投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム No Audio Too Taboo - 公正さについて。ある視点から -

イメージ
今日、我々は日常的に多種多様な国内外の音響製品に接する機会があります。そしてそれに付随するサービスも一様ではなくまた異なります。たとえば製品管理において、シリアルナンバーのみ管理しているメーカー、シリアルは必須だが便宜的に顧客情報を管理しているメーカー、シリアルも顧客情報も一元管理するメーカーと姿勢は様々です。そこへ代理店が加わるとさらに複雑になるケースがあります。

 たとえば、とある海外メーカーが製品シリアルと顧客情報を一元管理していたとします。製品アップデート時には”必ず”シリアルと顧客情報が必要になります。故障等のサポートが必要な場合は代理店を通じてサービスを受けることになりますが、その際はさらに”代理店が発行した登録番号”と顧客情報が必要になります。代理店は中古品・二次流通品について原則的にサポート対象外とし、ユーザーが中古品を売買する際にはメーカーの顧客情報を自ら名義変更する必要があります。

 後者のような顧客管理は代理店の対応からサービスという要素以外に流通管理の側面が垣間見えてきます。経験上、メーカー代理店サイドの厳格な管理とユーザーサイドの融通はトレードオフを生じることがありますので、機能も含め顧客管理やサービスを変更する際には、メーカーサイドによるユーザーサイドへ丁寧な説明努力とユーザーの利益確認などのコミュニケーションは双方にとって合理的行動であり、これらは権利や規約などを持ち出すまでもなく、モラルや公正さという観点で然るべきことと捉えています。

 また、言うに及ばず国内外には組織・個人を含む複数のオーディオメディアが存在しています。彼らは日々リリースされるオーディオ機器・関連製品・イベントニュースのほか、レビュー・コラムを掲載しています。筆者の知るところでは、彼らのほとんどは紙媒体やWEB、SNS等のクロスメディアを採用し、プリントとデジタル・サブスクリプションサービスのために出版事業とWEBメディアの運営を行ない、我々オーディオファン、音楽愛好家はそれらの情報に日々接しています。

 我々が彼らメディアに期待することは何でしょうか。いち早くニュースを掲載する速報性、製品からサービスまで広く取り上げる総合性、情報に誤りがない確実性、複数の角度から観察する多面性、製品を高い知見で評価する専門性、様々な意見を受け入れる多様性、視点に偏りがない中…

レビュー Godin Multiac Nylon Encore

イメージ
ナイロン弦のアコースティックサウンドを奏でたい、学びたい。
そんな想いからギターを選んでいましたが、ゴダンのギターを選びました。


Godin Multiac Nylon Encore サウンドホールのない、エレキギターのようなデザインとサイズ。でも質感はアコースティック。



ダブルチェンバーボディ構造というらしく、ボディの中は空間、ピックアップが内蔵されているそうです。ボディ表面材質はメープル、ネック材質はマホガニー。ナット幅47.6mm。



ボディサイド、厚みもソリッドギターの様に45mm。


ヘッドはクラシックギターのデザインですね。



ペグの装飾。


背面 ピックアップ用の9v乾電池を収納。


2ピックアップを持ちEQで調整できます。 Encorでは次の設定が可能なようです。 master volume, treble, mid, bass, blend 



Hand-Crafted in CANADA.
 ボディとネックサイズがソリッドギターサイズなので持ちやすく、弾きやすいです。音の大きさですが、フィンガーピッキングで抑えながら弾くと、音の大きさは気になりませんし、ピックを使ってストロークを弾くとそこそこの生音が鳴ります。その時は、セミアコの生音より音量は大きいと思います。ナチュラルで心地よいサウンドです。



Godin ( ゴダン ) Multiac Nylon Encore Natural 【エレガット】
価格:138240円(税込、送料無料) (2019/7/3時点)


