投稿

1月, 2010の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

レビュー YAMAHA HS50M

イメージ
YAMAHA / HS50M

 解像度が適度にあり高・中・低域をフラットにそつなく出します。

 音はややウォームですが、重くなくさらっとしており聴き疲れしません。特にピアノの音が良く、ピアノメーカーのグループ企業であることとの繋がりを感じます。

 クラッシックの楽曲ではコントラバスが振動ではなく音で伝わります。背面に十分な空間が取れるのであれば、それに越したことはありません。

 リアバスレフから低域がより自然に出ます。現行品は型番が変わりましたがデザインは踏襲し、テンモニを彷彿とさせる白色のウーファーは健在です。





Nakamichi SoundSpace3 -No.1

イメージ
そのデザイン性に惹かれ、あの試聴機のサウンドであれば間違いないと。 メインのCDユニット、コンパニオンユニット、サブウーファーの3つのユニットと、とても大きな電源ユニットからなるデスクトップ・オーディオ。


Nakamichi SoundSpace3 

その小さな躯体から想像つかないような音圧で高・中・低域のバランスの良いサウンドを聴かせてくれます。BGM的なシーンならばジャンルもポップスからクラッシックまで選びません。これは下向きの専用サブウーファーの存在が大きく、そのためセッティングを要求しますが、サイドボードで鳴らした場合の存在感は、ミニマルなフォルムとのギャップを感じ驚くほどです。

・入力2(MD,Aux)
・Rec出力1(MD)
・ヘッドホン出力 40mW/40Ω
・トーンコントロール Bass 70Hz ±10dB、Treble 20kHz ±10dB
・ラウドネス 100Hz ±7dB、10kHz +5dB
・SN比 95dB以上(IHF A-WTD)
・スピーカーユニット ミッド/ハイレンジ 3.5*2.5 cm コーン型*2、サブウーファー 8 cm コーン型
・定格入力 ミッド/ハイレンジ 2W*2、サブウーファー 10W
・最大入力 ミッド/ハイレンジ 3W*2、サブウーファー 15W
・電源 付属のパワーサプライユニットを使用
・最大外形寸法 各ユニット共通 W167*H57*D167
・その他 FM/AM チューナー、スリープタイマー、リモートコントロール


10年間で一度CDPの不具合で修理に出したことはありましたが、音割れするようになってきました。2年くらい我慢しつつ、他の箇所も不具合が出てきたのでそろそろ引退をと思っていましたが、新たな使い道を見出しました。


Aux-in とOptical Outを装備している。Airmac ExpressなどのネットワークレンダラーとAux inで接続すればネットワークプレーヤーとして使えるはす。SS3は修理依頼へ。


つづきは、Nakamichi SoundSpace3 -NO.2です。


レビュー t.c. electronic konnekt24D

イメージ
TC Electronic Konnekt24D

 Firewire規格は安定性、汎用性という点でいまだにプロオーディオ系デバイスとしては根強い需要があり、以後、かなりのインターフェースで採用されることになったDICEチップを搭載し、DICEの本家でもあるドライバのメーカーサポートは長年、信頼性が十分でした。

 特徴のあるサウンドを志向するメーカーの中で、クリアでスッキリとしたニュートラルなサウンド。無骨なルックスのプロオーディオ系機器の中でコンシューマを意識したようなMacと親和性のあるアルミの筐体とホワイト色のパネルを採用したカジュアルなデザイン。

 廉価ながらDSPを搭載し、スペックを求めなければ最大24bit/192kHzはまだまだ用途を選べば使えます。



今日は快晴!冬の空。

イメージ
今日は阪神・淡路大震災から15回目、追悼の日。
 近くの慰霊碑に献花してきました。

 あの日のように、空気はまだ冷たいけど、
 空を見上げると、快晴!冬の空。


ラベル別INDEX

もっと見る