投稿

2017の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

2017年、大晦日となりました。

今冬は寒波の影響で東日本は記録的な積雪、西日本でも晴れ空と雲り空がめまぐるしく変化する厳しい寒さが続いています。今年最後のエントリーとなりました。

 今年も拙ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 例年通り統計を見ますと、今年もDIYスピーカー、レコード、そして新たにMQA関連に多くのアクセスが見られました。とくにMQAではMQA-CDのレビューやLINNのMQA批判についての投稿には時間が経過してもコンスタントにアクセスをいただいており、前者は新たなフィジカルメディアとしての関心、後者はフォーマット論への関心と分析しております。

 アクセスの多くはトップページから。ブログ投稿とSNS投稿を昨年よりリンクさせて頂きましたが、トップページからの閲覧が多いということは、以前からの読者のみなさんやSNSユーザー以外の方々、また新たに定期的なブログ閲覧を得ているものと考えられ、ともすれば本当にありがたいことで、読者のみなさまへは感謝申し上げます。また記事作成にあたりご協力頂いた関係各位のみなさまへも御礼申し上げます。

 今年は記念すべく30万アクセスカウンターを頂きました。大台を超える予想は越年後でしたのでペースの早さに少々驚きも致しましたが、ただ本当に数字的なカウンターが過ぎただけ、あるいは投稿にアクセスが付いてきただけという感覚が率直なところでございまして、また新たな大台に向けての目標ができたことになります。

 オーディオはハードウェアに関しては必要最小限のみの入れ替え、そのぶんソフトやコンサートなどの機会に多くの出会がありました。前項は世界初のMQA-CDがリリースされたこともあり、ハイレゾとレコード以外に新たにMQA-CDを聴く機会とお気に入りの作品が複数、ストレージとラックに収まりました。そのMQAは今年初めから大きなニュースとなり、2017年はMQA飛躍の年だったと言えるのではないでしょうか。

 その関連で企画にも挑戦させて頂きました。急な告知と実施でございましたが、企画の主旨をご理解し参加いただいたみなさん、そして何よりも多大なご協力をいただいたUNAMASレーベルの沢口さんには感謝の念を抱かずにはいられません。失敗もあり結果も十分ではありませんでしたが、学ぶべきものが多過ぎてまだまだ精進が足らぬことを噛み締めて過ごした下半期でござ…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part11

イメージ
Stereophileのジョン・アトキンソン氏が「MQA: Some Claims Examined」という記事を掲載しました。日本語訳をつけるとしたら”MQAについてのクレーム検証”。MQAが2014年の発表以来、賛否の世論が巷にあるなかで、彼らオーディオメディアのエディタ・ライターとしてのスタンスを改めて示しています。

 というのは、懐疑論はエンジニア、メーカー、エディターなどさまざまな立場で傾聴に値するものもありますが、近頃はあの有名な”MQA : Q&A”を掲載したStereophile(もう一つはComputerAudiophile)のエディターやモデレーターがMQAに肯定的だとして感情的かつ侮辱的に批判する論調がネットに存在し、それらへの冷静な反論の機会が今回の記事の背景にあると受け止めています。該当の記事から引用し意訳させて頂きます。


 その内容ですが「私は騙されていますか?」というアトキンソン氏の皮肉のようなコメントで始まります。そしてMQAの基礎となるJ. Robert Stuart氏とPeter Craven氏によるAES論文で概念を学び感銘を受けたこと、デモンストレーションが説得力があったことを2014年12月の記事「I've Heard the Future of Streaming: Meridian's MQA」で紹介したとしています。「MQAは現在音楽愛好家が体験しているTidalやQobuzの最高CD品質と同じインターネットパイプを通じてハイレゾオーディオを実現します」と。

 また当初は"audio origami"の超音波オクターブがアーチファクトなしにどのようにベースバンドと切り離させるか懐疑的だったが文献が可能であることを示しているようだったこと、2016年5月の記事「Inseide MQA」ではファイルサイズについて検討し、MQAのボブ・スチュアート氏がアトキンソン氏の24bit/88.4kHzオリジナルファイルを16bit/44.1kHzより小さいMQAファイルで送り返し、その主張が明白であることを得たと述べています。

