投稿

5月, 2010の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

私的LS3/5Aを作ろう!-No.4-3 吸音材検討編

現代の吸音素材はポリウレタンを使っていることが多く、復刻版もスポンジを使っていますが、LS3/5Aにはニードルフェルトがマッチする気がするのは私的な好みです。またキャビネット内側に黒いシートが貼りつけてありますが、カーボン系のシートで制振材のようです。吸音材&制振材の二重のデッドニングとは、裏を返せば共振するということでしょうか。

 様々な種類のカーボンシートがあり制振を謳っていますが、オーディオ向けとなれば高価になります。しかしカーオーディオ向けカーボンシートになると安価なものが揃い、日東電工の製品レジェトレックスは薄く1.5mm、軽量で温度安定した製品のようです。またニードルフェルトでもカーオーディオ向けの化繊ニードフェルトは廉価で、吸音材は化繊のニードルフェルト、制振材はレジェトレックスにしようと思います。

 さて、キャビネットを譲って頂いた方から「できるだけ密閉して下さい」とアドバイスを貰っています。バインディングポスト、キャビネットと前面バッフル、前面バッフルとスピーカーユニットの接合部分に隙間ができ、そこから空気が漏れると音に影響があるようです。バインディングポストにはシリコンボンド、前面バッフルには隙間テープ(フェルト)で対処しようと思います。キャビネット製作者はチューイングガムのような素材を薦めてくれましたが、もっと身近なモノで代用できないか検討しましょう。



つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-1 ネットワーク実体図作成編です。




私的LS3/5Aを作ろう!-No.4-2 クロスオーバーネットワーク検討編

イメージ
ユニット選定で数点に絞ったツイーター、ウーファー候補のスペックを調べ、先述のプログラムを利用し、クロスオーバーネットワークを仮定で作ってみます。ユニットのスペックシートはメーカーのホームページ等で入手できます。

 それぞれのスペックをネットワーク簡単設定プログラムを利用させて頂き数値を入力。その数値を元に自作スピーカー設計プログラム JAVAアプレット版を利用することにしました。




T/Sパラメーターはユニットのスペックを入力。ちなみに候補ユニットのスペックデータは「自作スピーカー設計プログラム」のデータに入っていたのでその数値を利用。




 各ユニットに数値を入力し容積8ltr、密閉型として特性データを表示したが、いびつなグラフになってしまいました。インピーダンス補正回路、アッテネータ回路の数値を組み込むとグラフが滑らかな曲線となりました。

 コイル、コンデンサー、抵抗は上記プログラムで算出された数字のものがあるのかと言えば既成品ではないものがあります。これを作れば大変コストがかかるようなので、既成品の数値を代替値で入力してみると、数値はほとんど変わりませんでしたので、その値を使います。コイル、コンデンサー、抵抗は既製品を使います。



 この曲線グラフがいいのか?曲線がフラットで、クロスがシンメトリーに近いと良いとのTip。思考錯誤しながらも、とりあえず数ユニットの総合特性グラフをつくることができました。その中で一番いいと思った曲線のユニットを使えれば。ユニットはVifa製ウーファーとSEAS製ツイーター、クロスオーバーネットワークも決定!


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.4-3 吸音材検討編です。



私的LS3/5Aを作ろう!-No.4-1 ユニット選定編

LS3/5Aのスペックシートを見てみましょう。

・エンクロージャー: 密閉型 約8L
・ウーファー: KEF B110 5-1 4inch(10cm) べクストレン振動板
・ツイーター: KEF T27 20mm ソフトドーム
・クロスオーバー: 3KHz(spendor model 3.5kHz)

 まず2wayのシステム候補を挙げるにあたっては、はじめてのスピーカー製作なので、できるだけシンプルなネットワーク構成にしたいと思います。

 シンプルとは・・・
・ツイーターとウーファーのインピーダンスが同じか、または近い値。
・周波数レンジが広く、ネットワーク調整がしやすいもの。

 入手しやすそうな候補を挙げるとScanSpeaks, Vifa/Pealess, Morel, Seas, Beyma, Max, Wavecor, Dayton。その中でウーファー径が5.25inchのモデルを探します。そしてVASが8L前後のものに絞りたいのですがほとんど無くどれも大体10-12L前後です。VASの数値は必ずしも一致しなくてもよいので、この中から候補を絞ることにします。

 ウーファーユニットはScanSpeaks, Vifa/Pealess, ツイーターユニットはSeasを候補にしました。ScanSpeaksとSeasのコンビは復刻版のLS3/5Aで使われているそうです。ちなみしScanSpeaksとVifa/Pealessは関連会社のようで、高価格帯が前者、中低価格帯が後者と棲み分けているような気がします。

 密閉型エンクロージャーは特に内圧負荷がかかり、そのプレッシャーはキャビネット内での振動が共振を起こしユニットに干渉を及ぼすようなものもあるそうで、となるとユニットはリアチェンバー付のモノがよさそうです。さらに候補ユニットは周波数レンジが広く、カタログスペックで50-5000kHzまでカバーしているものもあります。ユニットのレンジが広いとクロスオーバーの設計が容易になり、この点もユニットの候補を絞るポイントです。

 さて、これからはユニット一つずつを仮定し自作スピーカー設計プログラムさん、WinISDさんのプログラムを利用させて頂き、ユニット毎の特性・パラメーターなどをチェックしました。



つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.4-2 クロスオーバーネッ…

Piano man -no.5

前回のPiano man -No.4では、我流から再び師匠のレッスンに戻る宣言をした。


以降、たびたびピアノを触るようにしているが、一向に師匠のレッスンに戻れない。合いも変わらず、POPSのコードを弾いては自己満足に浸っている。



コードばかり弾いていたら飽きるかな?と思っていたが、新しいコードを覚えると、そのフレーズが弾けるようになる訳で、進歩だ。つまり少なからずコードを覚えるという進歩をしている。現状維持や惰性ではない。ということは、つまずいたら師匠のレッスンに戻る可能性があるということになる。



あと、指が相変わらず動きたがっているので、これも師匠のレッスンに戻る動機にもなる。まあごちゃごちゃ述べているが、ピアノを飽きずに楽しく弾いてま~すってことなのだ。

私的LS3/5Aを作ろう!-No.3 キャビネット編

イメージ
キャビネットが到着しました。小包が小さいので少し驚き、開封してもっと驚きました。LS3/5Aってこんなに小さいの!?このサイズで魅了してきたのかと、関心する。



 材質はビーチ積層材で丁寧に作っている。とてもいい仕上がり。ザグリやビス穴まで開けてくれていて、すぐにでも使えそう。前面バッフルはオリジナルのKEFユニットのサイズ。



 ビーチ材の木目と積層断面が美しい。そのままオイル仕上げにしようか、突き板仕上げにしようか迷う。そのくらい仕上がりがいい。
 さて、キャビネットが調達できた。次はユニットの選定ですが、前面バッフルは開口してもらっているので、この大きさに合わせるようになります。気がかりなのがツイーターの開口形状。候補に挙げているユニットよりサイズが3mm程度大きい。これをどうするか?



つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.4-1 ユニット選定編です。



ラベル別INDEX

もっと見る