DIY オーディオラック製作 -No.4 改良編

イメージ
軋んできたので改修いたします。上の写真は前回の製作時のものです。




 天板はビスで固定せず乗せているだけです。継ぎ目に隙き間がわかります。これがゆがみの原因だと思います。



前回のおさらいですが、T字型の木角棒に接点が2箇所あり、それぞれ片方づつ異なる接合をしていました。

 ・ハンガーボルト+鬼眼ナット
 ・木ダボ



 今回、ハンガーボルトと木ダボを外し、ジョイントボルト+鬼眼ナットで接合し直します。ジョイントボルトでの接合はスピーカースタンドの製作過程で補強として以前に使い良い結果を得ました。但し、T字型の接合部はハンガーボルトのままにします。


ジョイントボルト接合になると木角棒の外側から内側にボルトを貫通させますが、木角棒の厚みが51mm角ありますので、ジョイントボルト長さ60mm~70mm程度が必要です。

<部材>
 ・鬼眼ナット ツバ無し ねじ込み式 M6*20 4ヶ
 ・鬼眼ナット ツバ付き ねじ込み式 M6*13 8ヶ
 ・ジョイントボルト M6*70 4本
 ・ジョイントボルト M6*60 8本

 近隣のホームセンターに部材在庫がなく各2種類の部材を調達しましたが、60mmでも70mmでも構いません。




 ハンガーボルトと木ダボを外し、鬼眼ナット開口寸に電動ドリルで開口を広げます。そして鬼眼ナットをねじ込みます。



 3本の木棒柱にジョイントボルト穴を開けます。(*面倒だったので鬼眼ナットと同寸9mmで開口しましたが、6mmでも構いません)
 ジョイントボルトを穴に差込み、六角レンチで締め込み、鬼眼ナットと接合します。 3本脚の外側に各4箇所のジョイントボルトの頭が見える点が見た目の変更になります。



 T字型接合部分はハンガーボルトのままですが、鬼眼ナットを一度外し、開口穴が少しズレていたので修正しました。ジョイントボルトをしっかり締め付け、隙間等なくなりました。3本脚でしっかり安定しています。ちなみにトップの黒いゴムは耐震マット。この上に天板をポン置きします。



 完成です。次に、オーディオラックのまとめと概略図を作成しました。



つづきは、 DIY オーディオラック製作 -No.5 概略図編です。





レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.4 調整、音出し編

イメージ
前回忘れていました、水平器で四隅の水平確認。大丈夫そうですね。
自作オーディオラックの天板素材は、ナラ集成材24mm厚、耐震クッションを敷いています。(実はプレーヤーを設置後、ラックに軋みが出て来たので改修しました。その模様は後日別投稿にて。)


シンプルな説明書(コピーじゃん!)を読みながら調整してみましょう。


先ず、プラッターを固定します。付属のスポンジを使うようですが、上手く固定できませんでした。


次に、針調整シートを使いカートリッジのポジションを決めます。アームが傾斜しています。これを調整したいのですが・・・


取説が大雑把過ぎ! ”自力でやってみる”ことがどうやら最良な方法かも!?しれません。



計器目盛りがありません・・・(汗;) 2つある六角ビスの一つをレンチで緩めると、アームの腰高さとリフターの左右が調整できました。

針圧の調整です。アームのバランスウェイトを僅かに押したり引いたりして調整します。SHURE M-97XEはスタビライザー付きですが、使わない時の針圧1.25gを基準にしました。




アームの水平調整がやっと出来ました。更に針圧の微調整は、もう一つの六角ビスをレンチで動かすことの様です。フル・マニュアル・プレーヤーですね。
いよいよ音出し。アンプはJeff Rowland CAPRISのフォノ。ターンテーブルを勢いよく手回し、トーンアームを盤の縁まで持って行きます。そしてリフトレバーを倒すと、静かに針が盤へ降りてゆきます。





静寂の中から、しなやかで腰の据わったサウンド。ウォームでサウンドステージが広く、低域の量感、中域の張り、高域の伸びがいい感じです。アナログ盤、癖になる心地よいサウンドですね♪

