投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!? Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

Spin Around / Sliding Hammers [music review]

イメージ
レコードはジャケットのアートワークを表向きに陳列販売されています。CDのように縦置きだとアルバムタイトルが見えない物理的な形状がその理由です。しかし一時期CDがアートワーク面を表向きに陳列販売されてました。CD販売の初期、海外製CDアルバムの紙パッケージがレコードジャケットの縦サイズと同寸法でした。レコード陳列什器をCD什器へと転用する過渡期のエピソードです。

 CD時代に入り新譜やおすすめアルバムのアートワークが表向きにディスプレイされるようになりました。今回ご紹介するトラックのアルバムジャケットは当時CD店のディスプレイで目に留まり思わず手を伸ばしたもの。「絵になる一枚」です。



Sliding Hammers [Spin Around]




 スライディング・ハマーの2005年発売のアルバム「Spin Around」と同名のトラック。トロンボーン奏者の姉妹という異色の肩書き。そのイメージから触手が伸びるか分かれるところだと思いますが、見事にその先入観をいい意味で裏切るジャズアルバムです。黒いドレスを着た素足のバレリーナが踊るイメージがアルバムタイトル「Spin Around」と見事にマッチした美しいジャケットです。

 Spin Aroundはボサノバテイストのエレガントなジャズヴォーカルトラック。ドラムとベースのリズムに小気味良いピアノ伴奏、そこにスムーズなヴォーカルが乗り、そしてトロンボーンがデュオで間奏に入ります。ヴォーカルとホーンの自在なプレイスタイルはトランペットとチェット・ベイカーを彷彿とさせます。チェットとそれのようにトロンボーンと彼女たちの声質と周波数が似ているのかもしれません。




Arabesque No.1 in E Major (Andantino con moto) / Nino Gvetadze [music review]

イメージ
暑中お見舞い申し上げます。

 蝉のオーケストラで目覚める夏の朝。此方の地域は朝晩少し気温が下がるので部屋の窓を開け放ち風を入れ、涼を感じながら週末の一日を過ごしています。今年は猛暑になる予想ですので、皆さまくれぐれもお身体ご自愛ください。

 レコード販売数が伸びていることはご存知の通り。若い世代にはフィジカルメディアとしてのレコード再生が新鮮で、音に温もりが感じられ、ジャケットがインテリアとして活用できることがその理由とのこと。ダウンロード・ストリミーングの時代ですが「ジャケ買い」が世代を超えて健在のようです。今回はその「絵になる一枚」を持つトラックをご紹介します。



Nino Gvetadze [Arabesque No.1 in E Major (Andantino con moto)]



 ピアニスト・ニーノ・グヴェタッゼによる2014年発売のアルバム「DEBUSSY」の冒頭の1トラック。ドビュッシーの代表曲の一つアラベスク 第1番です。ドレスを着た裸足の女性とグランドピアノ、そして背景の壁面装飾。それら構図と色彩が美しい、まるで印象派の絵画のようなアルバムジャケットに心打たれます。 




 ドビュッシーの楽曲は印象派の音楽家たちが表現したように絵画をイメージさせます。そのアラベスクを表現するニーノのタッチはソフトで繊細、そしてエレガント。それはあたかもアルバムジャケットの中の彼女がスタンウェイのピアノの音色とともに今にも踊り出しアラベスクをポーズする姿にも見えてくる、なんとも可憐で涼しげです。

 このアルバムを制作するにあたりニーノは何か役立つことをしたかったそうです。そこで若い世代や子供達へのクラシック音楽教育のためにピアノの音色を聴きながら絵を描いてもらうワークショップ「DEBUSSY IN PICTURES」を行ったそうです。



その模様はレーベルサイトオフィシャルYoutubeチャンネルでご覧になることができます。





コラム ハイレゾの客観評価研究について

先頃、ロンドン大学クイーン・メアリーが「人間はハイレゾを聴き分けられる」という研究結果を発表しました。そのトピックが音楽系メディアで取り上げられています。論文はAES(Audio Engineering Society)のサイトよりPDFファイルをオープンアクセス・ダウンロードフリーで入手することができます。(Research Finds Audible Differences with High-Resolution Audio)(Reiss, Joshua D. A Meta-Analysis of High Resolution AudioPerceptual Evaluation Queen Mary University of London, London, UK)

 概要は「ハイレゾと16bit/44.1kHz or 48kHzの違いを知覚する能力評価について組織的にメタ分析を行い、18の研究機関で480人の被験者を対象に延べ12,500回の試験からデータを得て、聴き分けのトレーニングを受けたリスナーの約60%がハイレゾの区別をより認識できた」とのこと。研究機関にはロンドン大学以外も含まれ、それらが過去十数年に渡り調べた研究データを取りまとめたということのようです。

 結論としては非ハイレゾとハイレゾには差異があるということですので、特に音楽産業のビジネス展開において経営判断を行う上でこの研究結果が有用なデータになるかと思っています。



 その論文の研究群の中に興味深いものがありました。それはPCMとDSDに関する聴覚認識の比較研究論文で2つの機関が別に研究したものです。

 一つがDVD-AUDIOとSACDについての比較研究(D. Blech and M. Yang、DVD-Audio versus SACD: Perceptual Discrimination of Digital Audio Coding Formatspresented at the 116th Convention of the Audio Engineering Society (2004 May), convention paper 6086.)

 もう一つがPCMとDSDについての比較研究(A. Marui, et al. Subjective Evaluati…

ラベル別INDEX

もっと見る