投稿

5月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

LINN SNEAKY MUSIC DS -No.18 SongCastアップデート編

イメージ
LINNのアップデートにより、Davaar7 (4.7.2) Beta Ver. /Songcast App (4.2.2) Beta Ver.を使うことができるようになりました。詳細はこちらから。SNEAKY DSの場合は然程大きな変化はありませんでしたが、SongcastのUIが一新しましたのでご紹介します。
 先ず、Windows7 64bit PCを使っていますが、「Microsoft .NET Framework 4」のインストールが必要でした。Windows PCの場合、タスクトレイの中にSongcastアイコンが常駐しますが(これは以前のバージョンと同様、その投稿はこちら。)、そのアイコンをクリックするとSongcast コントロールUIが表示されます。以下、機能詳細です。

・音量コントロールノブ
・Songcast ON/OFF スイッチ 
・Connect/disConnect 表示
・設定アイコン

 音量コントロールノブは、Sneaky DSのゲイン固定設定にしていますので「No volume control」表示ですが、Sneaky DSをゲイン可変設定にするとノブを使えます。ON/OFFスイッチと連動してConnect/disConnect表示、KinskyDesktop(プレーヤーソフト)の方でも表示が反映されます。


 設定アイコンをクリックすると、以下の画面が表示されます。


 Generalタブ  「Sngcast Network Performance」は、Songcastモードでのネットワークパフォーマンスをモニターする機能の様です。拙宅の無線LAN回線環境は「Poor(やや弱い)」です。


 Detectボタンを押すと再検出します。でも「Poor」でした・・・(涙;


 Advanceタブ  Uni/Multi cast 選択  Latency 設定  Update Settings
 Latency設定は、ネットワークのパフォーマンスによりますが、安定的な再生を行いたい場合、結構使います。特に拙宅は「Poor」な回線なので・・・。


 ビット/サンプルレートですが、Windows PCは16bit 44.1/48.0kHz、Macは24bit/44.1kHzの様です。


 PC/MACで再生を行う場合、LINN Config、Song…

レビュー AKG K240MKII

イメージ
AKG K240 MKII


AKG K240 MK2 【国内正規2年保証】
価格:12636円(税込、送料無料) (2018/10/7時点)



 本体の他、ラインコード、変換プラグ、交換用パッド2種、ステッカー。交換用パッドの素地は革系とフェルト系です。





 ラインの先端はmini XLR。





 重さ240gと軽量な方だと思います。 私はただでさえ頭が大きいので、ヘッドホンが重いと肩首への負担で疲労感が大きいのですが、負担は軽減されました。装着感は、オーバーヘッド型の場合、圧迫感とズレはトレードオフ的なところがありますが、適度でよいと思います。

 音質はレンジが広く、解像度は高く、クリアー。低音はタイト、中高音はスムース。フラットバランス、立体感は適度、サラウンド感は薄い。オープン型はヘッドホンのサウンドを聞きながら周辺の音(楽器の音色や演奏時の音)が把握できるので、目的の使い勝手も良くなりました。

 ただ音質や装着感は満足していますが、ギターやピアノが上達するかどうかは別の様です。





私的LS3/5Aを作ろう!-No.8 完成編

イメージ
2010年4月に私的LS3/5Aを作ろう!の投稿を始め、早いのか遅いのか2年が経過しました。名機の名を拝借して連載することに後ろめたさのような気持ちがあったのも事実ですが、LS3/5Aを調べていくほど、オーディオ愛好家のみならず、世界中のDIY愛好家たちが様々な名機に挑戦しているということを知り、時代を超え愛され続けている工業製品の魅力を知ることになるのでした。

 もしかしたらこの連載は本物のLS3/5Aをご所有なされている方々にとってはおちゃらけにみえるのかもしれません。気分を損なう文章があったかもしれません。しかしながらDIYの範囲で真剣に製作に取り組み、ときに考え悩みもしました。やはりそれは相手がLS3/5Aという偉大な名機であるからに他なりません。何卒ご容赦願います。



