投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

レビュー 壁掛け ギターハンガー RENO

イメージ
RENO ギターハンガー AYS31G



オークス ギターハンガー【送料無料】
価格:4112円(税込、送料無料) (2019/5/2時点)





 無印良品の壁に付ける家具(フック)と並べてみます。対象となる掛けるモノの荷重が異なりますので、ベースのサイズが随分違います。






 背面。溝の彫り方などが異なりますが、大まかにストラクチャーはほぼ同じです。





 取扱説明書の端が取り付けガイドになっていますので、位置調整しながら金具をテープ等で仮固定します。




 位置が合ったらピンで金具を固定します。その後、付属のキャップで留め部の蓋をします。




 上部からハンガーベースの溝を金具にスライドさせながら下ろしていくと、ハンガーベースがピタリと固定します。





 緩みなく、壁面にキチッと固定されています。





 エレキギターを掛けてみました。ジャストフィットです。ハンガーへのフック時には扱いに多少気を使いますが、床置きのラックでもその点は同様ですので、大きなストレスではないと思います。耐震性能はストラトキャスターを掛けて震度5を体験しましたが、壁から落下することもなく大丈夫でした。

 ただ壁の状態や地震の揺れの状況により差はあるでしょうから、絶対ではありません。あくまでもギターの保管はギターケースという前提で、ギターハンガー利用という点は忘れないようにしておきます。








SONY BDZ-EW1100 -No.4 BRAVIA&WLI-UTX-AG300編

イメージ
iOSによる「家じゅうどこでも試聴」と前後してしまったルームリンクについての投稿です。テレビはBRAVIA KDL-32EX420で有線LAN仕様なので、無線LANコンバーターを取り付けました。








バッファロー WLI-UTX-AG300

事前にAirmac ExpressをBRAVIAに接続し、300Mbps程度のトラフィックでコマ落ち等がないことを確認済みなので、小型でテレビ裏がスッキリする当機を選びました。この無線LANコンバーターは電源がUSB給電なので、KDL-32EX420の2つあるUSBコネクタの一つを使えます。多少設定が必要です。


*設定は以下です。
・MacとUSB(給電)+有線LAN(ケーブル)で接続。←この記載が説明書にない。
・IPアドレスの初期設定値をブラウザに入力、設定画面が表示される。
・WLI-UTX-AG300のファームウェア・アップデートを行う。(バッファローのウェブサイトからファームウェアをダウンロードし、インストール。)
・再起動後、DHCPサーバーによりIPアドレスの自動振り分け設定を行う。
・Macから取り外し、BRAVIAに取り付ける。


*MacユーザーでWindows仮想環境(Fusion、Pararell等)が無い場合、Buffalo「LAN端子用 無線子機設定ツール」が使えませんので、上記ファームウェア・アップデート再起動後、IPアドレスを固定します。(例:192.168.24.68)


*11A Only機能(5GHz帯のみの通信)を使う場合、且つAirmac Extreme等の無線LAN親機を利用している場合、ブラウザに上記固定IPアドレスを入力すると設定画面が表示されますので、5GHz帯のSSIDを検索or入力し、暗号化設定も行います。この設定をしないと11A Only機能は使えません。



BRAVIA背面の有線LANポートにLANケーブルを接続、USBポートにコンバーター本体を接続。


BRAVIAのネットワーク設定は「有線」、IPアドレスは「オート」を選択します。ネットワーク設定が完了し、ホームネットワーク画面にレコーダーが表示されました。


録画番組も無事に視聴できました。


数年前と比べレコーダー及び無線LAN機器が進化し、コマ落ち・音切れへの心配がほぼ希有です。速度落ちが発生することはたまにありますが、気になる…

コラム OTTAVA 「第二の開局」に思う

インターネットラジオのOTTAVAが「第二の開局」をしました。


 準備期間と試験放送を含めてOTTAVAはほぼ毎日、いずれかの時間帯に聴いているのですが、その報を受けたのは10月2日のOTTAVA試聴中でした。そのときの正直な感想はと言うと「第二の開局?いつから?」というもの・・・(笑。これはおそらく「第二の開局」までにOTTAVAの放送とウェブ・ソーシャルメディアに多分の情報が含まれていたことが、3ヶ月前との非連続性を回避させ、私に開局をすっかり忘れさせていたことへつながったと・・・言い訳します、はい。

前回の投稿では「第二の開局」へのいちリスナーとしての希望などを述べさせて頂きましたが、蓋を開けてみればほぼ期待通りというか、期待以上というか、とくにスポンサーシップやコンテンツ化の項目については、(私の希望という観点で言えば)より具現化しており、フォーマットを作ったOTTAVA関係者の皆様のご尽力に敬意の念を抱いております。

 細かい事はさておき、挑戦的で且つ機敏なフットワークがマイナー・インディーズ組織のメリットだと思いますので、クラシック系音楽ファンの開拓と、OTTAVAリスナーが今後も楽しめるような機会づくりを、リスクを恐れず取りにいって下さいねと、無責任にエールを贈りたいと思います。それにはリスナー側は、まず頭の切り替えが必要ですね。


 今朝もOTTAVAを聴きながら♪





ラベル別INDEX

もっと見る

New Release