投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証

イメージ
MQA-CDが発売されました。MQA-CDについてはボブ・スチュアート氏がその可能性についてComputerAudiophileのQ&Aで言及していましたので以前、拙稿でも取り上げていましたが、今回は沢口音楽工房のUNAMASレーベルが制作した24bit/174.6kHzのスタジオマスター音源をMQA化し、OTTAVA Recordsよりリリースに至ったようです。

 世界初のMQA-CDということですが、本当に24bit/176kHz相当の情報がCDにパッケージされているのか、リッピングの可否、デコード性能等々の関心を持ちつつ検証してみることに致しました。


 Equipment
 Storage: Macmini
 Ripper: iTunes, XLD
 Software Player: iTunes and Bitperfect
 DAconverter and Decorder: Meridian Explorer2
 ADconverter: Konnekt24d, Element24
 Edit: Macbook Pro, AU Lab, Audacity
 Measurements: MusicScope
 Cables: AudioTechnica AT561A, Elecom Firewire cable, Apple Thunderbolt Cable
 Source: MQA-CD(24bit/176.4kHz), FLAC 24bit/192kHz

 設定
 BitPerfect: Core Audio, No UpSampling, No Dither
 XLD: コンピレーションフラグを設定, タグを付加せず, SRC Sox HQ
 XLD(MP3): VBRとCBR, 品質優先, 各44.1-48kHz, ビットレートは最大



 Source: OTTAVA Records: A.Piazzolla by Strings and Oboe - 1. Oblivion / UNAMAS Piazzolla Septet (動画は-4. Liber Tango)

 Oblivionはご存知、アストール・ピアソラの名曲。沢口音楽工房さんのピアソラ・オブリビオンはオーボエと弦楽のアンサンブル構成の作品でオーボエの主旋律を奏でる音色が哀…

レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証

イメージ
Audirvana Plus 3 のリリースが始まりました。レビューやチュートリアルはメディア他にお譲りして、今回はMQAソフトウェアデコート&ハードウェアデコードの違いを比較検証してみることにしました。

 Equipment
 Storage: Macmini
 Software Player: Audrivana Plus 3
 Measurements: Macbook Pro, AU Lab, MusicScope. Konnekt24d
 Software Decoder: Audrivana Plus 3
 Hardware Decorder: Meridian Explorer2
 Cable: AudioTechnica AT561A, Elecom Firewire cable

 A+の設定はExclusice acssess mode, Integer mode, Core Audio。その他の設定は無し。





 Source: 2L test bench/ Britten:  REFLECTION - Frank Bridge Variations - 4. Romance / TrondheimSolistene

 REFLECTIONの第4楽章は1.33秒と短い楽曲ですが、弦楽器のニュアンスの機微や重層的なハーモニーが特徴的な静謐で美しい楽曲です。2Lにサンプルがあることから当楽曲をテスト用音源といたします。ダウンロード版MQAのレゾリューションは24bit/352.8kHzですが、当該D/A, A/D機器のスペック上の制約から録音及び再生は24bit/192kHzが上限となります。



 Macminiで再生、Macbook ProのAU labでAIFF形式に録音、MusicScopeでアナライズを行いました。A+のMQAソフトウェアデコードはレゾリューション88.1/96kHzまで展開します。24bit/352.8kHz音源は24/88.1kHzへ展開しますので、2Lの24bit/88.2kHzFLACと比較しソフトウェアデコードの性能を検証します。Explorer2のハードウェアデコードについても今回は192kHz上限ですが、88.1kHzまで音声成分が視覚化されるのか176.4kHzの範囲で参考的にチェックしてみます。

 1.…

ラベル別INDEX

もっと見る