 同記事では「MQAの主張をさらに検討し、エンコードされた超高域データは元の録音のアナログノイズフロア下でカプセル化され下位ビットに埋め込まれるとしていま…

コラム LANDRによる楽器の周波数一覧表

イメージ
音楽とオーディオ。それはソフトウェアとハードウェアに言い換えることができます。また音楽を聴く時が全て生演奏であることは不可能なのでオーディオがないと聞けませんし、オーディオもただインテリアとして飾ったり物を置いたりするそれ以外の用途も考えられますが、音楽がないと本来の再生装置たる機能が果たせません。音楽とオーディオは相関しています。

 その音楽とオーディオの使い手もまた相関しています。音楽を奏でる演奏者も音楽を創る制作者もそれら作品の聴取者(リスナー)同様にオーディオで音楽を聞きますし、音楽とオーディオに関する基礎的な知識や経験は共有していると言ってもいいと思います。より専門的・高度な知見や技術を習得しているか否かの大きな違いはあるにしても。

LANDR(ランダー)はオンライン・マスタリング・サービスです。公式ウェブサイトの説明文を引用させていただくとすれば以下になります。


”LANDR(ランダー)とは

LANDRは、ビッグデータや機械学習を使用して、音楽制作コラボレーションマスタリング共有、およびリリースの工程を再考する人工知能プラットフォームです。

LANDRの使命は、ミュージシャンに創造力を与え、音楽を聴いてもらう機会を増やすことです。”


 一般的には、AIを利用した音楽クリエイター支援サービスと認識されているのではないでしょうか。今回はLANDRのサービスそのものではなく、公式ブログ(英語版)の内容を一部ご紹介したいと思います。とくにメニューの「Tips」「Tools」にあるコンテンツはLANDR制作者向けの学習という意味合いと思われますが、リスナーへの学習にも通ずる内容であるため、しかもわかりやすい内容なので取り上げさせて頂きます。

 例えば...
・スピーカーの仕組み:How Do Speakers Work: Understanding Audio Reproduction [Infographic]
・耳を守りなさい!:Protect Your Ears!
・EQとは?:Equalization 101: Everything Musicians Need To Know About EQ

 そして...
・ EQカンペシート:>EQ Cheat Sheet: How To Use An Instrument Frequency Chart […

レビュー ボーカル・アンサンブル・コンサート

イメージ
欧米のブラックフライデーの習慣が数年前から輸入されはじめ、すでに11月末にはクリスマス・デコレーションが街に目立ち始めています。先週はクリスマスツリーの点灯式が多かったのではないでしょうか。我が家もすでに緑・赤・白・金・銀色のクリスマスツリーやオーナメントが当たり前のように飾られています。

 昨週末は兵庫県立芸術文化センターで行われた「ボーカデミア・クリスマス・コンサート」へ行って参りました。これは同センターが以前から行っている自主公演「世界音楽図鑑シリーズ」の一環で、今年度の春夏季は行けずじまいでしたが、秋冬季はタイミングが合いこのたび「ロシア国立モスクワ・アカデミー合唱団」の精鋭達によるボーカル・アンサンブルの美声と少し早いクリスマス気分を満喫してまいりました。

 会場入りする年齢層は高めのなかで、大学生と思しきグループや子供連れのご家族も目立ち、クリスマスムードの週末を感じました。大ホールの座席はほぼ聴衆で埋まり、上階やや右寄りから観るステージは左手にグランドピアノが屋根を閉じ気味にセッティングされ、後ほどわかりますが、中央に12人のコーラスグループが位置し、ときにアンサンブルはピアノ伴奏をともなうものでした。




 公演は大きく2部構成、さらに1部はアリアとイタリア、2部はロシアとポップスというテーマ(私感による)の合計4部で構成されていたように思います。各前半は静謐、後半は高揚というふうに静動・緩急と申しますか、トラディショナルとカジュアルといった具合にテーマ別に雰囲気を変えながら、しかしクラシックな趣向アレンジはさすがといったところ。

 とくに印象的だったのは音圧がいつもより低いということ(こういう受け止め方をする聴衆は少数なのでしょうけど)。ヴァイオリンコンサートでも静寂音の中に弦を擦る音を聞くことがありますが、声はより小さい音から発せられ、12の声が集まるとそれなりのボリュームで、声量が高まり音高(ピッチ)が上がりコンサートホールに響きわたりますが、それでも音のインシティはヴァイオリンのそれより弱く感じます。その生の声の強さとグランドピアノの伴奏音がちょうど良い加減でした。

 普段、オーディオを聴く際は音圧レベル70dB前後と高くはない方ですし、PAを使うコンサートなどはセンシティブに音圧を大きく感じる方なので、今回のボーカル・アンサンブルは、耳に…

