投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!? Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証

イメージ
MQA-CDが発売されました。MQA-CDについてはボブ・スチュアート氏がその可能性についてComputerAudiophileのQ&Aで言及していましたので以前、拙稿でも取り上げていましたが、今回は沢口音楽工房のUNAMASレーベルが制作した24bit/174.6kHzのスタジオマスター音源をMQA化し、OTTAVA Recordsよりリリースに至ったようです。

 世界初のMQA-CDということですが、本当に24bit/176kHz相当の情報がCDにパッケージされているのか、リッピングの可否、デコード性能等々の関心を持ちつつ検証してみることに致しました。


 Equipment
 Storage: Macmini
 Ripper: iTunes, XLD
 Software Player: iTunes and Bitperfect
 DAconverter and Decorder: Meridian Explorer2
 ADconverter: Konnekt24d, Element24
 Edit: Macbook Pro, AU Lab, Audacity
 Measurements: MusicScope
 Cables: AudioTechnica AT561A, Elecom Firewire cable, Apple Thunderbolt Cable
 Source: MQA-CD(24bit/176.4kHz), FLAC 24bit/192kHz

 設定
 BitPerfect: Core Audio, No UpSampling, No Dither
 XLD: コンピレーションフラグを設定, タグを付加せず, SRC Sox HQ
 XLD(MP3): VBRとCBR, 品質優先, 各44.1-48kHz, ビットレートは最大



 Source: OTTAVA Records: A.Piazzolla by Strings and Oboe - 1. Oblivion / UNAMAS Piazzolla Septet (動画は-4. Liber Tango)

 Oblivionはご存知、アストール・ピアソラの名曲。沢口音楽工房さんのピアソラ・オブリビオンはオーボエと弦楽のアンサンブル構成の作品でオーボエの主旋律を奏でる音色が哀…

レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証

イメージ
Audirvana Plus 3 のリリースが始まりました。レビューやチュートリアルはメディア他にお譲りして、今回はMQAソフトウェアデコート&ハードウェアデコードの違いを比較検証してみることにしました。

 Equipment
 Storage: Macmini
 Software Player: Audrivana Plus 3
 Measurements: Macbook Pro, AU Lab, MusicScope. Konnekt24d
 Software Decoder: Audrivana Plus 3
 Hardware Decorder: Meridian Explorer2
 Cable: AudioTechnica AT561A, Elecom Firewire cable

 A+の設定はExclusice acssess mode, Integer mode, Core Audio。その他の設定は無し。





 Source: 2L test bench/ Britten:  REFLECTION - Frank Bridge Variations - 4. Romance / TrondheimSolistene

 REFLECTIONの第4楽章は1.33秒と短い楽曲ですが、弦楽器のニュアンスの機微や重層的なハーモニーが特徴的な静謐で美しい楽曲です。2Lにサンプルがあることから当楽曲をテスト用音源といたします。ダウンロード版MQAのレゾリューションは24bit/352.8kHzですが、当該D/A, A/D機器のスペック上の制約から録音及び再生は24bit/192kHzが上限となります。



 Macminiで再生、Macbook ProのAU labでAIFF形式に録音、MusicScopeでアナライズを行いました。A+のMQAソフトウェアデコードはレゾリューション88.1/96kHzまで展開します。24bit/352.8kHz音源は24/88.1kHzへ展開しますので、2Lの24bit/88.2kHzFLACと比較しソフトウェアデコードの性能を検証します。Explorer2のハードウェアデコードについても今回は192kHz上限ですが、88.1kHzまで音声成分が視覚化されるのか176.4kHzの範囲で参考的にチェックしてみます。

 1.…

ラベル別INDEX

もっと見る