投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

レビュー GRADO Statement Sonata2

イメージ
GRADO STATEMENT SONATA2

 Grado Reference/Statementシリーズは共振に強いウッドキャビネットを採用し、その木製エンクロージャーはグラド・ラボラトリーズ製品のアイコンあるいはシンボリックなアイデンティにもなっていますが、数あるフォノピクアップの中で個性的で品格のあるフォルムとルックスに仕上がっています。

 グラドのカンチレバーは独自のOTL(Optimized Transmission Line)方式を採用していますが、これはよく撓る継ぎ形状の竹竿のようなものとでも言いましょうか、フラックスブリッジと合間って高効率でスムーズで高いトレース能力を実現しているものと考えます。リストには各3, 4, 5ピースモデルがグレードで分かれています。




Shelby Lynne / You Don't Have To Say You Love Me

 Gold1とはスタイラスチップの素材が異なりますが4ピースOTLで比較しやすいSonataでのレビューとなります。当初はウッドキャビネットによる音質向上は半信半疑でしたが、すぐにその疑いは晴れます。Gold1の延長線上にある抜けのいい明るくしなやかなサウンド。そこに静けさ、そして深みが加わります。レゾナンス低減とトレース能力のさらなる向上。グラドのグレード分けは功を奏しています。

 いくつかのピックアップを使ってみて、どうやらGradoのサウンドが感覚に合っていると感じました。それはじっくり聴き込むと言うよりは、針を落とした直後の最初の音とはやや言い過ぎかもしれませんが、そのくらい直感的に耳に馴染み、心地よさを脳または体が覚えると表現できるほどのことです。

 Statementの方は低出力とはいえインピーダンスが47kΩありますので、システムによりMMポジションでの再生となるでしょう。またハウリングにやや影響されやすい面があるのでトーンアームやフォノイコライザー(とくに真空管)との相性、ルームアコースティックに依存するかもしれません。しかし条件が合えばMC/MMに迷うことなくこれ一つで十分と言えるピックアップです。



レビュー LUXMAN MQ-88u

イメージ
霜月に入り外気温が一段と低くなってまいりました。外出時には薄手の羽織の中にニットを重ね着しなければ身震い致します。これからのひと月は近傍の山々がゆるやかに緑から黄、橙、赤、茶と変化していき、冬の装いを纏う期間です。

 硝子一つ隔てた室内にも窓の隙間から冷えた空気が入ってまいりますと灯火の温もりを恋しく思い、3ヶ月余り休ませていた音響機器のご機嫌を伺う頃合いです。アンプのボンネットを開き、薄っすら重なる埃を払い、真空管のゲッタを確認し、ケーブルを丁寧に端子類へつなげていきます。

 わずか3ヶ月ばかり前のこととは言え、久しぶりの灯火は毎シーズン心踊る小さなイベントです。夏場に何度か灯火したことがありましたが、5極管4本の3極接続の熱量はさほど大きくは無いにせよ、蝉の鳴く頃に冷房と扇風機を回しながら灯火することにあまり気分が乗りませんでした。だったら3ヶ月待つことにしようかと。

 機器のスイッチに手を伸ばし、カチッとしたスイッチ音とともに真空管の脚下に橙の色がぽっとやさしく点ります。初段管、増幅管、出力管への灯火を順に確認していくと全ての管に灯が点りフィラメントがふわっと色づき始めます。そして覗き込んだ顔に僅かに灯火の暖を感じ始めます。

 思えばこの機器も製造から今年で5回目の冬を迎えることになりました。昨年は初めて鑑賞中にスピーカーからポツポツと音がいたしました。そこで真空管を確認すると出力管の一つのピンに曇りがあったため乾いた布巾でぬぐいました。再び球を差し戻すと異音は全く無くなりました。また付言するとハム音とも無縁です。

 この機器は寝起きは早いのですが、本領を発揮するには相応の暖機運転が必要となります。その間、フレッシュで明るくきめ細やかな中高域、しなやかに伸び弾む低域、多彩な色どりの音調、上下左右に申し分ないサウンドステージはあたかもA級増幅のそれを楽しむが如く音楽と時間に浸りつつ、あとはそのゆるやかな変化量を視覚に委ね過ごします。

 やがてLP盤を2-3枚聴き終えた頃、あたかも坩堝から出された硝子細工が外気に触れ透明色と鮮やかな橙色を発色したかのような、艶やかで透き通る優美な余韻を微かに付与されつつ凛然とした音を奏で始めます。この微かな音の窯変、いや妖変を聴くがために秋(とき)をじっと待つ歓び、そのアナローグなうつろいを愛でる楽しみ。

 その凛然とした音…

ラベル別INDEX

もっと見る