投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






部屋とスピーカー配置 Part1

イメージ
家族間で部屋替えを行いました。今までは6畳+クローゼットの書斎兼寝室。移動となる部屋は5畳+クローゼットとダウンサイジング。1畳分の制約ですが、オーディオを中心に考えず、快適な睡眠のための寝室と趣味部屋としての書斎を自由と制限の中で併せて作っていく事が前提条件となっていましたので、その中でどうやって家具の配置を決めるのか?その中でベッドとスピーカーの位置取りがメインテーマになりました。



元の部屋のレイアウトは長手・短手共に3m程度のスクエア型。その一端にオーディオセットとピアノを配置していました。スピーカー間隔は2m、スピーカー外側は1m弱を確保し、部屋にいるときは書斎椅子に座っていることが多いので、リスニングポジションはスピーカーから最低でも1m超。音楽を聴き込むときはスピーカーと三角形を成す位置まで移動していました。


移動先の部屋は縦長、長手方向は壁面、短手方向にはそれぞれ窓と収納扉があり、できればスピーカー前面には容積を確保したい。小型スピーカーならばチェストやシェルフに配置できそうですが、ブックシェルフとはいえ縦長40cmあるスピーカーはスタンドに乗せたい。そうすると設置場所が限られてくる。


そうすると長手方向の一方をベッド、もう一方をオーディオセットにする選択肢が一番現実的。ピアノが88鍵でなかったならもう一つ二つレイアウトする可能性が広がりましたが、こればかりはまだ使い続けたい。また長手方向にスピーカーを配置すれば、反対面の壁との距離はせいぜい2.7m程度。もう割り切るしかありません。


移動先の部屋での配置はこうなりました。

書斎での作業は書き物にしてもMacで完結する場合が多く、とりあえず机は見切りをつけました。電子ピアノと液晶モニターの親和性が悪く、苦肉の策でスタンドを取り払って譜面台に置いたら思いのほか馴染で、結果オーライ。アームスタンド的なソリューションは留保。


元の部屋はスピーカー間にオーディオラックを設置していましたが、移動先の部屋では外してみました。スピーカー間は1.6m程度。写真で見る通りのニアポジショニングでのリスニング、DTMerのような環境になりました。幸いスピーカーがモニタースピーカーなので、ニアリスニングでの音響的な違和感はありません。


ただスピーカー配置によりサウンドバランスが変化するので、時間があればレイアウト変更しながら…

NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-9 SUMIKO Pearl Take9。

イメージ
Sumiko Pearlでのトレース、Take9です。






竹内まりや / September





J-POPカテゴリから選曲してみました・・・J-POP?
先日街のどこかでふと聴こえてきて、次の投稿はこの曲しかないな、と。懐メロとして括るにはカッコ良すぎます。部屋でのサウンドは低音のグルーブ感が効いていますが、YouTubeの音声はバランスが整って聞こえます。チリパチは反省です。・・・レコード再販して欲しいなあ。


プレーヤーの横に扉が見えますが、実は環境が少し変わりました。今回、テスト的にいろいろ回してみて、動画を観ると結構サウンドに響きが感じられますので、調整してみる余地がありそうです。


つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-10 SUMIKO Pearl Take10です。


レビュー ProAc STUDIO100 Part2

イメージ
数年前にとあるスピーカーの情報に接し、一度は所有してみたいと思いました。経済的な理由や環境制約を諸々考慮しつつ、オーディオシステムをイメージし、今使っているSTUDIO100との併用を前提にすると、やはり導入は見送るという結論に至り、そのスピーカーの進化を穏やかに見守りつつ、数年後に再検討することにしました。




 その期間とシンクロするようにProAc STUDIO100がディスコンになりました。既に英国のウェブサイトのStudio Rangeからはリストが消え、ユニットが異なるSM100がラインナップされています。各国の販売店においてはまだセールリストにあるので流通在庫限りなのかもしれません。




STUDIO100-C プロアック ブックシェルフ型チェリー【ペア】 PROAC...

 正式なアナウンスは見ていませんが、ディスコンの理由について、海外フォーラム情報では製造コストが高いから販売継続できないとのことのようです。元々クオリティとコストパフォーマンスの両方を要求されるプロフェッショナル向けの製品ですし、その要素で満足でき得る製品なので致し方ない気もしています。一方でウーファー・ツイーターユニットはサービスパーツとして販売継続中で、市場価格も納得できるものです。

 もっともSTUDIO100は、2000年代初頭に一度ディスコンになりましたが、ユーザーの声により復活した経緯があります。世界中のエンジニア・ミュージシャンに愛され続けている製品なので、今回ディスコンだからと言って先行きあまり心配ないのかもしれないと楽観視しています。本当にパフォーマンスが高いスピーカーです。




ラベル別INDEX

もっと見る

New Release