つづきは、Nottingham Interspace Junior -No.5 45rpm編です。

PHILIPS Fidelio DS1100 -No.2 導入編

イメージ
PHILIPS Fidelio DS1100
フィリップス iPodドッキングスピーカー Fidelioシリーズのコンパクトスピーカーです。 フィリップスと言えば電気シェーバー、電動歯ブラシが身近ですが、海外では大手総合家電メーカー。オーディオ的にはS/PDIF規格の(P)がPHILIPSだったり。



本体はCDよりひとまわりちょっと大きなサイズです。結構コンパクト。ステンレス仕上げのドック・操作部に音量/照明/時計のボリュームボタンが付いています。


裏面、電源ジャックとUSBポート。USBポートは他のiPod等充電用で、PC/Macとの同期はできないそうです。


Fidelioシリーズで興味があったコントロール用App。AppStoreよりダウンロード。 機能は ・再生 アルバム/トラックのナビゲーション、再生コントロール ・時計 デジタルディスプレイ、アナログディスプレイ 切り替え ・アラーム 複数のアラーム、目覚めの音楽、目覚めの自然の音、目覚めの写真、スリープタイマー

早速DLし、本体とドッキング。


アプリは3画面あります。 ・iPod Touch内MUSICフォルダの参照、AirPlay対応。インターネットラジオTuneInの再生。 ・時計系機能。場所指定でAccuWeather.comからの4日間天気予報情報を表示します。背景画面は現在の天気と重なります。その日は晴れ時々曇りだったので、ご覧の背景です。 ・GUIテーマ等の詳細設定。Facebook、Twitterと連動。

NAS音源の再生ですが、PlugPlayerを使いました。



トラックは適当にMadonna「Bedtime Stories」からTake A Bow。



再生されました。



サウンドはベッドサイドでの使用を想定している所以でしょうか、小音量でもしっかり全帯域がバランスよく聴こえる心地良いサウンドです。無志向性スピーカーが空間を音で埋めるような特徴がよく出ています。FM、AMラジオの視聴にはRadikoアプリが使えます。


LINN SNEAKY MUSIC DS -No.15 AirPlay対応編

イメージ
前回のアップデートに関する投稿が10月10日だったので、約1ヶ月になります。
今回はLINN Config ベータ版のアップデートでした。主な内容は、下記参照。

Linn DS Davaar Beta Software Update Released (4.4.2) / 2011年11月1日 18:00:00

http://products.linn.co.uk/VersionInfo/BetaVersionInfo.xml (Linn RSS 参照)

「AirPlay」に対応したようです。



WindowsPC(Vaio)のiTunesからAirPlayしてみましたが、SNEAKY DSから問題なく音が出ました。もちろんMacからでも同様です。


KinskyDesktopの画面です。Sourceが「Net Aux」に変わりPlaylistの欄にはアイコンが表示されました。


先日のAppleによるALACファイルのソースコードの公開と、今回のLINNのDSのAirPlay対応により、一応、拙宅のNAS内ファイルをALACに統一することにしました。ファイル管理はiTunesメイン、アートワーク付けをMediaMonkyで行ってみたいと思います。


雑感ですが、KinskyDesktopの方がアートワークを見ながらドラッグ&ドロップでトラックをプレイリストに入れられますので一見”直感的”な様ですが、カラムブラウザで階層を追いながらトラックをプレイできるiTunesの使い勝手も良い気がします。


つづきは、LINN SNEAKY MUSIC DS -No.16 システムとネットワークの見直しと雑感編です。



送料無料・代引き手数料無料!!【エントリーでポイント10倍 11月1日9:59迄】LINN DSシステ...
価格:270,000円(税込、送料込)