コラム オーディオスタイル ー原音再生ー

「原音再生」というフレーズに接することがあります。たしかオーディオ機器のCMに使われていたことをなんとなく覚えていますが、もしかしたら勘違いかもしれません。しかし記憶の片隅に「原音再生OOOO」というキャッチコピーが残っていますので、おそらく遠い昔にどこかで使われていたのでしょう。要はこの定型句のようなフレーズが脳裏に刷り込まれたのはかなり前のことだということです。

 では「原音再生」とは何でしょうか。端的に言えば、原音を忠実に再現することと解しています。おそらくHi-Fiの日本語訳なのかもしれません。なぜなら認識している意味がHi-Fiの意味とおおよそ重なるからです。Wikipedia*では「Hi-Fi」という項において「字義的には、High Fidelity(高忠実度、高再現性)の略語であり、音響機器などにおいて「原音や原画に忠実な再現」という意味を持つ」としています。やはりHi-Fiと意味が重なります。
 Hi-FiについてはJAS・日本オーディオ協会がハイレゾの定義(PDF)において「Hi-Fi」の概念を言及しているセンテンスがあり、1933年、Dr. Fretcherによる「HI-Fi」再生の条件として発表された内容として記しています。以下引用させて頂きます。

(1)伝送された雑音が、再生する部屋の騒音より小さいこと
(2)シンフォニーの再生には、ピークで100dB SPLの音が出せる程度のダイナミックレンジが必要であること
(3)伝送特性の非直線性によって発生する歪みは、判断できないほど小さいこと
(4)再生周波数範囲は、人の可聴周波数範囲を超えていなければならないこと
(5)定位が明確であること(これは後に追加された)
 つまり音響機器などにおいて上記の(1)〜(5)項目の条件を満たすことがHi-Fiだということになります。今見ればどれも常識的な内容ですが、おおよそ80年前の1930年代は1948年のヴァイナル盤登場以前のSPレコードの時代ですので、蓄音機等で再生するときの定義付けだったのでしょう。逆に見ればそれまでは条件に満たない再生があったことが推察できます。

 しかしこれらの条件は現代で通じるにしても基準が緩く低いことは明らかです。現在はJEITA・電子情報技術産業協会の規格のように、より細分化・高度化した基準に沿った音響機器のガイドライ…

コラム 音声フォーマット小史からみえるもの

イメージ
初めてPCを家に入れたのは確か1995年頃でした。大学ではDOS/V、会社ではNECのPCが主流だった当時、エプソンがはじめて家庭向けPC通販サービスを始めた製品からEndevorシリーズを購入しました。ブラウン管モニタ、OSはWindows3.1、OSのインストールはフロッピーディスクでアプリケーションのワードと併せると数十枚分、使えるPCにするにはインストール作業が数時間がかりでした。

 やがてOSがWindows95, 98とアップグレードする頃に今日の音声フォーマットMP3が登場します。当時のPCオーディオは読み込み専用CD-ROMドライブにマウントしたCDを1-2倍速で回しながらPC内の音楽プレーヤーで再生するという方式でうるさいCDプレーヤーといったもの。そのときに音楽プレーヤーWinampが流行の走りにありました。丁度この頃Apple Macintoshも一般に知られるようになります。

 いまでこそPCオーディオはリッピングしたCDのLPCMをWAVをはじめとするコンテナ・フォーマットやダウンロード配信した音源で聴くスタイルですが、当時はPCオーディオという言葉すら存在しませんでしたが、PCでのCD-ROMドライブ再生がPCオーディオであり、MP3はマイクロソフトやソフトウェアメーカーが配布するパソコン用音源として明確に区別されていた記憶です。

 なぜなら当時のPCスペックとしてのハードディスク・メモリの単位はキロ・メガバイト。やっとギガ時代の入口が遠くに見えていた頃で、テラはさらに夢の単位でしたのでパソコンにCDのWAVデータを音源として入れることが一般的ではなかった時代です。ですからMP3はイノベーティブなフォーマットとして当時受け入れられ、それがほんの20年前の筆者の周りのPCオーディオのリアルな世界です。