まとめ
 エンクロージャー
 フィンランドバーチ材積層合板12mm厚、硬質で美しい合板です。バッフル、サランネット枠もバーチ材です。内隅はビーチ角材で補強、剛重なキャビネットになっています。バッフル開口寸はオリジナルKEF製のユニットサイズですので、ユニット開口寸で再製しました。



 オリジナルのキャビネット寸法はUnofficial LS3/5A Siteから参照できます。拙SPのバッフル図面はオリジナルを参考に書き直しました。(部品やキット化した製品はFalcon Acousticで販売しています。)



 化粧用突き板

 オーク(楢)材の突き板。本物なので質感が格段に良いです。但し、切断加工が難しいです。接着には木工用接着剤とアイロンを使いました。天然突き板は、研磨の程度と塗装で仕上がりの質感が替えられます。突き付けの作業が難しく要所にウッドパテを使いましたが、との粉の方が仕上がりが綺麗になるかもしれません。




塗装

キャビネット:未晒し蜜ロウワックス
バッフル:カシュー、うすめ液
未晒し蜜ロウワックスはニスやウレタンとは違う自然な仕上がりになります。





 カシューは仕上がりは綺麗ですが、有臭で少々扱いにくいので水溶性ニスでも十分だと思います。




 サランネット

 素材はメーカーにより編み方が多少異なります。枠材とサランネットはタッカーで留めました。オリジナルのサランネットとバッフルはテープで留めている様ですが、拙SPはハメコミで留めています。




ユニット

Tweeter: SEAS PRESTIGE 27T…

私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-4 制振材・吸音材取付け編

イメージ
制振材と吸音材の取付け作業です。④-③吸音材などを考える。で紹介しましたが、制振材は日東電工のレジェトレックス、吸音材はニードルフェルトを準備しました。




レジェトレックスの表面は銀箔のようです。





裏面は粘着材です。保護シートを外すと黒い粘着膜が。結構粘着性が高いです。





厚みは1.5mm程度。





前面バッフル以外の面に貼り付けます。





ニードルフェルトは化繊素材です。





厚みは10mm程度。






制振材を覆う感じです。どんな音になるのか楽しみです。



つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-5 仮組立とファーストインプレッション編です。




私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-11 完成前の改良 特性測定編

イメージ
-12dB/octネットワークの周波数特性
測定にはefuさんのWaveGene、WaveSpectraを使用しました。




WaveGene Ver 1.40(サイン波生成)設定

生成時間:20秒 ・16bit/48kHz Stereo
Wave1 ・サイン波 ・20Hz ・-10dB ・0% ・L+R ・0Sa ・0度 ・スイープ(チェック) ・変調(なし) ・ゲート0 0 ・スイープ(右クリック) 
周波数 :リニア
振幅 :リニア
位相 :Off
変化量 :スムーズ(連続)
Wave2 ・サイン波 ・20000Hz ・-10dB ・0% ・OFF
Wave3 ・サイン波 ・1000Hz ・-10dB ・0% ・OFF





WaveSpectra Ver 1.50(周波数成分表示)設定

Wave ・表示タイプ 通常 ・縦軸 倍率x1 ・横軸 倍率x10 ・レベルメーター 表示(横) ・描画方法 Screen

Spectrum ・表示タイプ 通常 ・縦軸 dB、レンジ 80dB シフト Auto ・横軸 Log ・描画方法 Screen

FET ・サンプルデータ数 16384 ・窓関数 Hanning

・再生/録音 Macbook - TC/Konnekt24D - BEHRINGER/ECM8000 スピーカー間隔は1.8m、スピーカー1m前方からコンデンサーマイク測定。 WaveGeneで生成した波形をマイクで録音し、WaveSpectraで再生・表示するという方法。


  測定結果1



測定結果2

100Hz手前から緩やかに低域が下がっています。サイン波の生成を20kHzまでとしたので20kHzでグラフは切れています。





総合特性(想定)のおさらい

想定時の波形に近いですね。左右片方づつ測定してみましたが同様の波形でした。聴覚上の不自然さも感じないので、これで良しとしましょうか。敢えて言えば、フラット過ぎるところが気掛かりですが、流して聞いている分には気になりませんが。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.8 完成編です。

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release