投稿

3月, 2010の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

Piano man Part3

2、3日に一回のペースが、3、4日に一回のペースに流されてきている今日この頃。
ポップスのコードが掲載されているウェブサイトを見ています。昔、コード本を買って家で弾いていた少年時代と何も変わっていない・・・。



このコード弾きは勉強になリマす。先生の教えでは、初歩はCircle of 5thの練習なんですが、5thの復習(応用)ということでも、CからB7になってF#へ行ってみたいな感じがコードを覚えることになっています。



そういえば、先日NHKで初心者のピアノ番組が放映されて、俳優さんのレベルが私と同程度で親近感がありました。上達してるかな?きっと同じ頃に始めたと思うと、少し負けたくない気がします。


つづきは、Piano man Part4です。

Piano man Part3

ピアノを始めて3ヶ月。
毎日1回は触ろうと意気込んでいましたが、触れない触りたくない日もあり、2、3日に一度は1時間くらいピアノを弾いています。


初心者なので、なんとなくクラシックから?と考えていましたが、クラッシックから始めると挫折しそうなので、先ずはジャズのコードを覚えることにしました。教則本もありますが、最近はウェブや動画で教則集をご披露されている方々がいらして、初めはそこからお世話になります。



その先生曰く、とにかくコードを覚え弾きまくりなさいとうことで、弾きまくっています。トライアド、マイナー、セブンス、メジャーセブンス。おかげさまで、なんとなく覚えてきました。勝手にリズムを取りながら適当に。こんな感じの時が一番楽しいのでしょう。まだもう少し続けられそうです。


つづきは、Piano man Part3です。

ラベル別INDEX

もっと見る