか?」というアトキンソン氏の皮肉のようなコメントで始まります。そしてMQAの基礎となるJ. Robert Stuart氏とPeter Craven氏によるAES論文で概念を学び感銘を受けたこと、デモンストレーションが説得力があったことを2014年12月の記事「I've Heard the Future of Streaming: Meridian's MQA」で紹介したとしています。「MQAは現在音楽愛好家が体験しているTidalやQobuzの最高CD品質と同じインターネットパイプを通じてハイレゾオーディオを実現します」と。

 また当初は"audio origami"の超音波オクターブがアーチファクトなしにどのようにベースバンドと切り離させるか懐疑的だったが文献が可能であることを示しているようだったこと、2016年5月の記事「Inseide MQA」ではファイルサイズについて検討し、MQAのボブ・スチュアート氏がアトキンソン氏の24bit/88.4kHzオリジナルファイルを16bit/44.1kHzより小さいMQAファイルで送り返し、その主張が明白であることを得たと述べています。

 同記事では「MQAの主張をさらに検討し、エンコードされた超高域データは元の録音のアナログノイズフロア下でカプセル化され下位ビットに埋め込まれるとしていま…

コラム LANDRによる楽器の周波数一覧表

イメージ
音楽とオーディオ。それはソフトウェアとハードウェアに言い換えることができます。また音楽を聴く時が全て生演奏であることは不可能なのでオーディオがないと聞けませんし、オーディオもただインテリアとして飾ったり物を置いたりするそれ以外の用途も考えられますが、音楽がないと本来の再生装置たる機能が果たせません。音楽とオーディオは相関しています。

 その音楽とオーディオの使い手もまた相関しています。音楽を奏でる演奏者も音楽を創る制作者もそれら作品の聴取者(リスナー)同様にオーディオで音楽を聞きますし、音楽とオーディオに関する基礎的な知識や経験は共有していると言ってもいいと思います。より専門的・高度な知見や技術を習得しているか否かの大きな違いはあるにしても。

LANDR(ランダー)はオンライン・マスタリング・サービスです。公式ウェブサイトの説明文を引用させていただくとすれば以下になります。

”LANDR(ランダー)とは
LANDRは、ビッグデータや機械学習を使用して、音楽制作コラボレーションマスタリング共有、およびリリースの工程を再考する人工知能プラットフォームです。

LANDRの使命は、ミュージシャンに創造力を与え、音楽を聴いてもらう機会を増やすことです。”

 一般的には、AIを利用した音楽クリエイター支援サービスと認識されているのではないでしょうか。今回はLANDRのサービスそのものではなく、公式ブログ(英語版)の内容を一部ご紹介したいと思います。とくにメニューの「Tips」「Tools」にあるコンテンツはLANDR制作者向けの学習という意味合いと思われますが、リスナーへの学習にも通ずる内容であるため、しかもわかりやすい内容なので取り上げさせて頂きます。

 例えば...
・スピーカーの仕組み:How Do Speakers Work: Understanding Audio Reproduction [Infographic]
・耳を守りなさい!:Protect Your Ears!
・EQとは?:Equalization 101: Everything Musicians Need To Know About EQ

 そして...
・ EQカンペシート:>EQ Cheat Sheet: How To Use An Instrument Frequency Chart […

レビュー ボーカル・アンサンブル・コンサート

イメージ
欧米のブラックフライデーの習慣が数年前から輸入されはじめ、すでに11月末にはクリスマス・デコレーションが街に目立ち始めています。先週はクリスマスツリーの点灯式が多かったのではないでしょうか。我が家もすでに緑・赤・白・金・銀色のクリスマスツリーやオーナメントが当たり前のように飾られています。

 昨週末は兵庫県立芸術文化センターで行われた「ボーカデミア・クリスマス・コンサート」へ行って参りました。これは同センターが以前から行っている自主公演「世界音楽図鑑シリーズ」の一環で、今年度の春夏季は行けずじまいでしたが、秋冬季はタイミングが合いこのたび「ロシア国立モスクワ・アカデミー合唱団」の精鋭達によるボーカル・アンサンブルの美声と少し早いクリスマス気分を満喫してまいりました。

