投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






TwonkyServerをアップグレードする。-No.3 不具合解決編。

イメージ
TwonkyServerの不具合検証をしてみましたが、理由は簡単でした。
「共有」フォルダのチェック項目を変更したらサラっと改善したという・・・(汗




アルバムアートを表示するために「コンテンツタイプ」を「ミュージック&ビデオ」「ミュージック&フォト」に設定していました。確か、以前のバージョンではアルバムアートをDMC(Kinskyなど)で表示させるためにこの設定にしていたと記憶。


「コンテンツタイプ」を「全てのコンテンツタイプ」に変更し、複数フォルダ指定を解除。・・・以上です(涙


TwonkyServerを再インストールしたりDSのファームを戻したりしましたが、全然関係なかった!関係者の皆さま、ゴメンナサイ。

TwonkyServerをアップグレードする。-No.2 不具合発生編。

フリーウェアだったTwonky7をTwonkyServerにアップグレードした投稿はこちら
その後、何の問題もなく使っていたのですが、LINN DSのファームウェアをアップデートしたとき?(・・・特定できてない)から動作が不安定になりました。ファームウェアはDavaar 12 (4.12.328)。

不安定動作の状況は、スキャニングが繰り返し発生しKinskyで楽曲を選択できないというもの。したがって、MacminiのTwonkyServerは一旦停止し、LINN純正のSongBoxとLINNで紹介しているMinimServer(Trial)を使ってみています。両サーバーソフト共に通常の再生用途なら全く問題ないです。ちなみにMinimServerの説明書を見ますとFLACをWAVにトランスコードできるらしく、あいにく拙宅にはFLACはないので試してませんが、ALACでもトランスコードできると何かと便利だったりもするので若干淡い期待を寄せてみています。

それよりもTwonkyServerとDSのファームの不具合?が修正できれば尚良しなのですが。



レビュー ONKYO X-U1X

イメージ
メディアサーバーは音楽ライフにCDプレーヤーを不要にさせます。一方でコントロールなどにタブレットデバイスの必要性を感じることになります。そのCDレスな音楽ライフの移行期に、まだ若干過渡期な雰囲気の残る家族用にCDコンポを導入しました。




 ONKYO X-U1X-W
 この機種はAirPlay、DLNAなどネットワーク・プレーヤー機能は有していませんが、Bluetoothが使えます。iPad/iPodにはヘビーローテンションなプレイリストを作ってAACファイルを入れていますので、そういう楽曲はBluetoothで、タブレットデバイスのアプリ(TwonkyBeam)などからメディアサーバーにアクセスしALACで保存した楽曲を聴くときはUSB接続で、という使い分けを想定してみました。またLINE入力がありますのでAirmacなどのネットワークデバイスも後付け出来ます。

 ONKYOさんのサイトでも実際にオーディオショップの店頭で見てもわかりますが、この機種はとてもシンプルでコンパクトなデザイン。本体はCDサイズを3回りくらい大きくしたサイズ、スピーカーもデスクトップスピーカー並にコンパクト。ホワイト色のバージョンはアルミや木目を使いスイッチ類も少なく野暮ったくない。

 サウンドはクリアー。プライス以上の音質を求め過ぎるのは何ですが、スペック・機能を勘案するとコストパフォーマンスは良い。定格出力15W+15Wのアンプは6-8畳程度の部屋なら十分。またBluetooth接続での音質は劣るのではないか?というネガティブ要素よりむしろ利便性を強調したいくらいです。Bluetooth接続で楽曲により1曲目冒頭がスキップする感じ(仕様)は気になるところですが、家族はそこまで意識せずフツーに満足して今のところ使ってます。


追記:Mconnect PlayerやPulgPlayerアプリを使えば、メディアサーバー内の音楽コンテンツをBluetooth接続でコンポへストリーミングできます。







Piano man -No.12

イメージ
前回の投稿が2012年の10月だったんで、半年以上になります。・・・この行(くだり)はお約束です。


標準バイエルピアノ教則本 全音ピアノライブラリー
先日、と言ってもずいぶん前の話ですが、冷やかしで楽器屋さんを覗いたときに新型の電子ピアノを地味に試奏。おっと、隣で電子ピアノを弾いているガキお子様が。で、そのお子様が弾くわ弾くわ。技術力とかアピール力とか派手に伝わる…その足でそそくさと本屋に向かいました。


きらきらぼし程度で人生経験豊富な大人を思い切り上目線で見るところの「子育て論」をやろうと思うと、余計に読者の皆さまに「負け惜しみ感」を伝える格好になるので、ここは大人対応。とにもかくにも、基本だな、と。そうお子様に思い知らされた訳です、はい(涙


全音音楽出版の楽譜なんて教師用というイメージで今まで縁遠いものでしたが、今手にとって見ると無駄がないのでとってもいい感じです。習い事の子どもと違って大人の趣味の音楽には時間に余裕がありますから、多少楽譜選びを間違っても他の楽譜を使えば言いわけで。 また素晴しいことに、バイエルを弾く方々の動画がUPされていて、そのコンテンツが楽譜で読み取れない場合の「先生」になってくれるんですねー。その動画に合わせて弾いたりもできるわけで。
そんなこんなで、バイエルはじめました。

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release