投稿

9月, 2010の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






レビュー KDL-40EX500

BRAVIA KDL-40EX500

 10月にはKDL-40EX710という後継機種が発売されるようで、LEDバックライト、フレームが狭いスリムモデルのようです。

 さて、家のリビングに設置しました。ブラウン管テレビに比べ、液晶40型は大きいですね。6畳向けと家電量販店には表示がありましたが、12畳でも37inchで十分。画質は家電量販店で見た画質と全然異なります。白っぽく見えていた、特に最近の光沢モデルと比較すると差があり気がかりでしたが、家で見ると白くなく、全く違和感ありません。あの画質は何だったんだろう?と思います。

 Panasonicのビエラと比較しました。ビエラの方がスリムで見やすかった。しかしビエラの番組表やリモコンはデザインがスタイリッシュでなく、使いやすいかもしれないけれど、どうも気になりました。テレビのリモコンを触ってみて、BRAVIAで良かったと思いました。十字ボタンも慣れでしょう。

 インターネットには、LAN接続でAirmacExpressをつなげ無線で飛ばしています。アクトビラやyouutbeあたりは何も問題ありません。yahoo!検索は表示が遅い。だからあまり使わないかもしれません。試しにvaioのTV番組をルームリンクで見てみましたが、ルーターが一昔前の機種なので、カクカクして見るに耐えませんでした。後日、ブルーレイレコーダーやルーターを買い換えるか検討してみたいと思います。



総評ですが、この機種で十分でした。実はKDL-40HX700や800も候補でしたが、コストパフォーマンス抜群のこの機種で、とりあえず地デジ過渡期を迎えようということです。家電量販店で見るよりデザインもクールで、やはり実物を見た方がいいですね。



ラベル別INDEX

もっと見る

New Release