投稿

8月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

I"ll Be There [music review]

イメージ
残暑お見舞い申し上げます。

 夏になると涼を感じる楽曲を好んで聴きます。アシッドジャズ、ハワイアン、ボッサ、ギターギュオ、沖縄民謡など。

 初めて買ったCDは一枚がマイケル・ジャクソンの「BAD」でした。なぜ「BAD」かというと、SONYのCDラジカセを買った時にヒットチャートのNo.1だったから。マイケルの曲はFMでよく流れていましたが、目の前のCDラジカセのスピーカーから出るサウンドはクリアーで重低音が効いて、とても興奮した記憶があります。



Trijntje Oosterhuis [I"ll Be There]


 オランダの歌手・トレインチャによるマイケルのカバーアルバム「NEVER CAN SAY GOODBYE」の中の一曲です。このアルバムは全体を通してトレインチャのさらっと伸びやかな歌声とアコースティック・ギターによるスムースなサウンドがクールさを感じさせるパッケージです。





 このアルバムはカバー曲集ですがアレンジが秀逸ですっかりトレインチャの楽曲になっています。コーラスはスティービー・ワンダーでしょうか。彼のソウルフルな歌声がモータウン・サウンドを意識させます。I"ll Be There...慈愛に満ちた言葉ですが、少しもの悲しさを感じるのはメロディと何度も語りかける歌詞なのかもしれません。夏の疲れを癒すピースフルな一曲です。



MicroSolution Crystal View ARSH

イメージ
MBP Mid2012にアンチグレア・フィルムの中でも光沢が保持されるというMicro Solution Crystal View ARSH for MacBook Pro 15inch Unibodyを、マイクロソリューション社は貼ってくれることで有名ですが、自分で貼ってみました。



・貼る前


天井のシーリングライトがディスプレイに反射して写り込んでいます。


・貼った後


シーリングライトの輪郭がぼやけました。一目してわかる効果と言えばこんな感じです。


背景の光の差分が大きければ写り込みが気になりますので、写り込まないよう配置することで補完できれば尚良し。自分で貼ってみて出来映えは70点くらいかな?貼り始めに1、2箇所の塵を除去し忘れましたが、気をつければきれいに貼れると思います。


レビュー Apple MacBook Pro 15inch Mid2012

イメージ
13インチのMacBookをリプレイスしました。

 日本の五線譜面は菊倍版(A4サイズより大きいサイズ)が一般的、広げたサイズは23インチ相当のディスプレイに近いことになります。つまり23インチ以下のディスプレイでPDF形式の譜面を見るときは、譜面全体ではなく一部表示または縮小表示しています。ということで、拡大率が近似の23インチ前後の画面がベターですが、スペースファクターもあり15インチとなりました。






 CD/DVDドライブを外付けするデスクトップの煩わしさを考えた時に、Retinaディスプレイは優先順位が下がりました。





 DAWソフトを起動しSafariでブラウジングする程度ではスペックに不満はありません。画面も解像度1440x900ピクセル上限なだけで普通に綺麗な画面です。メモリーは標準4GB。Thunderbolt、Ethernet、Firewire800、USB3.0、Audio Optical In/Out、SDXCスロットと入出力も必要十分。





 各種レビューは巷にあるので割愛。

 マルチタッチトラックパッドがかなり便利です。AppleがマウスではなくトラックパッドをMacのインターフェースとして採用している意味がよくわかります。ブラウザやPDFの画面を拡大する場合、ツールボタン、コマンド、ショートカット操作の代わりにトラックパッドで2本指を広げるだけ。こういう直感的な機能は特に作業効率が上がります。





 Mid2012モデルのメイントピックスはRetina採用ですが、OS XのLunchpad、Mission Control機能は狭いモニター環境をワンクリックで広げ、画面の狭さを補完する機能性。トラックパッド同様に直感的操作で便利な点は、やはりApple。MId2012モデルは裏蓋を開けてメモリとHDDが見えますので、いずれメモリーを換装しようと思います。




Sony Music Unlimited を試してみる。 -No.2

Sony Music Unlimited 試用期間の終了が間近に迫ってまいりました。
そこでMusic UnlimitedとiTunes Storeの簡単な違いをまとめてみました。

■料金プラン
Music Unlimited:1480円/30日(定額制)
iTunes Store:250円/曲(従量制)、iTunesPlus upgrade 50円/曲

■メディア/インターフェース
Music Unlimited:クラウド/ブラウザ
iTunes Store:アプリケーション

■楽曲提供方式
Music Unlimited:ストリーミング
iTunes Store:ダウンロード

■楽曲数
Music Unlimited:1,000万曲以上
iTunes Store:2,000万曲以上

■試聴時間(サインアウト時)
Music Unlimited:30秒
iTunes Store:30-90秒

■音質
Music Unlimited:HE-AAC 48Kbps
iTunes Store:AAC-LC 128/256Kbps

■対応フォーマット
Music Unlimited:リニアPCM(WAV)、MP3、AAC、WMA
iTunes Store:リニアPCM(WAV)、AIFF、Appleロスレス(ALAC)、MP3、AAC

■クラウドとの連携
Music Unlimited:PC/Macと同期し登録した楽曲をデバイスでストリーミング再生。(Music Unlimited自体がクラウド型サービス。)
iTunes Store:PC/Mac内の楽曲をiTunes in the Cloud(iCloud)と同期。デバイスにダウンロードし再生。

■UIメニュー
Music Unlimited:再生プレーヤーとストリーミングメニュー・メディアの統合型UI。
Sony Entertament Network アカウントにより、Music Unlimited、Video Unlimited、PlayStationNetoworkの各サービスを利用可能。
iTunes Store:再生プレーヤーとダウンロードストア・メディアの統合型UI。
Apple IDにより、iTunes Store、App Store、Podcastなどの各サービスを利用可能。

クラウド型とダウンロード…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release