PHILIPS Fidelio DS1100 -No.1 検討編

イメージ
寝室や自室でiPodのコンテンツをカジュアルに聴く。そうんなシーンでのオーディオ選びです。

要望としては、
・CDは不要かも
・コンパクト・サイズ、カラーはホワイト系
・目覚機能付き時計が欲しい
・ラジオはあってもいい
iPodドック付きのCDプレーヤーorスピーカーを候補に挙げてみました。



Panasonic コンパクトステレオシステム ホワイト SC-HC05-W
Bluetooth仕様。結構コンパクト。時計表示、ラジオはなし。ドックは中央部が前倒する。



SONY iPodドックスピーカー GCS10IP ホワイト SRS-GCS10IP/W
時計表示、AM、FMラジオ受信OK、リモコン付属。



SONY ウォークマンドックコンポ V5 ブラック NAS-V5/B
LAN、CDプレーヤー、AM、FM受信と多機能。実機の質感を結構気に入っていたが、Walkman-Dock仕様。

SDI AirPlay搭載 ステレオスピーカーSDI iHome iW1 SDI-IW1BJ AirPlay対応の旬な一台。



PHILIPS Fidelio/フィデリオ 【寝室にぴったりな一台】ドッキングスピーカー DS1100
コンパクト、小出力、デザイン◎。時計表示OK。リモコンなし。



JBL 高音質iPod・iPhone用Docスピーカー JBL ON STATION MICRO II (ホワイト) ONSTATIONMICRO2WHTJ
同じくコンパクト、小出力、入力端子あり。リモコン付属。


家電量販店で実機を見て来ましたが、喧騒の中でしっかり視聴できず、そんな時はネットレビューが参考になります。予算は1万円以内ということで候補から数台に絞り、決めました。

つづきは、PHILIPS Fidelio DS1100 -No.2 導入編です。

コラム スティーブ・ジョブズを偲ぶ

Think different

 Apple Computerの林檎マークを一躍有名にしたのは、おそらくあのCMでしょう。スケルトンボディ&カラバリエーションの「iMac」は、おおよそPCとは思えないポップ、キュート、スマートなビジュアルプレゼンテーションを全面に打ち出し、研究室やデザインルームではなく、家庭のリビングやMyルームに「インターネット」をもたらしました。

 思い起こせば、iMacが欲しい欲求とWord, Excelが使えないPCなんてお遊びでしかないという呪縛のようなものがあったのは事実です。そりゃPCが一般家庭に1台あるかないかの時に、更にインターネットしか使えないPCにもローンを組む余裕や勇気はなかなか出ないものです。

 そういえば、あの時代からビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズはシンボリックでした。WindowsとMachintosh。彼らの開発したプロダクトには、彼ら2人の個性の違いであるかのように、そのプロダクトにも違いがありました。WindowsOSと汎用性のある実用的なソフトウェア群、MachintoshOSと独創性のある専門的なソフトウェア群は、面白いことにその2人のパーソナルイメージと重なりました。もっとも、2人の本当の個性はそうではないのかもしれませんが、少なくとも、新製品をステージ上でプレゼンテーションする演者として2人からはそういう個性が発せられました。

 Machintoshに一度触れると、その使い勝手の良さを感じることになりました。”直感的”という形容詞は正にこの事、とは少しオーバーな表現に聞こえますが、デザインワークをする人々にとって、DTP、DTM、CAD、CGのソフトウェアを1台で複数稼動できるマシンとしてのMacは、画面の中にPCには代え難い”直感的なUI”が備わっていました。

 あるいはPCでは”落ちる”が、Macでは”落ちない”。時間はかかるが、しっかりタスクを実行して完了するマシンのキャパシティがMacにはありました。大きくはその2点がMacが世界シェアで1割にしか満たない時にも、デザインワークに携わる人々の熱い支持を得て使われ続けてきた理由だと思います。

 そして更に3点目を思うと、それはAppleがユーザーの声を広い集め、その声を次の製品に活か続けて来たからだと思います。Machintoshマシンを使って…

ラベル別INDEX

もっと見る