投稿

1月, 2010の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

レビュー YAMAHA HS50M

イメージ
YAMAHA / HS50M

 解像度が適度にあり高・中・低域をフラットにそつなく出します。

 音はややウォームですが、重くなくさらっとしており聴き疲れしません。特にピアノの音が良く、ピアノメーカーのグループ企業であることとの繋がりを感じます。

 クラッシックの楽曲ではコントラバスが振動ではなく音で伝わります。背面に十分な空間が取れるのであれば、それに越したことはありません。

 リアバスレフから低域がより自然に出ます。現行品は型番が変わりましたがデザインは踏襲し、テンモニを彷彿とさせる白色のウーファーは健在です。





Nakamichi SoundSpace3 -No.1

イメージ
そのデザイン性に惹かれ、あの試聴機のサウンドであれば間違いないと。 メインのCDユニット、コンパニオンユニット、サブウーファーの3つのユニットと、とても大きな電源ユニットからなるデスクトップ・オーディオ。


Nakamichi SoundSpace3 

その小さな躯体から想像つかないような音圧で高・中・低域のバランスの良いサウンドを聴かせてくれます。BGM的なシーンならばジャンルもポップスからクラッシックまで選びません。これは下向きの専用サブウーファーの存在が大きく、そのためセッティングを要求しますが、サイドボードで鳴らした場合の存在感は、ミニマルなフォルムとのギャップを感じ驚くほどです。

・入力2(MD,Aux)
・Rec出力1(MD)
・ヘッドホン出力 40mW/40Ω
・トーンコントロール Bass 70Hz ±10dB、Treble 20kHz ±10dB
・ラウドネス 100Hz ±7dB、10kHz +5dB
・SN比 95dB以上(IHF A-WTD)
・スピーカーユニット ミッド/ハイレンジ 3.5*2.5 cm コーン型*2、サブウーファー 8 cm コーン型
・定格入力 ミッド/ハイレンジ 2W*2、サブウーファー 10W
・最大入力 ミッド/ハイレンジ 3W*2、サブウーファー 15W
・電源 付属のパワーサプライユニットを使用
・最大外形寸法 各ユニット共通 W167*H57*D167
・その他 FM/AM チューナー、スリープタイマー、リモートコントロール


10年間で一度CDPの不具合で修理に出したことはありましたが、音割れするようになってきました。2年くらい我慢しつつ、他の箇所も不具合が出てきたのでそろそろ引退をと思っていましたが、新たな使い道を見出しました。


Aux-in とOptical Outを装備している。Airmac ExpressなどのネットワークレンダラーとAux inで接続すればネットワークプレーヤーとして使えるはす。SS3は修理依頼へ。


つづきは、Nakamichi SoundSpace3 -NO.2です。


レビュー t.c. electronic konnekt24D

イメージ
TC Electronic Konnekt24D

 Firewire規格は安定性、汎用性という点でいまだにプロオーディオ系デバイスとしては根強い需要があり、以後、かなりのインターフェースで採用されることになったDICEチップを搭載し、DICEの本家でもあるドライバのメーカーサポートは長年、信頼性が十分でした。

 特徴のあるサウンドを志向するメーカーの中で、クリアでスッキリとしたニュートラルなサウンド。無骨なルックスのプロオーディオ系機器の中でコンシューマを意識したようなMacと親和性のあるアルミの筐体とホワイト色のパネルを採用したカジュアルなデザイン。

 廉価ながらDSPを搭載し、スペックを求めなければ最大24bit/192kHzはまだまだ用途を選べば使えます。



今日は快晴!冬の空。

イメージ
今日は阪神・淡路大震災から15回目、追悼の日。
 近くの慰霊碑に献花してきました。

 あの日のように、空気はまだ冷たいけど、
 空を見上げると、快晴!冬の空。


ラベル別INDEX

もっと見る

New Release