投稿

9月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

コラム スマート家電について

パナソニックが「スマート家電」をフューチャーしています。専用アプリをスマホに入れて家電をコントロールしたり、スマホと家電で情報をやりとりしたりすることのようです。今のところハード側は冷蔵庫、洗濯機、エアコン、電子レンジ、炊飯器、体重計。エアコン以外はNFC規格という「かざすだけ」の近距離無線通信を使い、エアコンは無線コンバーターを外付けする仕様で電源などをコントロールするようです。

 ネットワークプレーヤーを使い出すと、オーディオ機器をPC/Macやタブレットでコントロールできる利便性は止められません。この利便性の機能進化は、操作部分がハード側に付いていた時代からリモコンで操作できるようになった時代を通過しPC/Macやタブレットで操作できるようになったという、実は合理的なプロセスを経ています。それがWi-Fiのインフラを利用し家電製品に拡げたのがスマート家電のコンセプト。

 ストレージに日常生活の情報を集約してタブレットで情報をインアウトプットとコントロール、そしてアプライアンスを動かすという一連のフローが、オーディオだけでなく家電操作のメインストリームになる日はそう遠くないかもしれません。


コラム nasneについて

以前、デジタル・ソリューションのキーワードは”シームレス&ゼロ・コンフィギュレーション”で、当面の課題はNASにあるのではないかという投稿をしたことがあります。その投稿はこちら。そしてこの度ソニーがnasneを発売しました。

 NASは長期安定稼動と冗長性が担保されることが必要条件で、その上で操作性が十分条件だと思いますが、音楽、写真、動画コンテンツをネットワークを介して見る時代の家庭におけるNASは、その操作性がPC/Macと同等のものでなければ利便性はわかっていても普及しないという意味では必要条件化しているということで、そのボトルネック部分を実に解消する家電NASがnasneなのではないかと。

 nasneの場合、インターフェースを割り切ってアンテナ/USB/LANに限定、HDDも固定しています。長期安定稼動と冗長性が要求されるNASにおいては必要条件だった機能性の部分をスリム化することで「かんたん設定化」することにシフトした形ですが、「かんたん」であることはゼロ・コンフィギュレーション要素でありますので、家庭用NASの敷居を下げた製品といえるのではないでしょうか。

 またソフトウェアのUIに関しては、ソニーはアップルと並び他社を圧倒するデザイン力を有しています。そのインターフェースXMB(クロスメディアバー)はBRAVIA、VAIO、PS3、Xperia等で統一されていますが、そのXMBをnasneでも採用しており、さらにソフトウェアだけでなくハードウェアにおいてもソニー製機器間接続が可能だということは、ソフト&ハードでのシームレスな操作とつながりができるということになります。

 ただこれからソニー製品以外にもnasneが確実に使えるようになったり、HDMIポートが付いて液晶ディスプレイと接続出来たりしたら間違いなく魅力的な製品となりそうです。



レビュー QNAP TS-259Pro+ -No.7 エラー編(チェックディスク)

イメージ
常時電源ONのNASは、稀にQNAP Finderからログインして問題の無いシステムログをチェックしています。ある日、iTunesが突然劇重になり、アプリケーションを再インストールしたものの変化なく、もしかしたらネットワーク障害かな?とシステムログをチェックしてみるとエラーメッセージが・・・。




・The system was not shut down properly last time. ・[Mirror Disk Volume: Drive 1 2] The file system is not clean. It is suggested that you run "check disk".

上記のエラーメッセージから、何らかの原因で知らずのうちにシャットダウンと再起動していたようです。その解決策ですが、QNAPのオンライトサポートサイトにチュートリアルがありました。



チュートリアルの通り「Disk Management (ディスク管理)」>「Volume Management (ボリューム管理)」へ進み、「CHECK NOW (今すぐチェック)」を選択。1ドライブづつチェックしました。

・[Drive 1] Bad Blocks Scan completed.
・[Drive 2] Bad Blocks Scan completed.

Drive1は7時間くらい、Drive2は4時間くらいでチェック完了。
何事も無かったかのように現在は稼働中です。何だったんでしょうね?


*QNAP TS-259Pro+ レビューは -NO.7 エラー編(チェックディスク)が最新です。



QNAP TS-259Pro+ -No.1 導入編。 
QNAP TS-259Pro+ -No.2 準備編。
QNAP TS-259Pro+ -No.3 システム移行編。
QNAP TS-259Pro+ -No.4-1 一般設定編。
QNAP TS-259Pro+ -No.4-2 PMS設定編。
QNAP TS-259Pro+ -No.4-3 ネットワーク設定(無線LAN親機)編。
QNAP TS-259Pro+ -No.4-4 ネットワーク設定(無線LAN子機)編。
QNAP TS-259Pro+ -No.5 テレビ設定(BRAVIA)編…

Now You're Not Here [music review]

イメージ
終わりかけの夏に発表する夏の定番ソング(笑)の第三弾です。第一弾から夏の終わりを意識していたので、晩夏~初秋でもいけます。

 CD店からアシッドジャズコーナーが撤去されて久しいですが、英国の洒落っ気というか、泥や汗臭くない音楽をさらッと聴きたくなる時があります。



The Best Of Swing Out Sister [Now You're Not Here]

 イギリスのバンド、スウィング・アウト・シスターのベスト・アルバム「The Best Of Swing Out Sister」の中の1曲。アシッドジャズといえばクールでモダンですが、この曲を聴くと、閉め切った部屋にもさらりと初秋の風が吹きます。日本向けのトラックだったようですが、おそらく海外から邦版CDを買い求めた英国人もいたことと想像します。ちなみに2曲目の「ブレイクアウト」は1988年のグラミー賞を受賞しています。

 この手のジャンルの音楽はJazzでもR&BでもAORでもなくて、ファンキーでもロックでもないのでポップなものだと思われがちですが、実際はスウィングやグルーブやビートがしっかり要素として入っていて、JazzやAORの影響を受けながら上手くアレンジしているんだなと思います。  




 とはいえ80-90年代の楽曲なのでボーカルが乗らずにインストゥルメンタルがイマドキかもしれない・・・と思っていたら今年発表してましたね、セルフカバー曲集「Private View+2」。



I Swear [music review]

イメージ
I'll Be There...という歌詞は洋楽ではよく耳にする言葉でラブソングや失恋ソングの定番ワードです。映画のセリフにもしばしば出てきますが、日本人には恥ずかしワードだったりもします。さて、I'll Be There...といえばで、脳裏に浮かぶ夏の曲をまたご紹介します。




All-4-One [I Swear]

 All 4 Oneのアルバム「All-4-One」の1曲。「I Swear」は1994年にグラミー賞を受賞しました。この原曲は作詞Frank J. Myers、作曲Gary Baker「I Swear」。All 4 Oneはアメリカの男性コーラスグループでアルバムをDavid Fosterがプロデュースしているのでアーバン・コンテンポラリーの仕上がりになっています。




 I Swear...誓うよ。これもまた歌詞中で何度も語りかけたりしますが、デビッド・フォスターのラブバラードなアレンジはクールでメロウです。当時ラジオでよく流れていた季節が夏の記憶からなのか?筆者の夏の定番ソングの一つになっています。ちなみにAll 4 Oneは歳を重ね、当時より今の方がずっと魅力的な歌声です。



ラベル別INDEX

もっと見る

New Release