投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!? Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

TwonkyServerをアップグレードする。-No.3 不具合解決編。

イメージ
TwonkyServerの不具合検証をしてみましたが、理由は簡単でした。
「共有」フォルダのチェック項目を変更したらサラっと改善したという・・・(汗




アルバムアートを表示するために「コンテンツタイプ」を「ミュージック&ビデオ」「ミュージック&フォト」に設定していました。確か、以前のバージョンではアルバムアートをDMC(Kinskyなど)で表示させるためにこの設定にしていたと記憶。


「コンテンツタイプ」を「全てのコンテンツタイプ」に変更し、複数フォルダ指定を解除。・・・以上です(涙


TwonkyServerを再インストールしたりDSのファームを戻したりしましたが、全然関係なかった!関係者の皆さま、ゴメンナサイ。

TwonkyServerをアップグレードする。-No.2 不具合発生編。

フリーウェアだったTwonky7をTwonkyServerにアップグレードした投稿はこちら
その後、何の問題もなく使っていたのですが、LINN DSのファームウェアをアップデートしたとき?(・・・特定できてない)から動作が不安定になりました。ファームウェアはDavaar 12 (4.12.328)。

不安定動作の状況は、スキャニングが繰り返し発生しKinskyで楽曲を選択できないというもの。したがって、MacminiのTwonkyServerは一旦停止し、LINN純正のSongBoxとLINNで紹介しているMinimServer(Trial)を使ってみています。両サーバーソフト共に通常の再生用途なら全く問題ないです。ちなみにMinimServerの説明書を見ますとFLACをWAVにトランスコードできるらしく、あいにく拙宅にはFLACはないので試してませんが、ALACでもトランスコードできると何かと便利だったりもするので若干淡い期待を寄せてみています。

それよりもTwonkyServerとDSのファームの不具合?が修正できれば尚良しなのですが。



レビュー ONKYO X-U1X

イメージ
メディアサーバーは音楽ライフにCDプレーヤーを不要にさせます。一方でコントロールなどにタブレットデバイスの必要性を感じることになります。そのCDレスな音楽ライフの移行期に、まだ若干過渡期な雰囲気の残る家族用にCDコンポを導入しました。




 ONKYO X-U1X-W
 この機種はAirPlay、DLNAなどネットワーク・プレーヤー機能は有していませんが、Bluetoothが使えます。iPad/iPodにはヘビーローテンションなプレイリストを作ってAACファイルを入れていますので、そういう楽曲はBluetoothで、タブレットデバイスのアプリ(TwonkyBeam)などからメディアサーバーにアクセスしALACで保存した楽曲を聴くときはUSB接続で、という使い分けを想定してみました。またLINE入力がありますのでAirmacなどのネットワークデバイスも後付け出来ます。

 ONKYOさんのサイトでも実際にオーディオショップの店頭で見てもわかりますが、この機種はとてもシンプルでコンパクトなデザイン。本体はCDサイズを3回りくらい大きくしたサイズ、スピーカーもデスクトップスピーカー並にコンパクト。ホワイト色のバージョンはアルミや木目を使いスイッチ類も少なく野暮ったくない。

 サウンドはクリアー。プライス以上の音質を求め過ぎるのは何ですが、スペック・機能を勘案するとCPは高いと思います。定格出力15W+15Wのアンプですが、6-8畳くらいの部屋なら十分かと思います。またBluetooth接続での音質は劣るのではないか?というネガティブ要素よりむしろ利便性を強調したいくらいです。Bluetooth接続で楽曲により1曲目冒頭がスキップする感じ(仕様)は気になるところですが、家族はそこまで意識せずフツーに満足して今のところ使ってます。


追記:PulgPlayerアプリを使えば、メディアサーバー内の音楽コンテンツをBluetooth接続でコンポへストリーミングできます。




Piano man -No.12

イメージ
前回の投稿が2012年の10月だったんで、半年以上になります。・・・この行(くだり)はお約束です。


標準バイエルピアノ教則本 全音ピアノライブラリー
先日、と言ってもずいぶん前の話ですが、冷やかしで楽器屋さんを覗いたときに新型の電子ピアノを地味に試奏。おっと、隣で電子ピアノを弾いているガキお子様が。で、そのお子様が弾くわ弾くわ。技術力とかアピール力とか派手に伝わる…その足でそそくさと本屋に向かいました。


きらきらぼし程度で人生経験豊富な大人を思い切り上目線で見るところの「子育て論」をやろうと思うと、余計に読者の皆さまに「負け惜しみ感」を伝える格好になるので、ここは大人対応。とにもかくにも、基本だな、と。そうお子様に思い知らされた訳です、はい(涙


全音音楽出版の楽譜なんて教師用というイメージで今まで縁遠いものでしたが、今手にとって見ると無駄がないのでとってもいい感じです。習い事の子どもと違って大人の趣味の音楽には時間に余裕がありますから、多少楽譜選びを間違っても他の楽譜を使えば言いわけで。 また素晴しいことに、バイエルを弾く方々の動画がUPされていて、そのコンテンツが楽譜で読み取れない場合の「先生」になってくれるんですねー。その動画に合わせて弾いたりもできるわけで。
そんなこんなで、バイエルはじめました。

ラベル別INDEX

もっと見る