 そこで、今回は現在の主要音声フォーマットの小史をざっと調べてみました。フォーマットは国内主要オーディオメーカーが対応するものとXLD変換コーデックです。


Format Year AIFF1991 WAV1991 ATRAC1993 MP31996 AAC1997 WMA1999 DSD1999 FLAC2001 OGG2002 ALAC

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part10

ミュージシャン・David Elias(デヴィッド・エリアス)さんが自身のブログに「Why MQA? It Solves Magic Step #3...(なぜMQAなのか?ステップ#3を解決する魔法)」という題名の投稿を行っています。彼は精力的なハイレゾ作品の制作とさまざななディストリビューションでのリリースを積極的に行いながらご活躍されているアーティストの一人です。今回プロミュージシャンの立場からのMQAへのご意見を意訳して紹介させて頂きます。


 「私の良いレコーディングの3条件は#1曲 #2演奏 #3録音です。情熱と音楽的才能が良い楽曲にあれば(#1 #2)、多くのあるいは全てのリスナーに伝えることができるからこのようにランク付けしています。」

 「適切な機械的・物理的(マイク・プリアンプ・録音レベル)条件下で慎重にミックスとマスタリングでそれらを収録できれば、確実に最高の音楽レコーディングコレクションを作ることができます。それ以外の方法はありません。」

 「私はMQAの"Take Me There"というタグをゆっくりと実現しています。スタジオやライブショーにおいてアーティスト・プロデューサーが最終的にレコーディングした音と、現実のアーティストの歌が大きく異なることがよくあります。アートディレクションの意図を表現するために(スタジオで入念なエフェクトやトリックは要求しないかもしれませんが、依然として高度な職人技を要求します) #1 #2 #3が存在しなればなりません。それ以外の方法はありません。」

 「偉大なセッションやマルチトラックオーバーダビングの作品群は#3のすべてを満たさず元のソース録音の制限に起因する意図を完全に伝えることができないにも関わらず、まだ素晴らしいとみなすことができます。私の音楽のリスニング履歴はこれらのパーフェクトなレコーディングではないにしても、シンプルに素晴らしい歌と演奏に満たされています。個人的なメモリーコレクションのおそらく最高の宝物です。」

 「しかしマスターテープのアーカイブズからのDSD変換が行われるまでは、当初はCD、それからMP3/AACで悪くなり、そしてHDCDやHDTracks/ProStudioMasterでさえもデジタルフォーマットで#3を満たす良い音を伝える方法は私にはありませ…

コラム いま聴くR&Bシンガーのバラード3選

イメージ
偶然が重なるということが稀にあります。それは良いことでも悪いことでも生じますが、前者であれば”盆と正月が一緒に来た”というたとえは古めかしい言い方で、今日的には「キてる・ツイてる」なんて表現するのかもしれません。二重にも三重にも喜ばしい幸せの連鎖が生じる、出会う、縁があると捉え得ることは現実に起こり得ることです。

 たとえば良いと思う曲に出会ったとき、頭のメモリに一旦インプットされストレージの奥底に保存され、ふとした心のスイッチが入ったときに頭の中に展開される。そしてじっくり聞いてみたいとモチベーションが動き出す。なぜ今なのかと理由を問われても「ずっと気になっていた」「ただ聞きたい」という答えが率直なところです。

 それは時間軸で「良いな」と「聞いてみたい」が繋がった瞬間です。その瞬間の偶然が重なったときが先日のコンサートでした。行くことが決まったとき、これは運だなと思いました。曲を聞いたとき、これは縁だなと思いました。そのストーリーの全てをブログで語り尽くすことはできませんが、今回は一つの切り口で音楽レビュー的なコラムです。




remain〜心の鍵 [小柳ゆき]

 小柳ゆき 2002年発売のアルバム「buddy」の中の1トラック。2001年 先行シングルとして同名でリリースされています。作詞: 小柳ゆき, Lightcha、作曲: 清水泰明、編曲: T.Nishigaki, 弦一徹、とアルバムにはクレジットされています。清水氏と弦氏は現役のヴァイオリニストでありアレンジャーのようです。

 彼女の最大のヒットソングと言えば「あなたのキスを数えましょう〜You were mine〜」が有名ですが、なぜか「remain〜心の鍵」は頭のストレージのどこかに収納されていた曲でした。それが15年間かどうかは定かではありませんが、ビルボード フェスティバルのときに思わず再会し、心の鍵が解き開き感情が抑えきれなくなりました。幸いなことに客席は暗く人目を憚ることなく思う存分に涙を流すことができました。





Something New [福原美穂]




 福原美穂 2015年発売のアルバム「Miho Fukuhara Live in Music」の中の1トラック。同年、先行リリースEPシングル「Something New」としてバンド、英語バージョンがリリースされています。作詞作曲: Bro…

