投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!? Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part16

イメージ
2018年5月17日、Stereophileのジム・オースティン氏が「MQA: Aliasing, B-Splines, Centers of Gravity」と題する記事を掲載しました。MQA議論で題材とされるエイリアシングを含むサンプリング理論について技術的な観点からの考察であり、2ページにわたり多くの情報量を含んでいます。該当の記事から引用し意訳させて頂きます。


 不適切なタイミングで適切なことをしても不適切なことになる - Joshua Harris

 「1940年代後半にクロード・シャノン氏(Claude Shannon)により策定されたサンプリング定理には、重要な要件がありました:サンプリングされた信号は帯域制限される必要があります。つまり、厳格に周波数に上限が必要です。この一つの制限により、シャノンの仕事は顕著な結果をもたらします:2倍のレートでサンプリングするとき、信号にはある区間の2つのサンプルに高域側の周波数が含まれるならば、信号を完全に再現できます。完全に。この結果はデジタルオーディオの基礎であり、現在まで続いています。音楽を挿入します。」

 「しかし、シャノンがRadio Engineers研修所での論文集”ノイズの存在におけるコミュニケーション”を出版してから60年が経ち(脚注1)、サンプリング理論は進化しました。新しい取組みはほとんどすぐに始まり、数学者や数学に熟練したエンジニアが成し遂げました;たしか1949年1月には初版が出されました。しかしシャノンの仕事はデジタルオーディオコミュニティに受け入れられましたので、オーディオにおいてシャノンのサンプリング理論はほとんどすべてのデジタルの基礎となり、ポスト・シャノンの仕事は消え続けていました。ポスト・シャノンサンプリングがデジタル・シグナル・プロセッシングに適用された1990年代において、ほとんど全てが映像情報、メージングに焦点が当てられました。ほんの一握りの例外を除いて、オーディオの世界で忘れ去られていました。」

 「ポスト・シャノンサンプリング理論は信号をサンプリングするときのシャノンの要件を緩和します。例えば録音において、サンプリングレートの半分に帯域制限すること。この制限を緩和することで、シャノン理論に欠けていた時間領域と周波数領域の対称性が復元されます。より新しい理論で…

レビュー レコードアイテム [IKEA・LEDクリップ式スポットライト]

イメージ
最近、近いものが見えにくいことが多少あります。昔から聞きたく無いことが聞こえないことはよくありましたが、そろそろ老眼の入り口かなと薄々感じつつ、先日、眼科検診で誰しも年齢とともに起こりうることですからねと、そういう会話をされることになりました。

 ということで、薄暗い場所の手元で細かい作業をすると言えば、レコードプレーヤー。レコードをスリーブから出し、ターンテーブルにセットし、埃を払い、カートリッジの針先を確認し、ゆっくりとレコード盤に針を落とす。この作業が天井のシーリングライトや壁際の間接照明では心もとない明るさなのです。

 ということで、雑貨を買うついでにIKEA JANSJÖ (ヤンショー) LEDウォール/クリップ式スポットライトを買ってみました。




 小箱を開けるとクリップライトと電源ケーブル、アダプター、取扱説明書。




 ライトのLED部。




 クリップのグリップは強めです。手元スイッチはクリップ近くにあり、使い勝手は良さそうです。カチッと切り替えできます。




 電源ケーブルは3.5mもありコンセントが少々遠くても大丈夫。ケーブルの先はDINのような端子で専用ACアダプタと接続します。




 オーディオラックにも設置できますが、壁面棚にクリップしてみました。写真なので明暗はわかりにくかもしれませんが、レコードプレーヤーのデッキ周辺を照らすには十分な明るさです。また電球色なので落ち着いた雰囲気がします。とりあえずムードはいい感じかなと。

 LED寿命は約2万時間とのことですので、3時間/日としたらかなりの年数使える計算ではありますが、きるだけ故障せずに長く明るく照らし続けてくれればいいなと、少しだけ期待しております。加齢と共に進行する機能低下と付き合いながらオーディオを楽しむための便利グッズのお話でした。




