投稿

5月, 2015の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム No Audio Too Taboo - 公正さについて。ある視点から -

イメージ
今日、我々は日常的に多種多様な国内外の音響製品に接する機会があります。そしてそれに付随するサービスも一様ではなくまた異なります。たとえば製品管理において、シリアルナンバーのみ管理しているメーカー、シリアルは必須だが便宜的に顧客情報を管理しているメーカー、シリアルも顧客情報も一元管理するメーカーと姿勢は様々です。そこへ代理店が加わるとさらに複雑になるケースがあります。

 たとえば、とある海外メーカーが製品シリアルと顧客情報を一元管理していたとします。製品アップデート時には”必ず”シリアルと顧客情報が必要になります。故障等のサポートが必要な場合は代理店を通じてサービスを受けることになりますが、その際はさらに”代理店が発行した登録番号”と顧客情報が必要になります。代理店は中古品・二次流通品について原則的にサポート対象外とし、ユーザーが中古品を売買する際にはメーカーの顧客情報を自ら名義変更する必要があります。

 後者のような顧客管理は代理店の対応からサービスという要素以外に流通管理の側面が垣間見えてきます。経験上、メーカー代理店サイドの厳格な管理とユーザーサイドの融通はトレードオフを生じることがありますので、機能も含め顧客管理やサービスを変更する際には、メーカーサイドによるユーザーサイドへ丁寧な説明努力とユーザーの利益確認などのコミュニケーションは双方にとって合理的行動であり、これらは権利や規約などを持ち出すまでもなく、モラルや公正さという観点で然るべきことと捉えています。

 また、言うに及ばず国内外には組織・個人を含む複数のオーディオメディアが存在しています。彼らは日々リリースされるオーディオ機器・関連製品・イベントニュースのほか、レビュー・コラムを掲載しています。筆者の知るところでは、彼らのほとんどは紙媒体やWEB、SNS等のクロスメディアを採用し、プリントとデジタル・サブスクリプションサービスのために出版事業とWEBメディアの運営を行ない、我々オーディオファン、音楽愛好家はそれらの情報に日々接しています。

 我々が彼らメディアに期待することは何でしょうか。いち早くニュースを掲載する速報性、製品からサービスまで広く取り上げる総合性、情報に誤りがない確実性、複数の角度から観察する多面性、製品を高い知見で評価する専門性、様々な意見を受け入れる多様性、視点に偏りがない中…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part1

イメージ
昨年末、Meridian Audio社がオーディオ・フォーマット「MQA」のアナウンスをしました。技術解説やレビューはStereophile Phile-Web等で既報、賛同メーカーとして国内ではONKYO/e-onkyoが、MQAフォーマットへの対応製品の開発を始めるなど動きがあります。

 巷の解説に重なりますが、MQAのコアな要素は、アップサンプリング技術による高音質化とカプセル技術による ファイルデータ圧縮化の2つ。前項は更にプリ・リンギング補正と過渡・遅延特性の改善、後項はカプセル化とロスレス圧縮の2要素が含まれ、前項・後項を含めたエンコーディングの総称をMQAと呼称しているようです。

 いまだ技術詳細はややベールに隠れた感がありますが、Meridianのアップサンプリング・テクノロジーと言えばDolby TrueHD。そのアングルで言えば、そのテクノロジー蓄積の延長線上にMQAの高音質化が存在しているのかと想像しています。

 カプセル化においては、ロスレス圧縮よりさらに効率的ということですから興味が尽きません。LossyではなくLosslessであるという点が、たとえLossyであっても、サンプリング周波数44.1-748kHzの範囲内でエンコードにより16/44.1互換の1Mbpsにまでファイルデータを圧縮できるということは十分イノベーティブですが、それがロスレスであればそのメリットは言うまでもないことかもしれません。

 現時点ではMQA音源に 身近に接する機会はありませんが、既存のPCMスタジオ・マスターの存在を前提にMQAエンコーディングする、そうすると敷居は高くはなさそうなので、そのサウンドに制作者・リスナー双方の支持が得られるのであれば、MQA音源の普及はTIDALのようなストリーミング・サービス以外でも拡がる可能性は十分にあるのかもしれません。

