投稿

6月, 2010の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

ミュージック・レビュー〜アフリカ!〜 POPS編。[music review]

イメージ
WE LOVE MUSICキャンペーンに参加したときのミュージックレビューです。
テーマは「アフリカ!」POPS編。



MISIA [Maware Maware / MISIA feat. M2J + Francis Jocky]
2010/6/9 発売の「Listen Up! The Official 2010 FIFA World Cup Album」(FIFAワールドカップ アフリカ大会の公式アルバム)に収録されている1曲。現代的なアフリカンビートに乗って、MISIAの力強くやさしい歌声の中に、アフリカの情景と世界各国の「こんにちは!」が埋め尽くされています。聴いていると楽しくなって元気が出てきて、聴くより一緒に歌い踊りたくなる、MISIAの持ち味満載の1曲です。


ちなみに、この曲の入ったアルバム「Listen Up!~」の売上げの一部は「20 centres for 2010」を通じてアフリカ支援に寄付されるそうです。




U2 [ONE]

 1991年発売のアルバム「Achtung Baby」に収録されている名曲。 ギターリスト・The Edgeの切ないギターリフで始まります。それに続きボノがやさしく歌い始めます。静かに始まる曲ですが、「ONE」という言葉から徐々にボノの声が高ぶります。気付いたら「one love~」とボノと一緒に歌うことになります(・・・私だけかも。

 「ONE」という言葉に様々な意味合いを込めている歌詞に、人それぞれの人生の1シーンが重なり、グッときます。特に「LOVE」という言葉とのつながりが印象的です。筆者にはボノが意図的に「ONE」と「LOVE」を絡めて、人は孤独だけども周りを見ろよ!愛する人や友達がいるじゃないか!と言っている気がします。

 今回のテーマはFIFAワールドカップを意識してますが、この2組のアーティストはアフリカ貧困等の問題について積極的に活動してます。ボノは政治家や実業家にも働きかける活動を、MISIAもライブで観客にアフリカ問題について言及し続けています。アフリカと言えば?と考えたとき、筆者はこの2人のアーティストが一番に思い出しました。今回のセレクトはそういうことです。





ミュージック・レビュー〜Healing(癒し)〜 JAZZ/CLASSIC編。[music review]

イメージ
WE LOVE MUSICキャンペーンに参加したときのミュージックレビューです。
テーマは「Healing(癒し)」JAZZ/CLASSIC編。


John Coltrane & Johnny Hartman [My One and Only Love]
 アルバム「John Coltrane And Johnny Hartman」の中の1曲。オリジナルは1953年発表でRobert Mellinが作詞、Guy Woodが作曲。ジョン・コルトレーンとジョニー・ハートマンのセッションバージョン。

 John Coltraneのアグレッシブな演奏も聴き応えがありますが、この2人の組み合わせは、落ち着いて渋くていい感じです。2001年発表のコンピレーションアルバム「Coltrane for Lovers」、2004年の「Hartman for Lovers」にも収録されており、深ーく、甘ーく、心に染みて、深ーく、甘ーく、癒されます。


・・・

Mozart [Mozart: Clarinet Concerto, movement 2 adagio]
 モーツアルト クラリネット協奏曲 K.622 第2楽章(アダージョ)。1790年代におそらく書かれたであろうモーツアルトの唯一のクラリネット協奏曲。その第2楽章。とにかく「美しい」。

 第1楽章、第3楽章は「清々しさ」や「快活さ」も含まれ、各楽章通じて「凛とした透明な美しさ」を体験できるが、とりわけ「第2楽章」は「雄大」「泰然」「壮大」な「美しさ」を体験できる。クラリネットの美しい音色とオーケストラのそれを支える見事な調和に心も落ち着きます。週末の夕方、窓を開け放ち遠方の山々が夕陽に染まって行く様を眺めながら聴く第3章は至福の時です。


つづきは、 ミュージック・レビュー〜アフリカ!〜 POPS編。[music review]です。


ミュージック・レビュー〜Healing(癒し)〜 POPS編。[music review]

イメージ
WE LOVE MUSICキャンペーンに参加したときのミュージックレビューです。
テーマは「Healing(癒し)」POPS編。


R.E.M [Everybody Hurts]
1992年発表のアルバム「Automatic For The People」(全米No.1プラチナ)に収録されている1曲。メロディーが美しく、社会性に富んだ歌詞に心打たれる内容です。1991年発表のアルバム「Out of Time」と共にオルタナティブロック聡明期の作品ですが、メロディアスでポップでフォーキー、いわゆる「歪み」もなく、聴きやすいののが特徴です。


R.E.Mのこの時代のメロディーは今でもふと口ずさみ、ハッピー&切ない気分なります。2010年、ハイチ地震救済チャリティーシングル「 Helping For Haiti [Everybody Hurts] 」として、カヴァーされています。こちらもおススメです。


・・・


Billy Joel [Piano Man]
1973年発表のアルバム「Piano Man」に収録されている1曲。もう知らない人はいない名盤、名曲。ビリーのハープとピアノの音色を聴きながら映画の1シーンを観たような体験をしてしまう。それは、ビリー歌詞が、場末の飲み屋で弾き語るピアノ奏者と客のひとコマを歌にしている(予想)からなのだけれど、哀愁のある切ない会話の中にも「And you've got us feelin' alright 」(お前は皆をゴキゲンにしてくれんだよ!)って歌詞を聴くと、なんだか元気が出てきてハッピーな気分になる、曲です。

ちなみに、筆者のブログの中のタイトルにも使わせて頂いている「Piano Man」はこの曲から頂きました。

・・・

Baby Face [The Day (That You Gave Me a Son)]
1996年発表のアルバム「The Day」に収録されている1曲。このアルバムも名盤、名曲揃い。今回は「Healing」がテーマなのでこの曲「The Day」を選びました。


Babefaceに子供が授かった時の想いを歌にした、とてもストレートで慈愛に満ち溢れた楽曲です。「Oh such tears of joy, I've never known」(うれし涙ってあるんだね!)って言葉が、心に響きます。筆者は子…

私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-1 ネットワーク実体図作成編

イメージ
ユニットのクロスオーバーネットワークの回路図、実体図を作ります。




クロススオーバー・ネットワークの回路図を描いてみると上図のようになります。






 回路図を元に、実際の基盤と部品の大きさの図を描いてみます。


基板:9mm厚はがきサイズのバーチ積層合板コイル・コンデンサー:Junzen抵抗:TAKMAN立ラグ端子台配線:CANARE 4S8G

 回路図に等身大の部品実体図を重ね、はがきサイズに収まるように部品の位置を整理していきます。基盤中央に端子台、上部がウーファー回路、下部がツイーター回路。もっと簡単な回路設計がありそうな気がしますが、これ以上思いつかないので良しとしてみました。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.4-4 ユニット決定編です。



宮崎のことは対岸の家事ではない。

今日は久しぶりに雨が降った。
乾いたアスファルトの路面が次第に雨に覆われていく。

宮崎の口蹄疫、とてもやるせない気になる。
人々の心労、疲労、そして多くの家畜がこの数週間で処分されている。
想像を絶する現実が宮崎にはある。

口蹄疫の問題は、食料自給率や食の安全保障につながっている。
想像すれば対岸の火事ではなく、もし全国に広まれば?あるいは家畜ではなく犬猫などに新種のウィルスが広まれば?などと考えると、深刻な問題であることがわかる。

ラベル別INDEX

もっと見る