コラム レコードストアデイの使い方

イメージ
今年のレコードストアデイ(RSD 2018)は昨年よりSNSやメーリングリストでの事前告知が多く感じられました。それはRSD 2128を盛り上げようとするレコードショップやアーティストの積極的な姿勢、その裏返しにレコード愛好家の関心の高さの現れなのかもしれません。公式サイトをチェックすると、少しづつメジャータイトルも含めカタログが増えてきました。

 RSD 2018当日はストア巡りをするつもりで少し早めに外出しました。各ショップにRSD用コーナーがあるかどうか気に留めませんでしたが、ストアの一角には人だかりができていました。EP盤で希少なものがあったのか、ゲットできたことを喜んでいるファンの微笑ましい姿を横目にお目当のレコードを”漁り”ます。でも、他のファンに機会ができればいいなと、できるだけ1ストア1枚で我慢・・・。






 Madonnaによる1987年発売のアルバム「You Can Dance」。このアルバムはマドンナ初のリミックスアルバム。Madonna (1983)、Like a Virgin (1984)、True Blue (1986)と立て続けにヒットを飛ばしたアルバムのリミックスと新曲「Spotlight」が収録されています。1987年と言えば、伝説のコンサートツアー「Who's That Girl World Tour」。来日時にもMVを再現するようなマドンナの衣装と椅子を使ったダンスや少年ダンサーとのコラボが話題になりました。






 現代のクラブ・ダンスミュージックと比較すると「You Can Dance」のリミックスはポップに聞こえるかもしれません。この作品とマイケル・ジャクソン「BAD」は1987年リリース当時、ポップス系ダンスミュージックとしては目新しいもので、ソウル系のリック・アストリーやユーロビート系のペットショップボーイズのダンスナンバーと並んで、1987年の音楽シーンを牽引しました。

 とくに前作「True Blue」はPapa Don't PreachからLa Isla Bonitaまでテレビ・ラジオメディアで本当に多く流され、ワールドツアーの模様もニュースやワイドショーでフューチャーされましたので「You Can Dance」のリリースは満を持してというか、当時のステレオは重低音というフレーズが流行っていましたが、…

レビュー Roon - MQA ソフトウェアデコード、DSP EQ検証

イメージ
Roonがメジャーアップデートを行い、ver1.5ではMQAデコード機能が追加されました。今回もMQAソフトウェアデコート&ハードウェアデコードの違いを比較検証してみました。また後半ではDSP EQの検証も行なっています。

 Equipment
 Storage: Macmini
 Software Player: Roon
 Measurements: Macbook Pro, AU Lab, MusicScope, Element24
 Software Decoder: Roon
 Hardware Decorder: Meridian Explorer2, (Mytek Brooklyn DAC+)
 Cable: AudioTechnica AT561A, Apple Thunderbolt cable

 Roon設定は、左上のハンバーガーアイコン>Settings>Audio>Connected to Core>出力するDAC>Enable>歯車アイコン>Device Setup。


Exclusive Mode - Yes
MQA Capabilities - 非MQA DACの場合は「No MQA Support」、MQA DACの場合は「Decoder and Renderer」「Decorder Only」「Renderer Only」から選択。(MQA DACの場合、通常はDecorder Only、iFi Audio製品の一部などはRenderer Onlyです)
Volume Control - Fix Deviceが画面右下の音量固定、Device Volumeは音量可変となります。



 続いて、SHOW ADVANCED(詳細設定を開く)
Enable MQA Core Decorder: 非MQA DACの場合 - Yes、MQA DACの場合 - No、Enable Interger Mode - Yesとします。

 出力するDAC等デバイスにより変更する箇所は主にMQA Capabilities(MQA対応か否か)とEnable MQA Core Decorder(ソフトウェアデコードするか否か)の2箇所です。





 Source: Radka Toneff / Fairytales: - 8. Wasted
 ラドカ・トネフのフェアリ…

ラベル別INDEX

もっと見る