スタディ ブラインド・リスニングテスト - Hi-res, MQA, CD-spec - 結果と考察

イメージ
10月1日(プレビュー9/30)から約3週間にわたり実施致しましたブラインド・リスニングテストの結果をご報告致します。

期間:2017/10/1-22 (プレビュー9/30)ページビュー:約1,000回 (期間中のサイトビュー:約3,300、インプレッション:約6,500表示)サンプル音源ダウンロード及び再生回数:未集計アンケート回答数:12件 (うち有効回答数12件)   
 たくさんの方々にアクセスとご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございました。ブログ読者とSNS中心の告知でしたが、期間中に告知を拡散して頂いたりお声がけして頂いたりコメントをお寄せ頂いたり致しましたこと、本当に助かりました。この場をお借りして御礼申し上げます。回答数につきましては12件の貴重な声を頂きましたこと誠に感謝申し上げます。


 ◾️ テスト概要のおさらい

 テストには16bit/44.1kHz, 24bit/176.4kHz, MQA(24bit/176.4kHz)の各オリジナルデータをレーベルから特別にご提供頂きました。そのテスト音源をデコード・D/A-A/Dしたサンプル音源を作成し配布、ダウンロードとサポート的にウェブプレーヤー視聴も行いました。サンプル音源はレーベルのご好意によりダウンロード視聴が可能となりました。

 当初はよりブラインドに近い状態を実現するためにウェブプレーヤー視聴を準備していましたが、視聴者の高品位再生と利便性あるいはWAV再生ブラウザプレビューの技術的課題からダウンロードとプレビューの併用を採用致しました。技術的課題とはWAV再生がブラウザとストーリーミング環境に依存するためです。

 ウェブブラウザは非公式見解を得たSafari, Chorme、ストレージとプレビューは公式見解を得たDropboxより、さらにテストトーン再生確認を行い採用しました。ダウンロード方式は技術的手段を用いれば比較的容易にフォーマットの周波数特性が判別できるため、視聴者の良識に委ねることで統計的な不確定要素が高くなります。したがいまして回答数を多く得ることが課題となります。

 D/A及びデコーダはMQA対応DACの普及機でもあるMeridian Audio Explorer2、ケーブルはAudioTechnicaの3.5mm-RCAケーブル、A/Dはプロオーディオ分野で評価を…

コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?

イメージ
MQAについてロスレスか?ビット数は?エンコードとは?音質は向上するのか?という巷の主要な疑問について、技術的な材料を元に回答をピックアップし私的な見解・考察を加えました。あくまで技術解説についての私的な観察メモと捉えて下さい。


 ロスレスかロッシーか?
*当該記事の投稿後、Audio Origamiについて新たな内容が明らかになっています。その内容は別記事で取り上げましたが、当該記事は更新しておりませんでしたので以下、内容を修正しています。

 「Audio Origami(折り紙)」はMQAの圧縮技術を抽象化し2次元で示したものですが(実際は3次元ということ)、そこで使用されているノイズフロアのシャノンダイアグラムを見ますと、弦楽四重奏曲 24bit/192kHzのオーディオライン及びノイズフロアが図示されており(A)0-24kHz, (B)24-48kHz, (C)48-96kHzに区分されています。


図:1 画像引用元:JAS Journal 2015 Vol.55 No.6(11月号) About MQA (Master Quality Authenticated)新デジタルコーディング方式 ‐ MQA (Master Quality Authenticated)Bob Stuart, Keith Howard訳:鈴木 弘明 (株式会社 ソナ)  (PDF)


図:2 画像引用元: UANAMAS LabelがMQAコーディングをなぜリリースするのか? By Mick Sawaguchi C.E.O UNAMAS Label
 A・B:音楽成分のピークレベル(赤)とその前後のバックグラウンドノイズ・ピークノイズレベル(緑)・平均ノイズフロア(青)より10dB低い検知できるノイズ(オリーブ)・時間的な分解能に影響を与え成分を取り除くと音質低下すると認知されている領域

 C:ほとんどのマイクやスピーカーの通過帯域を超え、ノイズレベルが人間の聴覚閾値を越えるか上下する(緑・青)ほとんど音楽成分がない、しかしサンプリングレートを上げると(A)領域の分解能が向上すると認知されている領域

 P:音楽とノイズカーブが収束する交差周波数。P点を越えると音楽はノイズ成分に埋もれる箇所、30kHz-60kHzの間の40kHzが一般的。

 MQAはシャノンダイアグラムの横軸サン…

ラベル別INDEX

もっと見る