投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証

イメージ
MQA-CDが発売されました。MQA-CDについてはボブ・スチュアート氏がその可能性についてComputerAudiophileのQ&Aで言及していましたので以前、拙稿でも取り上げていましたが、今回は沢口音楽工房のUNAMASレーベルが制作した24bit/174.6kHzのスタジオマスター音源をMQA化し、OTTAVA Recordsよりリリースに至ったようです。

 世界初のMQA-CDということですが、本当に24bit/176kHz相当の情報がCDにパッケージされているのか、リッピングの可否、デコード性能等々の関心を持ちつつ検証してみることに致しました。


 Equipment
 Storage: Macmini
 Ripper: iTunes, XLD
 Software Player: iTunes and Bitperfect
 DAconverter and Decorder: Meridian Explorer2
 ADconverter: Konnekt24d, Element24
 Edit: Macbook Pro, AU Lab, Audacity
 Measurements: MusicScope
 Cables: AudioTechnica AT561A, Elecom Firewire cable, Apple Thunderbolt Cable
 Source: MQA-CD(24bit/176.4kHz), FLAC 24bit/192kHz

 設定
 BitPerfect: Core Audio, No UpSampling, No Dither
 XLD: コンピレーションフラグを設定, タグを付加せず, SRC Sox HQ
 XLD(MP3): VBRとCBR, 品質優先, 各44.1-48kHz, ビットレートは最大



 Source: OTTAVA Records: A.Piazzolla by Strings and Oboe - 1. Oblivion / UNAMAS Piazzolla Septet (動画は-4. Liber Tango)

 Oblivionはご存知、アストール・ピアソラの名曲。沢口音楽工房さんのピアソラ・オブリビオンはオーボエと弦楽のアンサンブル構成の作品でオーボエの主旋律を奏でる音色が哀…

レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証

イメージ
Audirvana Plus 3 のリリースが始まりました。レビューやチュートリアルはメディア他にお譲りして、今回はMQAソフトウェアデコート&ハードウェアデコードの違いを比較検証してみることにしました。

 Equipment
 Storage: Macmini
 Software Player: Audrivana Plus 3
 Measurements: Macbook Pro, AU Lab, MusicScope. Konnekt24d
 Software Decoder: Audrivana Plus 3
 Hardware Decorder: Meridian Explorer2
 Cable: AudioTechnica AT561A, Elecom Firewire cable

 A+の設定はExclusice acssess mode, Integer mode, Core Audio。その他の設定は無し。





 Source: 2L test bench/ Britten:  REFLECTION - Frank Bridge Variations - 4. Romance / TrondheimSolistene

 REFLECTIONの第4楽章は1.33秒と短い楽曲ですが、弦楽器のニュアンスの機微や重層的なハーモニーが特徴的な静謐で美しい楽曲です。2Lにサンプルがあることから当楽曲をテスト用音源といたします。ダウンロード版MQAのレゾリューションは24bit/352.8kHzですが、当該D/A, A/D機器のスペック上の制約から録音及び再生は24bit/192kHzが上限となります。



 Macminiで再生、Macbook ProのAU labでAIFF形式に録音、MusicScopeでアナライズを行いました。A+のMQAソフトウェアデコードはレゾリューション88.1/96kHzまで展開します。24bit/352.8kHz音源は24/88.1kHzへ展開しますので、2Lの24bit/88.2kHzFLACと比較しソフトウェアデコードの性能を検証します。Explorer2のハードウェアデコードについても今回は192kHz上限ですが、88.1kHzまで音声成分が視覚化されるのか176.4kHzの範囲で参考的にチェックしてみます。

 1.…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release