投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

コラム 音楽メディアとフォーマット・DSD Part6

Mojo Audio社のBenjamin Zwickel氏が「DSD vs. PCM: Myth vs. Truth」(DSD 対 PCM: 神話 対 真実)と題した論説を2015年8月に自社のブログに投稿しています。Mojo Audio社も稀有なマルチビットNOS-DACメーカーの一つだと言われており、彼らのDSDへの考察をご紹介致します。

 尚、引用先の本文中にはGrimm Audio社のホワイトペーパーで用いられたフォーマット変換フローチャートや図解と同じものが使われています。



序論 Direct Stream Digital (DSD) は、ハイエンドオーディオの大きな動きとなってます。超高サンプリング周波数とともに、エンコーディングとデコーディングを簡素化し、比類のないパフォーマンスを約束します。これら私たちが待ち望んでいたことなのでしょうか?それとも単に誇大広告なのでしょうか?このブログは技術的な事実から誇大広告を離し、DSDの利点を説明し、Pulse Code Modulator (PCM)がどのように優れているのかを説明します。



 簡素な歴史(一部省略)
 「1980年代初期のデジタル録音は低解像度で生産されました。1990年代初頭、ソニーはアナログマスターをアーカイブする安価なメディアの必要性を検討し1995年、アナログからデジタルへ直接変換する1bit 2.8MHz DACチップを開発しました。」

 「その後、ソニーはフィリップスとSACDを開発しましたが、市場はすでに5bit/128fsへ到達していました。これらは非常に高価なR-2RマルチビットDACの代替として市場に投入されました。ビットストリームDACのアルゴリズムはPCM入力をDSDヘ変換します。結果、再現性を犠牲しにコストを優先させたわけです。」

 「R-2RマルチビットDACは製造コストが膨大であることだけでなく、より洗練された電源供給を要求しますので、ビットストリームDACの倍の費用がかかり、確かに一般消費者が探しているものではありませんでした。」



DSD vs PCM Technology 「PCM録音は16 or 24/44.1kHz-192kHzで市販されています。最も一般的な形式は16/44.1のレッドブックCDです。DSD録音は1bit/2.8224MHz(DSD64)で…

熊本地震について

熊本地震の報道をメディアで見ながら、同じように内陸部直下型地震に遭った阪神・淡路大震災を思い起こしていました。余震が小さくなるにつれ、このまま収束して欲しいと願っておりましたが、夜半から今度は阿蘇で地震が生じ、自然の猛威と被害拡大に言葉もありません。

 どうか行方不明者や救命に瀕している方々の生命がつながりますように。

 どうか病人・怪我人・障がい者に手厚い保護がなされますように。

 どうか救命救急・インフラ復旧作業にあたっている皆さん、避難所でサポートしているスタッフの皆さんが無事でありますように。

 どうか避難生活を強いられている熊本の皆さんに一日も早く心休まる時が訪れますように。

 心より願い、お見舞い申し上げます。


2016/4/16 Float A Flow

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release