投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

コラム STB セットボックスの明日について

Appleが第4世代のAppleTVを早ければ今春に発売するとの情報があるようです。ざっと巷の関連情報を見渡してみましたが、GoogleTVとの比較優位性に注目している分析が多い印象です。GoogleTVはデバイス(STB:セットボックス)として家庭に新規参入することからスタートしましたが、AppleTVは既に1300万台以上の販売実績があります。1300万台がSTBの数として多いか少ないかはよくわかりませんが、少なくともゼロより優位性があることには間違いないでしょう。

 またAppleTVは使用できるフォーマットの制約は多少あるにせよ、AVアンプやスピーカーの映像/音声デバイスをケーブル1本で接続し、しかもタブレットデバイスの音声や画面をモニターにストリーミング/ミラーリングすることができるAirplay機能も併せ持ち、言わば「メディアハブ」としての先進機能性をその小さな筐体に集約化し、一強にして他社を圧倒するSTBとしての地位は確立しているようにも思います。その裏付けが販売台数に現れていると言えるのかもしれません。

 ただし、サービスコンテンツに関して注視することには変わらない環境があるようです。リビングのメインスクリーンの位置づけを変えたくない陣営と変えたい陣営のつば迫り合いのような光景があり、巷では「チャンネル方式とアラカルト方式の違い」として新旧のメインスクリーン争奪戦は続いており、その行方はプレーヤーがGoogleからAppleに変わったとしても依然としてわからないとの見方が大勢です。

 チャンネル方式とアラカルト方式の違いですが、チャンネル方式とは従来のテレビ視聴方式であり、アラカルト方式とはユーザー側が見たい番組を自分で選んで見る分・見た分だけ料金を払う方式です。

 前者を放送側、後者を通信側と区別する見方が一般的ですが、最近では「ハイブリッドキャスト」という映像は電波で流し情報はネットで流すという仕組みが出現し、これは放送側のサービスですが、放送と通信の融合の発展型と言われています。後者に関しては、iTunes Storeで楽曲・動画を購入することをイメージしたらお馴染みでわかりやすいと思います。

 他方、SONYはテレビとPCをつなげる、それ自体がメディアサーバーとして機能する「Nasne」をポスト・インターネットTV(GoogleTV)的…

コラム 音楽メディアとフォーマット・DSD Part1

ダイナミックレンジが広くクリアーな素質を持つカートリッジでトレースしたアナログサウンドを聴いていると、普段ネットワークプレーヤーでデジタルソースを聴いている時と、さほど変わらない音質の印象を持ちます。


 デジタルのアナログへのアプローチ
 例えば、Linn DSはデジタル音源に機器内部で35bit/198-352.8kHzのアルゴリズム処理を施していますが、このDSPとDAプロセスがアナログ再生のようなサウンドメイキングを得ておりLinnサウンドがさほど違和感なくアナログ再生に近いと感じる所以なんだと思います。

 同様の仕様は他メーカーも志向しており、最近のKORGやSONYのDSDコンバートの流れもPCM/DXD, DSD/SACD等メディアフォーマットの違いはあるにせよ、概ね自然な音と言われているアナログ波形へのアプローチ、概して言えばハードウェアでのプリセットフィルター、言わば音質のチューンアップです。


 プリセット・フィルターと音づくり
 ハードウェア側でのプリセットフィルターとは、古くはコンデンサーやトランス類の高品質化だけではなく、さらにCDプレーヤーの時代から現在に至までAD/DAコンバート前後の回路にメーカー独自のチューンアップを施すことによりサウンドメイキングが決まるという、アナログ・デジタル時代の共通項が存在しています。

 さらにプリセットフィルターは可変・固定を選択でき、何もこれさえも新しい技術ではありませんが、今日では言葉のセレクトが変わり”ネイティブ再生・ダイレクト再生”というようなハードウェア・メーカー側も選択肢を付加し、デジタルフォーマットのプリセットフィルターと両方でのサウンドメイキングをユーザー側が楽しめるように機能化しています。

 ソフトウェア・メーカー側は、録音・製作音源のクオリティを最大化するために、蓄積した経験や高度のテクニックや感覚というリソースを活かしながら、その時の最新鋭のハードウェアで録音・編集プロセスにチューンアップを施すことで、その音源処理がレコード会社なりスタジオなり技術者なりのプリセットフィルターとしてリマスタリングやハイレゾというパッケージに込められています。

 プリセットフィルター、音質のチューンアップ、サウンドメイキングと言葉を並べてみましたが、要は「音づくり」です。演奏ー録音ー編集ー包装ー…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release