 会場入りする年齢層は高めのなかで、大学生と思しきグループや子供連れのご家族も目立ち、クリスマスムードの週末を感じました。大ホールの座席はほぼ聴衆で埋まり、上階やや右寄りから観るステージは左手にグランドピアノが屋根を閉じ気味にセッティングされ、後ほどわかりますが、中央に12人のコーラスグループが位置し、ときにアンサンブルはピアノ伴奏をともなうものでした。




 公演は大きく2部構成、さらに1部はアリアとイタリア、2部はロシアとポップスというテーマ(私感による)の合計4部で構成されていたように思います。各前半は静謐、後半は高揚というふうに静動・緩急と申しますか、トラディショナルとカジュアルといった具合にテーマ別に雰囲気を変えながら、しかしクラシックな趣向アレンジはさすがといったところ。

 とくに印象的だったのは音圧がいつもより低いということ(こういう受け止め方をする聴衆は少数なのでしょうけど)。ヴァイオリンコンサートでも静寂音の中に弦を擦る音を聞くことがありますが、声はより小さい音から発せられ、12の声が集まるとそれなりのボリュームで、声量が高まり音高(ピッチ)が上がりコンサートホールに響きわたりますが、それでも音のインシティはヴァイオリンのそれより弱く感じます。その生の声の強さとグランドピアノの伴奏音がちょうど良い加減でした。

 普段、オーディオを聴く際は音圧レベル70dB前後と高くはない方ですし、PAを使うコンサートなどはセンシティブに音圧を大きく感じる方なので、今回のボーカル・アンサンブルは、耳に…

コラム オーディオスタイル ー原音再生ー

「原音再生」というフレーズに接することがあります。たしかオーディオ機器のCMに使われていたことをなんとなく覚えていますが、もしかしたら勘違いかもしれません。しかし記憶の片隅に「原音再生OOOO」というキャッチコピーが残っていますので、おそらく遠い昔にどこかで使われていたのでしょう。要はこの定型句のようなフレーズが脳裏に刷り込まれたのはかなり前のことだということです。

 では「原音再生」とは何でしょうか。端的に言えば、原音を忠実に再現することと解しています。おそらくHi-Fiの日本語訳なのかもしれません。なぜなら認識している意味がHi-Fiの意味とおおよそ重なるからです。Wikipedia*では「Hi-Fi」という項において「字義的には、High Fidelity(高忠実度、高再現性)の略語であり、音響機器などにおいて「原音や原画に忠実な再現」という意味を持つ」としています。やはりHi-Fiと意味が重なります。
 Hi-FiについてはJAS・日本オーディオ協会がハイレゾの定義(PDF)において「Hi-Fi」の概念を言及しているセンテンスがあり、1933年、Dr. Fretcherによる「HI-Fi」再生の条件として発表された内容として記しています。以下引用させて頂きます。

(1)伝送された雑音が、再生する部屋の騒音より小さいこと
(2)シンフォニーの再生には、ピークで100dB SPLの音が出せる程度のダイナミックレンジが必要であること
(3)伝送特性の非直線性によって発生する歪みは、判断できないほど小さいこと
(4)再生周波数範囲は、人の可聴周波数範囲を超えていなければならないこと
(5)定位が明確であること(これは後に追加された)
 つまり音響機器などにおいて上記の(1)〜(5)項目の条件を満たすことがHi-Fiだということになります。今見ればどれも常識的な内容ですが、おおよそ80年前の1930年代は1948年のヴァイナル盤登場以前のSPレコードの時代ですので、蓄音機等で再生するときの定義付けだったのでしょう。逆に見ればそれまでは条件に満たない再生があったことが推察できます。

 しかしこれらの条件は現代で通じるにしても基準が緩く低いことは明らかです。現在はJEITA・電子情報技術産業協会の規格のように、より細分化・高度化した基準に沿った音響機器のガイドライ…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release