 ニセレゾ、DSDのセールストークにややうんざりしていた昨今のフォーマット論争ですが、MQAについての説明において脚色を控える代わりに音源を含めてもう少し情報を開示していただけると、さらに興味を持つことができるのかなと思います。




コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part1 - MQAとは?
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2 - MQA波及予測
コラム …

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.8 メンテナンス編

イメージ
ターンテーブルから一定間隔にサッサッと異音がするので、点検することにしました。異音の原因は軸のオイル切れだと大方予想しています。


プラッターを外します。・・・重い。


やはりオイルが漏れた形跡がありました。ターンテーブルを何度か移動した際に流れ出たのでしょう。


オイルを注入します。注ぎすぎると油圧でプラッターの軸が差し込みきれなくなりますので、ほんの少しだけ注ぎ足します。


ついでに設置場所の点検。水平チェック OK。 インシュレーター脚を締める。


プラッター、ターンテーブルベース、アームを磨きます。このクロスは楽器用ですがオーディオメンテにも使っています。埃の吸着に優れ、水で洗浄すれば繰り返し使えます。オススメです。



クリーニング クロス MCC2 MORRIS モーリス MCC-2 Belima ベ...
価格:756円(税込、送料別)



さて、プラッターをセットし回してみます。滑らかに回りました。なんとなく、音もいいような気がします。


アナログプレーヤーを考えてみる。 -No.1
アナログプレーヤーを考えてみる。 -No.2
NOTTINGHAM Interspace Junior -No.1 導入編。
NOTTINGHAM Interspace Junior -No.2 開封編。
NOTTINGHAM Interspace Junior -No.3 組立編。
NOTTINGHAM Interspace Junior -No.4 調整、音出し編。
NOTTINGHAM Interspace Junior -No.5 45rpm編。
NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.6 手回しプレーヤー編。
NOTTINGHAM Interspace Junior -No.7 リード線修理編
NOTTINGHAM Interspace Junior -No.8 メンテナンス編。



DTMデスクを整える Part3 モニターアーム設置編 くねくねモニターアーム

イメージ
現下のデスクトップ環境は、電子ピアノを専用のキーボードスタンドに乗せ、Macbookはノートブックスタンドを、アームライトは木板にクランプ留めし、それぞれ電子ピアノとキーボードスタンドとの間に挟んでいます。  

 キーボードとマウスは鍵盤の上で操作するという、苦肉の策。これを出来れば配置はそのままで改良したいというわけです。メインPCとしてのMacbook Proはサブモニターとしても利用していますので、このMacbookをより自由度の高い位置に配置するために、モニターアームを使います。




サンコ- 4軸式くねくねモニターアーム (ホワイト)

 4軸式を選択した理由は、メインモニターの左右にスペースを作りたかったから。3軸式は第一関節を左右に、4軸式は前後に曲げることで空きスペースに違いが出ます。 拙環境では後者が必要というわけです。





 モニターアーム取り付け場所はデスクの左側奥です。





 仮置きしてみます。少し問題がありますが、後述するとして・・・。





 設置作業環境が狭いので、予めクランプは組み立てておきます。





 六角レンチでビスをしっかり締めます。




 クランプをフリーデスクの天板に取り付けますが、そのままでは奥のクランプがデスク脚とプレートに干渉して回し締めることができません。この原因は、電子ピアノの位置がすでに決まっていることで、アームスタンドの取り付け位置に余裕がないから。かと言って、電子ピアノを手前に出せば手前のスペースが無くなります。

 そこで取り付けの際は、あらかじめ奥のクランプを天板+プレートの厚みまで締めておき、差し込んでからクランプを回せるだけ回し締めるという具合。これである程度は固定でき、あとは手前のクランプをしっかり締めることでアームスタンドの軸が固定されるという、一応の工夫をしてみました。





 取り付け位置をしっかり確保するに越したことはありませんが、緩みもなくモニターアーム軸が天板にしっかり固定されています。ノートPCは軽量ですし、緩んできたら締めるとして。





 ノートパソコン用ホルダーを取り付けます。


【3000円以上お買い上げで送料無料】 モニターアーム用 ノートPC ...
価格:2,056円(税込、送料別)



 VESA規格10x10。





 ネジを締めて取り付けました。ノートパソコン用ホルダーの質感は悪くないです。ゴム…

ラベル別INDEX

もっと見る